米AMDは米国時間の7月21日、デスクトップ向けにRyzen 4000GやRyzen PRO 4000Gなど合計18製品を発表した(Photo01)。まずは簡単にそのラインナップなどをご紹介したい。

  • AMD、デスクトップ版RenoirのRyzen 4000G及びRyzen PRO 4000Gなど18製品を発表

    Photo01:

Ryzen 6製品。更にAthlon Gold/Silverが追加

今回発表されたのはコンシューマ向けとビジネス向けがそれぞれ9製品づつとなっている。まずコンシューマ向けから行くと、Ryzen 7/5/3が、TDP65Wのものと35Wのものがそれぞれ1製品づつラインナップされる(Photo02)。何れもRenoir(開発コード名)ベース、つまりTSMC N7で製造されたZen2コア+Vega GPUの構成となっている。動作周波数的には、同じZen2ベースのRyzen 3000シリーズと比べるとやや低めであるが、TDPが35/65Wと低めな事を考えれば妥当なところともいえる。

  • デスクトップ版Renoirのラインナップ一覧

    Photo02: ついにDesktopでもRyzen 7のSKUが投入された。

さて性能であるが、まず今回の65W品をIntelの競合製品と比較した結果がこちら(Photo03)。次にRyzen 7 4700GとRyzen 5 4600Gを(これまでAPUのハイエンドだった)Ryzen 5 3400Gと比較したのがこちら(Photo04)となる。IntelのCore i7-9700との比較がこちら(Photo05,06)で、CPU/GPU共に大幅にアドバンテージがあるとする。

  • Photo03: このグラフではCoffee Lakeとの比較であるが、まぁComet Lakeでも大差ない(というか、TDPが揃っていないので比較にならない)であろうとは思う。

  • Photo04: GPU性能に関しては、同じVegaコアということもあるが、11CUのRyzen 5 3400Gよりも8CUながら動作周波数を引き上げたRyzen 4000Gシリーズの方が性能が上がっているのが判る。

  • Photo05: まぁ内蔵GPUに関しては、Ice Lakeとか次のTiger Lakeを持ってこないと...という現状では致し方ない(が、Ice Lakeは元よりTiger LakeもDesktopには来そうにない)。

  • Photo06: CPU性能に関しても、Ryzen 7 4700Gの方がかなり有利、とする。

同様にRyzen 5 4600GとCore i5-9500の比較がこちら(Photo07,08)。Ryzen 3 4300Gについては、まずRyzen 3 3200Gとの比較がこちら(Photo09)。Core i3-9100との比較がこちら(Photo10,11)となる。これらが現実的な比較か? と言われるとちょっと「?」ではあるが、Ryzen 5 3400Gでも一応そこそこプレイできるという結果が以前出ており、Ryzen 5 4300GとRyzen 7 4700Gはこれを超えるGPU性能が期待できそうなのはちょっと楽しみである。勿論CPU性能も大幅に上がっている訳で、逆にRyzen 5 3600とかRyzen 7 3700Xなどとどの程度性能差があるか(L3容量は大幅減ながら、CCDとIODが同一ダイ化したことでLatencyの大幅削減が期待できるので、性能的には悪くない勝負な気もする)も興味ある部分である。

  • Photo07: GPU性能はもう比較にならない。

  • Photo08: CPU性能も大差が付いている。

  • Photo09: GPU性能は大きな差ではないが、CPU性能(特にマルチスレッド性能)はかなりのBoost Upになる。

  • Photo10: さすがにCore i3の内蔵GPUでゲームをしよう、というユーザーは殆どいないとは思うのだが。比率でみればともかく、絶対的なフレームレートで言えばRyzen 3 4300Gもそれほど高いとは言えないと思う。

  • Photo11: CPU性能の上がり方は(SMTが有効という事を考慮に入れても)かなり大きい様に思う。

同時に発表されたのがAthlon GoldとAthlon Silverの3製品である(Photo12)。こちらは3000番台の型番から判る様にベースはGFの12LPを利用したZenコアベース、というかPinnacle Ridgeベースの製品である。特に競合との性能比較などの資料は提供されていないが、競合となるPentium/Celeronが2コアベースなのに対し、Athlonは4コアベースというあたりで性能差は明らかと思われる。

  • Photo12: ベンチマークを行った訳ではないが、スペック的に言えばAthlon Gold 3150GはほぼRyzen 3 3200Gに近い(Turbo動作を無効にしてる分、少しだけ性能が低い?)程度と思われる。

Ryzen PROも同時に発表

これまでRyzen PROはRyzenから1四半期遅れ、という感じで投入されていたのが、Ryzen Mobileに関しては2カ月遅れでの投入にやや前倒しされた。そしてDesktop向けAPUでは遂に同時発売になったというのは、要するにRenoirのDesktop版のメインターゲットはコンシューマ向けではなくビジネス向けという事がはっきりと判る。

