Amazonで日用品や食品を購入するのに便利な仕組みが「Amazonパントリー」です。Amazonの利用者なら、実際に使ったことがなくても、一度はその名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

もっとも、Amazonのなかでも特殊なサービスゆえ、その仕組みをいまいち理解できていない人も多いはず。今回は、そんなAmazonパントリーを使ううえで知っておくべき特徴と、使い方のポイントを紹介します。

  • Amazonパントリー。プライム会員だけでなく、すべてのユーザーが利用できる

    Amazonパントリーの画面。以前はプライム会員専用のサービスでしたが、現在はそうでないユーザーも利用できます

「多品種少量」を1梱包で効率的に購入できる

Amazonパントリーは、ひとことで言ってしまえば「多品種少量」を効率よく購入するためのシステムです。

例えば、Amazonで飲料を購入しようとすると、500mlであれば24本セット、2リットルであれば6本セットといった具合に、メーカーの規定梱包単位でしか購入できません。これに対してAmazonパントリーでは、500mlであれば3本、2リットルであれば1本といった具合に、少量から購入することが可能です。

  • 飲料などを規定梱包以下の数で買うことができます

  • なかには、異なる味をセットにした独自のお試しパッケージも

もちろん、たったこれだけでは送料が高くついてしまいますので、このAmazonパントリーでは専用のボックス(パントリーBox)が用意され、その中にさまざまな商品を詰め込んでいく仕組みになっています。パントリーBoxは、1個あたり390円の手数料がかかりますが、なるべく100%に近づくように詰め込んでいけば、それだけお得に購入できる仕組みになっています。

  • Amazonパントリーは、専用ボックスに複数の商品を詰め込んで購入する形になります

  • 「パントリー取扱手数料」として390円が加算されます

Amazonパントリーで誤解されやすいのが、このパントリーBoxの仕組み。商品を詰め込むごとに、現在の割合がパーセンテージで表示され、これが100%に近づくように商品を追加していくわけですが、ギリギリいっぱいまで詰め込まなくてはいけないプレッシャーを感じがちです。

確かに、390円というパントリーBoxの手数料を考えると、100%に近づけたほうがお得で、隙間がなくなって梱包が潰れるのも防げるのですが、不要な品物まで買って割高になっては意味がありません。基準を超えると手数料がゼロになるわけではないので、50%に満たない容積で確定ボタンを押しても問題ありません。

  • パントリーBoxは、左の「52×28×36cm」が基本ですが、実際には埋まったパーセンテージに応じて適切なサイズ(右)で届きます

  • 左が90%オーバー、右が30%強で注文した状態。パントリーBoxの大きさは注文量に応じて調整されますが、さすがに少なすぎる場合は、右側の箱のようにスカスカになる場合もあります

マスクやトイレットペーパーもAmazonの在庫とは別枠

Amazonパントリーは、小口で買えるという特徴以外にもいくつかの特徴があります。ひとつは、単品では購入できない商品が販売されているケースがあることです。

例えば、新型コロナウイルスの関係で欠品が続くマスクは、通常の方法で検索してもほとんどヒットしません。しかし、Amazonパントリーでは複数の商品が検索可能になっており、実は商品もたびたび入荷しています。

  • 通常の検索ではヒットしないマスクなどの商品がパントリー専売で用意されていることも!

トイレットペーパーも同様に、表では在庫がないのにパントリーでは在庫があるといった具合に、優先的に供給されているケースがありました。Amazon側の主導で行われているのか、それともメーカー側がパントリーを優先して納品しているのかは不明ですが、表で買えない商品がパントリーで買える場合があることは知っておいたほうがよいでしょう。

また、前述の「1梱包」が最大14kgまで対応しているのも特徴です。実際には、その重量に到達するまでに容積のパーセンテージを使い切ってしまうことのほうが多いはずですが、車を持っておらず、それだけの重量をまとめて運ぶ手段がない人にとっては心強いサービスといえます。

さらに同じ理由で、かさばって持ち帰りにくい生活用品やペット用品、おむつなどを届けてもらう目的にも適しています。なかなか買い物の時間が取れない人であれば、なおのこと便利でしょう。

Amazonパントリー、ここがちょっと困りもの?

