3月の突然の休校から早いもので半年以上。子どもたちが自宅で過ごす時間が増えました。中学2年生の我が子もその1人です。放っておけば、ゲーム三昧、Youtube三昧という年ごろですが、時間を少しでも有意義に過ごして欲しいと思うのが親心。日ごろから図書館で借りた本を読む程度には読書をたしなんでいましたが、コロナ禍で公共の図書館も学校の図書室も利用ができなくなりました。

そこで便利なのが電子書籍。アマゾンの読み放題サービス「Kindle Unlimited」に申し込み、手元にあったAmazon Fire HDを手渡したものの、読書をしているものと思いきや、いつの間にやらゲームをダウンロードしたり、Youtubeで動画を見たり、本来の目的とは違った使い方をしています。

読書が好きなお子さんならともかく、中学男子たるやゲームやらYoutube動画の誘惑に打ち勝つことがきない様子。易き方向に流れてしまいがちなのは大人も子どもも同じですが、それでは何のためにわざわざタブレットを渡したのか本末転倒です。

  • 最初に渡した「Fire HD 10」。10.1インチ、フルHDの高解像度なカラー画面は見やすく、動作もサクサクしていて快適。読書用にと渡したはずなのに、Youtubeなどの動画も見られるので、電子書籍端末として使われなくなってしまうのが難点

そのような我が子には、何でもできるマルチな端末よりも、読書専用の端末を手渡すほうが得策。誘惑に勝てないときには物理的に切り離してしまうのが一番です。改めて用意したのはAmazonの電子書籍端末「Kindle」です。現在、3つのモデルが展開されていますが、まずはキッズモデルを試してみることに。

Kindleキッズモデルは「帯に短したすきに長し」?

キッズモデルのKindleは、ハードウェアとしてはエントリーモデルの「Kindle」と同じです。しかし、4種類のキッズ向けデザインカバーが選べることと、1,000冊以上の子ども向けの本が読み放題になる「FreeTime Unlimited」が1年間利用できる特典と、壊れた場合には無料で取り替えてくれる2年間の限定保証が含まれていることが通常モデルとの違いです。「FreeTime Unlimited」の年間利用料は、プライム会員なら5,760円、通常だと11,760円なので、1台の端末価格10,980円だけで元が取れるので、お得ですね。

  • 読書用にはやはり専用の電子書籍端末が一番! まずはデザインがステキなカバーも付属する「Kindleキッズモデル」を用意。「Fire HD」と比べると、文庫本サイズで軽くて持ちやすいのも◎

ところが、「FreeTime Unlimited」の対象年齢は3歳から12歳。書籍のラインナップは児童文学が中心で、中には『ハリーポッター』シリーズなど大人が読んでも楽しめるタイトルはあるものの、全体的にはやはり幼児から小学生向けの書物が多く、中学生には少々もの足りないのが本音のようでした。

  • キッズモデルは、ハード的には通常の「Kindle」と同じですが、子ども向けの書物が読み放題になる「FreeTime Unlimited」の1年間利用料が含まれています。しかし、書籍のラインナップは中学生にはちょっともの足りないかも……

ちなみに、Amazonのデバイスでは、「ペアレントダッシュボード」というペアレンタルコントロール機能も使えます。1日の利用時間の上限や使用時間帯を制限できるのですが、どちらかというと、おもにタブレット端末「Fire HD」向けの機能です。残念ながら、Kindleキッズモデルで設定できるのは、年齢に適したコンテンツを表示するための年齢制限のみ。親がネット上で、子どもが見ているコンテンツや読書の進捗を確認する機能は便利なのですが、中学生にはそれほど必要がない機能かもしれないというのが正直なところでした。

  • Amazonの電子書籍やタブレット端末向けのペアレンタルコントロール機能「ペアレントダッシュボード」。子ども用のアカウントを作って、ネット上で利用可能なコンテンツの追加や削除、1日の利用時間などの設定・管理ができます。ただどちらかといえばタブレット向けで、Kindleではあまり使えません

そんなわけで、Kindleキッズモデルは中学生が使うには「"帯に短し、たすきに長し」な印象。中学生ともなれば、自分が読みたい本も出てくることから、本人からリクエストを聞いてAmazonでKindle版の書籍を購入し、Kindleに配信するという方法を採用しました。

