NTTドコモは3月6日より、残価型購入プログラム「いつでもカエドキプログラム」を利用して「Xperia 10 IV」を購入する場合の残価額改定を実施する。この改定により、同プログラム利用時の実質負担額は21,164円引き下げとなる。また合わせて、ドコモオンラインショップにおける販売価格も値下げする。

  • Xperia 10 IV SO-52C

    Xperia 10 IV SO-52C

3月5日までに「いつでもカエドキプログラム」を利用して「Xperia 10 IV」を購入する場合の支払額は、初回2,090円+2,077円×22回+最終回16,368円で、23カ月目に端末を返却する場合は最終回分の支払いが不要となる。さらにのりかえ(MNP)の場合は「オンライン限定 機種購入割引」による9,900円の値引きが適用されるため、実質負担額は37,884円となる。

今回の残価額(最終回支払額)の変更により、上記のMNP利用の場合の実質負担額が16,720円となる。

この残価額変更と同時に、オンラインショップでの販売価格改定も行われ、3月5日までの価格の64,152円から22,000円へ、42,152円の値下げとなる。ただしこれまで設定されていたオンライン限定 機種購入割引の特典(機種変更/契約変更/のりかえの場合は9,900円の値引き、新規契約の場合は9,000ポイントプレゼント)は3月5日までで終了となる。

これらの改定にあわせ、新規契約/のりかえ(MNP)/端末のみ(白ロム)購入については3月5日午前0時より、機種変更/契約変更については3月6日午前0時より、システムメンテナンスのためドコモオンラインショップにおける「Xperia 10 IV SO-52C」の購入はできなくなる。メンテナンス期間は3月6日午前10時まで。

こちらもおすすめ

[PR]借金救済制度