BIは新時代! 40年来の課題が技術により解消へ - 豪Yellowfin CEO グレン・ラビー氏

[2018/08/22 10:00]周藤瞳美 ブックマーク ブックマーク

  • データ分析

データ分析

豪州発のBIツールベンダー Yellowfin。2003年の創業以来、WebブラウザベースのBIツールを提供してきた。その簡易性や拡張性、他のWebアプリケーションとの親和性などが評価され、幅広いBI環境で同ツールが採用されている。

今回は、ユーザーイベントに合わせて来日した同社CEOのグレン・ラビー氏に、BIツールの開発方針や近日中に公開される新機能などについてお話を伺った。

Yellowfin CEOのグレン・ラビー氏

イノベーティブな機能を開発するには?

―― Yellowfinにはどういうユーザーが多いのですか。

大きく分けて2つのユースケースがあります。1つは、エンタープライズBIの現場で一般的なアナリティクスツールとして使われるケース。もう1つは、ソフトウェアベンダーが自社のサービスやプロダクトにYellowfinを組み込んで利用するケースです。

―― 後者のケースはどれくらいあるのですか。

我々のビジネスの半分は組み込み向けであると考えてよいでしょう。たとえば、米国のITサービス管理ソリューションベンダー BMCソフトウェアの製品や、印刷業向けのソリューションを提供する米KODAKのクラウドプラットフォーム「PRINERGY Cloud」に組み込まれています。サービスの提供形態も、SaaSやオンプレミスなどさまざまです。

―― いちばん多くのYellowfinユーザーをもつ企業はどこですか。

ユーザー数が一番多いのは、BMCソフトウェアです。BMCにもいくつか製品がありますが、一番シェアが大きいのは「Remedy」というカスタマーサポートのための製品で、Yellowfinはここに組み込まれています。

オーストラリアにあるネット求人広告最大手の企業では、6万のYellowfinユーザーを抱えています。

―― BMCなどのパートナーから要望をもらうこともあるのでしょうか。

もちろんです。ほとんどはインフラに関わるものですね。

―― イノベーティブな機能をリリースしていく一方で、パートナー企業らの改善要望にどこまで対応していくかということはエンジニアにとって難しい問題だと思います。判断基準はありますか?

多くのユーザーから同様の機能の要望があるかどうかは1つの判断基準になります。また製品をより多く売るために良いアイディアかどうかということも重要です。

ダッシュボードの新しいモジュールを開発していく中で、過去のエンハンスメント・リクエストにまとめて対応するということも行っています。

―― イノベーティブな機能を開発するためのアイディアはどのようにして出しているのでしょうか。

重要なポイントは3つあります。

1つ目は、BIツールベンダーはもちろん、さまざまなソフトウェアベンダーの市場動向を追うことです。2つ目は、顧客との対話です。どうすれば顧客の手助けになるようなものができるか、どうすれば利用してもらえるかを考えます。3つ目は、我々自身もYellowfinのユーザーですので、自分たちが必要としている機能は何かを考えることです。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

テクノロジーで進化する楽天、最大の武器は「データ」にあり

テクノロジーで進化する楽天、最大の武器は「データ」にあり

ECのイメージが強い楽天だが、実は世界中に研究組織を展開しており、さまざまな研究開発を行っている。その中心となっている組織が楽天技術研究所だ。楽天技術研究所はいかなる組織なのか。そして世の中にどんなインパクトを与えようとしているのか。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る