アデランス、MDMサービス「BizMobile Go!」を採用 - 約1,500台のiOS端末を管理 [事例]

[2017/02/01 06:55] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

BizMobileは1月31日、アデランスがクラウド型MDM(Mobile Device Management)サービス「BizMobile Go!」を採用したと発表した。

アデランスでは、2009年のiPhone導入時より、資産管理を主目的に、携帯キャリアが提供するMDMサービスを利用した端末管理を行ってきた。その後、2012年にiPadを導入したのを契機に、より機能の充実したMDM製品への切り替えを検討。国内外の製品を問わず、さまざまなMDMサービスを比較した結果、BizMobile Go! の採用に至った。

選定にあたっては、各種機能が充実していたことや管理コンソールの使いやすさ、Appleが提供するiOS端末導入支援サービス「Device Enrollment Program (DEP)」に対応していたことなどが決め手となった。なかでも、複数の用途に合わせた端末の設定をテンプレート化し、遠隔操作で反映することができるテンプレート機能が評価されたとしている。

テンプレート機能の利用イメージ

全国の店舗および営業担当者が利用するiPhoneとiPadは合わせて約1,500台あり、各店舗では扱う製品やサービスが異なる。さらに、利用者によって役割・端末の用途も異なるため、従来はそれぞれに合わせてアプリをインストールしたり、セキュリティを設定したりする必要があった。今回の導入により、管理者がリモートでテンプレートを変更するだけで端末の設定を更新できるようになり、運用・管理の負荷が軽減されたという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2394
2
アデランス、MDMサービス「BizMobile Go!」を採用 - 約1,500台のiOS端末を管理 [事例]
BizMobileは1月31日、アデランスがクラウド型MDM(Mobile Device Management)サービス「BizMobile Go!」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/01/0131adera_001-thumb-500xauto-7772.jpg
BizMobileは1月31日、アデランスがクラウド型MDM(Mobile Device Management)サービス「BizMobile Go!」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る