• Photoshop Cameraのレンズ(フィルタ)を使って撮影。東京の空がファンタスティックに

2019年秋のAdobe MAX 2019で発表され、話題を集めたスマートフォンアプリ「Adobe Photoshop Camera」が、6月11日に正式リリースされました。フィルタ機能が充実したカメラアプリはすでにたくさんありますが、注目すべきはAdobeの独自AI「Adobe Sensei」が搭載されていることと、世界中のクリエイターが提供するレンズ(フィルタ)のクオリティの高さ。早速ダウンロードして試してみました。

めちゃくちゃ遊べるカメラアプリ!

結論から言うとこのアプリ、ものすごく簡単に使えてめちゃくちゃ楽しいです。UIも思いっきりシンプルなので、特にチュートリアルなど見なくても直感的に使いこなせるでしょう。

  • 初回のみAdobe IDへの登録、または登録済みのIDを使ったログインが求められますが、必要な手続きはそれだけです

使い方は1.カメラを被写体に向ける(自撮り含む)、2.レンズ(フィルター)を選ぶ、3.写真を撮るのたった3ステップです。

レンズは自分で好きなものを試してもいいですし、Adobe Senseiが顔や食べ物、風景を認識しておすすめのものをリコメンドしてくれるので、そこから選ぶのも良し。まずカテゴリーを選んでから画面をスワイプすれば、レンズを切り替えられます。あとは気に入ったレンズのところでパシャッと撮るだけ。

  • 顔、食べ物、風景を認識。それぞれおすすめのレンズカテゴリーにマークが付いてレコメンドしてくれます

  • カテゴリーを選んで画面をスワイプするとレンズの種類が切り替えられます

ちなみにiPhoneでは搭載されているカメラに応じて、たとえば3眼ならワイド、標準、ズームと画角を切り替えて撮影できますが、Androidスマートフォンではカメラの数に関わらず画角の切り替えはできません。また機種によっては、そもそもGoogle Play ストアからアプリをインストールできないものもあります。

  • 「iPhone 11 Pro」ではカメラの画角を0.5倍、1倍、2倍で切り替えられます(画面右側)

カメラロール内の写真も加工できる

このほか、一度保存した写真のレンズ(フィルタ)をあとから変更したり、カメラロールから引っ張ってきた写真にレンズを適用することもできます。編集画面ではレンズの適用だけでなく、自動補正や明るさ、コントラスト、色味などの調整も可能。さすがはPhotoshopブランドのアプリだけあり、写真の補正機能もなかなか優秀です。

  • 撮影した写真はサイズを選んでトリミングし、SNSなどに簡単に投稿できます

  • 撮影した写真は、専用のアルバムに保存されます。ここからカメラロールの写真を取り込むことも可能

  • 撮影した写真の自動補正や、明るさ、色味の調整もできます。自動補正の精度の高さはさすが

  • 取り込んだ写真にいろいろなレンズを適用することもできます。上段中央の写真は動画での撮影、下段右端は写真での撮影です(記事内の画像はクリックで拡大します)

  • 左から順に元画像、レンズ「ブルースカイ」を適用した画像、レンズ「空想」を適用した画像。被写体や背景にも寄るのかもしれませんが、切り抜きの精度はかなり高いです

  • ダウンロード済みのレンズは「レンズを管理」から並べ替えが可能

  • 入手可能なレンズはレンズライブラリの「すべてのレンズ」からチェックできます

  • レンズクリエイターの登録を受付中です

レンズは随時アップデート、登録受付も

レンズは筆者が確認した限り、標準で9カテゴリー50種類強が登録されていて、さらにレンズライブラリから新しいものをダウンロードして追加できます。レンズライブラリには今現在、ビリー・アイリッシュとのコラボレーションも含めて26カテゴリーほどが登録されているようです。今後随時アップデートされていくということなので、楽しみに待ちたいと思います。

なおレンズライブラリには、自分でもレンズを作ってみたいというクリエイター向けに、登録用のリンクも用意されています。登録には審査があるようですが、日本人クリエイターも参加しているとのこと。腕に覚えのある人はぜひチャレンジしてみてください。

冒頭の写真を動画でも!雲が動きます

著者 : 太田百合子(おおたゆりこ)

テックライター、エディター。インターネット黎明期よりWebディレクションやインターネット関連のフリーペーパー、情報誌の立ち上げに携わる。以降パソコン、携帯電話、スマートフォンからウェアラブルデバイス、IoT機器まで、身近なデジタルガジェットと、それら通じて利用できる様々なサービス、アプリケーション、および関連ビジネスを中心に取材・執筆活動を続けている。