業務アプリケーションの解説/事例記事

業務アプリケーションの解説/事例記事

ピックアップ記事

労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

【特別企画】労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

「人事労務freee」は、中小企業を対象とするクラウド人事労務ソフトだ。市場の中では後発の部類に入るものの、同サービスは2017年のリリースからわずか3年で、有料利用企業の数を10万事業所にまで伸ばしている。中小企業から高い支持を得る理由は、ツールが分散する傾向にある労務業務を一元化できること。詳しく見ていこう。

業務アプリケーション 新着情報

労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

【特別企画】労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

「人事労務freee」は、中小企業を対象とするクラウド人事労務ソフトだ。市場の中では後発の部類に入るものの、同サービスは2017年のリリースからわずか3年で、有料利用企業の数を10万事業所にまで伸ばしている。中小企業から高い支持を得る理由は、ツールが分散する傾向にある労務業務を一元化できること。詳しく見ていこう。

電子契約の「わからない」を解消する、電子契約導入ガイド

【特別企画】電子契約の「わからない」を解消する、電子契約導入ガイド

日本は長い間「ハンコ文化」にあった。「紙と印鑑」で行ってきた契約を電子化するとどうなるのか、想像もつかないという方は多いだろう。電子契約とは何か、どの契約でも電子化ができるのか、どうやって本人確認するのか、......こうした疑問を解消するために、本稿では、アドビが弁護士・税理士の監修のもとでまとめた「電子契約導入ガイド」を紹介する。

2年連続シェアNo.1を誇る労務管理クラウド「SmartHR」は、なぜ圧倒的な支持を得ているのか

【特別企画】2年連続シェアNo.1を誇る労務管理クラウド「SmartHR」は、なぜ圧倒的な支持を得ているのか

労務管理クラウド「SmartHR」は、ミック経済研究所がまとめる調査レポート「HRTechクラウド市場の実態と展望」において、2018年、2019年と2年続けてシェア一位の座に輝いている。登録社の数は30,000社を超え、利用継続率も99.5%に到達。なぜ同サービスは、市場から高い支持を得ているのか。

バックオフィスから始めなければ働き方改革はうまくいかない。その理由とは?

【特別企画】バックオフィスから始めなければ働き方改革はうまくいかない。その理由とは?

新型コロナウイルス感染症へ対応すべくテレワークをスタートしたという企業は多い。しかし、それで働き方改革が進むわけでは無い。本質は、無駄な業務をなくす、あるいは効率化することで、「労働人口の減少」にあっても事業を発展させていくことにある。どうすればその歩みは進められるのか。鍵になるのは、「バックオフィス部門から "新たな生産性" を生み出す」ことだ。

Office 365のクロール

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [31] Office 365のクロール

前回、Microsoftが提供するクラウドベースの認証サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」を利用したユーザー認証について紹介しました。今回はAzure ADで管理されているユーザー情報を利用して、Office 365のOneDriveに保存されているドキュメントのクロールから検索するまでの方法を説明していきます。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

【特別企画】労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

「人事労務freee」は、中小企業を対象とするクラウド人事労務ソフトだ。市場の中では後発の部類に入るものの、同サービスは2017年のリリースからわずか3年で、有料利用企業の数を10万事業所にまで伸ばしている。中小企業から高い支持を得る理由は、ツールが分散する傾向にある労務業務を一元化できること。詳しく見ていこう。

【特別企画】2年連続シェアNo.1を誇る労務管理クラウド「SmartHR」は、なぜ圧倒的な支持を得ているのか

【特別企画】2年連続シェアNo.1を誇る労務管理クラウド「SmartHR」は、なぜ圧倒的な支持を得ているのか

労務管理クラウド「SmartHR」は、ミック経済研究所がまとめる調査レポート「HRTechクラウド市場の実態と展望」において、2018年、2019年と2年続けてシェア一位の座に輝いている。登録社の数は30,000社を超え、利用継続率も99.5%に到達。なぜ同サービスは、市場から高い支持を得ているのか。

【特別企画】バックオフィスから始めなければ働き方改革はうまくいかない。その理由とは?

【特別企画】バックオフィスから始めなければ働き方改革はうまくいかない。その理由とは?

