20坪でも土地活用で収益化できる?おすすめの活用方法10選を紹介

土地活用

「相続などで20坪ほどの土地を手に入れたけれど、余すことなく活用する方法がわからない」とお悩みではありませんか?20坪となると土地の中でも狭小地とも呼ばれる小さめの土地に分類されます。そのため、土地活用で収益化するのが難しいと考える方も多いものです。しかし、20坪程度の狭い土地でも有効に土地を活用し、収益化することは可能です!

本記事では20坪の土地を所有する方に向けて、狭い土地でも初期投資なしで始められる活用方法や、高い収益を狙える活用方法を10選ご紹介していきます。小さめの土地だからと諦めてしまう前にぜひご覧ください。

土地の活用方法に迷っているなら『HOME4U土地活用』に相談するのがおすすめ!

  • 土地活用の専門企業に、土地活用プランを無料で請求できる
  • 最大7社まで同時に依頼でき、費用や収益プランを比較検討できる
  • プラン請求できるのは厳選された実績のある優良企業のみ
  • 依頼した企業以外から連絡が来ることはないので安心

初めての方でも、プロのアドバイスを参考に安心して土地の活用をスタートできます。

公式サイトはこちら

20坪の土地活用を初期投資なしで!おすすめの方法5選

まずは初期投資なしの土地活用でおすすめな以下の5つをご紹介します。

  • 駐車場や駐輪場の経営
  • 自動販売機の設置
  • 看板の設置
  • 個人や企業への借地
  • 活用のプロによる土地信託

土地活用では初期投資が高く掛かるものと、比較的安く済むもしくはほぼ掛からないものがあります。初期投資なしで始めるほうが事業リスクを多く背負わずに済むため、狭めの土地で少し何か始めてみたいという方には挑戦しやすいでしょう。

初期投資なしの場合のおすすめ土地活用方法を詳しく見ていきましょう。

駐車場・駐輪場の経営

狭めの土地活用でおすすめの方法の筆頭は駐車場・駐輪場の経営です。簡易的な駐車場・駐輪場は整地された土地さえあればコンクリート加工の工事等だけで済み、必要な機材の導入などもありません。場合によっては更地のままで経営できることもあります。さらに基本的には管理なども全て業者に任せる経営形態でも運用できるため、地主の管理負担がないことも魅力です。

また、数か月~数年単位で契約期間を決められるため、土地を使用する予定までの間だけ活用したい方も安心して挑めます。駐輪場の場合は20坪程度の土地であると、おおよそ4台ほどの規模になるでしょう。

駐車場・駐輪場は、利用者の需要が高いエリアにある土地で、手間なく土地活用をしたい方におすすめな方法です。

自動販売機の設置

狭めの土地なら自動販売機の設置もおすすめです。自動販売機は土地に合わせて設置台数を決められるため、20坪程度でも充分稼働できます。始めるハードルも低く、メーカーと販売プランなどを決めて希望台数を設置してもらうだけで始められます。

商品充填などを含め、全てメーカー任せで運営することもできるため、手間もかかりません。月々の電気代は必要になりますが、地主は安定的に販売手数料を受け取ることができるようになります。特に人通りが多い土地であるなら利益が望めるでしょう。

小さめの土地でなるべく手をかけず、限りなく導入費用を抑えてコツコツと利益を得たい方におすすめです。

看板の設置

看板の設置もおすすめの方法です。何故なら、看板の製作・設置費用は看板を設置したいクライアントが負担するため、地主の費用負担が要らないからです。地主は費用を割かずに、テナント料を得ることができるようになります。さらに、土地活用の転用もしやすいため、土地活用を手軽に始めたい場合にも挑戦しやすいでしょう。

ただし、ロードサイドなど交通量が多い土地でなければ借主が見つかりにくいことが考えられるため、その条件に一致する土地の方におすすめの活用方法といえます。

個人や企業への借地

無難に個人や企業への借地で利益を得るという選択肢もあります。20坪でも立地が良く需要が見込める土地であるなら、可能性は十分あります。さらに借地なら地主は土地を貸すだけで済むため、初期投資も特に必要ではありません。経営負担を負わずに不労収入でそれなりの地代を定期的に受け取れるなら、立派な土地活用といえます。

また、借地とする場合には定期借地という方法で契約するのがおすすめです。定期借地であれば指定した年月だけ貸し出すことができるため、一定期間後必ず土地を返却してもらえます。契約方法によって1日~数か月単位で貸す契約もあるため、短期間の活用を考えている方にも向いています。

