データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

主要BIツールを徹底比較! 組織レベルで活用するための5つの選定軸と67機能

【特別企画】主要BIツールを徹底比較! 組織レベルで活用するための5つの選定軸と67機能

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入しても、分析で得られた知見が経営者や現場ユーザ、さらに社外の関係者へと効果的・効率的に共有され、組織レベルでの的確な意思決定や行動に結びつかなければ無駄な投資に終わってしまう。MicroStrategyは、3,000人を超える規模で利用されている顧客への継続調査を通じて、広範囲かつ信頼できるBI活用を実施するうえで必要な機能が、アナリティクス・モバイル・クラウド・組み込み・IoTという5つの選定軸にまとめられることを明らかにした。

データ分析 新着情報

Finatext、株取引アプリの利用状況分析に「Adobe Analytics」を採用 [事例]

Finatext、株取引アプリの利用状況分析に「Adobe Analytics」を採用 [事例]

アドビ システムズは2月6日、Finatextがデータ分析ソリューション「Adobe Analytics」を採用したと発表した。Finatextでは、同社が2018年2月より提供するモバイル株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」の利用状況分析にAdobe Analyticsを活用する。

主要BIツールを徹底比較! 組織レベルで活用するための5つの選定軸と67機能

【特別企画】主要BIツールを徹底比較! 組織レベルで活用するための5つの選定軸と67機能

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入しても、分析で得られた知見が経営者や現場ユーザ、さらに社外の関係者へと効果的・効率的に共有され、組織レベルでの的確な意思決定や行動に結びつかなければ無駄な投資に終わってしまう。MicroStrategyは、3,000人を超える規模で利用されている顧客への継続調査を通じて、広範囲かつ信頼できるBI活用を実施するうえで必要な機能が、アナリティクス・モバイル・クラウド・組み込み・IoTという5つの選定軸にまとめられることを明らかにした。

イーレックス、「Tableau Software」を導入した基幹システムを構築 [事例]

イーレックス、「Tableau Software」を導入した基幹システムを構築 [事例]

イーレックスとNTTデータは2月1日、イーレックスがTableauのBIツール「Tableau Software(タブロー・ソフトウェア)」を導入した基幹システムを構築し、同日より運用を開始したと発表した。

ブラックフライデーに沸いた2017年アプリ市場 -  相乗りアプリが世界的トレンドに?

ブラックフライデーに沸いた2017年アプリ市場 - 相乗りアプリが世界的トレンドに?

アプリ市場データを提供するApp Annieは、2017年を振り返る調査レポート「2017年アプリ市場総括レポート」を発表。 2017年のアプリ市場にはどのような傾向があったのだろうか。App Annie Japan代表の滝澤琢人氏のコメントを交えながら振り返ってみよう。

FFG、リアルタイム分析ソリューション「SAS RTDM」を導入 [事例]

FFG、リアルタイム分析ソリューション「SAS RTDM」を導入 [事例]

SAS Institute Japan(以下、SAS)は1月22日、ふくおかフィナンシャルグループ(以下、FFG)がSASのリアルタイムアナリティクス・ソリューション「SAS Real-Time Decision Manager(SAS RTDM)」を導入したと発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

スタディサプリでわかった、志望校合格者に共通する学習傾向 - SBCF 2017

スタディサプリでわかった、志望校合格者に共通する学習傾向 - SBCF 2017

スタディサプリを運営するリクルートマーケティングパトナーズでは、学習動画を視聴する生徒のデータを分析。最適な動画時間や、志望校に合格する生徒の学習傾向などを導き出し、効率的に学習できる環境作りに生かしている。その詳細が講演で明かされた。

【特別企画】主要BIツールを徹底比較! 組織レベルで活用するための5つの選定軸と67機能

【特別企画】主要BIツールを徹底比較! 組織レベルで活用するための5つの選定軸と67機能

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入しても、分析で得られた知見が経営者や現場ユーザ、さらに社外の関係者へと効果的・効率的に共有され、組織レベルでの的確な意思決定や行動に結びつかなければ無駄な投資に終わってしまう。MicroStrategyは、3,000人を超える規模で利用されている顧客への継続調査を通じて、広範囲かつ信頼できるBI活用を実施するうえで必要な機能が、アナリティクス・モバイル・クラウド・組み込み・IoTという5つの選定軸にまとめられることを明らかにした。

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

4
Finatext、株取引アプリの利用状況分析に「Adobe Analytics」を採用 [事例]

Finatext、株取引アプリの利用状況分析に「Adobe Analytics」を採用 [事例]

アドビ システムズは2月6日、Finatextがデータ分析ソリューション「Adobe Analytics」を採用したと発表した。Finatextでは、同社が2018年2月より提供するモバイル株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」の利用状況分析にAdobe Analyticsを活用する。

アドビ システムズは2月6日、Finatextがデータ分析ソリューション「Adobe Analytics」を採用したと発表した。Finatextでは、同社が2018年2月より提供するモバイル株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」の利用状況分析にAdobe Analyticsを活用する。

5
「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

記事ランキング

スタディサプリでわかった、志望校合格者に共通する学習傾向 - SBCF 2017

スタディサプリを運営するリクルートマーケティングパトナーズでは、学習動画を視聴する生徒のデータを分析。最適な動画時間や、志望校に合格する生徒の学習傾向などを導き出し、効率的に学習できる環境作りに生かしている。その詳細が講演で明かされた。

【特別企画】主要BIツールを徹底比較! 組織レベルで活用するための5つの選定軸と67機能

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入しても、分析で得られた知見が経営者や現場ユーザ、さらに社外の関係者へと効果的・効率的に共有され、組織レベルでの的確な意思決定や行動に結びつかなければ無駄な投資に終わってしまう。MicroStrategyは、3,000人を超える規模で利用されている顧客への継続調査を通じて、広範囲かつ信頼できるBI活用を実施するうえで必要な機能が、アナリティクス・モバイル・クラウド・組み込み・IoTという5つの選定軸にまとめられることを明らかにした。

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

Finatext、株取引アプリの利用状況分析に「Adobe Analytics」を採用 [事例]

アドビ システムズは2月6日、Finatextがデータ分析ソリューション「Adobe Analytics」を採用したと発表した。Finatextでは、同社が2018年2月より提供するモバイル株取引アプリ「STREAM(ストリーム)」の利用状況分析にAdobe Analyticsを活用する。

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
国家主導型サイバー攻撃
情報セキュリティ事故対応アワード2017
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る