Amazonの領収書は自分で出力する

Amazonの領収書は購入した商品に同梱されていないため、ユーザー自身がAmazon.co.jpのWebサイトにアクセスして、「注文履歴」のページから発行する必要があります。パソコンからはもちろん、スマホでも領収書を発行して印刷したり、PDF化することが可能です。ただし、スマホ向けのAmazonアプリからは領収書を発行できないので注意してください。

スマホでAmazonの領収書を発行する方法

スマホのWebブラウザでAmazon.co.jpのサイトを開き、領収書を発行する手順を紹介します。ここでは、iPhoneとSafariを使った例で説明しますが、AndroidスマホとChromeの組み合わせでも同様です。

  • スマホでAmazonの領収書を発行する方法-1

    【1】WebブラウザでAmazon.co.jpにアクセスして、自分のアカウント名をタップします

  • スマホでAmazonの領収書を発行する方法-2

    【2】「注文履歴」欄にある「すべてを表示」をタップします

  • スマホでAmazonの領収書を発行する方法-3

    【3】注文履歴の一覧から、領収書を発行したい買い物を選択します

  • スマホでAmazonの領収書を発行する方法-4

    【4】「注文内容を表示」をタップします

  • スマホでAmazonの領収書を発行する方法-5

    【5】「領収書/購入明細書の表示」をタップします

  • スマホでAmazonの領収書を発行する方法-6

    【6】領収書が画面に表示されました

スマホでAmazonの領収書を印刷・PDF化する方法

スマホのWebブラウザで発行したAmazonの領収書を印刷したり、PDFファイルに変換する方法を紹介します。iPhone、AndroidともPDF化のために特別なツールは必要なく、OS標準の機能で変換できます。

以下、発行手順【6】の画面からの続きとなります。まずは領収書発行画面で印刷を指示します。その後は、iPhone/Safariの場合とAndroid/Chromeの場合で異なるのでそれぞれ解説します。

  • スマホでAmazonの領収書を印刷・PDF化する方法

    【7】領収書を発行した画面の上部にある「このページを印刷してご利用ください」というリンクをタップします

iPhoneとSafariで印刷する場合

  • iPhone/SafariでAmazonの領収書を印刷する方法

    【8-iPhoneで印刷】「プリントオプション」画面で印刷に使う「プリンタ」を指定して、「プリント」をタップします

iPhoneとSafariでPDFに変換する場合

  • iPhone/SafariでAmazonの領収書をPDF化する方法-1

    【9-iPhoneでPDF】「プリントオプション」画面で「プリント」をタップします。プリンター機器を指定する必要はありません

  • iPhone/SafariでAmazonの領収書をPDF化する方法-2

    【10-iPhoneでPDF】この時点で領収書はPDFに変換されています。メールやクラウドストレージ、iPhoneの「ファイル」など送信・保存先を選択します

AndroidとChromeで印刷する場合

  • Android/ChromeでAmazonの領収書を印刷する方法

    【8-Androidで印刷】印刷プレビュー画面が開いたら、使用するプリンターを選択して、印刷ボタンをタップします

AndroidとChromeでPDFに変換する場合

  • Android/ChromeAmazonの領収書をPDF化する方法

    【9-AndroidでPDF】印刷プレビュー画面で「PDF形式で保存」を選択して、PDF出力ボタンをタップします。次の画面で保存先を指定して保存します

パソコンでAmazonの領収書を発行・印刷・PDF化する方法

パソコンのWebブラウザでAmazon.co.jpの「注文履歴」から領収書を発行して、印刷あるいはPDF保存する方法を紹介します。

  • パソコンでAmazonの領収書を発行する方法-1

    【1】Amazon.co.jpのトップページで①「注文履歴」をクリックします。注文の右上にある②「領収書等」から「領収書/購入明細書」の順にクリックします

  • パソコンでAmazonの領収書を発行する方法-2

    【2】領収書が発行されました。印刷・PDF化するには「このページを印刷してご利用ください」というリンクをクリックします

  • パソコンでAmazonの領収書を印刷・PDF化する方法

    【3】印刷プレビュー画面の「送信先」で出力に使うプリンターまたは「PDFに保存」を選んで、「印刷」ボタンをクリックします

Amazonの領収書は「宛名」が空欄、どうすればいい?