土地の貸し出しをおこないたい方には、以下の記事もおすすめです。貸し出し時の借地代を設定する方法について詳しく解説しています。

借地料に関する手引き|算出方法や税金・見直し時期などを深掘り!
土地を貸してその対価として支払ってもらう借地料には、さまざまな計算方法があります。この記事では、借地料の決め方の基準や計算方法、借地料にかかるさまざまな税金、借地のメリット・デメリット、借地にするときのポイントなどを取り上げます。

活用のプロによる土地信託

土地の扱いや運用に悩むなら土地信託を利用して、土地活用のプロに任せるという方法もおすすめです。信託会社・信託銀行が運用をし、地主は信託配当金を受け取れるようになります。一切の運用に関する手間や管理責任から解放されるため、多くの不動産所有者に人気の方法です。

ただし、この信託配当金は運用で出た利益から、経費と信託会社への報酬を差し引いた額になります。そのため、自身で土地活用をした際の純利益より少なくなる可能性があるでしょう。しかし、自身では土地活用をするのが難しいという方にはおすすめの活用方法と言えます。

20坪の土地に投資をして高い利益を狙う活用方法5選

ある程度初期投資をして高い収益を狙いたい方におすすめの土地活用は以下の5つです。

  • トランクルームを設置
  • 狭小地向けのアパートを経営
  • 戸建ての賃貸経営
  • 建物を建てテナントを募集
  • フランチャイズで事業を展開

初期投資費用が必要な土地活用の多くは、活用が軌道に乗ると得られる利益も多くなる可能性があります。初期投資の回収を狙え、儲け分も生み出せる土地活用となることも考えられるでしょう。

20坪の土地で高い利益を狙う場合の土地活用方法を詳しくご紹介します。

トランクルームを設置

荷物を預かって保管するトランクルームは20坪以内の土地でも出来る土地活用方法です。トランクルーム経営は野外は主に以下2種類の形態から選ぶことができます。

  • 屋外にコンテナを設置するタイプ
  • 屋内の施設に貸し出しスペースを作るタイプ

野外型のコンテナタイプは設置が簡単という特徴があります。一方、屋内型はワンフロアをパーテーションで仕切ってミニマムに貸し出したり、アパートの部屋ごとに貸し出したりと、ニーズに合わせて運用できるという特徴があります。

屋外型の場合には20坪でおおよそ2基のコンテナが設置可能です。費用はコンテナ代や設備投資含め約250万円ほどが必要になります。

屋内型のトランクルームをパーティションで仕切った個室タイプで運用するなら、20坪で約240万円程度の設備投資が必要です。ただし、この屋内型は新たに建物を建てる必要も出てくるため、建設費用を含めると初期投資が大きく膨らみます。土地が更地の場合には注意が必要です。

いずれも導入には施設や防犯設備などの初期投資が必要ですが、トランクルーム経営は投資が必要な土地活用の中では比較的安い部類です。経営と費用負担が少なく、土地活用を始めたい方におすすめの活用方法といえます。

以下の記事では、トランクルーム経営についてさらに詳しく解説しています。

トランクルーム経営はおすすめ?メリデメや、別の土地活用法と徹底比較!
土地活用の方法として、トランクルーム経営という新しい方法が登場しました。トランクルームにはさまざまな需要があるため注目を集めています。本記事では、トランクルーム経営の基本的な情報から、経営失敗を防ぐための方法まで詳しく解説しています。
貸倉庫経営とは?4つの経営形態や利回りの目安、始め方の手順も解説!
貸倉庫経営は初期コストがそれほどかからず、利回りも高い土地活用方法です。この記事では、貸倉庫を経営するために知っておきたい知識を解説します。形態や種類、収入だけではなく、貸倉庫経営のメリット・デメリットや始め方も取り上げます。

狭小地向けのアパートを経営

20坪の狭小地でもアパート経営は可能です。都心部で利便性が高い地域の場合、一部屋2~3畳の単身者向けアパートであっても入居者が見込める可能性は十分あります。さらに坪あたりの収益を増やすためにロフトを利用した収納など、戸数を増やす工夫をすることで、さらに価値を高めることもできるでしょう。

アパート経営は初期投資を投入し、小さめの土地でも腰を据えて土地活用をしたいという方におすすめの方法です。

以下の記事でアパート経営についてさらに詳しい知識を取り入れることもできます。

アパート経営は節税対策になる?3つの効果的な節税対策や経営リスクを解説
アパート経営による節税対策は、所得税や住民税の節税、建物として相続・贈与することによる節税など、さまざまです。しかし節税だけに注目しすぎると、リスクもあります。本記事では、アパート経営が節税になる仕組みや注意点を解説します。

