データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

データ分析 新着情報

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

アスメディックス、データ連携ツール「DataSpider Servista」を導入 [事例]

アスメディックス、データ連携ツール「DataSpider Servista」を導入 [事例]

アシストとセゾン情報システムズは6月19日、同社が提供するデータ連携ツール「DataSpider Servista」(販売元:セゾン情報システムズ、開発元:アプレッソ)が、アスメディックスのデータ連携基盤として採用されたと発表した。

秋田銀行、仮想データ統合ツール「DynaTrek」を導入 - 営業強化の一環 [事例]

秋田銀行、仮想データ統合ツール「DynaTrek」を導入 - 営業強化の一環 [事例]

ダイナトレックは6月15日、同社が開発・販売する仮想データ統合ツール「DynaTrek」を秋田銀行が導入し、本部における計数管理から営業店の活動分析までを網羅する「経営・営業情報マネジメントシステム」を構築・運用を開始したと発表した。

スポーツの代表チームは、どんなデータを分析しているのか - Watson Summit 2017

スポーツの代表チームは、どんなデータを分析しているのか - Watson Summit 2017

競技スポーツにおいては、アナリティクス活用にはまだまだ課題が多いのが現状だ。そうした課題にどう対応しているのかについて、河合氏が自らの大学の研究成果を交えながら、展望を示した。

太田胃散、ウイングアークのBI基盤で業務改革 - 約2,000万件のデータを活用 [事例]

太田胃散、ウイングアークのBI基盤で業務改革 - 約2,000万件のデータを活用 [事例]

ウイングアーク1stは6月1日、太田胃酸がウイングアーク1stのBI基盤「Dr.Sum EA」と「MotionBoard」を導入し、約10年間にわたって蓄積された業務データ約2,000万件を活用して業務改革を推進したと発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

4
[講演資料提供] 小川 卓氏のWeb解析セミナー - 気付きを得るための方法とツール

[講演資料提供] 小川 卓氏のWeb解析セミナー - 気付きを得るための方法とツール

5月12日に開催されたIT Search+ スペシャルセミナー 第43回「データ解析の達人に学ぶ!Google アナリティクス分析&活用講座」の資料を無料提供。豊富な改善事例、便利ツールをご覧いただけます。

5月12日に開催されたIT Search+ スペシャルセミナー 第43回「データ解析の達人に学ぶ!Google アナリティクス分析&活用講座」の資料を無料提供。豊富な改善事例、便利ツールをご覧いただけます。

5
IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の溝上敏文氏が登壇。「Watsonと医療の世界」と題されたセッションでは、IBMがAI技術を用いて医療の世界にどう貢献していくのかが語られた。

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の溝上敏文氏が登壇。「Watsonと医療の世界」と題されたセッションでは、IBMがAI技術を用いて医療の世界にどう貢献していくのかが語られた。

記事ランキング

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

[講演資料提供] 小川 卓氏のWeb解析セミナー - 気付きを得るための方法とツール

5月12日に開催されたIT Search+ スペシャルセミナー 第43回「データ解析の達人に学ぶ!Google アナリティクス分析&活用講座」の資料を無料提供。豊富な改善事例、便利ツールをご覧いただけます。

IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の溝上敏文氏が登壇。「Watsonと医療の世界」と題されたセッションでは、IBMがAI技術を用いて医療の世界にどう貢献していくのかが語られた。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る