「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

Windows PowerShellで切り替える

パソコンとセキュリティの歴史、状況を考えると、Windows 10がWindows Defenderを統合し、ウイルスに代表されるマルウェア保護機能を標準搭載としたのは自然の流れだ。

だが、リアルタイム保護機能が原因で、特定のファイルをダウンロードできないケースや、アプリケーションがインストール(もしくは実行)できないケースもある。

統合前のWindows Defenderでは、リアルタイム保護機能を簡単に無効化できた。ところが、Windows 10に統合された状態では「Windows Defenderセキュリティセンター」を起動して、スイッチを切り替えるという操作が必要だ。

  • Windows 10 ミニTips

    リアルタイム保護機能をGUI上で操作するには、「Windows Defenderセキュリティセンター」を起動し、「ウイルスと脅威の防止の設定」を開いて、「リアルタイム保護」のスイッチを切り替える

そこで一工夫。Windows PowerShell(以下、PowerShell)を使えば、簡単に切り替えられる。管理者権限を持つPowerShell上で「Set-MpPreference -DisableRealtimeMonitoring 1」を実行するだけだ。

  • Windows 10 ミニTips

    スタートボタン右横の検索で「powershell」と入力。「Windows PowerShell」(デスクトップアプリ)を右クリック/タップし、「管理者として実行」をクリック/タップ

  • Windows 10 ミニTips

    PowerShellを管理者権限で起動し、下記の囲みを実行すると、リアルタイム保護機能が無効になったことを警告する通知が現れる

Set-MpPreference -DisableRealtimeMonitoring 1

無効化したら、ファイルのダウンロードやアプリケーションのインストールを済ませればよい。再び有効にするには、管理者権限を持つPowerShell上で「Set-MpPreference -DisableRealtimeMonitoring 0」を実行する。

  • Windows 10 ミニTips

    管理者権限を持つPowerShell上で、下記の囲みを実行すると、リアルタイム保護機能が再び有効になる

Set-MpPreference -DisableRealtimeMonitoring 0

ショートカットファイルで切り替える

いちいちコマンドを入力するのは面倒なので、下記の手順でショートカットを作っておくと便利だ。

  • Windows 10 ミニTips

    メモ帳などで下記の内容を入力する

$preferences = Get-MpPreference Set-MpPreference -DisableRealtimeMonitoring (!$preferences.DisableRealtimeMonitoring)

  • Windows 10 ミニTips

    任意のファイル名を付け、PowerShellスクリプトファイルとして保存する

  • Windows 10 ミニTips

    ショートカットファイルを作成し、パスは下記囲みの内容を環境に合わせて指定する

%SystemRoot%¥system32¥WindowsPowerShell¥v1.0¥powershell.exe -ExecutionPolicy Bypass -File "先ほど作成したPowerShellスクリプトファイル"

ショートカットファイルをダブルクリック/タップすることで、UAC(ユーザーアカウント制御)の昇格プロンプトは現れるものの、1ステップでWindows Defenderのリアルタイム保護機能をトグル式に切り替えられる。

  • Windows 10 ミニTips

    ショートカットファイルのプロパティダイアログを開き、「ショートカット」タブの「詳細設定」ボタンをクリック/タップ。「管理者として実行する」にチェックを入れる

阿久津良和(Cactus)