シャープは7月20日、コードレススティッククリーナー「RACTIVE Air」シリーズの新モデルを発表しました。同シリーズ最強の吸引力を持つ「RACTIVE Air POWER EC-SR5」、業界最軽量の「RACTIVE Air EC-AR5X」と「RACTIVE Air EC-AR5」、そしてコストパフォーマンスの高い「RACTIVE Air EC-FR5」の4モデルです。

発売日は8月6日で価格はオープン。推定市場価格(税別)は、EC-SR5が75,000円前後、EC-AR5Xが65,000円前後、EC-AR5が55,000円前後、EC-FR5が50,000円前後となります。

  • 「RACTIVE Air POWER EC-SR5」「RACTIVE Air EC-AR5X・EC-AR5」「RACTIVE Air EC-FR5」

    左から「RACTIVE Air POWER EC-SR5」、「RACTIVE Air EC-AR5X・EC-AR5」、「RACTIVE Air EC-FR5」

  • 「RACTIVE Air POWER EC-SR5」「RACTIVE Air EC-AR5X・EC-AR5」

    シルバーがEC-SR5、ピンクがEC-AR5

業界最軽量1.2kgのRACTIVE Air EC-AR5

RACTIVE Airシリーズといえば、高性能ながら軽いのが特徴。その軽さを追求したのがEC-AR5とEC-AR5Xです。重さは本体とパイプ、ヘッドの標準装備で1.2kgと、国内向けパワーブラシ搭載タイプのコードレススティッククリーナーとしては、今のところ最軽量の製品となります。

  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X
  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X

    業界最軽量となったEC-AR5・EC-AR5X。カラーはピンク系とゴールド系の2色。EC-AR5とEC-AR5Xの違いは付属バッテリーの数。EC-AR5は1個、EC-AR5Xは2個のバッテリーが付属します

今回の新モデルまでは、シャープが2019年に発表した「RACTIVE Air EC-VR3S」が業界トップレベルの軽さ(標準で1.3kg)でした。新モデルはこのEC-VR3Sをベースとして、延長パイプに新構造のドライカーボンパイプを採用。さらに、本体の部品点数の削減や素材の見直し、そして新開発の軽量高効率ファンモーターを採用することで、さらなる軽量化に成功。1.2kgという業界最軽量を実現しています。

  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X

    アルミ素材を使っていた延長パイプ(写真右)には、新構造のドライカーボンパイプ(写真左)を採用。アルミよりも軽いドライカーボン素材だけではなく、厚さも従来の約0.5mmから約0.4mmに薄型化。これによりパイプの重さを55gから30gまで軽量化できました

  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X

    新開発のモーターは吸引力を維持しつつ、高効率化によって軽量コンパクト化。従来モデルのEC-VR3Sに搭載されていたモーター(写真右)が約177gだったのに対し、新モーターは約121gと、32%ほど軽くなりました

実際に使ってみると、1.2kgという軽さはかなり快適。家の掃除では、階段や部屋から部屋の移動で掃除機を持ち上げることがありますが、こういった移動もストレスになりにくいと感じます。

この軽さと相性がいいのは、RACTIVE Airシリーズが2018年から搭載している「スグトルブラシ」の存在です。スグトルブラシは、ヘッドを踏んでレバーを引くだけで、パイプの先がブラシノズルに変わる機能。ノズル着脱のために、しゃがんだり腰を曲げたりといった無理な姿勢が必要ないので、床用ヘッドとブラシの切り替えがとてもスムースなのです。

  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X
  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X

    自然に立った体勢で、ヘッドをブラシノズルに切り替えられるスグトルブラシ。外したあと、床掃除用ヘッドのパイプが常に上を向く「待っててパイプ」機能によって、ブラシからヘッドに戻す作業も簡単です