戸建ての賃貸経営

戸建ての賃貸経営もおすすめです。20坪以内の小さめの土地でも上下空間を上手に利用して住スペースを拡げることで快適な戸建て住宅を作ることが可能です。

初期投資は比較的高めですが、その分貸し出し価格を高く設定することもできます。さらに家賃収入を増やしたいという場合には戸建てをシェアハウスにして利回りを良くするという選択も可能です。

また、賃貸経営をした後にその建物へ地主本人が転居して住むことも可能なため、再利用できるという意味でも長く使えるものとなります。経営負担を少なく賃貸経営に挑戦したい方や、いずれその戸建て転居したい方などにおすすめの土地活用です。

以下の記事で、シェアハウス経営についてさらに具体的な解説を読むこともできます。

シェアハウス経営を始めよう!成功させるポイントと失敗例も紹介
戸建て物件の活用方法として、シェアハウスの経営が注目されています。シェアハウス経営は、状況により大きなメリットを得られる運用方法です。本記事では、シェアハウス経営の始め方やメリット・デメリット、成功のコツや失敗例など詳しく解説します。

小型店舗用のテナントを建設して貸し出し

賃貸住宅や自身の住宅とテナントを併設し、家賃収入を得るのもおすすめです。何故なら、人通りが多い土地でなら、狭小地であっても美容サロンやコインランドリー、ワーキングスペースなど、小さい面積で出来る事業の需要が高いためです。

さらにテナント用の建物の場合は住宅よりシンプルな間取りで済むため、設計費用も比較的安く済みます。その分、外観のおしゃれさにこだわれば、より価値も上がるでしょう。

テナントのみ建築する場合、初期投資費用は20坪で約2,000万円~1,000万円程度ですが、簡素なプレハブなら20坪で約400万円からでも建てられます。ただし家賃収入は立地により異なるため、あらかじめ綿密な利回りの計算をしておくのが賢明です。

この土地活用方法は、人通りがあり、事業が成り立っていくことが想定できる土地を所有している方におすすめです。

フランチャイズで事業を展開

テナント用の建物を企業に貸すのではなく、自身でフランチャイズ事業を展開するのもおすすめです。フランチャイズ事業とは飲食業、サロン、買取専門店など、企業の協力の元で店舗を受け持って経営する事業です。坪あたりの面積が小さくても始めやすく、すでに周知度が高い系列店であることも多いため、集客が軌道に乗る可能性も高くなります。

さらに初期投資費用がかかりにくいフランチャイズも多くあるため事業リスクを下げられることも利点です。売上が高いほど利益が大きくなる事業のため、頑張り次第で収益を伸ばせるでしょう。自身が主体となった経営に挑戦してみたいという方に向いている土地活用方法です。

以下の記事では、コンビニでフランチャイズ経営をするときの費用について解説しています。

コンビニの建設費はどれくらい?その他開業費用や経営のポイント解説
土地活用でコンビニ経営を考えている方は多いのではないでしょうか。本記事では、コンビニの建設費相場や建設費捻出方法、コンビニ経営の注意点について解説しています。また、その他土地活用方法も紹介。記事を参考に理想の経営スタイルを見つけてください。

土地活用をお考えなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

「HOME4U土地活用」の特徴

HOME4U土地活用は、あなたの土地にあった活用プランを無料で一括プラン請求ができるサイトです。

一度の入力で、全国の厳選された大手企業から、一度に最大で7社の土地活用、不動産投資のプランを請求することができるので、効率的に収益を最大化できるプランを選ぶことができます。

また、HOME4U土地活用は、情報サービス事業業界最大手のNTTデータグループが運営しているため、情報セキュリティ面でも安心して利用できます。

一括プラン請求フォームにて、希望の土地活用の種類を選べば、それに絞ったプランの提案を受けることができるので、土地活用の種類を決めている人はその種類にチェックを入れてください。

ただ、おすすめは複数の土地活用種類にチェックを入れることです。自分が思いもよらない収益化方法を知ることができるかもしれません!

