アップルの年次開発者会議「WWDC 20」が米国時間6月22日に開幕しました。秋に正式リリースを予定するApple Watchの最新OS「watchOS 7」の新機能は、私たちの生活や次期Apple Watchのハードウェアにどんな変化をもたらしてくれるのでしょうか。新OSのハイライトを振り返りながら考察してみたいと思います。

  • 今秋に正式リリースを控える「watchOS 7」、注目すべきポイントを紹介しましょう

Apple Watchのバリエーションにも影響を与えそうな機能特化型ウォッチ・フェイス

watchOS 7では、Apple Watchのまさしく“顔”であるウォッチ・フェイスのパーソナライゼーション機能がさらに充実します。

現在のウォッチ・フェイスは、Apple Watchのためにアップルが作ったネイティブのものが大半ですが、これをテンプレートにしてユーザーが色合いやコンプリケーション(文字盤に配置できるアプリやその機能へのショートカット)のレイアウトをパーソナライズした、いわばカスタムメイドの文字盤デザインをシェアできる機能が加わります。

筆者が特に注目したのは、デベロッパがひとつの文字盤に同じアプリケーションから複数のコンプリケーションをピックアップして配置できるようになること。現在は、アップルが提供するコンプリケーションを、ユーザーが必要なものを組み合わせて、それぞれの機能を関連付けて使いやすい文字盤にまとめ上げる使い方が主流です。

ひとつのアプリから複数の機能をコンプリケーション化できるようになると、例えばナイキのランニングのためのコーチングアプリ「Nike Run Club」からさまざまな機能をピックアップし、完成度の高いスポーツウォッチとしてApple Watchを洗練させることも可能になります。

  • Nike Run Clubアプリの機能をまとめて使える文字盤。ランニングの計測に必要な機能に一発でリーチできそうです

  • 多くのサーファーに信頼されるアプリ「Dawn Patrol」を文字盤に。ビーチの水温、スウェルや風速がひとつの画面で一望できます

腕時計を愛するファンのなかには、ダイビングやトレッキングを趣味としている人もたくさんいます。それぞれのフィールドに必要とされる機能を熟知するアプリベンダーから、質の高いコンプリケーションのセットが提供されれば、いよいよApple Watchを買おう、試してみたいという声が増えそうです。Apple Watchは、単体でセルラー通信ができるスマートウォッチなので、スマホに頼りすぎることなくアウトドアレジャーに便利な機能を手元ですぐに確認できることを歓迎する時計ファンも多いはずです。

そうなると、Apple Watchに耐衝撃性能の高いタフなケースを装備するアウトドアモデルや、スキューバダイビングなど水圧の高い、深い海に潜るようなアクティビティにも使える(Apple Watch Series 2以降は水深50mの耐水性能を備える)マリンレジャー対応のバリエーションが誕生するかもしれません。

文字盤シェア機能がコミュニティを活気づける

ユーザーが作成したオリジナルのウォッチ・フェイスを共有できる機能は、今までありそうでなかったものです。ウォッチ・フェイスのデータは、友だちや家族とメッセージやメールでシェアできるだけでなく、不特定多数のApple Watchユーザーに向けてWebサイトやソーシャルメディアに公開して配ることも可能になります。新しいファンコミュニティが生まれそうですね。

オリジナルのウォッチ・フェイスを作成するためのテンプレートにできるのは、現在約30種類を数えるWatchアプリから追加できる文字盤データです。ナイキとエルメスのApple Watchだけが使えるオリジナルの文字盤は、カスタマイズしてもシェアはできません。

個性派のウォッチ・フェイスを作って有料で提供することは、おそらく禁じられると思います。例えば、メディアやショップ、カルチャースクールなどがカスタマーに対してノベルティとして独自の文字盤を無料で提供したり、スポーツチームがサポーターへのファンサービスとしてこれを使うケースは増えそうです。