考えてみれば当然の話で、GPUを搭載しないRyzen 3000シリーズはコンシューマ向けのマーケットで非常に健闘しており、GPUを搭載するIntelのCore iシリーズ相手に優位に戦っている、という話はご存じの通り。勿論省スペースPCとか静音PCとかを狙うとGPU内蔵が欲しくなるが、通常のコンシューマ向けDesktopではGPU内蔵はそれほど要求されない。ところがビジネス向けの場合、省スペース性などのニーズもあるが、コストの問題からGPU統合が強く求められる。実際、AMDがIntelに対してビハインドを追っているマーケットがまさにここなだけに、AMDとしてはコンシューマ向けよりも先にビジネス向けを投入したかったのだろう、という事が良くわかる。

そのビジネス向けの「PRO版」のラインナップがこちら(Photo13)。スペック的にはコンシューマ向けのRyzen/Athlonと全く同一の構成・同一の動作周波数・同一のTDPになっており、ただしモデルナンバーを50(Athlon Silverのみ25)だけ足した形になっている。これはおそらくPROの有無だけで区別すると間違いが起きそうなので、モデルナンバーも変更してオーダー間違いを減らそうとしたというあたりと思われる。Athlon Gold/Athlon Silverに関してもPRO版が提供されており、AMD Pro Technologyとして提供されるSecurity/Manageability/Software Stabilityが利用できる、というのはIntelに対する一つのアドバンテージではある。

  • Photo13: 以前はRyzenとRyzen Proで細かくスペックが異なるケースがあったのだが、完全に同じというのはコンシューマ向けのスペックで十分マージンがあるので、Pro版が同一スペックでも問題はないということかもしれない。

性能に関してもコンシューマ向け同様に示されている(Photo14~16)が、基本的にはコンシューマ向けと差はない。ただ一つ大きなアピールは省電力性であろうか。Intelはこのところ性能を稼ぐためにTDPを引き上げる方向に進んでおり、ここでRyzenにアドバンテージがある訳だが、当然このポイントについてもアピールを欠かさなかった(Photo17)。

  • Photo14: PCMark 10のApplication ScoreをRyzen 5 Pro 3400GとRyzen 5 Pro 4650Gで比較。割とこれはビジネス用途としては一般的なユースケースになると思う。というか、ここまで性能差が出るのか...

  • Photo15: Core i5-9500 vPro vs Ryzen 5 Pro 4650G。PassMarkとかCineBenchはあまり役には立たない気もするが、PCMark 10の結果を見ると結構な性能差がありそう。

  • Photo16: Core i7-9700 vPro vs Ryzen 7 Pro 4750G。Digital Contents Creationの性能差が大きいのはOpenCLを利用するテストでGPUの性能差が反映されているためだろうか?

  • Photo17: 右側はシステム全体での消費電力だから、まぁ大きな差が無いのは当然である(CPU以外の影響が大きい)。

PROシリーズ製品は既にOEMへの出荷を開始しており、今年の晩秋にはOEMからの出荷が開始される予定となっている。一方コンシューマ向けのRyzen 4000G/Athlon 3000Gシリーズは今年第3四半期中の発売となっている。現時点で公式には価格は明らかにされていないが、既報の通り日本AMDより、8月8日の午前11時にRyzen 7 4750G/Ryzen 5 4650G/Ryzen 3 4350Gの3製品の発売を開始すると発表があった。型番からするに、どう見てもこれはOEM向けのPRO版をコンシューマ向けに横流しした、おそらくはバルク版での提供で、パッケージ版のRenoirはもう少し遅れると思われる。前述の記事の通り推奨小売価格は

Ryzen 7 4750G \39,980
Ryzen 5 4650G \26,980
Ryzen 3 4350G \19,980(いずれも税別)

となっている。7月22日付けのAmazonの正規品だと、Ryzen 7 3700Xが\43,020、Ryzen 5 3400Gが\20,889、Ryzen 3 3200Gが\13,111といった価格であり、推奨小売価格はそう悪くない様に思う。パッケージ版が何時出回るのか、それとどの程度潤沢に供給されるのか、そしてパッケージ版の価格はいくらになるのか、あたりが今後の焦点になりそうだ。

編集部注:その後、「Ryzen 7 4750G」「Ryzen 5 4650G」「Ryzen 3 4350G」はそれぞれ、「Ryzen 7 PRO 4750G」「Ryzen 5 PRO 4650G」「Ryzen 3 PRO 4350G」へと製品名が訂正された。