マイナビニュースマイナビ

DeNA、人材データベースをQlikViewで構築 - タレントマネジメント、労務管理に活用 [事例]

[2016/05/23 16:49] ブックマーク ブックマーク

アシストは5月23日、同社が販売を手掛ける連想型高速インメモリBIプラットフォーム「QlikViewR」がディー・エヌ・エー(DeNA)の人材データベースに採用されたと発表した。

DeNAでは、同社が掲げるビジョン「Delight and Impact the World ~世界に喜びと驚きを~」の達成に向けて従業員サーベイを年2回行っている。これまでは約2,000名の従業員の回答を手作業で集計しており、効率化のためBI製品の導入を検討していた。

QlikViewの導入は、各項目の集計値を算出できること、職種や組織ごとの働き方の傾向や従業員の状況に着目できるデータ分析ができることなどが、大きな決め手となった。また、ITエンジニアではない人事担当者でも簡単に使いこなせることも高く評価している。

DeNAでは、サーベイ以外でもQlikView活用を検討。さまざまな人事情報をQlikViewに集約し、必要な情報をタイムリーに取り出せる人材データベースを構築にも着手した。

今後は、従業員一人ひとりの経歴やスキル情報が集約・可視化できるようになるため、的確な人材配置につながると期待されている。また、勤怠データを基にした労務管理にも活用し、長時間の残業を未然に防ぐ取り組みも進める。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは? - 第5回IoT/M2M展 春

IoT活用で日本が取り組むべき3つの課題とは? - 第5回IoT/M2M展 春

5月11~13日に開催された「第5回IoT/M2M展 春」。その専門セミナーに、アビームコンサルティング 製造ビジネスユニット 執行役員 プリンシパルの永井善彦氏が登壇し、「今、IoTはどうなっているのか? ~海外・国内におけるIoTビジネスモデル変革の現状と今後の課題~」と題する講演を行った。本レポートでは、その内容をダイジェストでお届けする。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る