データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IDC Japanは9月5日、年次イベント「IDC AI and IoT Vision Japan 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの鳥巣悠太氏による講演「IoT競争の焦点は『データエコシステム/Data as a Service』になる~データマネタイズに関わるエコシステムの現状と展望」の模様をレポートする。

データ分析 新着情報

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IoT競争の鍵はデータエコシステムの形成 - 企業は何から着手すべきか?

IDC Japanは9月5日、年次イベント「IDC AI and IoT Vision Japan 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストの鳥巣悠太氏による講演「IoT競争の焦点は『データエコシステム/Data as a Service』になる~データマネタイズに関わるエコシステムの現状と展望」の模様をレポートする。

OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは

【特別企画】OSSソリューションの組み合わせではなく統合データプラットフォームを選ぶべき理由とは

データがあらゆる組織にとって生命線に値するものであることは、誰もが認めることだろう。どの企業も、自社のビジネス要件に基づいて、それぞれ独自のデータに関する課題やニーズを抱えている。そのため、データ駆動型アプリケーションをサポートするための要件が多様化し、これらの要件をサポートするために多数のデータ管理テクノロジが市場に出回るようになった。このようなツールやテクノロジの多くは、リレーショナルデータ管理、ドキュメントデータ管理、ビジネスインテリジェンス、自然言語処理、データ統合などの専門的な機能を提供している。

ユーザー企業3社が事例を解説! データマネジメントの「課題」と「解決」

ユーザー企業3社が事例を解説! データマネジメントの「課題」と「解決」

インフォマティカ・ジャパンは8月29日、東京コンファレンスセンター・品川で同社最大の年次イベント「Informatica World Tour 2018」を開催した。 本稿では、「データマネジメント最前線、ユーザー企業による事例リレー!」と題して行われたユーザー事例講演の模様をお届けしよう。

ソフトバンク、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入 [事例]

ソフトバンク、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入 [事例]

ドーモは9月10日、ソフトバンクがクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を導入したと発表した。

分断した業務システムをデータ連携で刷新! 日本たばこ産業の取り組み

分断した業務システムをデータ連携で刷新! 日本たばこ産業の取り組み

インフォマティカ・ジャパンは8月29日、年次イベント「Informatica World Tour 2018」を東京コンファレンスセンター・品川にて開催した。本稿では、日本たばこ産業によるユーザー基調講演「経営目標実現のために"データ"ができること。そのためにITがすべきこと」の様子をレポートしよう。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

【特別企画】今注目の「BI/BAツール」、厳選11製品を比較

【特別企画】今注目の「BI/BAツール」、厳選11製品を比較

BIは、「Business Intelligence」の略称です。組織内に蓄積された膨大なデータを統合・分析・加工して可視化し、意志決定に活用できるかたちにする手法や、そのための技術を指します。ビジネスの課題を洗い出したり、コスト削減のヒントを得たりする上で有効です。今回は、マイナビニュース/が厳選した今注目のBIツール11製品を、各製品の特徴とともに紹介します。

BAツールはBIツールとココが違う! BAツールの特徴を知ろう

BAツールはBIツールとココが違う! BAツールの特徴を知ろう

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールが普及し始めた一方、BA(ビジネス・アナリティクス)ツールも注目を集めています。ここでは、BIツールとBAツールを比較しながら、BAツールの特徴について解説します。どちらもデータ分析に力を発揮するツールです。しっかりと特徴を押さえてビジネスに活かしていきましょう。

4
BIツールの機能 - OLAP分析とは?

BIツールの機能 - OLAP分析とは?

BIツールには複数の機能があります。その中の1つがOLAP分析機能です。しかし、このOLAP分析機能は名前だけ聞いても、なかなかぴんとこないのではないでしょうか。今回は、このOLAP分析を中心にBIツールの機能解説をします。

BIツールには複数の機能があります。その中の1つがOLAP分析機能です。しかし、このOLAP分析機能は名前だけ聞いても、なかなかぴんとこないのではないでしょうか。今回は、このOLAP分析を中心にBIツールの機能解説をします。

5
BIツール導入の流れ - BI/BA基本解説

BIツール導入の流れ - BI/BA基本解説

BIツールの導入は通常のシステムと同様、(1)要件定義、(2)設計、(3)構築、(4)テスト、(5)データ移行という手順を踏むのが一般的です。このサイクルは一度で終わるのではなく、PDCAサイクルを繰り返していくことになります。

BIツールの導入は通常のシステムと同様、(1)要件定義、(2)設計、(3)構築、(4)テスト、(5)データ移行という手順を踏むのが一般的です。このサイクルは一度で終わるのではなく、PDCAサイクルを繰り返していくことになります。

記事ランキング

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

【特別企画】今注目の「BI/BAツール」、厳選11製品を比較

BIは、「Business Intelligence」の略称です。組織内に蓄積された膨大なデータを統合・分析・加工して可視化し、意志決定に活用できるかたちにする手法や、そのための技術を指します。ビジネスの課題を洗い出したり、コスト削減のヒントを得たりする上で有効です。今回は、マイナビニュース/が厳選した今注目のBIツール11製品を、各製品の特徴とともに紹介します。

BAツールはBIツールとココが違う! BAツールの特徴を知ろう

BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールが普及し始めた一方、BA(ビジネス・アナリティクス)ツールも注目を集めています。ここでは、BIツールとBAツールを比較しながら、BAツールの特徴について解説します。どちらもデータ分析に力を発揮するツールです。しっかりと特徴を押さえてビジネスに活かしていきましょう。

BIツールの機能 - OLAP分析とは?

BIツールには複数の機能があります。その中の1つがOLAP分析機能です。しかし、このOLAP分析機能は名前だけ聞いても、なかなかぴんとこないのではないでしょうか。今回は、このOLAP分析を中心にBIツールの機能解説をします。

BIツール導入の流れ - BI/BA基本解説

BIツールの導入は通常のシステムと同様、(1)要件定義、(2)設計、(3)構築、(4)テスト、(5)データ移行という手順を踏むのが一般的です。このサイクルは一度で終わるのではなく、PDCAサイクルを繰り返していくことになります。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る