ソニーは、Suicaに対応し、画面も大型化したスマートウォッチ「wena 3」向けの時計(ヘッド部:wena head)として、デザイナーの山中俊治氏やジウジアーロ氏がデザインしたモデルを11月27日より順次発売する。

  • alt

    山中俊治氏がデザインした「wena head designed by Shunji Yamanaka」

  • alt

    ジウジアーロ氏がデザインした「wena head designed by Giugiaro Architettura」

あわせて、時計メーカーと連携を強化し、wena 3のモジュールをセイコー、シチズンといった時計メーカーに供給していくことも発表。各社とのコラボモデルや共同開発モデルを順次発売する。

  • alt

    左から「wena 3 -PROMASTER Edition-」、「wena 3 -BRIGHTZ Edition-」、「wena 3 -SEIKO Mechanical Edition-」

「wena 3」は、バンド部にSuicaなどの電子マネーや活動ログ、Alexa対応といったスマートウォッチ機能を集約。単体でも使えるが、別売のヘッド部や手持ちの腕時計に付けることで、一般的なアナログ時計などもスマートウォッチにできる。メタル、レザー、ラバーの3種類のバンドで計5製品を用意し、11月27日発売。価格はオープンプライスで、店頭価格は税別24,000円~35,000円前後を見込む。詳細は別記事で紹介している。

  • alt

    Suica対応になった「wena 3」

  • alt

    wena 3と別売のヘッド部や手持ちの腕時計を組み合わせ、さまざまな腕時計をスマートウォッチ化できる

  • alt

wena head designed by Shunji Yamanaka

インダストリアルデザイナーの山中俊治氏とのコラボモデルは、4つのムーブメントを内蔵した「フォー・イン・ワン」モデル。ベゼルに食い込んだ3つのサブダイヤルが特徴で、縁取るリングはガラス裏面に蒸着した、独創的な立体構造になっている。東京、パサデナ、オックスフォードの3都市をイメージした3つのデザインを用意する。

  • alt

発売日は11月27日で、価格はすべてオープンプライス。店頭価格(税別)は、東京、パサデナの2モデルが各59,000円前後。オックスフォードモデルが60,000円前後。いずれも協和精工・秋田県湯沢市の時計工場にて製造される。

  • alt

    wena head designed by Shunji Yamanaka

wena head designed by Giugiaro Architettura

イタリアのカーデザイナー、ファブリッツィオ・ジウジアーロがデザインしたコラボモデルは、モータースポーツでの使用を想定。ラグの付いたリングが時計ケースと別体になっており、時計ヘッドが左右に30度づつ回転する構造を採用した。

  • alt

発売は2021年3月21日で、価格はいずれもオープンプライス。SilverとPremium Blackの2色展開で、店頭価格(税別)はSilverが58,000円前後、Premium Blackが59,000円前後。こちらも協和精工が製造する。

  • alt

    wena head designed by Giugiaro Architettura

シチズン「PROMASTER」コラボモデル、協業も

シチズンのスポーツウォッチ「PROMASTER」とwena 3のコラボモデル「wena 3 PROMASTER Edition」は、モータースポーツからインスピーレーションを得た、多機能ワールドタイム電波時計をベースにwenaオリジナルデザインを施した。世界24都市対応のワールドタイム機能を搭載する。

  • alt

バンド部にはPROMASTERのメタルバンドを採用。バックルにwena 3を搭載している。11月27日に限定500台で発売。店頭価格は税別99,000円前後を見込む。

  • alt

    wena 3 -PROMASTER Edition-

なおソニーは、スマートウォッチwena 3の発売に伴い、wenaを“モジュール”化して腕時計メーカーに供給し、腕時計市場に進出する狙いを打ち出している。これにより、「新しく腕時計を買うときに、はじめからwenaが入っている状態」を実現し、wenaだけでは作れないアナログ時計の価値を訴求していきたい考えだ。

腕時計メーカーとの協業先として、シチズンとパートナーシップ契約を締結。2021年夏頃に、シチズンのIoTサービス「Riiiver」にwena3を対応させる予定だ。そして今後シチズンは、腕時計のバンド部分にwena 3を搭載した製品を開発していく。さらに、シチズンのムーブメント供給先へのwena 3モジュール外販も行い、wena搭載のアナログ腕時計を拡大させるという。

セイコー「BRIGHTZ」/機械式時計モデル。協業で「攻殻」コラボも

2020年で20周年を迎える、セイコーの「BRIGHTZ」とのコラボモデルを展開。ヘッド部はソーラー電波時計の「ワールドタイム」モデルで、「上品なゴールドをバランスよくあしらった」wenaオリジナルデザインを採用した。バンドは「味わいのあるブラックレザー」で、wena 3をバックル部に搭載している。11月27日に限定200台で発売。店頭価格は税別139,000円前後を見込む。

  • alt
  • alt

    wena 3 -BRIGHTZ Edition-

セイコーの機械式時計「SEIKO Mechanical Edition」とのコラボモデルは、ヘッド部に「セイコーダイバーズ」にインスパイアされたオリジナルデザインを採用(防水性能上、ダイバーズウォッチとしては使えない)。ベゼルの差し色にあわせてブルーのレザーバンドを備えており、wena 3はバックル部に搭載している。11月27日に限定200台で発売し、店頭価格は税別84,000円前後を見込む。

  • alt
  • alt

    wena 3 -SEIKO Mechanical Edition-

セイコーウオッチとも協業し、共同開発した「wiredwena」2モデルを2021年1月15日に発売予定。さらに、アニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」のコラボモデルも用意し、同日に発売予定だ。いずれも価格は未定。wiredwenaはバックル部にwenaを搭載し、ヘッド部には電子制御可能な専用アナログムーブメントを採用した腕時計で、針のアクション・ボタン操作を通じてwena 3の機能を補完できるという。

  • alt

    「wiredwena」(左)、「wiredwena 攻殻機動隊SAC_2045コラボモデル」(右)