Twitterで特定のアカウントのツイートを見たくないと感じたとき、ブロックしたり、フォローを外すと、相手との関係に心配が残る場合もあるでしょう。この記事では、相手にバレずにツイートを除外してくれる機能「ミュート」の使い方を詳しく解説します。

Twitterの「ミュート」とは?

「ミュート」は、指定した条件のツイートを自分のタイムラインから除外、非表示にする機能です。ミュートの使い方は下記の3通りに分類できます。

  • 特定のアカウントをミュートする
  • 特定のキーワードをミュートする
  • 特定の会話をミュートする

もっとも基本的な使い方は、特定のアカウント(相手)をミュートして、そのツイートが自分のタイムラインに流れないようにすることです。ミュートしたことは相手に通知されず、相手から自分へのフォローが自動的に外れたり、相手から自分へのフォローが拒否されることもないので、バレる心配はありません。ミュートはいつでも自分から解除できます。

特定のキーワードをミュートする機能と特定の会話をミュートする機能については次のページで解説します。

「ミュート」と「ブロック」の違い

Twitterには「ブロック」機能もあります。ブロックしたアカウントのツイートはミュートと同じように自分のタイムラインに表示されませんが、リプライやDM、フォローにおいては下表のような違いがあります。

ミュートの場合は、ミュートされた側からリプライやDMを送ることが可能でフォロー機能にも支障がありません。一方、ブロックの場合は、ブロックされた側からリプライやDMを送れず、フォローは自動的に外れ、新規フォローもできなくなります。

ミュートされた側 ブロックされた側
リプライ、DM 送信可能 送信不可
フォロー 変化なし 自動解除
新規フォロー 可能 不可

【検証】アカウントをミュートすると相手にバレる?

自分から特定のアカウントをミュートしても、相手にバレることは基本的にありません。筆者が検証したところ、ミュートしたことが相手に通知されたり、ミュートされた相手がミュートした自分のプロフィール画面にアクセスしても、特別なメッセージやアイコンは表示されませんでした。ただし、相手が特別な外部ツールを使って調べた場合にバレてしまう可能性はあります。

フォロー中のアカウント、フォロー外のアカウントの違い

自分がフォローしているアカウントをミュートした場合と、フォローしていないアカウントをミュートした場合では、リプライ(返信)やメンション(@ツイート)されたときの挙動が若干異なります。

フォロー中のアカウント フォロー外のアカウント
リプライ、メンション時の通知 通知されない 通知されない
リプライ、メンション時の通知タブ ツイートを表示 ツイートは非表示
会話をタップした場合 ツイートを表示 ツイートは非表示

意外なことにミュートした相手でも、自分がそのアカウントをフォローしていれば、リプライやメンションから会話をすることは可能です。通知はフォロー状態に関わらず届きませんが、Twitterアプリの「通知」タブを開いたときの表示は異なります。そのほか、ミュートしたアカウントのツイートを他のアカウントがリツイートした場合は「このツイートは表示できません」というメッセージが表示されます。

特定のアカウントをミュートする方法

では、Twitterで特定のアカウントをミュートする方法を紹介します。ミュートのやり方は2種類、相手のプロフィールからミュートする方法と、相手のツイートからミュートする方法があります。今回は手順の説明にiPhone(iOS)版のTwitter公式アプリを使用していますが、Androidスマホでもブラウザ版(PC版)のTwitterでも同じ要領でミュートできます。

相手のプロフィールからミュートする

  • プロフィールからミュートする方法

    相手のプロフィールを開き、①画面右上にある三点のメニューボタンから、②「@XXXXXさんをミュート」をタップします。Android版では表記が「ミュート」です。その後「@XXXXXさんをミュートしますか?」と尋ねられた場合は、「はい」をタップします

相手のツイートからミュートする

  • ツイートからミュートする方法

    相手のツイートの①右上にある三点のメニューボタンから、②「@XXXXXさんをミュート」をタップします

特定のアカウントのミュートを解除する方法

特定のアカウントのミュートを解除する方法は3種類あります。相手のプロフィールから解除する方法、相手のツイートから解除する方法、ミュートしたアカウントの一覧から解除する方法の順に説明します。

相手のプロフィールからミュートを解除する

  • プロフィールからミュートする方法1

    相手のプロフィールを開き、①画面右上にある三点のメニューボタンから、②「@XXXXXさんのミュートを解除」をタップします

  • プロフィールからミュートする方法2

    iPhone版のTwitterアプリでは、ミュートした相手のプロフィールページに「ミュート解除」ボタンが表示されます。このボタンからミュートを取り消すことも可能です

相手のツイートからミュートを解除する

  • 相手のツイートからミュートを解除する方法

    相手のツイートの①右上にある三点のメニューボタンから、②「@XXXXXさんのミュートを解除」をタップします。ただし、ミュートした相手のツイートが表示されるケースは非常に稀です

ミュート済みアカウントの一覧から解除する

ミュートしているアカウントの一覧を表示して、ミュート解除ボタンを押す方法です。複数のアカウントに対してミュートを解除したい場合はこれが便利です。

Twitterアプリでは、「Ξ」ボタンのメニューから「設定とプライバシー」→「コンテンツ設定」→「ミュート中」または「ミュートしているアカウント」に進みます。

ブラウザ版(PC版)のTwitterでは、「もっと見る」→「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」→「ミュートとブロック」の順にクリックしてください。

  • ミュート済みアカウントの一覧から解除する方法1

    【1】「ミュートしているアカウント」をタップすると、現在ミュートしているアカウントが一覧で表示されます

  • ミュート済みアカウントの一覧から解除する方法2

    【2】アカウント名の右側にあるミュート解除ボタンをタップします

次のページでは、特定のキーワードをミュートする方法と、特定の会話をミュートする方法を解説します。