日立グローバルライフソリューションズ(以下、日立)の「パワーブーストサイクロン」シリーズは、掃除能力の高さで人気のコードレスクリーナー。少し前までは本体が2kg近くあり、掃除力は高いけれど少々重いという印象でしたが、2021年モデルで標準使用時の重さを1.7kgまで軽量化しています。

そして、2022年8月中旬に発売予定のパワーブーストサイクロン新モデル「PV-BH900K」も標準の重さ1.7kgのまま、吸引力は2021年モデルよりパワーアップ(約20%)したとのこと。この新モデルをプレス向け体験会でチェックしてきました。

  • PV-BH900Kと、付属ツールをすべて収納できる専用スタンド。クリーナーの本体サイズはスティック時で幅225×奥行き230mm×高さ1,024mm、重さ1.7kg。カラーはライトゴールドの1色です

1.7kgの重量はそのままに、掃除力は約20%アップ

日立によると、PV-BH900Kの特徴は強い吸引力。新モデルは従来機(PV-BH900J)と同じ1.7kgの重さながら、新開発の「パワフル3Dファンモーター」によって空気を吸い込む力を約20%向上しているそうです。このため、とくにカーペットのゴミ掃除に強いんだとか。会場ではカーペットに粉ゴミをまき、実際にPV-BH900Kで掃除をすることもできました。

  • モーターが強力になったことで、PV-BH900Kは新たに「ターボ」モードを搭載。手動でモードを切り替えられるほか、床質と操作力にあわせて吸引力を自動的に切り替える自動運転モードもあります

【動画】豪快に粉ゴミをまき散らす現場スタッフ。実際にこんな量のゴミが家庭に落ちているとは思えませんが、大丈夫でしょうか? このあと、まいた粉を踏んで毛の奥まで粉を行き渡らせます。林編集長がカーペットのゴミをPV-BH900Kで掃除。新しいターボモードでヘッドを一往復させるだけで、かなりキレイになりました
(音声が流れます。ご注意ください)

粉ゴミをまいたカーペットの上をPV-BH900Kのターボモードで一往復させたところ、掃除の結果はかなり優秀。ヘッド際(きわ)の左右2cmほどは少し粉が残っている部分があったものの、中央付近はカーペット奥の粉もほぼ吸い取っています。

吸引力が高くなるとヘッドの動きが重くなる掃除機もありますが、PV-BH900Kは自走式ヘッドを採用しているので、軽い力で進められました。日立によると、ヘッド裏の「シンクロフラップ」がヘッドの前後移動に合わせて開閉して、ヘッド内の圧力を調整。これによって、従来モデルよりもヘッドが床に張り付きにくくなっていることも、ヘッドの動きを軽くしている理由だそうです。

  • 粉をまいたカーペットをPV-BH900Kで一往復。ヘッドのサイド2cmほどは粉が残っている部分もありますが、中央はほぼ粉がなくなっています

  • こちらは大きめのゴミ(直径5mmほど)をヘッド一往復で掃除したところ。ヘッドの勢いが強いためか、動かしている最中に一部のゴミを飛ばしてしまったものの、悪くない結果です

【動画】シンクロフラップはヘッドと床の密着を防ぐだけでなく、ゴミ吸引の補助としても活躍。ヘッド前進時は下がっているフラップが、ヘッドを後ろに引くときには開き、後方のゴミをヘッド内に引き込みます。ヘッド後方にあるゴミを引きずることがありません

吸引力以外の変更点はちょっと地味?

コードレスクリーナーで気になるスペックの連続使用時間は、標準時で約40分(パワフル スマートヘッド使用時、ターボモード約6分、強モード約15分)。これは前モデルと同じですが、新モデルPV-BH900Kは電池の充電方式を改良し、充電時間が従来の約3.5時間から約2時間へと短くなりました。

  • バッテリーは前モデルに引き続いて着脱式。別売りの予備バッテリーを購入すれば、長時間の掃除にも対応できます。ただ、バッテリー単体で充電できないのが惜しいところ

パワーブーストサイクロンは豊富な付属品によって、家中を効率的に掃除できるのも魅力のひとつですが、付属品も従来モデルから一部変わりました。前モデルで付属していたブラシにもなるすき間ノズル「2WAYすき間ブラシ」が、用途にあわせて伸縮する「伸縮すき間用吸口」に。洗濯機と壁のすき間など、掃除しにくかった細いすき間を掃除しやすくなりました。

  • PV-BH900Kの付属品。左上から、(1)スマートホース、(2)ミニパワーヘッド、(3)ほうきブラシ、(4)伸縮すき間用吸口、(5)ハンディブラシ

  • 付属品のスマートホースにはライトが配置されており、すき間を照らしながら掃除することもできます。林編集長は掃除する場所を照らすライトの多さが気に入った様子

  • 細かな変更点ですが、充電スタンドの柱部分もスリムになりました。写真左側が旧モデルのスタンド、右がPV-BH900Kのスタンド

多機能ヘッドは、もはやパワーブーストサイクロンの定番機能?

