前回に続いて、今回もGmailに最近追加された新機能について説明していきたいと思います。今回紹介するのは、いま話題の「Google Meet」に関する新機能です。→過去の回はこちらを参照。

Google Meetは、もともと「Hangouts Meet」としてG Suite向けに提供されていたビデオ会議サービス。第70回でGmailのハングアウト機能が終了するかもしれないと触れましたが、各種報道によると今後ハングアウト機能がGoogle Meetに統合される可能性が高いようで、将来的にグーグルのサービスの中で主要な存在になっていくものと見られています。

そのGoogle Meetは企業が利用するサービスという位置付けだったのですが、新型コロナウイルスの影響で世界的に外出の禁止や自粛がなされるようになったことを受けてか、2020年5月から一般ユーザーにも無料で提供され、誰でも使えるようになりました。

100人まで同時に無料でビデオ会議ができるのに加え、2020年9月30日までは無料で会議を300時間利用できるなどのメリットもあることから、同じくビデオ会議サービスの「Zoom」と並んで利用が急上昇しているようです。

そしてGoogle Meetの無料開放に合わせる形で、グーグルのさまざまなサービスにGoogle Meetと連携するための機能が追加されているようです。実際「Googleカレンダー」では、予定を追加する際にGoogle Meetでのビデオ会議を追加できるボタンが用意されるようになりました。

もちろん、GmailにもGoogle Meetと連携するための機能が追加されています。この機能を使えば、ハングアウト機能よりも簡単・手軽にGoogle Meetでのミーティングができることから、ビデオ会議をしたいと考えているならぜひ活用したい所です。

まずは自らがホストとなってGoogle Meetで新しいミーティングを始める方法について説明しましょう。アップデートされたGmailには左側のサイドバーに「Meet」という項目が追加されているので、2つあるボタンのうち「会議を開始」をクリックします。

  • Gmailテクニック 第76回

    Gmailのサイドバーに「Meet」という項目が追加されているので、ミーティングを始めるには「会議を開始」をクリックする

すると別のウィンドウが立ち上がってWebカメラの映像が表示されるので、右側にある「今すぐ参加」をクリックすればGoogle Meetでのミーティングを開始できます。

  • Gmailテクニック 第76回

    別のウィンドウが立ち上がり、Webカメラの映像が現れたら「今すぐ参加」をクリック

ミーティングをスタートするとユーザーを招待するためのダイアログが現れるので、「参加に必要な情報をコピー」をクリックしてURLをコピーし、参加して欲しい相手にGmailやメッセンジャーアプリなどを使ってURLを送信しましょう。

  • Gmailテクニック 第76回

    ミーティングを開始するとこのようなダイアログが現れるので、メールなどでURLを送る場合は「参加に必要な情報をコピー」(1)をクリック、直接招待メールを送るには「ユーザーを追加」(2)をクリックする

また「ユーザーを追加」ボタンを押すとGmailで過去にメールをやり取りした相手が表示されるので、ここから相手を選ぶことで直接Gmailでメールを送り、招待することも可能です。

  • Gmailテクニック 第76回

    「ユーザーを追加」を押すとこのような画面となるので、招待したいユーザーを選んでクリックすればメールを送付できる

一方、ホストからミーティングへの参加を要請された場合は、サイドバーの「Meet」にある「会議に参加」ボタンをクリックします。

  • Gmailテクニック 第76回

    招待されたミーティングに参加するには、サイドバーの「Meet」から「会議に参加」をクリックする

すると会議コードを入力ダイアログが現れるので、ここにホストから提示された会議コードを入力して「参加」をクリックします。

  • Gmailテクニック 第76回

    ダイアログが現れたら会議コードを入力(1)し、「参加」ボタン(2)をクリックする

別のウィンドウが開いてカメラの映像が現れたら、「参加をリクエスト」をクリックし、ホストが承認すればミーティングに参加できます。

  • Gmailテクニック 第76回

    ウィンドウが開いたら「参加をリクエスト」をクリックすればミーティングに参加できる

この記事を執筆している2020年5月25日には政府の緊急事態宣言が全国で解除されたことから、記事掲載時には再び会社に出勤して仕事をしている人も多くいるかと思います。ですが新型コロナウイルスの影響が完全になくなった訳ではなく、今後も感染拡大で再び外出自粛がなされるかもしれません。

それゆえ今後もテレワークで仕事をする機会は少なからず発生すると考えられることから、今後に備えてGmailとGoogle Meetを活用した新しい仕事のスタイルを身に着けておくのがいいでしょう。

佐野正弘

福島県出身、東北工業大学卒。エンジニアとしてデジタルコンテンツの開発を手がけた後、携帯電話・モバイル専門のライターに転身。現在では業界動向からカルチャーに至るまで、携帯電話に関連した幅広い分野の執筆を手がける。