日本アクア、クラウド型スマートデバイス管理ツール「LanScope An」を導入 [事例]

[2017/01/12 15:40] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

エムオーテックスは1月12日、日本アクアによる企業向けスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の導入事例を発表した。

断熱材メーカーの日本アクアは2016年3月、製品のさらなる拡販に向け、100名以上の営業担当者にWindowsタブレット「Surface」の貸与を実施。続く6月に、その管理ツールとしてLanScope Anを採用した。

LanScope Anは、管理対象となるスマートデバイスにアプリをインストールすることで、端末の情報を自動収集・管理するというもの。一般的なMDM(Mobile Device Management)機能に加え、アプリの稼働状況や位置情報、操作ログの取得も可能になっており、端末の利用状況を見える化することができる。

LanScope Anの稼働管理画面。管理端末の総数と未稼働(電源が入っていない状態)の日数をグラフ化し、稼働状況を把握できる

採用にあたっては、位置情報を取得する機能や資産管理機能、メッセージ機能などの充実度に加え、導入時の作業工数が少ないことが評価されたという。

導入により、不要なソフトウェアをインストールしている利用者に注意喚起できる体制を構築。また、未稼働端末の再配置が可能となり、端末購入のコストを削減できたほか、従業員の所属部署異動の際に必要な端末管理の工数が軽減されたとしている。

端末にインストールされているアプリを「端末別」「アプリ別」に一覧表示し、不許可/許可などを設定することができる

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2310
2
日本アクア、クラウド型スマートデバイス管理ツール「LanScope An」を導入 [事例]
エムオーテックスは1月12日、日本アクアによる企業向けスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の導入事例を発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2017/01/0112MOEX_001-thumb-500xauto-7216.jpg
エムオーテックスは1月12日、日本アクアによる企業向けスマートデバイス管理ツール「LanScope An」の導入事例を発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る