マイナビニュースマイナビ

仮想化 記事バックナンバー(2013年)

仮想化 記事バックナンバー(2013年)

100 件中 1~20件目を表示中

2013年11月の記事

今後のインフラ整備に避けては通れない、VDIを快適に利用するための処方箋

【特別企画】今後のインフラ整備に避けては通れない、VDIを快適に利用するための処方箋

コストの削減やリスクの軽減を求めて、IT資産をデータセンターに集約し、統合的にコントロールしたいというニーズが増えている。実際、仮想化技術の発展により、サーバやアプリケーションを1つのデータセンターにまとめる動きが活発になっている。ところが、ITを完全にセンターへ統合することができないケースが多い。なぜならアプリケーションのパフォーマンスが悪化したり......

2013年10月の記事

より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

【特別企画】より速く、低コストで、安全に、ハイブリッドクラウド・仮想化を実現

クラウドの活用に関してはさまざまな課題が残されている。中でも、「パフォーマンスが予測できない」「安全性が不透明」「データ転送が遅い」という障壁は、ビジネスへの影響が大きい。これらを解決しないかぎり、安心してクラウドを活用することは難しいだろう。本稿では、ネットワークのさまざまな課題を解決するためにリバーベッドが提供するソリューションを紹介しよう。

2013年8月の記事

デスクトップ仮想化は「コストが高い?」「実用に耐えない?」は大きな誤解!

【特別企画】デスクトップ仮想化は「コストが高い?」「実用に耐えない?」は大きな誤解!

来年4月に迫ったマイクロソフトによるWindows XPのサポート終了を受けて、新たなクライアント環境を模索している企業も多いことだろう。この時、少しでも先見の明がある企業であれば、新しいクライアント環境としてデスクトップ仮想化(VDI)も視野に入れているに違いない。

2013年5月の記事

仮想化環境やクラウドのために開発されたリバーベッドのパフォーマンスソリューション

【特別企画】仮想化環境やクラウドのために開発されたリバーベッドのパフォーマンスソリューション

企業がビジネスのグローバル展開やアプリケーションのモビリティ化を進めるためには、データセンターにも大きな変化が求められる。米IDG Reseachが2013年1月に行った調査によれば、回答者であるIT管 理者の8割近くが「ビジネスを成功に導くためにはデータセンターの変革が非常に重要である」と答えたという。

サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ

【特別企画】サポート終了までわずか! Windows XPからデスクトップ仮想化へ

2014年4月にWindows XPのサポート期限が終了するのを受けて、多くの企業ではクライアントPCのOSをWindows 7/8に移行する必要に迫られている。そうした中、Windows XPからの移行に当たって、次なるクライアント環境としてぜひとも検討したいのが、デスクトップ仮想化の導入である。

2013年3月の記事

次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

【特別企画】次の10年のIT基盤を支える「IBM PureSystems」

「次の10年に必要な企業のIT基盤」を提供すべく日本IBMが2012年に発表したのが、同社がエキスパート・インテグレーテッド・システムと呼ぶ製品ファミリー「IBM PureSystems」である。ここではマルチハイパーバイザ環境に代表される高度な仮想化/クラウド活用を支えるIaaS基盤「IBM PureFlex System」の特徴とアドバンテージが示された。

マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

【特別企画】マルチハイパーバイザ環境が実現するコスト削減と信頼性の向上

オープンソースのLinuxカーネル仮想化基盤「KVM(Kernel-based Virtual Machine)」の活用に注目が集まっている。IBMが提案するのは、同仮想化基盤への移行に加えて、VMwareなど既存の仮想化環境と共存させて仮想マシンの可用性向上やDR(災害対策)システムの構築などを図る「マルチハイパーバイザ」環境である。

「RHEV 3.1」が実現するコスト削減と経営課題解決

【特別企画】「RHEV 3.1」が実現するコスト削減と経営課題解決

Linuxディストリビューターとしての長年の実績を基に、現在はオープンソースの仮想化ソフトウェアにも注力するレッドハット。同社が提供するオープンソースの仮想化ソリューション「Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)」の特徴と、導入/移行で得られるメリットが紹介された。

仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

【特別企画】仮想化/クラウド時代に 企業システム基盤が進むべき道筋

仮想化やクラウドコンピューティングが本格的に普及を遂げる中で、ビジネスニーズに即したシステム基盤をいかにして構築・活用していくかのポイントが示された。

2013年2月の記事

仮想環境のバックアップ:操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に。Acronis vmProtect で速度、効率、操作性を向上

【特別企画】仮想環境のバックアップ:操作は2倍簡単に、オーバーヘッドは半分に。Acronis vmProtect で速度、効率、操作性を向上

近年、仮想化の急激な普及・拡大により、増大する仮想マシンのデータ保護が新たな課題として持ちあがっています。特に仮想マシンのバックアップ(VM バックアップ)は、あらゆる規模の企業における必須の検討事項となっています。

VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

【特別企画】VMware仮想マシンの統合バックアップをするSymantec Backup Exec

20台のサーバーをVMwareで仮想化。タミヤでは、Backup ExecでVMware上のバックアップを 統合、バックアップの高速化と簡素化を実現しています。

  • バックナンバーを見る
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る