20坪の土地を活用する際の注意点

20坪でもできるおすすめの土地活用方法をご紹介してきましたが、狭い土地だからこそ注意すべきポイントもあります。例えば土地の形やそれに伴う制限の影響です。土地の形次第では面積全てを使うことが難しく、思うような活用ができないこともあるためです。

また、初期投資費用と収益の関係性についてもあらかじめ理解してから活用方法を選ぶ必要があります。こちらの章では、20坪の土地活用における注意点について解説していきます。

所有している土地の形

土地活用の方法を決める前に所有している土地の形について事前にチェックしておく必要があります。特に注意が必要なのは以下の特徴を持った土地です。

  • 土地が不均等である
  • 旗状の土地
  • 傾斜がある土地

一般的に土地は正方形なら活用しやすく、不均等だと角が余ってしまうために使いづらくなります。住宅や設備を完全に土地に合わせることは難しいため、土地にそのような特徴がある場合には、あなたの思い描く方法での活用が難しい可能性が高くなります。さらに旗状の土地では、接道義務を果たしていないと法律上建物が建てられないという制限もあります。

また、傾斜がある土地は造成工事が必要になるため、想定していた費用をオーバーする可能性も否定できません。あらかじめ土地の計上を把握した上で活用方法を検討するようにしましょう。

土地の利用用途が制限されているエリアがある

土地はそれぞれに利用用途の制限というものがあり、建てられる建物が限られてしまうこともあります。この制限は用途地域と呼ばれ、地域ごとに以下3つの区画分けがされていることが多くなっています。

  • 住居系
  • 商業系
  • 工業系

このエリア分けがおこなわれているのは、人々が住みやすい快適な街づくりや景観の保護のためです。各制限の地域では、原則、他系統の建物を建てることができません。

土地の活用方法を決める前に、所有している土地がどの用途地域の制限下であるか事前に調べることが大切です。インターネットや各自治体、不動産会社へ問い合わせて確認するようにしましょう。

利回りが高くても収益があるとは限らない

土地活用では利回りの高さも重要視されますが、それだけを優先してしまうと失敗につながる可能性があります。何故なら利回りが良いとされていても、実際に出た利益は少ないということもあるためです。

そもそも利回りは経費を考えずに収益を計算する表面利回りと、経費を差し引いた利益を計算する実質利回りがあります。経費などのランニングコストを計算に入れていない利回りだけで進めてしまうと、実際に手元に残る利益は少ない場合があるのです。

また、利回りを優先して初期投資を少なく見積りすぎることも逆に収益が上がらない結果につながりかねません。土地活用を成功に導くには、正確な数字と実際に利益が見込めるのかをしっかりと検討することが重要です。

土地活用をしないなら売却したほうがよい?

土地活用ができないとなった場合には、思い切って売却することもできます。なぜなら、土地を放置しておくことで損をしてしまう可能性が出てくるためです。

以下の部分では、土地活用せずに売却を行うと、どのようなメリット・デメリットがあるのか、また土地をそのままにしておくリスクについて解説していきます。

土地活用せずに売却するメリット

土地を活用をせずに売却するメリットは以下の4つです。

  • まとまったお金が手に入る
  • 税金の支払いがなくなる
  • 月々の出費を減らせる
  • ローン返済など好きなものに使用できる

土地を売却することでまとまったお金が入り、ローン返済や資産運用に充てることもできます。また、土地に掛かっていた維持費や税金などが軽減できるため、負担も減ることも考えられるでしょう。

土地活用をせずに売却するデメリット

逆に土地活用しないで売却するデメリットは以下の4つです。

  • 継続的な収入はない
  • 土地の権利を失う
  • 売却には費用が掛かる
  • 売却益には税金が掛かることもある

土地を売却することはすなわち土地の権利を失い、土地活用による継続的な収入を得る可能性を捨てるということになります。さらに土地の売却には登記や仲介手数料などで費用が掛かるため、売却で得た利益全額を得られるわけではありません。そのため、売却と土地活用で得られる利益の可能性を天秤にかけて決定する必要があるでしょう。

なにもしないで土地を保有し続けるのは損

土地の扱いに困っても、何もせずに放置しておくと利益が出ないだけではなく、損をする可能性もあります。短期的な土地活用をする、もしくは売却を検討するといった手だてを講じるのは賢明なことです。特に更地は建物がある場合より固定資産税が約6倍掛かることもあります。

さらに土地が放置されることで、周辺地域から苦情や訴えが出されてしまうことも。たとえ小さい土地であっても、どう処理するのか早めに検討して行動に移すことが大切です。

20坪の土地活用で迷ったときの対策

土地活用では、土地の特徴を考察し、どのように活用していくかじっくり計画することが重要です。とはいえ20坪の狭い土地であることや用途地域など制限がある場合には迷うことも考えられます。そんな場合には以下の対策を講じましょう。

