データ分析の解説/事例記事

データ分析の解説/事例記事

ピックアップ記事

客単価189%アップに導いた、PARCOのアプリ活用術とデータ戦略

【特別企画】客単価189%アップに導いた、PARCOのアプリ活用術とデータ戦略

全国でショッピングセンターを運営するパルコは、デジタル施策を積極的に導入している。現在、その中核を担っているのがスマートフォン向けアプリ「POCKET PARCO」だ。同アプリをDLしたユーザーは、PARCOに出展する約3,000のショップから届く最新情報の閲覧・クリップ(お気に入り)や、商品の注文・取り置きが行える。

データ分析 新着情報

富士フイルムICTソリューションズ、データ統合基盤に「Informatica Cloud」を採用 [事例]

富士フイルムICTソリューションズ、データ統合基盤に「Informatica Cloud」を採用 [事例]

インフォマティカ・ジャパンは4月26日、富士フイルムICTソリューションズが、富士フイルムグループのデータ統合基盤としてクラウドデータ管理ソリューション「Informatica Cloud」を採用したと発表した。

BI導入、ありがちな失敗例 - BI/BA基本解説

BI導入、ありがちな失敗例 - BI/BA基本解説

データの可視化や分析によって、現状を把握し、今後の戦略を練るのに役立つBI。しかし、初期コスト・運用コストの割に十分に活用されず、使えないツールと認定されてしまうこともあります。

三井住友カード、AIを活用したデータ分析基盤「DataRobot」を採用 [事例]

三井住友カード、AIを活用したデータ分析基盤「DataRobot」を採用 [事例]

三井住友カードとDataRobot社、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は4月7日、三井住友カードが、NSSOLが提供するDataRobot社のデータ分析プラットフォーム「DataRobot」を導入したと発表した。

客単価189%アップに導いた、PARCOのアプリ活用術とデータ戦略

【特別企画】客単価189%アップに導いた、PARCOのアプリ活用術とデータ戦略

全国でショッピングセンターを運営するパルコは、デジタル施策を積極的に導入している。現在、その中核を担っているのがスマートフォン向けアプリ「POCKET PARCO」だ。同アプリをDLしたユーザーは、PARCOに出展する約3,000のショップから届く最新情報の閲覧・クリップ(お気に入り)や、商品の注文・取り置きが行える。

KDDIとアクセンチュアがDMPで合弁会社、IoTデータの統合も視野に

KDDIとアクセンチュアがDMPで合弁会社、IoTデータの統合も視野に

サービスごとに断片化された顧客データベースの統合と、それに伴う分析基盤の構築はデジタルマーケティング全盛の今、企業の喫緊の課題となっている。その一例として、KDDIとアクセンチュアは3月14日に、データアナリティクスの活用、推進に向け、合弁会社「ARISE analytics」の設立を発表した。

  • バックナンバーを見る

記事ランキング

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】客単価189%アップに導いた、PARCOのアプリ活用術とデータ戦略

【特別企画】客単価189%アップに導いた、PARCOのアプリ活用術とデータ戦略

全国でショッピングセンターを運営するパルコは、デジタル施策を積極的に導入している。現在、その中核を担っているのがスマートフォン向けアプリ「POCKET PARCO」だ。同アプリをDLしたユーザーは、PARCOに出展する約3,000のショップから届く最新情報の閲覧・クリップ(お気に入り)や、商品の注文・取り置きが行える。

4
IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の溝上敏文氏が登壇。「Watsonと医療の世界」と題されたセッションでは、IBMがAI技術を用いて医療の世界にどう貢献していくのかが語られた。

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の溝上敏文氏が登壇。「Watsonと医療の世界」と題されたセッションでは、IBMがAI技術を用いて医療の世界にどう貢献していくのかが語られた。

5
【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

記事ランキング

【特別企画】データディスカバリー&ビジュアライゼーションに加え先を見通す - 新世代のBIソリューションとは

去る2015年7月29日、東京新宿において、マイナビニュース主催のセミナー『経営層から現場まで「全社データ活用」の成功の秘訣~見える化からアナリティクスまで~』が開催された。今回はその中から「従来型BIの課題を解決できる、新世代のデータディスカバリー BI」と題した、SAS Institute Japan ソリューションコンサルティング第一本部 ビジュアルアナリティクス推進担当部長の畝見(うねみ)真氏のセッションをレポートしよう。

【特別企画】認知度は高まったが、価値を得る方法が不明! - なぜ進まないビッグデータの活用

ビッグデータを実際に活用している企業はまだまだ少ない。活用方法を紹介。ビッグデータをビジネスで活用するためには、収集したビッグデータと既存のビジネスデータを融合する必要があるが、既存システムの各所に多種多様な形で散在してしまっているケースが多いためデータの融合には大きな労力とコストがかかってしまう。これがビッグデータの活用が進まない要因であり、これを解決するための方法とは何か。

【特別企画】客単価189%アップに導いた、PARCOのアプリ活用術とデータ戦略

全国でショッピングセンターを運営するパルコは、デジタル施策を積極的に導入している。現在、その中核を担っているのがスマートフォン向けアプリ「POCKET PARCO」だ。同アプリをDLしたユーザーは、PARCOに出展する約3,000のショップから届く最新情報の閲覧・クリップ(お気に入り)や、商品の注文・取り置きが行える。

IBM Watsonが医療にもたらす未来 - ヘルスケアIT 2016

4月20日から22日にかけて東京ビッグサイトで開催された「ヘルスケアIT 2016」では、日本IBM ワトソン事業部ヘルスケア事業開発部長の溝上敏文氏が登壇。「Watsonと医療の世界」と題されたセッションでは、IBMがAI技術を用いて医療の世界にどう貢献していくのかが語られた。

【特別企画】「データサイエンティストは必要か?」 絶対現場主義で企業全体の競争力を高めるBI活用術

今やビッグデータの時代と言われて久しい。しかし、ビジネスにとって重要なのは、データ量の大小ではなく、データを活用して「何に役立てるか」ということだ。そして、その答えを持っているのは、"現場"の担当者だと言える。現場自らが、これまで活用していなかった、あるいは活用できていなかったデータを活用できれば、新たな気づきや事実を素早く見つけ出し、それに基づいた次のアクションや意思決定を迅速に行える。

あなたの関心に近い製品・記事

製品

記事

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る