データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

データ分析 新着情報

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

米Tableau Softwareは8月7日、誰もが簡単にあらゆるデータをビジュアル分析できるBIツール「Tableau」の最新バージョン「Tableau 2018.2」をリリースした。これを受けて、日本法人のTableau Japanが新機能に関する記者発表会を開催したので、その様子をお伝えする。

テクノロジーで進化する楽天、最大の武器は「データ」にあり

テクノロジーで進化する楽天、最大の武器は「データ」にあり

ECのイメージが強い楽天だが、実は世界中に研究組織を展開しており、さまざまな研究開発を行っている。その中心となっている組織が楽天技術研究所だ。楽天技術研究所はいかなる組織なのか。そして世の中にどんなインパクトを与えようとしているのか。

進化するBIツール - IoTやAIで未来に向けたひろがり

進化するBIツール - IoTやAIで未来に向けたひろがり

BIツールは、過去のデータを集計・解析して経営に役立てるためだけのものではありません。IoTやAIを活用することで、BIツールは、リアルタイムでの情報把握や、未来に向けた提案も可能になります。ここでは、BIツールの未来に向けたひろがりを紹介します。

BIツール、これまでの発展の歴史

BIツール、これまでの発展の歴史

企業に蓄積された貴重なデータを有効活用するという目的で、BIツールは企業にとって必要不可欠になってきました。ベンダーによってさまざまな機能が開発されるようになりましたが、それまでにはどのような発展の歴史があったのでしょうか。

BIツールの機能 - シミュレーション機能とは? 売上の予測・分析に

BIツールの機能 - シミュレーション機能とは? 売上の予測・分析に

企業にあるマスデータを分析するうえで注目を集めているのがBIツールです。BIツールにはさまざまな機能が備わっていますが、そのなかでも売上予測や収益予測に大変便利なのがシミュレーション機能です。ここでは、シミュレーション機能に焦点を当てて、詳しく見ていきましょう。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

米Tableau Softwareは8月7日、誰もが簡単にあらゆるデータをビジュアル分析できるBIツール「Tableau」の最新バージョン「Tableau 2018.2」をリリースした。これを受けて、日本法人のTableau Japanが新機能に関する記者発表会を開催したので、その様子をお伝えする。

テクノロジーで進化する楽天、最大の武器は「データ」にあり

テクノロジーで進化する楽天、最大の武器は「データ」にあり

ECのイメージが強い楽天だが、実は世界中に研究組織を展開しており、さまざまな研究開発を行っている。その中心となっている組織が楽天技術研究所だ。楽天技術研究所はいかなる組織なのか。そして世の中にどんなインパクトを与えようとしているのか。

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

4
「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

5
IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoTによってデータを収集し、AIで分析することでさまざまな課題を解決していこうという流れが生まれている。なかでも注目されているのが「スマートシティ」構想と、「スポーツアナリティクス」だ。5月18日に都内にて開催された「SAS Forum Japan 2018」では、SAS Institute Japanの高田俊介氏から、すでに始まっている世界各国の取り組みが紹介された。

IoTによってデータを収集し、AIで分析することでさまざまな課題を解決していこうという流れが生まれている。なかでも注目されているのが「スマートシティ」構想と、「スポーツアナリティクス」だ。5月18日に都内にて開催された「SAS Forum Japan 2018」では、SAS Institute Japanの高田俊介氏から、すでに始まっている世界各国の取り組みが紹介された。

記事ランキング

BIツール「Tableau」の最新バージョンが公開 - 7桁郵便番号の可視化も

米Tableau Softwareは8月7日、誰もが簡単にあらゆるデータをビジュアル分析できるBIツール「Tableau」の最新バージョン「Tableau 2018.2」をリリースした。これを受けて、日本法人のTableau Japanが新機能に関する記者発表会を開催したので、その様子をお伝えする。

テクノロジーで進化する楽天、最大の武器は「データ」にあり

ECのイメージが強い楽天だが、実は世界中に研究組織を展開しており、さまざまな研究開発を行っている。その中心となっている組織が楽天技術研究所だ。楽天技術研究所はいかなる組織なのか。そして世の中にどんなインパクトを与えようとしているのか。

ヤフーがSplunk導入に踏み切った入り口は「MakeとUseの使い分け」

日本で「インターネットの入り口」と言えば、ヤフーをイメージする人が多いだろう。メールやオークションなど100以上の多彩なサービスを展開しており、Yahoo! JAPAN IDのMAU(Monthly Active User)は4000万人を数える。同社は現在、これらのサービスを下支えするインフラ環境をシフトさせている。

「セルフサービス」が響きすぎたBI業界、2017年はデータプレパレーションに注目! - ガートナーが振り返る2016年

「2016年は、セルフサービスBIに対する理想と現実のギャップにユーザー企業が悩まされた一年だったと感じています」――こう語るのはガートナー ジャパン リサーチ部門 バイス プレジデントの堀内 秀明氏である。

IoT×AIで実現! 世界で進むスマートシティ構想とスポーツ界の革新

IoTによってデータを収集し、AIで分析することでさまざまな課題を解決していこうという流れが生まれている。なかでも注目されているのが「スマートシティ」構想と、「スポーツアナリティクス」だ。5月18日に都内にて開催された「SAS Forum Japan 2018」では、SAS Institute Japanの高田俊介氏から、すでに始まっている世界各国の取り組みが紹介された。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る