  • ユーザーが作成した文字盤が、Webやソーシャルメディアのページからダウンロードできるようになります

  • 連絡先を知る家族や友だちとは、作成した文字盤を1対1でトレーディングできます

アップル純正の「睡眠」アプリがApple Watchの進化に及ぼす影響

Apple Watchのユーザーが待ち望んでいたアップル純正の睡眠記録アプリが、watchOS 7でいよいよ登場します。

  • アップルのネイティブアプリとして「睡眠」が登場します

  • 睡眠時間を計測して記録を保存。設定した起床時間にやさしく起こしてくれるアプリです

基本はApple Watchを装着した状態でベッドに入り、睡眠時間を記録。起床したい時間を設定するとウォッチがサウンドを鳴らしたり、本体をバイブさせて起こしてくれるという使い勝手になりそうです。

  • おだやかなサウンドやバイブレーションで静かに目覚めさせてくれます

特徴は、眠る前の下準備として「就寝前のルーティン」と呼ばれるものをiOS 14をインストールしたiPhoneと、Apple Watchの組み合わせで作成すること。これを就寝前に実行することによって、質の高い睡眠が得られる使い方です。ルーティンには、例えば「ホーム」アプリで特定のシーンを設定してリラックスできる音楽をiPhoneで再生したり、Apple Watchでお気に入りの瞑想アプリを使うことなどが組み込めます。就寝時間になるとApple Watchは睡眠モードに切り替わり、夜間は画面を暗転します。

  • 任意のルーチンをiOS/watchOSで事前に作成。よい眠りを得るために就寝前に実行します

Apple Watchを1日中身に着けている人も多いと思いますが、寝ている間はどうでしょうか。ふだん、就寝直前にApple Watchを充電する習慣が身に付いている人も少なくないでしょう。睡眠記録はぜひ使いたいけれど、Apple Watchのバッテリーが気になる…という声が聞こえてきそうです。

筆者も、Apple Watch Series 5を朝から晩まで毎日身に着けています。寝ている間もだいたいの心拍をチェックしたり、目覚ましアラームにも使いたいので、手首に着けたまま寝ています。そのため、充電は眠る1時間前に必ずスタンドにセットするのを欠かさないように心がけています。日中ずっと身に着けていると、夜にはバッテリーの残量がだいたい50%から30%ぐらいになっていますが、1時間もチャージすればだいたい100%にリカバリーできます。ただ、新しい睡眠記録を使うようになると、朝起きた時点でもう一度チャージする方が安心かもしれないですね。早く試してみたいです。

  • 起床したときにバッテリー残量が分かるよう、アプリの画面に情報が表示されます

スリープトラッキング機能が充実するとなると、次期Apple Watchにはバッテリーの持続時間が長くなることを期待したくなります。また、腕時計を装着したまま眠ることが苦手という声も筆者のまわりには多くあるので、ケースのサイズが40mm以下のさらにコンパクトなApple Watchが出てくれば、睡眠記録用のガジェットとして新しいユーザー層にリーチできそうです。

自宅でできるトレーニングも充実しそう

Apple Watchの人気アプリである「ワークアウト」には、ダンスのほかにコアトレーニング/機能的筋力トレーニング/クールダウンの3種目が新しく追加されます。

  • トレーニングは自宅で腹筋派という人も、Apple Watchが頑張った記録を残してくれます

筆者も、今年の春は新型コロナウイルス感染症の影響を避けるため、家の中で過ごす時間がとても長くなりました。ジムにも通えなかったので、家の中で筋トレをしていました。この努力をApple Watchが「頑張って運動しているな」と認めてほしいとずっと思いながら身体を動かしていましたが、室内エクササイズにもワークアウトが対応してくれると在宅トレーニングの励みになります。

ワークアウトの記録を保存して確認できるアプリも、この機に名前がアクティビティから「フィットネス」に変わるそうです。身体を動かすトレーニングの意味をより広く捉えて、今後さまざまなフィットネス種目を取り込むための布石だと思います。

  • アプリの名称も「フィットネス」に生まれ変わります

イヤホン&ヘッドホンリスニングによる難聴のリスクを回避できる「聴覚」アプリ

watchOS 6から搭載された「聴覚」アプリは、Apple Watchの内蔵マイクで集音した環境騒音を測定し、ノイズレベルを画面に表示する機能です。大きなノイズ音がユーザーの聴力にダメージを与えるリスクを可視化して気付かせる有意義な機能です。