  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X

    スグトルブラシの手軽さと、EC-AR5の軽さが相まって、高い場所の掃除がとっても手軽。ハタキに近い感覚で高い場所や狭い場所を掃除できます

軽量化しながらも、バッテリー×1個での運転時間は強モードで約9分、自動モード約23分、弱モードで約35分(モーターヘッド非使用時は約50分)と、従来モデルのEC-VR3Sより長くなっているのも好印象です。

本体サイズは幅210×奥行150×高さ985mm(スティック時)、重さ約1.2kg、集じん容量は0.13L。付属品は、バッテリー(EC-AR5は1個・EC-AR5Xは2個)、充電器、すき間ノズル、ハンディノズル、クリーニングブラシ、スタンド台、スグトルブラシ、ツールホルダーとなっています。

  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X

    新モデルのEC-AR5とEC-AR5X、EC-SR5の3モデルに新しく搭載された付属品が、この「ツールホルダー」。よく使用するアタッチメントを1つ、延長パイプに取り付けることが可能。いちいち収納場所までアタッチメントを取りに行く必要がありません

  • RACTIVE Air EC-AR5・EC-AR5X、RACTIVE Air EC-SR5

    EC-AR5、EC-AR5X、EC-SR5共通の新機能として、抗菌ハンドルも採用されました。写真左がEC-AR5、右がEC-SR5

  • RACTIVE Air

    全モデルにスタンドが標準付属。RACTIVE Airシリーズは基本的に自立しないため、これは収納時にかなり便利

毛足の長いカーペットでもパワフルなRACTIVE Air POWER EC-SR5

新モデルの1つ、RACTIVE Air POWER EC-SR5は、パワフルさを重視した製品。パワー型のRACTIVE Airシリーズには2019年発売のEC-SR3Sがありますが、EC-SR5は新開発のモーターと大容量高圧バッテリーの搭載によって、EC-SR3Sと比較して約40%吸引力がアップ。さらに、重さはEC-SR3Sより300g軽い約1.6kg(パイプ・ヘッド装着時)です。コードレススティッククリーナーは2kg以下だと軽量と呼ばれるので、EC-SR5はパワーと軽さを両立しています。

  • RACTIVE Air POWER EC-SR5
  • RACTIVE Air POWER EC-SR5

    RACTIVE Airシリーズ最強パワーというRACTIVE Air POWER EC-SR5。カラーはピンク系とシルバー系の2色。EC-AR5と同じく、EC-SR5もパイプに軽量ドライカーボン素材を採用しています

【動画】合計32ポンド(約14.5kg)のボーリング球をすばやく吸引して持ち上げるEC-SR5。EC-SR3Sでも球は持ち上がりますが、だいたい1.5倍の時間がかかっていました

EC-SR5は吸引力を強化しただけではありません。ヘッドに新開発の「倍トルヘッド」を採用し、掃除性能をさらに向上しています。倍トルヘッドの注目ポイントは2つ。

1つは、ヘッドに内蔵されたネオジウム磁石モーターの存在です。RACTIVE Air POWERは回転ブラシ用にヘッドにモーターを内蔵していますが、新開発のモーターによって、ブラシの回転数はなんと従来比で約2倍になっています。

  • RACTIVE Air POWER EC-SR5

    2019年モデルEC-SR3Sのヘッド内蔵モーター(写真右)と、新モデルEC-SR5の新開発モーター(写真左)。新モーターは回転数がアップしただけでなく、コンパクトになっています

  • RACTIVE Air POWER EC-SR5

    新モデルEC-SR5(写真左)と従来機EC-SR3S(写真右)のブラシ回転数を計測。EC-SR5は約4,300回転、EC-SR3Sは約2,000回転と、回転数が倍以上違います

ブラシ回転数だけではなく、ヘッド形状も変化しました。ヘッド前面のバンパーがクシ形状になることで、カーペットや毛足の長いラグの毛をかき分けてゴミを掻き出せるようになっています。メディア向け説明会の会場では、カーペットやラグを使って掃除性能の実験も行われました。