読み放題「Kindle Unlimited」には親が悩むことも

問題はすぐに読み切ってしまうので、ネットで購入して子ども用のKindleに配信するのだだんだん面倒に。そこで経済的な意味でも、図書館で本を借りるように気軽に本が読める「Kindle Unlimited」を利用してみることにしました。「Kindle Unlimited」であれば、本・マンガ・雑誌・洋書といった多数のジャンルから200万冊以上が常に読み放題で提供されており、自分が読みたい本を選んで好きに楽しめます。

しかし……、親(大人)が読んで欲しいと思う本と、子ども本人が読みたいと思う本というのは、往々にして一致しないもの。たまにKindleをのぞいてみると、ダウンロードしているのは、マンガやゲーム攻略本がほとんどで、ゲームやYoutube動画が見られない代わりになっている様子です。Kindleでは良くも悪くも過去の履歴に基づいておすすめコンテンツを表示してくれるため、本人が望まなくても、優先的にそうしたものが画面上に並んでしまうのです。

百歩譲ってゲーム関連本ならまだしも、困るのはいわゆる18禁コンテンツ。いつの間にかおすすめとして表示され、一度でも興味本位でダウンロードしようものなら、以降も親が子の目に触れさせたくないコンテンツが表示され続けてしまいます。大人と同じように、中学生にKindleを自由に使わせるのはまだまだリスクあると実感しました。

最終的には面倒ではあるものの、Unlimitedの中から親としてのおすすめを提示して、本人に希望を聞いて選択、子ども用のKindleへ個別に配信していくのが最善という結論に。このあたり、例えば「Unlimited for Students」のように、Amazon側で「FreeTime Unlimited」の中高生版みたいなサービスが用意されていると、保護者としては助かります。

ちなみにAmazonの利用規約では、Amazonアカウントは基本的に20歳以上の成人に限定されており、未成年者が使用する場合もあくまでアカウントは保護者です。つまり、子ども自身が勝手に本の購入やKindle Unlimitedに加入することはできません。保護者(通常は親)の同意に基づく利用であることは、親子で話し合っておく必要があります。

というわけで、「FreeTime Unlimited」はあまり使えず、結局のところ、キッズモデルを通常のKindleとして利用している我が家。それならキッズモデルではなく、価格が安いレギュラーモデルのKindleでよかったかも? と思わなくはないのですが、キッズモデルのカバーのデザインが気に入っているので、そのぶんのオプション料金と思って納得しています。

  • キッズモデルは、カバーを外せば、端末自体はエントリーモデルのKindle

それよりも、電子書籍端末としてFire HDからKindleに移行した我が家では、親子ともどもハードウェアに対する不満を少々感じていました。一番は、動作の遅さです。

Kindleの画面は、E-Inkディスプレイという文字の読みやすさに特化したディスプレイ。カラーではなく16階調グレースケール表示のため、コントラストが鮮明で、本物の紙のような読み心地が特長です。直接目を照らさない目に優しいフロントライトもメリットですが、タブレットの液晶ディスプレイに比べると反応が遅く、最初はこれがとてもストレスでした。そこで、高価格帯の別モデルも気になり試してみることに。

「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」はどうか

まずは、1つ上のモデル「Kindle Paperwhite」(以下、Paperwhite)。本体サイズと画面サイズはエントリーモデルのKindleとほぼ同じ。ただし、フラットなベゼルを採用しているためか、Paperwhiteのほうが心なしか大きく見えます。

  • Paperwhite(左)とキッズモデルとのサイズ比較。画面の大きさもほぼ同じ

厚みはPaperwhiteのほうが6mmほど薄く、重さもキッズモデルの288g(キッズカバーを含む)に対して182gと、100g以上も軽くなっています。

  • 厚さに関しては、Paperwhite(下)のほうが微妙にスリム

両者を比べて一番大きな違いは画面の精細さです。キッズモデルの167ppi(ピクセル/インチ)に対して、Paperwhiteは300ppi。キッズモデル自体も読みづらいほどではありませんでしたが、Paperwhiteは文字がかすれたようなギザギザがなく、確かに1段上のレベルです。文字がくっきりとシャープで読みやすく感じます。

