業務アプリケーションの解説/事例記事

業務アプリケーションの解説/事例記事

ピックアップ記事

テクノロジーとデザインの力で"医療崩壊"を防げるのか - ヘルステックスタートアップの挑戦

テクノロジーとデザインの力で"医療崩壊"を防げるのか - ヘルステックスタートアップの挑戦

2025年以降、医療・介護の需要はさらに高まると思われる一方、働き手は減少の一途をたどっている。特に医師や病院の数が不足する地域医療の未来は、かなり深刻だ。こうした医療問題にテクノロジーで挑むのが、付帯業務のアウトソーシングサービス「HealtheeOneクラウド」などを提供するHealtheeOneだ。やがて来る2025年問題に向け同社が思い描くビジョンについて、代表の小柳正和氏に話を伺った。

業務アプリケーション 新着情報

テクノロジーとデザインの力で"医療崩壊"を防げるのか - ヘルステックスタートアップの挑戦

テクノロジーとデザインの力で"医療崩壊"を防げるのか - ヘルステックスタートアップの挑戦

2025年以降、医療・介護の需要はさらに高まると思われる一方、働き手は減少の一途をたどっている。特に医師や病院の数が不足する地域医療の未来は、かなり深刻だ。こうした医療問題にテクノロジーで挑むのが、付帯業務のアウトソーシングサービス「HealtheeOneクラウド」などを提供するHealtheeOneだ。やがて来る2025年問題に向け同社が思い描くビジョンについて、代表の小柳正和氏に話を伺った。

AI時代の労働はこう変わる! -"働かなくていい時代の働き方"とは?

AI時代の労働はこう変わる! -"働かなくていい時代の働き方"とは?

11月22日に開催された「RPA DIGITAL WORLD 2018」では、基調講演に幻冬舎の編集者で実業家の箕輪 厚介氏、XEED代表/経営コンサルタントの波頭 亮氏、浄土宗善立寺副住職で寺院デジタル化エバンジェリストの小路 竜嗣氏という個性豊かな3名が登壇。ベーシックインカムとロボットAI時代における働き方について、パネルディスカッションを行った。

成果は上々! サイボウズ式編集部が実践する「自由で多様な働き方」とは?

成果は上々! サイボウズ式編集部が実践する「自由で多様な働き方」とは?

企業が自ら情報を発信するために運営する、オウンドメディア。その先駆けとも言えるのが、サイボウズが運営する「サイボウズ式」だ。11月7日、8日の2日間にわたり開催されたサイボウズの年次カンファレンス「Cyboze Days 2018」では、サイボウズ式編集部から編集長の藤村能光氏と編集部員の竹内義晴氏が登壇。それぞれの働き方について講演を行った。

日本企業に高い生産性をもたらす"リモートコントロール"の最先端

【特別企画】日本企業に高い生産性をもたらす"リモートコントロール"の最先端

モバイルデバイスやクラウドの普及に伴い、益々多くの業務をリモートで行える条件が整いつつあるが、セキュリティ面や導入費用が障壁となって、真の意味で生産性を上げられる全員参加型のテレワーク環境の整備には、まだ随分時間がかかりそうに思われる。

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

現在、多くの企業がRPA(Robotic Process Automation)の導入に動き始めている。11月12~14日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」の最終日、ガートナー シニア ディレクター アナリスト 阿部恵史氏による講演「CIOが知るべきRPAの現実と導入成功への戦略」が行われた。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

テクノロジーとデザインの力で

テクノロジーとデザインの力で"医療崩壊"を防げるのか - ヘルステックスタートアップの挑戦

2025年以降、医療・介護の需要はさらに高まると思われる一方、働き手は減少の一途をたどっている。特に医師や病院の数が不足する地域医療の未来は、かなり深刻だ。こうした医療問題にテクノロジーで挑むのが、付帯業務のアウトソーシングサービス「HealtheeOneクラウド」などを提供するHealtheeOneだ。やがて来る2025年問題に向け同社が思い描くビジョンについて、代表の小柳正和氏に話を伺った。