一方で、パントリーにはいくつか気になる欠点もあります。

ひとつは、商品が必ずしも安価とはいえないこと。ディスカウントショップ並みのおトクな価格の商品もあるのですが、なかには「さすがにちょっと高いよな…」という価格で売られているものもあり、あくまで商品次第という印象です。市場の価格をある程度把握したうえで、実店舗に買いに出向く手間なども考慮しつつ判断することをおすすめします。

サービスの特性上、取扱商品がいわゆる定番品に偏っていることも注意したほうがよいでしょう。例えば、ドリンクやカップラーメンなど、目新しい商品が出るたびに買って試すのを趣味にしている人にとっては、品ぞろえが無難すぎてつまらないと感じるかもしれません。定番商品はAmazonパントリー、残りはコンビニといった具合に、自分に合った組み合わせを見つける必要があります。

  • 品ぞろえは定番品が中心で、未知の商品を買う面白さには欠けています。定番品は競合店も多いことから、必ずしもベストプライスというわけではありません

もうひとつ困りものなのが、リピート注文がしづらいことです。本来であれば、一度注文したセットを記憶しておき、その中から若干の入れ替えをするだけで再注文できるような仕組みがあれば便利なのですが、現状では前回とまったく同じ注文内容であっても、注文履歴からひとつずつクリックして追加していくしかありません。

この再注文も、商品によっては品切れも多く、注文履歴に表示されないこともしばしばです。パントリーは、Amazonで販売されているすべての商品を扱っているわけではなく、定番品に絞られているだけに、もう少し在庫を厚めに持っておいてほしいと思うのは筆者だけではないはずです。

  • 注文履歴ページで色が薄くなり、購入ボタンが表示されていないのは在庫切れの商品。現在は新型コロナウイルスの影響があるとはいえ、一般的なカタログ販売などと比べると、在庫を切らさないという安心感には欠けます

このほか、お急ぎ便が利用できなかったり、離島を中心とした一部地域への配達ができなかったりと、通常のAmazonの買い物では可能なのにパントリーでは不可能な部分もちょくちょくあります。通常のAmazonの買い物との混載ができないことも、気をつけておいたほうがよさそうです。

「業務用」で検索するとおトクな商品が見つかる!?

と、マイナス点も紹介しましたが、Amazonパントリーはこうした特徴ゆえ、一人暮らしの人や、共働きなどで買い物の時間が取れない人にとってのまとめ買い用途には最適です。何度か使って定番で購入するものを決めておけば、病気になった時なども便利です。

最後に、パントリーを使うにあたってのコツや裏技を紹介して本稿の締めとしましょう。まず基本中の基本といえるのが、「おまとめ割引」など、お得な商品の中から選ぶことです。

これらは複数購入することで割引になるため、ここで定番商品を見つけられれば、あとの注文がぐっと楽になります。うまく使えば、パントリーBoxの手数料も相殺できます。ただし、割安で買うことにこだわって、不要なものまで買いすぎないよう注意しましょう。

  • 「おまとめ割引」はAmazonパントリー利用の基本。ここで目的の品がそろうようであれば、価格的にもラッキーです

もうひとつは、各種ランキングのチェックです。パントリーは基本的にカテゴリー単位で探す構造になっているため、それらを横断して表示してくれるランキングは、未知の商品との出会いに重宝します。個人的には「新着ランキング」にある商品を見たのち、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」をクロスチェックすることで、購入に役立てるようにしています。これ以外には、「ほしい物ランキング」や「売れ筋ランキング」、「人気度ランキング」も見ておくとよいでしょう。

最後に、パントリーでしか見かけない商品をなるべく多めに注文するのもおすすめです。せっかく小口で注文できるわけですから、すでに使い勝手が分かっている日用品や、味を知っている食品は後回しにして、最初のうちはこれまで買ったことがない商品を積極的に購入してみることをおすすめします。

そうした商品のなかから定番となる商品が見つかれば、今後の注文もそれを中心に回していけるからです。「業務用」など、特殊なキーワードで検索すると、そうした品を容易に見つけられます。

  • 「業務用」などのキーワードで検索すると、ロットが多く安価な商品がヒットすることも

このAmazonパントリー、特に今回の新型コロナウイルス禍では、(パントリー自体がパンクしかけていたとはいえ)救われた人は多かったものと思われます。一時的にストップしていたお届け日時指定便も再開されましたので、将来使う機会のためにも、今のうちに一度試して要領をつかんでおいてはいかがでしょうか。