Amazonが発行する領収書は「宛名」が空欄になっています。会社名や自分の名前を入れて印刷したくても、Amazon.co.jpのサイト上ではそのように設定することができません。Amazonの領収書に関するヘルプページには次のように記載されています。

「 注文履歴 」に表示される印刷可能な税記載領収書は、経費報告書に使用できる正式な様式の領収書です。

領収書には、印刷後に個人名または社名を記入できる空欄があります。

空欄のままでも領収書として有効なフォーマットですが、会社の経費精算ルール上どうしても宛名の記載が必要な場合は自分で記入することもできる、というのがAmazonの見解です。厳密に言うと、領収書の宛名を自分で書き加えることは不正行為にあたる可能性があるので、もし不安な場合は会社の経理部門や専門家に相談しましょう。

Amazonの領収書を発行できない場合の対処法

Amazonの領収書は、支払い方法によってユーザーが発行できない場合があります。コンビニ払い、ATM払い、ネットバンキング払い、電子マネー払いの場合は、コンビニや銀行が発行する領収書もしくはレシートで対処します。代金引換(代引き)の場合は、配送会社が発行する領収書を使用しましょう。

領収書 支払い方法
発行できる クレジットカード、携帯決済、あと払い (ペイディ)、Amazon.co.jpギフト券、Amazonポイント、パートナーポイント
発行できない コンビニ払い、ATM払い、ネットバンキング払い、電子マネー払い、代金引換

  • Amazon、コンビニ払いのレシート

    コンビニ払いをした際のレシートです。「受領書」と記されています

Amazonの領収書に関する注意点

Amazonの領収書には独特の仕組みや注意点があります。以下、4つのポイントを解説します。

複数同時に注文した場合、領収書は「まとめて一枚」

Amazonで複数の商品を一度の決済で同時購入すると、領収書は「まとめて一枚」に集約されます。この場合、領収書を商品ごとに分割することはできないので、会社の経費で精算するものとプライベートの買い物を混在させて決済しないように注意しましょう。

  • Amazonで複数同時購入した場合の領収書

    複数の商品をまとめて注文すると、領収書も一枚に統合されてしまいます。この例では、テレワーク用のWi-Fiルーターと運動不足解消用のダンベルが一枚の領収書に同居してしまいました

領収書を一度表示すると、次は「再発行」と記載される

注文履歴から領収書を一度表示してブラウザを閉じると、次に領収書を表示した際に「再発行」と記載されます。税務上、経理上はとくに問題ないはずですが、会社のチェックが厳しくて懸念される場合は、初回発行時にPDFを保存しておくとよいでしょう。

領収書を発行できる期間は?

Amazonの領収書に発行期限はないようです。1年以上前の領収書が必要かどうかはさておき、筆者最古の注文履歴をたどったところ、2003年11月の買い物でも領収書を発行・印刷できました。

アプリから発行できるのは「明細書」

この記事の冒頭で説明した通り、Amazonショッピングアプリから領収書を発行することはできません。

  • Amazonアプリの「注文履歴」→「注文内容を表示
  • Amazonアプリの「請求書のダウンロード」→「支払い明細書」
  • Amazonアプリの「注文履歴」から入手できるのは、「請求書のダウンロード」というリンクから発行される「支払い明細書」です

まとめ

Amazonの領収書について、発行・印刷・PDF化する方法、注意点などを解説しました。自分で発行するというユニークな方式を採用しているAmazonの領収書、自宅にプリント環境がない方はPDFファイルとして保存し、コンビニの印刷サービスを利用したり、会社のプリンターで出力するとよいでしょう。

確定申告の際にAmazonの領収書を一件ずつ印刷するのは大変な作業です。月ごとや年ごとに領収書をまとめて印刷できるブラウザ拡張機能「アマゾン注文履歴フィルタ」が便利なので、下記の関連記事を参考に導入を検討してはいかがでしょうか。

【関連記事】
Amazonの領収書をまとめて出力、確定申告の“神”ツール「アマゾン注文履歴フィルタ」