  • Kindleの画面。文字は十分に読みやすいものの、若干かすれたようなギザギザがあります

  • Paperwhiteの画面ドットはKindleの2倍近い高密度。文字のコントラストもはっきりしています

次に最上位モデルの「Kindle Oasis」(以下、Oasis)です。サイズは3モデルの中で最も大きく、画面サイズも7インチと最大。Paperwhiteと同じようにフラットベゼルを採用し、画面も300ppi。重さはPaperwhiteより6gだけ重い188gですが、厚さは最も薄いところで3.4mm。人間工学に基づき、本体側面にページ送りボタン搭載している関係で、その部分は8.4mmとなっています。

  • Paperwhite(左)とOasis(右)のサイズ比較。Oasisのほうが幅は広く、縦は小さめ。画面は若干Oasisのほうが大きい

  • Oasisの厚さは最小3.4mmですが、側面にページ送りボタンを搭載している関係で最大部分で8.4mmの厚さがあります

  • Paperwhite(上)と比べると、最も薄い側はこれだけスリム

  • ボタンがある側の厚さはPaperwhite(上)とほぼ同じ

  • Oasisは片側にページ送り用のボタンを備えているのがデザイン上の特長。画面をタッチしなくてもページ送りができて操作性は良好。片手でも持ちやすいのです

最上位モデルならではの機能としては、色調調節ライトを搭載していること。スクリーンの色調を、明るいホワイトから暖かみのあるアンバーへ調節できて、より紙のようなリアルな色味に近づけられます。フロントライトも、周囲の明るさを感知して自動で理想的な明るさに調整してくれる機能があり、目に対する労わりは最高レベルです。

  • スペック上の解像度は、Kindle PaperwhiteもKindle Oasisも300dpiで同じ。画面サイズが大きいぶん、Oasisのほうが同じ文字サイズの設定でもページ内に多くの文字を表示できます

  • いずれも画面の明るさを変えられますが、Oasis(右)は自動調整機能があるのに加えて、色味の変更も可能。白さを抑えて、より目に優しい画面表示になります

  • Oasis(右)で色の暖かさを最大に設定。少々極端な比較ですが、これだけ変わります

PaperwhiteとOasisに共通した、ベーシックモデルのKindleと比べたそのほかの違いは、高解像度ゆえにビジュアルも美しく表示してくれること。ページ続きのシーンを一画面に見開き表示できるため、コミックを読むのであれば、上位の2機種がベターです。

また、PaperwhiteとOasisは、IPX8等級の防水性能を備えています。水深2メートルの真水に最大60分まで耐えられる仕様のため、お風呂やプールサイドでも安心して使えるのではないでしょうか。

バッテリー性能は、キッズモデルが明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合で、1回の充電で最大4週間の使用。充電時間は、5WのUSB充電アダプター、またはPCからUSBケーブル経由で充電した場合で約4時間です。

Paperwhiteは、明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合で、1回の充電で数週間の使用。充電時間は、PCからUSB経由での充電で約4時間、USB充電アダプター経由で3時間です。OASISは、Paperwhiteと同じ条件で、1回の充電で最大6週間の使用。充電時間は約3時間となっています。

Kindleには、いずれのモデルにも辞書機能と単語帳機能が内蔵されており、書物の中でわからない言葉があればタップするだけですぐに調べられます。調べた言葉は自動的に単語帳に追加されるので、語彙力アップにも役立つちますね。

  • 3モデルとも、4冊のメジャーな辞書データを収録

  • 読書の最中にわからない言葉に出会っても、直接選択して検索できるのでスムーズ。マーキングや単語帳機能に登録しておくと、後でまとめて確認したり学習にも使えます

PaperwhiteとOasisはウィキペディアでの検索にも対応しており、さらに「Whispersync機能」によって最後に読んだページを同期できるため、読んだページがわからなくなることがありません。どの端末でも続きをすぐ読めるのは便利です。

さて、中学生の息子が利用するAmazonの電子書籍環境として、最善の端末を探そうと思って試してみました。動作性や反応速度に関しては、3モデルとも大きく違いはなく、入門用にはスタンダードなKindleでも十分。ただし、視力への影響や長時間使うとなると、文字の読みやすさは快適性に大きく関り、Paperwhite以上を選びたいと思いました。

中でもOasisは最上位であるだけに、重量感や薄さといった手で持ったときの物理的な快適さもやはり最高峰。一方で、持ち運びやすさはサイズ的にPaperwhiteが有利で、甲乙つけがたい印象です。家族でシェアして複数台のKindleを用意するのであれば、自宅用にOasis、持ち歩き用にPaperwhiteと使い分けるのもアリです。