前モデルから搭載している「ごみくっきりライト」と「からまんブラシ」も、引き続き装備しています。ごみくっきりライトは、ヘッド前面に配置した白いLEDライトと緑のLEDライト。緑の光は人間が明るく感じやすい波長を持っており、ヘッド前方のゴミを浮かび上がらせて見えやすくする効果があります。

ごみくっきりライトも体験。ライト点灯前はほとんど目に見えなかったゴミが、ライトで照らされると掃除しながらでも確認できました。

  • ヘッド前方の「ごみくっきりライト」は、緑の光によってヘッド前方のゴミが見えやすくなります。ごみくっきりライトは従来モデルと同じです

もうひとつのからまんブラシは、PV-BH900Kのヘッド内にある回転ブラシのこと。ブラシの先端をループ形状にすることで、名前の通り髪の毛などを絡まりにくくしたブラシです。

  • 一般的な回転ブラシは先端がカットされていますが、PV-BH900Kのブラシはタオル(パイル生地)のようなループ状です。これによって、髪などがブラシに絡まりにくくなりました

【動画】実際に30cmの糸を吸引して、ブラシに絡まらないかを確かめるデモ(音声が流れます。ご注意ください)

ほかにも、PV-BH900Kは前モデルから引き続きさまざまな便利機能を受け継いでいます。筆者が気に入っているのは、手元のトリガーを引くだけで簡単にゴミが捨てられる「ごみダッシュ」機能。犬の抜け毛が多い我が家は一回の掃除で何度もゴミを捨てるので、ワンタッチでゴミが捨てられるのはとってもありがたいのです。

  • 本体のダストカップにゴミが溜まったら、ゴミ箱の上でハンドル部のトリガーを引くだけ。ワンアクションでゴミ捨てができるのはうれしいポイント。集じん容量は0.25Lです

  • ダストカップは、分解してまるごと水洗い可能

環境に配慮した再生資源を活用! ツヤ消しブラックモデルがカッコイイ

さて、最初の写真で林編集長が手にしている黒い掃除機、気になっていた人はいませんか? 実はこれ、PV-BH900Kと同じ仕様の掃除機なんですが、部材の40%以上に再生プラスチックを使っているという環境配慮モデルの「PV-BH900SK」です。発売日もPV-BH900Kと同じく8月中旬の予定です。

  • 日立のサステナビリティに帯する取り組みのひとつ、再生プラスチックを採用したコードレスクリーナー「PV-BH900SK」

  • PV-BH900SKの基本仕様は、上記のPV-BH900SKと同じです

ひと言で再生プラスチックといっても、PV-BH900SKは再生ポリプロピレンや再生ポリカーボネート、再生ABSといった複数の素材を採用。これらの素材は、強度が必要なパーツやデザインに合わせて使い分けています。

  • 再生ポリカーボネートは透明感ある質感を出せるので、目立ちやすい前面パーツに使用。一方、強度を出せる再生ABSはスタンドに使用|

日立の掃除機には明るい色のラインナップが多いのですが、再生プラスチックは原材料の色が影響することがあるため、異物が目立たないブラック基調のカラーでまとめています。将来はPV-BH900SK自体をリサイクルすることを考えて、あえて塗装を省いたシンプルなデザインにしたそうです。

さまざまな理由からマットブラックの本体カラーになったPV-BH900SKですが、体験会場では「むしろPV-BH900SKのマットブラックがカッコイイ」という声も多く聞かれました。ただ、現在はサステナビリティの観点から再生プラスチックを採用するメーカーが増えているため、安定的な原料調達ができるかどうかが今後の課題とのこと。PV-BH900SKもこれらの理由から、少数生産でECサイトの販売からスタートします。興味がわいたらぜひチェックしてみてください。