  • 土地活用の資料を取り寄せる
  • 一括査定を利用して土地の価値を調査
  • 土地活用について専門家に相談

様々な情報から可能性を精査していくことは計画を確固たるものにするために必要なことです。各対策ごとに詳しく見ていきましょう。

土地活用の資料を取り寄せる

土地活用は様々な企業から資料を取り寄せて検討するようにしましょう。基本的に土地活用の資料請求は無料で取り寄せが可能なものもあり、請求後の制約がないこともあります。Web上では知りえない情報も掲載されているため、土地活用をしたいのなら必ず資料に目を通すことが大切です。

また、土地活用の一括資料請求サイトを活用することもできます。そのような媒体を使用して資料集めの手間を省くのも良いでしょう。

一括査定を利用して土地の価値を調査

土地活用をするには土地自体の価値を知ることも大切です。一括査定を利用すると、あらゆる不動産会社の査定額を精査できることはもちろん、優良な業者であるかの判断も付きやすくなります。

また、万が一活用が難しい場合に売却に転じるか検討することも可能です。方向性を決める前に必ず査定を行っておきましょう。

初めての方におすすめの一括査定サイトは「すまいステップ」

■すまいステップはこんな人におすすめ
  • 初めてで不安だから実績のあるエース級の担当者に出会いたい
  • 厳選された優良不動産会社のみに査定を依頼したい
  • 悪徳業者が徹底的に排除された査定サイトを使いたい

その他の一括査定サイトや選び方について詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!
不動産一括査定サイトのおすすめ21サービスをランキング形式で紹介します。不動産売却でどこに査定依頼すればよいかお悩みならばぜひご覧ください。査定サイトの選び方や注意点、利用者の口コミなど取り上げた査定サイト選びのための保存版です!

土地活用について専門家に相談

土地活用について専門家にアドバイスを受けることもおすすめします。専門家の持つ知識は実際の市場調査や実例に基づき、客観的な数値の提示も受けることができるためです。

例えばファイナンシャルプランナーなら、資産運用という総合的な視点から計画し、収益を実際の数字で提示してくれます。このような専門家に相談することで得られるアドバイスは土地活用の成功に繋がる可能性は高いといえるでしょう。

以下の記事では、土地活用で困ったときの相談先について解説しています。ぜひ参考にしてみましょう。

土地活用コンサルタント選び方とメリット4選!依頼できる内容も解説
土地活用を始めたい方は、その道のプロである土地活用コンサルタントに相談してみませんか。この記事では、土地活用コンサルタントが行う業務やコンサルタントの選び方、利用するメリット・デメリット、利用するときの流れなどを取り上げます。
土地活用したい方必見!4つの相談先を目的やプランに合わせてご紹介
土地活用について専門家や業者に相談する場合、その方法や相談先について理解を深めておかなければなりません。この記事では、土地活用の目的別の相談先や相談前に知っておきたい土地活用の基礎知識、失敗をしないポイントなどを取り上げます。

まとめ

20坪の土地は手狭で活用には向いていないように思えてしまうかもしれません。しかし、面積が狭くてもできる土地活用は数多くあります。ただし、その際は土地状況をしっかりと把握して、地域のニーズに合った方法を選択することが重要です。

希望的観測や利回りなどに振り回されず、実際に利益が見込めるかを土地活用の専門家の力も借りつつ判断しましょう。今回ご紹介したおすすめの土地活用法を参考に、所有している土地に適した方法を探してみてください。

土地活用をお考えなら「HOME4U土地活用」がおすすめ

■「HOME4U土地活用」はこんな人におすすめ
  • どの土地活用方法を選べば良いのか迷っている方
  • 土地活用の相談をどこにしたら良いのかわからない方
  • 初期費用や将来得られる収益のバランスを見ながら検討したい方

「HOME4U土地活用」の特徴

HOME4U土地活用は、あなたの土地にあった活用プランを無料で一括プラン請求ができるサイトです。

一度の入力で、全国の厳選された大手企業から、一度に最大で7社の土地活用、不動産投資のプランを請求することができるので、効率的に収益を最大化できるプランを選ぶことができます。

また、HOME4U土地活用は、情報サービス事業業界最大手のNTTデータグループが運営しているため、情報セキュリティ面でも安心して利用できます。

一括プラン請求フォームにて、希望の土地活用の種類を選べば、それに絞ったプランの提案を受けることができるので、土地活用の種類を決めている人はその種類にチェックを入れてください。

ただ、おすすめは複数の土地活用種類にチェックを入れることです。自分が思いもよらない収益化方法を知ることができるかもしれません!

タイトルとURLをコピーしました