データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

【特別企画】「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

超高齢化と少子化が同時に進む深刻な状況下、労働人口減少時代の到来に向けた社会的な取り組みとして生産性向上を目的とした「働き方改革」が声高に叫ばれている。この問題を前にほとんどの企業が講ずる対策としては「業務の効率化」であり、それを実現する究極の手段が「業務の自動化」であろう。

データ分析 新着情報

ANA、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用 [事例]

ANA、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用 [事例]

ドーモは7月6日、全日本空輸(以下、ANA)がクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo(ドーモ)」を採用したと発表した。

「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

【特別企画】「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

超高齢化と少子化が同時に進む深刻な状況下、労働人口減少時代の到来に向けた社会的な取り組みとして生産性向上を目的とした「働き方改革」が声高に叫ばれている。この問題を前にほとんどの企業が講ずる対策としては「業務の効率化」であり、それを実現する究極の手段が「業務の自動化」であろう。

経営陣が気づいていない中堅・中小企業がビジネススピードを落とす5つの要因と対策

【特別企画】経営陣が気づいていない中堅・中小企業がビジネススピードを落とす5つの要因と対策

資金力や人員数など企業規模という点では、大企業にはかなわない中堅・中小企業だが、「スピ一ド」「柔軟性」という点では大企業より優れているといっても過言ではない。大企業の場合、意思決定までに長い時間がかかるが、中堅・中小企業なら組織がコンパクトなため迅速にそれを行えるからだ。そして現在では、その"スピード"がビジネスを成功させるため最も重要な要因といえる。また大企業では難しい、柔軟性の高い経営も中堅・中小企業の優位性といえる。しかし今、こうした中堅・中小企業の強みがなくなりつつあることに多くの経営者は気づいていない。では、その要因とはなんなのか。

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

アスメディックス、データ連携ツール「DataSpider Servista」を導入 [事例]

アスメディックス、データ連携ツール「DataSpider Servista」を導入 [事例]

アシストとセゾン情報システムズは6月19日、同社が提供するデータ連携ツール「DataSpider Servista」(販売元:セゾン情報システムズ、開発元:アプレッソ)が、アスメディックスのデータ連携基盤として採用されたと発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

【特別企画】「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

超高齢化と少子化が同時に進む深刻な状況下、労働人口減少時代の到来に向けた社会的な取り組みとして生産性向上を目的とした「働き方改革」が声高に叫ばれている。この問題を前にほとんどの企業が講ずる対策としては「業務の効率化」であり、それを実現する究極の手段が「業務の自動化」であろう。

4
【特別企画】原価管理を経営に活かす方法とは? NECネクサソリューションズが解説

【特別企画】原価管理を経営に活かす方法とは? NECネクサソリューションズが解説

製造現場で得られるデータをどう経営に活かすか。それを語るうえで、原価管理との関係を抜きにして語ることはできない。製造にかかったコストやロスを計算するだけにとどまらず、新製品の企画へのフィードバックや、製造予算の編成、環境変化への対応など、適切な原価管理は企業経営に直結する経営指標といってもいい。

製造現場で得られるデータをどう経営に活かすか。それを語るうえで、原価管理との関係を抜きにして語ることはできない。製造にかかったコストやロスを計算するだけにとどまらず、新製品の企画へのフィードバックや、製造予算の編成、環境変化への対応など、適切な原価管理は企業経営に直結する経営指標といってもいい。

5
【特別企画】脱過去のBI!! 「BIRT」が生み出す新時代のレポーティング機能を体感せよ

【特別企画】脱過去のBI!! 「BIRT」が生み出す新時代のレポーティング機能を体感せよ

近年、ソフトウェア開発における大きな潮流にオープンソース化がある。ライセンスコストの削減、コミュニティによる迅速な改善、自由度の高いカスタマイズなど、利用者のみならず開発者にとっても大きなメリットがある。そして、このオープンソース化の波はレポーティング&ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトの分野にも広がりつつある。その代表例とも呼べるもの、それが「BIRT」だ。

近年、ソフトウェア開発における大きな潮流にオープンソース化がある。ライセンスコストの削減、コミュニティによる迅速な改善、自由度の高いカスタマイズなど、利用者のみならず開発者にとっても大きなメリットがある。そして、このオープンソース化の波はレポーティング&ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトの分野にも広がりつつある。その代表例とも呼べるもの、それが「BIRT」だ。

記事ランキング

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】「働き方改革」の観点から電子化のニーズが再燃!電子文書活用ソリューション

超高齢化と少子化が同時に進む深刻な状況下、労働人口減少時代の到来に向けた社会的な取り組みとして生産性向上を目的とした「働き方改革」が声高に叫ばれている。この問題を前にほとんどの企業が講ずる対策としては「業務の効率化」であり、それを実現する究極の手段が「業務の自動化」であろう。

【特別企画】原価管理を経営に活かす方法とは? NECネクサソリューションズが解説

製造現場で得られるデータをどう経営に活かすか。それを語るうえで、原価管理との関係を抜きにして語ることはできない。製造にかかったコストやロスを計算するだけにとどまらず、新製品の企画へのフィードバックや、製造予算の編成、環境変化への対応など、適切な原価管理は企業経営に直結する経営指標といってもいい。

【特別企画】脱過去のBI!! 「BIRT」が生み出す新時代のレポーティング機能を体感せよ

近年、ソフトウェア開発における大きな潮流にオープンソース化がある。ライセンスコストの削減、コミュニティによる迅速な改善、自由度の高いカスタマイズなど、利用者のみならず開発者にとっても大きなメリットがある。そして、このオープンソース化の波はレポーティング&ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトの分野にも広がりつつある。その代表例とも呼べるもの、それが「BIRT」だ。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る