日本消化器病学会 関東支部、セミナーに「MetaMoJi ClassRoom」を導入 [事例]

[2018/04/06 09:45] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

MetaMoJiは4月5日、日本消化器病学会 関東支部がリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入したと発表した。

MetaMoJi ClassRoomは、手書き可能なノート機能から、高度な協働学習に至るまで対応するリアルタイム授業支援アプリ。教育機関向けという位置づけだが、職員会議や教授会、学会、研究会など授業支援以外の用途でも利用することができる。

日本消化器病学会関東支部では定期的に支部例会を開催し、講演やセミナーを実施している。それらのうち、若手消化器医が問診から診断へのシミュレーションに挑む「専門医セミナー」において、MetaMoJi ClassRoomが活用される。

同セミナーでは、問診で得られたという想定で提示される情報に対し、チーム分けされた若手医師たちがその時点で考えられる診断や、診断を進めるために追加で得たい情報などを示し、最終的な診断までの過程のシミュレーションが行われる。観客席には、普段解答者を指導するベテラン医師も多く並ぶ。

開始された当初は、解答者が紙のスケッチブックに考えを書いていたため、その間、観客には視覚的な情報がなく、退屈さが否めなかった。また、各チームが発表するときには書いた紙をOHPにセットして投映していたが、チームごとにセットし直さなければならず、進行のテンポも悪くなっていたという。

MetaMoJi ClassRoomの導入により、最初の情報はまず、MetaMoJi ClassRoomで全体に提示される。解答者は、iPadにインストールされたMetaMoJi ClassRoomを使い、チームごとのページに現時点での診断と、追加で得たい情報を書き込むことになる。それらの様子はMetaMoJi ClassRoomのモニタリング機能によって、全チーム分がリアルタイムでプロジェクタに投映される。その後、各チームが順番に口頭で発表する際には、発表中のチームのページのみをプロジェクタに大きく表示するなど、より効果的なセミナー運営が可能になるとしている。

今後は、日本消化器病学会の関東以外の支部や全国規模の学会でも、こうした形式のセミナーを開催したいと考えているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3626
2
日本消化器病学会 関東支部、セミナーに「MetaMoJi ClassRoom」を導入 [事例]
MetaMoJiは4月5日、日本消化器病学会 関東支部がリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
MetaMoJiは4月5日、日本消化器病学会 関東支部がリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」を導入したと発表した。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る