データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

データ分析 新着情報

多彩なサービスを展開するDMM.comグループが選んだ統一分析基盤とは

【特別企画】多彩なサービスを展開するDMM.comグループが選んだ統一分析基盤とは

顧客のニーズに合致したレコメンドや、ビジネス上の様々な判断を促す行動分析を可能とする、DMM.comラボが構築した分析基盤の詳細を紹介するホワイトペーパーを掲載する。

売上予測はこう立てる! DeNAのゲーム事業を支えるデータアナリストの実態

売上予測はこう立てる! DeNAのゲーム事業を支えるデータアナリストの実態

スマホゲーム事業をビジネスの「核」として推し進めるDeNA。そのDeNAが2月10日に開催した技術カンファレンス「DeNA TechCon」の講演「DeNAにおけるデータ分析者の働き方~売上予測の事例~」では、データ分析にあたって同社が構築した組織体制や、データアナリストの働き方について紹介された。

LIXIL、リクルートテクノロジーズなど、データ活用に成功する企業がこぞって採用するデータ分析基盤の豪華事例集

【特別企画】LIXIL、リクルートテクノロジーズなど、データ活用に成功する企業がこぞって採用するデータ分析基盤の豪華事例集

加速度的に増加する情報データへの対応は、データの有効活用、データ分析基盤の統合、データレイクの構築など、多くの企業が喫緊の課題として注視している。もちろん、LIXILやリクルートテクノロジーズなどの大企業も例外ではない。建材・設備機器の大手メーカーであるLIXILは、グローバル経営に必要な統合システムの構築を目指し、大規模な基幹システム統合プロジェクトを推進。加えて、ビジネスに有益な情報を迅速に提供できるよう、ビッグデータを含む社内外のさまざまなデータの収集・分析を可能にする新たな情報分析基盤の構築も同時に進めることになった。

BIツール導入の流れ - BI/BA基本解説

BIツール導入の流れ - BI/BA基本解説

BIツールの導入は通常のシステムと同様、(1)要件定義、(2)設計、(3)構築、(4)テスト、(5)データ移行という手順を踏むのが一般的です。このサイクルは一度で終わるのではなく、PDCAサイクルを繰り返していくことになります。

BIツール導入前に検討すべき項目とは? - BI/BA基本解説

BIツール導入前に検討すべき項目とは? - BI/BA基本解説

BIツールの効果を十分に享受するためには、導入前に関係者の理解を深めておくべき項目があります。本稿ではその点をご教示いたします。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】LIXIL、リクルートテクノロジーズなど、データ活用に成功する企業がこぞって採用するデータ分析基盤の豪華事例集

【特別企画】LIXIL、リクルートテクノロジーズなど、データ活用に成功する企業がこぞって採用するデータ分析基盤の豪華事例集

加速度的に増加する情報データへの対応は、データの有効活用、データ分析基盤の統合、データレイクの構築など、多くの企業が喫緊の課題として注視している。もちろん、LIXILやリクルートテクノロジーズなどの大企業も例外ではない。建材・設備機器の大手メーカーであるLIXILは、グローバル経営に必要な統合システムの構築を目指し、大規模な基幹システム統合プロジェクトを推進。加えて、ビジネスに有益な情報を迅速に提供できるよう、ビッグデータを含む社内外のさまざまなデータの収集・分析を可能にする新たな情報分析基盤の構築も同時に進めることになった。

4
【特別企画】原価管理を経営に活かす方法とは? NECネクサソリューションズが解説

【特別企画】原価管理を経営に活かす方法とは? NECネクサソリューションズが解説

製造現場で得られるデータをどう経営に活かすか。それを語るうえで、原価管理との関係を抜きにして語ることはできない。製造にかかったコストやロスを計算するだけにとどまらず、新製品の企画へのフィードバックや、製造予算の編成、環境変化への対応など、適切な原価管理は企業経営に直結する経営指標といってもいい。

製造現場で得られるデータをどう経営に活かすか。それを語るうえで、原価管理との関係を抜きにして語ることはできない。製造にかかったコストやロスを計算するだけにとどまらず、新製品の企画へのフィードバックや、製造予算の編成、環境変化への対応など、適切な原価管理は企業経営に直結する経営指標といってもいい。

5
【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

記事ランキング

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】LIXIL、リクルートテクノロジーズなど、データ活用に成功する企業がこぞって採用するデータ分析基盤の豪華事例集

加速度的に増加する情報データへの対応は、データの有効活用、データ分析基盤の統合、データレイクの構築など、多くの企業が喫緊の課題として注視している。もちろん、LIXILやリクルートテクノロジーズなどの大企業も例外ではない。建材・設備機器の大手メーカーであるLIXILは、グローバル経営に必要な統合システムの構築を目指し、大規模な基幹システム統合プロジェクトを推進。加えて、ビジネスに有益な情報を迅速に提供できるよう、ビッグデータを含む社内外のさまざまなデータの収集・分析を可能にする新たな情報分析基盤の構築も同時に進めることになった。

【特別企画】原価管理を経営に活かす方法とは? NECネクサソリューションズが解説

製造現場で得られるデータをどう経営に活かすか。それを語るうえで、原価管理との関係を抜きにして語ることはできない。製造にかかったコストやロスを計算するだけにとどまらず、新製品の企画へのフィードバックや、製造予算の編成、環境変化への対応など、適切な原価管理は企業経営に直結する経営指標といってもいい。

【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る