データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

【特別企画】最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

金融サービス企業ではほかの業界よりも、より早くより積極的にデータソリューションへの投資を行っている。しかし、金融サービスデータは、維持費の高い多数のリポジトリのサイロ内に断片化される傾向も。そのため、レポートの品質は疑わしいものとなり、作成にも時間を要してしまう。このような柔軟性の欠如により、詐欺行為、不正取引の摘発、規制リスクに関する照会に対して、迅速な対応ができていない企業が多い。先進的な金融サービス企業では、Hortonworks Data Platformの採用により、これらの課題に対応し、リスクを最小限に抑え、営業利益を向上させている。ここでは、そんな事例の一部を紹介しよう。

データ分析 新着情報

10月26日、Tokyo Dell EMC Forum 2017開催 - コニカミノルタ山名社長ら登壇

10月26日、Tokyo Dell EMC Forum 2017開催 - コニカミノルタ山名社長ら登壇

10月26日、東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京にて、デル/EMCジャパン主催の技術イベント「Tokyo Dell EMC Forum 2017」が開催される。今年のテーマは、「REALIZE - デジタル トランスフォーメーションを現実のものに」。

11月7日、Cloudera World Tokyo 2017開催 - 米国から創業者ら来日

11月7日、Cloudera World Tokyo 2017開催 - 米国から創業者ら来日

11月7日(火)、東京都港区のANAインターコンチネンタルホテル東京にて、Clouderaが主催する年次カンファレンス「Cloudera World Tokyo 2017」が開催される。今年のテーマは『ビジネスを成功させる「データの力」』だ。

i.JTB、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用 [事例]

i.JTB、クラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo」を採用 [事例]

ドーモは10月2日、i.JTBがクラウド型ビジネス最適化プラットフォーム「Domo(ドーモ)」を採用したと発表した。

最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

【特別企画】最新のHadoopを活用した業種別ユースケースを一挙紹介 - ビッグデータ分析に必要な環境とは

金融サービス企業ではほかの業界よりも、より早くより積極的にデータソリューションへの投資を行っている。しかし、金融サービスデータは、維持費の高い多数のリポジトリのサイロ内に断片化される傾向も。そのため、レポートの品質は疑わしいものとなり、作成にも時間を要してしまう。このような柔軟性の欠如により、詐欺行為、不正取引の摘発、規制リスクに関する照会に対して、迅速な対応ができていない企業が多い。先進的な金融サービス企業では、Hortonworks Data Platformの採用により、これらの課題に対応し、リスクを最小限に抑え、営業利益を向上させている。ここでは、そんな事例の一部を紹介しよう。

拡張データディスカバリー搭載! 来日CEOが明かした次期Yellowfinの目玉機能

拡張データディスカバリー搭載! 来日CEOが明かした次期Yellowfinの目玉機能

豪Yellowfinは9月5日、同社CEO グレン・ラビー氏の来日に伴う記者説明会を開催。今年10月末にリリース予定のBI製品の新版「Yellowfin 7.4」の新機能を発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

11月7日、Cloudera World Tokyo 2017開催 - 米国から創業者ら来日

11月7日、Cloudera World Tokyo 2017開催 - 米国から創業者ら来日

11月7日(火)、東京都港区のANAインターコンチネンタルホテル東京にて、Clouderaが主催する年次カンファレンス「Cloudera World Tokyo 2017」が開催される。今年のテーマは『ビジネスを成功させる「データの力」』だ。

4
「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

5
ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

記事ランキング

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

11月7日、Cloudera World Tokyo 2017開催 - 米国から創業者ら来日

11月7日(火)、東京都港区のANAインターコンチネンタルホテル東京にて、Clouderaが主催する年次カンファレンス「Cloudera World Tokyo 2017」が開催される。今年のテーマは『ビジネスを成功させる「データの力」』だ。

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る