TwitterのQRコードとは

Twitterにはアカウントの情報を埋め込んだ「QRコード」を発行する機能があります。対面で自分のTwitterアカウントを伝えたり、名刺などの印刷物でフォローを促すときに便利です。この記事では、TwitterでQRコードを作成する方法のほか、読み取り方も紹介します。

TwitterのQRコードを作成・表示する方法

Twitterで自分のアカウントのQRコードを作成・表示するには、Twitter公式アプリのメニュー最下部にあるQRコードボタンをタップします。今回は、iPhoneを使って説明しますが、Androidスマホでも基本的な手順は同じです。なお、PC版(ブラウザ版)のTwitterにQRコードを発行する機能はありません。

  • TwitterでQRコードを作成・表示する方法1

    【1】画面左上にある自分のアイコン画像をタップして、メニューを開きます

  • TwitterでQRコードを作成・表示する方法2

    【2】最下部に表示されているQRコードのアイコンをタップします

  • TwitterのQRコードを作成・表示する方法3

    【3】自分のアカウントのQRコードが発行されました

ちなみにQRコードをタップすると、青、緑、オレンジ、ピンク、紫の5色に変化します。QRコードを掲載するWebサイトや印刷物のデザインに合わせて、好きな色を選べるのはうれしいポイントでしょう。

TwitterのQRコードを保存・共有する方法

発行した自分のQRコードは、スマホの写真ライブラリに保存したり、他のSNSなどに共有することができます。

  • TwitterのQRコードを保存・共有する方法1

    【1】QRコード発行画面右上の①共有ボタンをタップすると、②「ツイート」「コピー」「保存」「共有」といったアクションを選べます

  • TwitterのQRコードを保存・共有する方法2

    【2】「共有」を選ぶと、LINEやGmailなど他のアプリ・サービスにQRコードを送信できます

TwitterのQRコードを読み取る方法

他のアカウントのQRコードは、iPhoneでは「カメラ」アプリ、Androidでは「Googleレンズ」から読み取れるほか、TwitterアプリのQRコード作成画面から読み取ることもできます。

【関連記事】
・iPhoneでQRコードを読み取る方法、カメラを起動すれば簡単
・AndroidでQRコードをすばやく読み取るベストな方法は?

ここでは、Twitterアプリからの読み取り方を説明します。まずは、画面左上の自分のアイコンからメニューを開き、最下部のQRコードボタンをタップして、QRコード作成画面を開きます。

  • TwitterのQRコードを読み取る方法1

    【1】QRコード作成画面の下部に表示されているスキャンボタンをタップします

  • TwitterのQRコードを読み取る方法2

    【2】白枠内にQRコードを写します

  • TwitterのQRコードを読み取る方法3

    【3】読み取りが成功すると、アカウントの情報が表示されます。ここからフォローしたり、プロフィール画面にアクセスできます

カメラでQRコードを読み取れない場合の対処法

相手と対面した状態でQRコードを提示されたときは、スマホのカメラをかざせば問題ありません。しかし、メールで送られてきたQRコードやWebページに掲載されたQRコードは自分のスマホ画面に表示されているため、カメラで読み取ることはできません。

そうした場合はQRコードを長押しするなどしてスマホに一度保存しましょう。そのうえで、TwitterアプリのQRコード読み取り画面から保存したQRコードを解読します。

  • TwitterのQRコードを読み取る方法4

    【1】QRコードをスキャンする画面の右上にある画像ボタンをタップします

  • TwitterのQRコードを読み取る方法5

    【2】写真のライブラリから、保存してあるQRコードを選ぶと、アカウントの情報が表示されます

Twitterのユーザー名を変更すると、QRコードも変わる

Twitterのユーザー名を変更すると、発行されるQRコードも変わります。過去に受け取ったQRコードが読み取れず、「無効なコード」と表示される場合は、相手のユーザー名が変更された可能性があります。

ちなみに、相手のアイコン画像(プロフィール画像)が更新されても、問題なく過去のQRコードを読み込んでプロフィールを表示できます。QRコード中央のアイコン画像は古いもので、QRコード読み込み後のアイコン画像は新しいものという違いがあるだけです。

まとめ

ここまで、TwitterのQRコードについて解説してきました。QRコードを発行すれば、ユーザー名などをいちいち入力する必要もなく、よりスムーズに自分のアカウントを伝えることができます。フォロワーの輪を拡大したいとき、リアルで対面した相手に自分のアカウントを教えたいときなどに、ぜひ活用してください。

※「QRコード」はデンソーウェーブの登録商標です。