丸紅、ベリタスのクラウド型メールアーカイブサービス「EV.cloud」を採用 [事例]

[2016/11/14 17:12] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

ベリタスは11月14日、丸紅がクラウドメールアーカイブサービス「Veritas Enterprise Vault.cloud(以下、EV.cloud)」を採用したと発表した。

丸紅では2012年9月、日本国内で全社的に「Office 365」を利用し始めたときから、メールをアーカイブするか否かの議論があったのだという。その後、訴訟・仲裁リスクへの対応やメールの調査にかかるコストを試算した結果、2015年にメールアーカイブを推進する方針が決定された。

Office 365が提供する「Exchange Online」には標準でアーカイブ機能も含まれているが、同社は訴訟などを想定したメールの検索において、標準搭載機能では十分な機能・性能が得られないと判断。アーカイブ機能を提供するいくつかのサービスを検討した結果、EV.cloudの採用を決定した。

同製品は、クラウドとオンプレミスを併用するハイブリッド環境下において、収集した企業データのインデックス化・圧縮・重複排除を行い、ストレージ容量とコストを削減するというもの。多重条件による高速検索が可能なことから、内部統制 丸紅では既に2015年12月から運用を開始しており、現在は国内で約4,500名のユーザーが利用する。

今後、同社では、各国の法的な条件に配慮しつつ、現地スタッフや外部弁護士事務所などと連携・協議し、グローバルでの展開を計画しているという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

2081
2
丸紅、ベリタスのクラウド型メールアーカイブサービス「EV.cloud」を採用 [事例]
ベリタスは11月14日、丸紅がクラウドメールアーカイブサービス「Veritas Enterprise Vault.cloud(以下、EV.cloud)」を採用したと発表した。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/05/31/jirei_thumbnail.jpg
ベリタスは11月14日、丸紅がクラウドメールアーカイブサービス「Veritas Enterprise Vault.cloud(以下、EV.cloud)」を採用したと発表した。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る