キーボードを選ぶとき、どんな特徴を重視していますか? 文字入力で莫大な回数を押下するキーボードは、押すたびに音が出るさりげない騒音源だったりもします。例えばオフィスで、隣席から響く打鍵音に不愉快を感じたことがある人もいるのではないでしょうか。そのため筆者は、打ち心地はもちろんのこと、特に静音性を重視し、プライベートではダイヤテックの「FILCO Majestouch 2 S CHERRY MX SILENT(以下、Majestouch)」を愛用しています。

そんなある日、会社から支給されたノートPCのキーボードで仕事をするのに少し無理を感じていた筆者は、上司に陳情してみました。「がんばって仕事してくれるならいいよ」という交換条件と引き換えに、買ってもらえることになりました。でも私用のMajestouchと同じでは芸がないなあ、と調べていたところ、メカニカルかつテンキーレスで静音仕様、しかもポインティングスティックを搭載する唯一無二な個性派キーボードが、つい先月発売されているではありませんか!

さっそくアーキサイトのキーボードブランド「ARCHISS(アーキス)」が贈るポインティングスティック搭載メカニカルキーボード「Quattro TKL 静音赤軸(以下、Quattro TKL)」を購入。普段から静音メカニカルキーボードを愛用する筆者が、実際に会社で1カ月使ってみたレポートをお送りしようと思います。

  • ARCHISS「Quattro TKL」

まずは今回取り上げるキーボード、Quattro TKLについてご紹介しましょう。本製品は中央部にポインティングデバイスを搭載し、スイッチにCHERRY MXシリーズを採用するテンキーレスメカニカルキーボードです。配列は日本語91キーと英語89キーを用意しており、いずれの配列にも一般的な押下感のある茶軸、クリッキーな感触でカチリと音が出る青軸、リニアでなめらかな押し心地の赤軸、赤軸をさらに静音化した静音赤軸をラインナップしています。やはり特筆すべきは静音赤軸(ピンク軸/SILENT軸とも)のラインナップでしょうか。採用例の少ない軸タイプで、メジャーな製品では筆者愛用のMajestouchの他、あまり類を見ません。

  • 静音赤軸が用意される貴重なキーボード

さらにこの製品を個性的にしているユニークな特徴として、高感度な静電容量式ポインティングスティックの搭載が挙げられます。微小な荷重変化を2次元センサーで検出し、マウス同等の操作を実現しているとのこと。左右クリックはスペースキー左右の「無変換」キーと「変換」キーに割り当てられており、上下スクロールは「Fn」キーとポインティングスティックの上下操作で行なえます。

  • ポインティングスティックの操作でキーボードから手を離さずカーソル移動が可能

ケーブルは取り外しが可能で、3方向に引き回せるように配慮されています。筆者は机に肘をついてタイピングする癖があり(最悪な姿勢なので非推奨です)、キーボードを机のできるだけ奥に設置して使いたいので、ケーブルを左右に引き回せる点がお気に入り。またキックスタンドの傾斜はややきつめという印象です。普段使いのMajestouchではキックスタンドを起こして使っていますが、Quattro TKLでは倒したまま使用しています。

  • 3方向にケーブルを引き出せます

機能面では、底面のDIPスイッチでキーのスワップ設定を行え、同時キー入力機能として6キーロールオーバーやNキーロールオーバーをサポート。CapsLockとCtrlのスワップも、もちろん行えます。また「Fn」キーとF6~F12キーの押し合わせで動画や音楽の再生や停止、音量調整を行えるマルチメディアファンクション機能を備えています。この機能は取扱説明書に記載されていますが、キーボードそのものに再生や一時停止などのアイコンやシンボルが印刷されていないので、少し気づきにくく、わかりにくいなと思いました。

  • DIPスイッチでキーアサインを変更できますが、筆者は日本語のデフォルト配列にこだわりがあるので変更していません

  • ファンクションキーにさり気なくメディア機能を搭載しています

メインコントローラーにARM Cortex-M0(32bit)プロセッサーを搭載しており、USB経由でファームウェアアップデートにも対応しています。対応OSはWindows 10で、インタフェースはUSB。サイズはW360×D140×H26~36mm(スタンド調節可)で、重さは975gです。

しっとりとした静かな打鍵感

打鍵感としてはやはり赤軸のバリエーションということで、底まで押下圧がリニアに高まっていくスコスコとした感触です。どんなに強くエンターキーを打鍵しても「ッターン!」とはなりません。