  • 聴覚アプリが、iPhoneやApple Watchにペアリングして音楽を聴いているイヤホン&ヘッドホンの音量計測にも対応します

近年は、若い音楽ファンがイヤホンやヘッドホンを使って大音量で音楽を聴くことが、聴力低下を招く最大のダメージ原因になっていることが指摘されています。これを受けて、watchOS 7ではiPhone、iPod touch、Apple WatchにBluetoothで接続したイヤホン&ヘッドホンで聴いている音量レベルも認識できるようになります。80デシベルを超える大ボリュームで週に40時間以上のリスニングを継続すると、Apple Watchに警告のアラートが届きます。

iOSのヘルスケアアプリからは、大音量に設定したまま耳を危険にさらした時間帯も表示されるそうです。その前に、iPhoneやApple Watchなどのデバイスごとに、リスニングの音量が一定レベルを超えないようにリミッターをかけられるようになるので安心です。正確なデータを測定できるイヤホン&ヘッドホンの組み合わせがどの範囲にまで及ぶのか、新OSが正式にリリースされたらぜひ検証してみようと思います。

Apple Watchが外国語翻訳デバイスになる!

筆者が気になったwatchOS 7の新機能はあとふたつあります。ひとつは「翻訳」です。

今回のWWDC 20では、11カ国語に対応するリアルタイム音声・テキスト翻訳機能がiOS/iPadOSにも載ることが発表されました。iPhoneの場合、例えば音声で入力したフレーズに対して画面全体を使って原文と対訳を表示し、音声で対訳の再生もできるようです。

  • Apple Watchが常時持ち歩ける翻訳デバイスになれば、国際化社会の未来も明るいものになるでしょう

Apple Watchの翻訳はもう少しシンプルです。声を出してSiriに話しかけて、対訳が表示されている画面を相手に見せるような使い勝手になりそうです。iOS/iPadOSの翻訳に対応する言語には、発表当初日本語が含まれていませんが、watchOS 7は日本語もサポートします。ただ、Apple Watchの画面サイズから考えると、長文の翻訳に使うというよりも、とっさの場面で単語を素速く調べて相手に伝える時に便利にな機能になりそうです。

筆者は、Apple Watchが翻訳デバイスとして大きな飛躍を遂げる第一歩を踏み出したと捉えています。グローバル化が進む都市生活の中で、常時身に着けながら、いざという場面で素速く翻訳・通訳を任せられるデバイスは、やはりスマートウォッチを置いて他にないと思うからです。対訳をApple Watchに内蔵するスピーカーで鳴らして、会話の相手に音声でも伝えられるようにしたいところですが、きっとユーザーの手元で使い勝手はどんどんブラッシュアップされるものと思います。

もうひとつは「自動手洗い検出」機能です。単純に手洗い時間のタイマーが設定できるというだけでなく、手を洗う際の動作と音をセンサーとマイクで検出して、手洗いの徹底をより力強く促すという積極性に感心しました。帰宅した時だけでなく、外出先でも使うことで、より丁寧に手洗いを徹底する習慣を身に付けたいものです。ただ、外出先では毎度20秒以上手洗いができないという人もいるかもしれないので、本機能をいつ使うか、場所や時間帯の設定もできると歓迎されそうです。

  • 手洗いの動作や音をApple Watchが自動検知すると、20秒の手洗いを促すカウントダウンタイマーが発動します

  • カウントダウンの最中に手洗いを止めてしまうと、もっと洗うようにアラートで知らせてくれます

watchOS 7は、ユーザーが求めていた機能がバランス良く追加されそうな期待のOSです。筆者はWWDCの基調講演を視聴して、iOS 14に新しく載る「App Clip」の機能に興味がわきました。iPhoneで専用コードをスキャンしたり、NFCタグやQRコードを読み込むと使える簡易版アプリの機能です。Apple Watchでも、NFCを使って同じ機能を部分的にでも実装できれば、とても相性が良いのではないかと思います。セルラーモデルのApple Watchが便利に感じられる生活シーンもぐんと広がるのではないでしょうか。