新型コロナウイルス感染症へ対応すべくテレワークをスタートしたという企業は多い。しかし、それで働き方改革が進むわけでは無い。本質は、無駄な業務をなくす、あるいは効率化することで、「労働人口の減少」にあっても事業を発展させていくことにある。どうすればその歩みは進められるのか。鍵になるのは、「バックオフィス部門から "新たな生産性" を生み出す」ことだ。

4
【特別企画】電子契約の「わからない」を解消する、電子契約導入ガイド

【特別企画】電子契約の「わからない」を解消する、電子契約導入ガイド

日本は長い間「ハンコ文化」にあった。「紙と印鑑」で行ってきた契約を電子化するとどうなるのか、想像もつかないという方は多いだろう。電子契約とは何か、どの契約でも電子化ができるのか、どうやって本人確認するのか、......こうした疑問を解消するために、本稿では、アドビが弁護士・税理士の監修のもとでまとめた「電子契約導入ガイド」を紹介する。

日本は長い間「ハンコ文化」にあった。「紙と印鑑」で行ってきた契約を電子化するとどうなるのか、想像もつかないという方は多いだろう。電子契約とは何か、どの契約でも電子化ができるのか、どうやって本人確認するのか、......こうした疑問を解消するために、本稿では、アドビが弁護士・税理士の監修のもとでまとめた「電子契約導入ガイド」を紹介する。

5
【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [31] Office 365のクロール

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [31] Office 365のクロール

前回、Microsoftが提供するクラウドベースの認証サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」を利用したユーザー認証について紹介しました。今回はAzure ADで管理されているユーザー情報を利用して、Office 365のOneDriveに保存されているドキュメントのクロールから検索するまでの方法を説明していきます。

前回、Microsoftが提供するクラウドベースの認証サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」を利用したユーザー認証について紹介しました。今回はAzure ADで管理されているユーザー情報を利用して、Office 365のOneDriveに保存されているドキュメントのクロールから検索するまでの方法を説明していきます。

記事ランキング

【特別企画】労務、勤怠の一元管理で業務をシンプルに!給与計算にかかる時間を圧倒的に短縮する人事労務freeeの「一元化の価値」とは?

「人事労務freee」は、中小企業を対象とするクラウド人事労務ソフトだ。市場の中では後発の部類に入るものの、同サービスは2017年のリリースからわずか3年で、有料利用企業の数を10万事業所にまで伸ばしている。中小企業から高い支持を得る理由は、ツールが分散する傾向にある労務業務を一元化できること。詳しく見ていこう。

【特別企画】2年連続シェアNo.1を誇る労務管理クラウド「SmartHR」は、なぜ圧倒的な支持を得ているのか

労務管理クラウド「SmartHR」は、ミック経済研究所がまとめる調査レポート「HRTechクラウド市場の実態と展望」において、2018年、2019年と2年続けてシェア一位の座に輝いている。登録社の数は30,000社を超え、利用継続率も99.5%に到達。なぜ同サービスは、市場から高い支持を得ているのか。

【特別企画】バックオフィスから始めなければ働き方改革はうまくいかない。その理由とは?

新型コロナウイルス感染症へ対応すべくテレワークをスタートしたという企業は多い。しかし、それで働き方改革が進むわけでは無い。本質は、無駄な業務をなくす、あるいは効率化することで、「労働人口の減少」にあっても事業を発展させていくことにある。どうすればその歩みは進められるのか。鍵になるのは、「バックオフィス部門から "新たな生産性" を生み出す」ことだ。

【特別企画】電子契約の「わからない」を解消する、電子契約導入ガイド

日本は長い間「ハンコ文化」にあった。「紙と印鑑」で行ってきた契約を電子化するとどうなるのか、想像もつかないという方は多いだろう。電子契約とは何か、どの契約でも電子化ができるのか、どうやって本人確認するのか、......こうした疑問を解消するために、本稿では、アドビが弁護士・税理士の監修のもとでまとめた「電子契約導入ガイド」を紹介する。

【連載】簡単導入! OSS全文検索サーバFess入門 [31] Office 365のクロール

前回、Microsoftが提供するクラウドベースの認証サービス「Azure Active Directory(Azure AD)」を利用したユーザー認証について紹介しました。今回はAzure ADで管理されているユーザー情報を利用して、Office 365のOneDriveに保存されているドキュメントのクロールから検索するまでの方法を説明していきます。

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る