データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

データ分析 新着情報

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIの社内ベンチャー「suitsbox」が超短期でスタートできた理由

AOKIが、男性用ビジネスウェアをサブスクリプションモデルで提供するサービスを2018年4月末より開始した。その名も「suitsbox」。アイデア出しからわずか1年でサービス開始までに至った背景について、責任者らに伺った。

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

米Gartner 最高位アナリストの10大予言

「2020~2021年には、デジタルジャイアント7社のうち5社が自己破壊を起こし、ECにおける検索作業の30%が画像/音声検索になり、アプリ開発の半数以上がボットの開発になる」――全世界で2000人以上のアナリストを抱えるGartnerにおいて、その最高責任者を務めるピーター・ソンダーガード氏の展望である。

NTTグループ、共通経理システムにBIプラットフォーム「WebFOCUS」を採用 [事例]

NTTグループ、共通経理システムにBIプラットフォーム「WebFOCUS」を採用 [事例]

アシストは6月5日、同社が販売を手掛けるエンタープライズBIプラットフォーム「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders)が、NTTグループ企業53社が利用する共通経理システムのレポーティング基盤として採用されたと発表した。

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoTによってデータを収集し、AIで分析することでさまざまな課題を解決していこうという流れが生まれている。なかでも注目されているのが「スマートシティ」構想と、「スポーツアナリティクス」だ。5月18日に都内にて開催された「SAS Forum Japan 2018」では、SAS Institute Japanの高田俊介氏から、すでに始まっている世界各国の取り組みが紹介された。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoTによってデータを収集し、AIで分析することでさまざまな課題を解決していこうという流れが生まれている。なかでも注目されているのが「スマートシティ」構想と、「スポーツアナリティクス」だ。5月18日に都内にて開催された「SAS Forum Japan 2018」では、SAS Institute Japanの高田俊介氏から、すでに始まっている世界各国の取り組みが紹介された。

柔軟な分析環境で顧客ビジネスを支援する――日本テラデータ

柔軟な分析環境で顧客ビジネスを支援する――日本テラデータ

日本テラデータは5月23日、東京都内においてプライベートカンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2018」を開催した。「データ活用とその分析を最大限ビジネスに活かす方法について、ビジネスおよびITの視点から学ぶイベント」と位置付けられた今回は、650名超が参加。顧客企業12社によるデータ活用の個別セッションは、立ち見も出る盛況ぶりを見せた。

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

4
BIツールとは?

BIツールとは?

BIツールは大企業を中心に幅広く導入されているものの、中小企業での導入率はまだまだ低い傾向にあります。人材が不足していて業務を効率化したいと感じている中小企業だからこそ、BIツールは大きな効果を発揮するという面もあります。ここではBIツールの基本を詳しく見ていきましょう。

BIツールは大企業を中心に幅広く導入されているものの、中小企業での導入率はまだまだ低い傾向にあります。人材が不足していて業務を効率化したいと感じている中小企業だからこそ、BIツールは大きな効果を発揮するという面もあります。ここではBIツールの基本を詳しく見ていきましょう。

5
「4D Analytics」がビジネス成果にもたらす価値とは? - 米テラデータ COO

「4D Analytics」がビジネス成果にもたらす価値とは? - 米テラデータ COO

テラデータは2018年4月、センサデータ分析を強化する「4D Analytics(4次元分析)」を発表した。「データ駆動型ビジネス」への移行が叫ばれるなか、同社は顧客にどのような価値を提供していくのか。米テラデータでCOOを務めるオリバー・ラッゼスバーガー氏に話を聞いた。

テラデータは2018年4月、センサデータ分析を強化する「4D Analytics(4次元分析)」を発表した。「データ駆動型ビジネス」への移行が叫ばれるなか、同社は顧客にどのような価値を提供していくのか。米テラデータでCOOを務めるオリバー・ラッゼスバーガー氏に話を聞いた。

記事ランキング

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoTによってデータを収集し、AIで分析することでさまざまな課題を解決していこうという流れが生まれている。なかでも注目されているのが「スマートシティ」構想と、「スポーツアナリティクス」だ。5月18日に都内にて開催された「SAS Forum Japan 2018」では、SAS Institute Japanの高田俊介氏から、すでに始まっている世界各国の取り組みが紹介された。

柔軟な分析環境で顧客ビジネスを支援する――日本テラデータ

日本テラデータは5月23日、東京都内においてプライベートカンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2018」を開催した。「データ活用とその分析を最大限ビジネスに活かす方法について、ビジネスおよびITの視点から学ぶイベント」と位置付けられた今回は、650名超が参加。顧客企業12社によるデータ活用の個別セッションは、立ち見も出る盛況ぶりを見せた。

「インフォノミクス」の提唱者が語る! 情報収益化の評価方法

「企業はデータをほかの資産を扱うのと同様のやり方で管理すべき」――この「インフォノミクス」の原則を提唱しているのが、ガートナー バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト ダグラス・レイニー氏だ。本稿では、「ガートナー データ&アナリティクス サミット 2018」のために来日したレイニー氏の講演から、情報収益化に成功している企業の事例や評価モデルの概要を紹介する。

BIツールとは?

BIツールは大企業を中心に幅広く導入されているものの、中小企業での導入率はまだまだ低い傾向にあります。人材が不足していて業務を効率化したいと感じている中小企業だからこそ、BIツールは大きな効果を発揮するという面もあります。ここではBIツールの基本を詳しく見ていきましょう。

「4D Analytics」がビジネス成果にもたらす価値とは? - 米テラデータ COO

テラデータは2018年4月、センサデータ分析を強化する「4D Analytics(4次元分析)」を発表した。「データ駆動型ビジネス」への移行が叫ばれるなか、同社は顧客にどのような価値を提供していくのか。米テラデータでCOOを務めるオリバー・ラッゼスバーガー氏に話を聞いた。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
エイプリルフールの舞台裏
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る