  • RACTIVE Air POWER EC-SR5

    ヘッド前面のバンパーがクシ歯のようにギザギザ。これにより、カーペットなどの毛をかき分けられるようになりました。また、壁際のゴミも効率よく吸引できるそうです

【動画】カーペットに力いっぱいなすりつけ、さらに男性が踏みつけた毛ゴミが、EC-SR5なら一往復でキレイに掃除できました

  • RACTIVE Air POWER EC-SR5

    新製品EC-SR5(写真左側)と従来機EC-SR3S(写真右側)を使って、カーペットに絡まった毛ゴミを掃除。ヘッドを一往復させたあと、EC-SR3Sはうっすらと毛ゴミが残っているのが確認できます

【動画】毛足の長いラグに粒状のゴミをまいてEC-SR5で掃除。ヘッドを引くと、毛の奥からどんどん粒ゴミが出てきました

  • RACTIVE Air POWER EC-SR5

    毛足の長いラグに粒状のゴミをまいたあと、旧機種のEC-SR3Sでヘッドを15往復させて掃除。その後、新モデルEC-SR5で掃除をしたところ、EC-SR3Sで掃除しきれなかったゴミを捕じんできました

EC-SR5の本体サイズは幅243×奥行179×高さ,1030mm(スティック時)、重さ約1.6kg、集じん容量は0.2L。連続運転時間は、強モードで約12分、自動モードで約30分、弱モードで約45分(非モーターヘッド時は約90分)。充電時間は約80分。付属品は、バッテリー×1個、充電器、すき間ノズル、ハンディノズル、クリーニングブラシ、スタンド台、スグトルブラシ、ツールホルダー、コンパクトふとん掃除ヘッド、はたきノズルです。

自分の生活ニーズにあわせて選べる3モデル

シャープの小幡尚令氏によると、近年は共働き世帯の増加とともに、手軽に掃除できるコードレススティック型の掃除機ニーズが伸張。掃除機全体のうち、現在は約60%がコードレススティックタイプとなっており、需要はいまだ右肩上がりに増えているそうです。

  • シャープ Smart Appliances & Solutions事業本部 国内スモールアプライアンス事業部 清潔企画開発部 小幡尚令氏

    シャープ Smart Appliances & Solutions事業本部 国内スモールアプライアンス事業部 清潔企画開発部 小幡尚令氏

また、シャープの調査では、コードレススティック掃除機の購入に対して重視する機能は、「吸引力の強さ」「本体の軽さ」「運転時間と充電時間」がトップ3。ただし、絨毯やラグなどが多い住宅や、体力のない家族が掃除することがあるなど、最重要となる機能は家庭によって異なります。

そこで今回の新製品では、(1)軽さと掃除の手軽さを重視するEC-AR5、(2)パワーとバッテリー持続時間重視のEC-SR5、(3)今までコードレス掃除機やRACTIVE Airシリーズを使ったことのないユーザーに向けて、パワーと軽さのバランスがよく高コストパフォーマンスのEC-FR5という、3モデルをラインナップしました。小幡氏は、価格はEC-SR5が最も高いとしながらも、「軽量重視のEC-AR5とどちらがフラッグシップモデルか、ということではなく、それぞれの家庭環境に最適なモデルを選んでほしい」としました。

  • RACTIVE Air EC-FR5

    コードレス掃除機を使ったことのない人にもおススメの普及モデル「RACTIVE Air EC-FR5」

ちなみに、昨今のコロナ禍についてシャープがアンケートを実施したところ、在宅時間が増加した人の約40%が家事ストレスの増加を感じています。しかもアンケート回答者の約半分は、家事ストレス軽減のために家電製品の購入を検討していました。小幡氏は「自分のスタイルに合った製品が選べるRACTIVE Airなら、掃除のストレスが軽くなるのでは」と語りました。

  • アンケート回答者の約80%は在宅時間が増加。そして、在宅時間が増加したうちの37.9%は家事ストレスが増加しています