特に際立つのはQuattro TKLの静音性の高さです。底打ちした感触が極めてソフトで、「カチャ」というようなプラスチック同士が接触する音がほとんどしません。Quattro TKLのキーキャップは1.5mm厚に仕上げられており、一般的な1.0mmの製品よりも肉厚。これが打鍵感の違いを生み出しているのかもしれません。

ちなみに、キーキャップの材質には耐摩耗性や電気特性に優れるPBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂を採用しています。キー印字はインクをキーキャップに浸透させる昇華印刷で、長時間使用しても文字が薄れないという優れもの。また、キー天面にはさらさらした梨地加工が施されています。

サクサク動かせるポインティングスティックとユニークなキーアサイン

"マウス同様"を謳うポインティングスティックの操作感はとても快適です。最初にこのキーボードを画像で見た時は、プラスチックの棒が突き出しているだけなのかなと思っていましたが、実際に製品に触ってキャップを取り外してみると、鉄板シャーシに支えられた金属パーツがセンサーに指の動きを伝えてるという構造になっており、剛性感はとても良好です。

操作力は0.98~0.98N(10~100g程度)で、最大操作力は45N(250g)程度とのこと。実際に操作してみると、小さい力でスイスイ動かせます。Lenovo(ThinkPad)の赤いポインティングデバイスと感度を比較すると、筆者の体感ではこちらのほうが「ほんの少し高感度~同等」くらいといえるでしょうか。ほぼ同じです。スティックキャップは膨潤に強いエラストマー樹脂素材で、なでるような操作に向く凸型と、指先へのフィット感を重視した凹型の2種類が用意され、それぞれオレンジ色と薄紫色が付属。筆者は凸型が好みです。

  • 芯パーツは金属素材です

  • 8つ付属します

マウスカーソルの移動だけではなく、キーボードでのクリック操作も可能です。スペースキー左の「無変換」キーと「変換」キーに左クリックと右クリックがそれぞれアサインされており、キーボード空手を話さずにマウス操作を完結できます。

ただ、困ったことに、「無変換」キーを愛用する筆者にとっては、クリックか無変換のどちらかしか使えないという問題が。例えば「マイナビのマイは毎日新聞の毎」と入力する場合、筆者はIMEにはカタカナ変換を任せずに、カタカナ表記が確定しているところでその都度、「無変換」キーを押しています。変換の失敗でいったんひらがなに戻したいときにも「無変換」キーを押したいので、ここに左クリックを割り当てて常用するのは筆者の使い方だと少し厳しいなと感じました。

カタカナ変換に「F7」キーを使ったり、変換をリセットするときには「BackSpace」キーを使うなど、柔軟な運用でカバーすることも選択肢として検討できそうですが、普段は「Fnキー」と「スペースキー」を押してクリックを無効化し、必要なときだけクリックを有効化して運用しています。

  • 取り外し工具が付属。無変換キーとして使うためのキーキャップもあります

クリックモードか無変換/変換モードかはトグル切り替えになっており、スペースキー下に備える緑色LEDを見て判別できます。覗き込まないと点灯していることがわからないくらい、さりげない光量が嬉しいところ。この他にも、ほんのり白く光るLEDがCapsLockキーとScrollLockキーに搭載されています。

静音赤軸採用メカニカルは最高

やはり静音キーボードとなると静電容量無接点方式を採用したキーボードがメジャーですが、筆者としては静音でありながらも、リニアで程よく重い押下圧を両立するメカニカルキーボードが好み。テンキーレス、奇をてらわないキー配置、快適な打鍵感の静音赤軸採用、取り外し可能で3方向に引き回せるUSBケーブル、格好いいツートンカラーと、Quattro TKLはまさに求める要件を全部満たしてくれるキーボードという印象です。

また、こちらの記事では静音赤軸搭載メカニカルキーボードしての側面を大きく取り上げましたが、Quattro TKLは静音赤軸の他、上述の通り茶軸と青軸、赤軸をラインナップ。参考までに比較対象として取り上げたMajestouchも、静音スイッチ以外を搭載したモデルも多数用意しています。

業務に使うものでは一日のうちかなり長い時間を一緒に過ごすキーボード、今一度こだわって快適な職場環境づくりに挑んでみてはいかがでしょうか。筆者は上司との交換条件に交わした約束を果たすため、がんばって仕事をしようと思います……。