マイナビニュースマイナビ

関西学院大学×日本IBMがAI活用人材育成プログラムを7月から提供

[2021/04/28 11:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

関西学院大学と日本IBMは4月27日、オンラインによる記者説明会を開き、共同開発した「AI活用人材育成プログラム バーチャルラーニング版(VL版)」を7月から企業や自治体、大学に対し、有償による提供を開始すると明らかにした。

AI人材育成投資の必要性

両者は、2017年にAIに関する共同プロジェクトを立ち上げ、2019年4月からプロジェクトの成果としてAI活用人材育成プログラムを同大の全学部生を対象に開講し、延べ1500人が受講している。

関西学院大学と日本IBMとの共同プロジェクトの経緯

関西学院大学と日本IBMとの共同プロジェクトの経緯

関西学院大学 学長の村田治氏は「日本の労働生産性はOECDの中で20~21位となっており、1990年に米国でIT革命が起こり、米国は生産性を向上したが、日本は2000年代にIT革命を進めたが軌道に乗らなかった。米国で成功した要因としては、IT投資・研究開発投資に伴う人材開発が功を奏した。昨今では、AI、DXの時代と言われているものの、AIは多様なレベルがあり、ITの延長線上にあることから日本がIT革命で成し遂げなかった人材育成投資の失敗がAIでも繰り返されると、AIの革命もうまくいかない可能性がある。そのことを前提に人材投資に取り組む必要があると考えたため、プログラムの提供を開始する」と説明した。

関西学院大学 学長の村田治氏

関西学院大学 学長の村田治氏

また、日本IBM 専務執行役員 グローバル・ビジネス・サービス事業本部長の加藤洋氏は「IBMは関西学院大学に対して、ビジネス、テクノロジー、コンサルシステム開発においてサポートした」と話す。

日本IBM 専務執行役員 グローバル・ビジネス・サービス事業本部長の加藤洋氏

日本IBM 専務執行役員 グローバル・ビジネス・サービス事業本部長の加藤洋氏

ビジネス面では、IBMがこれまで培ってきたプロジェクト、メソドロジーを組み込み、同大が持つ学問と融合することで実践的なプログラムとなっている。また、テクノロジー面では、IBM Watson Assistantを用いてチャットボットを活用できるほか、コンサルシステム開発に関しては一気通貫で提供したという。

日本IBMが関西学院大学に提供する価値

日本IBMが関西学院大学に提供する価値

加藤氏は「今後は学習レコメンデーションなど当社の技術活用による仕組みの高度化や、イベント・ホームページなどでの積極的な紹介などのマーケティング、最新の知見を継続的に反映し、AI活用人材育成への一層の貢献を図る」と力を込めていた。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

「IBM Cloud」が機能拡張 - 分散クラウドを実現するサービスを発表

「IBM Cloud」が機能拡張 - 分散クラウドを実現するサービスを発表

日本IBMは3月2日、オンラインで「IBM Cloud」の機能拡張に関する記者説明会を開催した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る