【特別企画】見込み客(リード)発掘から売上拡大まで、ICTを活用した営業改革のススメ

【特別企画】見込み客(リード)発掘から売上拡大まで、ICTを活用した営業改革のススメ

株式会社富士通マーケティングでは、現在、「見込み客(リード)管理から売上までのICT活用・一気通貫"90min"セミナー」を毎月実施しています。当セミナーでは、リード情報をICTを活用して情報管理し、かつ接点の見える化を促進することで、見込み客の発掘から商談・受注・売上・分析までを管理する仕組みづくりについて解説しており、ご好評をいただいています。本稿では、セミナーの講師を務める株式会社インターパークマーケティングプランナーの太田 竜平氏と、株式会社富士通マーケティングソリューション ビジネス推進統括部 部長の田辺 賢一氏に、データをいかに活用して商談創出を行い売上拡大を進めていくか、実例を含め、そのポイントを確認してきました。

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [1] 全文検索サーバFessを導入しよう

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [1] 全文検索サーバFessを導入しよう

Google Site Searchが2018年3月をもってサービス終了するため、自社Webサイトに組み込む検索サービスを探している方も多いのではないでしょうか。また、企業や個人で保有するファイルが年々増えており、効率よく必要なものを見つけられる仕組みを求める声もよく聞きます。

4
RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

現在、多くの企業がRPA(Robotic Process Automation)の導入に動き始めている。11月12~14日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」の最終日、ガートナー シニア ディレクター アナリスト 阿部恵史氏による講演「CIOが知るべきRPAの現実と導入成功への戦略」が行われた。

現在、多くの企業がRPA(Robotic Process Automation)の導入に動き始めている。11月12~14日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」の最終日、ガートナー シニア ディレクター アナリスト 阿部恵史氏による講演「CIOが知るべきRPAの現実と導入成功への戦略」が行われた。

5
【特別企画】日本企業に高い生産性をもたらす

【特別企画】日本企業に高い生産性をもたらす"リモートコントロール"の最先端

モバイルデバイスやクラウドの普及に伴い、益々多くの業務をリモートで行える条件が整いつつあるが、セキュリティ面や導入費用が障壁となって、真の意味で生産性を上げられる全員参加型のテレワーク環境の整備には、まだ随分時間がかかりそうに思われる。

モバイルデバイスやクラウドの普及に伴い、益々多くの業務をリモートで行える条件が整いつつあるが、セキュリティ面や導入費用が障壁となって、真の意味で生産性を上げられる全員参加型のテレワーク環境の整備には、まだ随分時間がかかりそうに思われる。

記事ランキング

テクノロジーとデザインの力で

2025年以降、医療・介護の需要はさらに高まると思われる一方、働き手は減少の一途をたどっている。特に医師や病院の数が不足する地域医療の未来は、かなり深刻だ。こうした医療問題にテクノロジーで挑むのが、付帯業務のアウトソーシングサービス「HealtheeOneクラウド」などを提供するHealtheeOneだ。やがて来る2025年問題に向け同社が思い描くビジョンについて、代表の小柳正和氏に話を伺った。

【特別企画】見込み客(リード)発掘から売上拡大まで、ICTを活用した営業改革のススメ

株式会社富士通マーケティングでは、現在、「見込み客(リード)管理から売上までのICT活用・一気通貫"90min"セミナー」を毎月実施しています。当セミナーでは、リード情報をICTを活用して情報管理し、かつ接点の見える化を促進することで、見込み客の発掘から商談・受注・売上・分析までを管理する仕組みづくりについて解説しており、ご好評をいただいています。本稿では、セミナーの講師を務める株式会社インターパークマーケティングプランナーの太田 竜平氏と、株式会社富士通マーケティングソリューション ビジネス推進統括部 部長の田辺 賢一氏に、データをいかに活用して商談創出を行い売上拡大を進めていくか、実例を含め、そのポイントを確認してきました。

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [1] 全文検索サーバFessを導入しよう

Google Site Searchが2018年3月をもってサービス終了するため、自社Webサイトに組み込む検索サービスを探している方も多いのではないでしょうか。また、企業や個人で保有するファイルが年々増えており、効率よく必要なものを見つけられる仕組みを求める声もよく聞きます。

RPA導入のリスクとメリット - IT部門がとるべき「3つのアクション」とは?

現在、多くの企業がRPA(Robotic Process Automation)の導入に動き始めている。11月12~14日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2018」の最終日、ガートナー シニア ディレクター アナリスト 阿部恵史氏による講演「CIOが知るべきRPAの現実と導入成功への戦略」が行われた。

【特別企画】日本企業に高い生産性をもたらす

モバイルデバイスやクラウドの普及に伴い、益々多くの業務をリモートで行える条件が整いつつあるが、セキュリティ面や導入費用が障壁となって、真の意味で生産性を上げられる全員参加型のテレワーク環境の整備には、まだ随分時間がかかりそうに思われる。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る