2020年5月20日午後10時、デスクトップ向け第10世代Coreプロセッサ(Comet Lake-S)と、それに対応するZ490チップセットを搭載するマザーボードが発売となった。マザーボード各社はハイエンドからローエンドまで数多くの製品を投入したが、ASUSTeKの「ROG MAXIMUS XII FORMULA」は、数少ない本格水冷対応のハイエンドマザーだ。

  • ASUSTeKの「ROG MAXIMUS XII FORMULA」。サイズはATXで実売価格は63,000円前後

    ASUSTeKの「ROG MAXIMUS XII FORMULA」。サイズはATXで実売価格は63,000円前後

Z490マザーでトップクラスの豪華仕様

ASUSTeKのROG MAXIMUS XIIシリーズは、ゲームとOC(オーバークロック)での動作を重視した高耐久設計がウリだ。中でもROG MAXIMUS XII FORMULAは、VRM部に水冷関連のパーツを数多く手がけるEK Water Blocksと共同開発という、CrossChill EK III VRMブロックを搭載しているのが最大の特徴。水冷と空冷の両方の運用に対応し、水冷時は最大37.2度も低いMOSFET温度を実現するという。

電源周りも強力だ。電源回路はZ490マザーとしては最大級となる16フェーズ構成。MOSFETは70A対応のDrMOSを搭載している。また、電源回路の応答速度を高めるためフェーズダブラーを使わない独自のTEAMED POWER ARCHITECTUREを採用しているのも特徴だ。

  • VRMは水冷に対応するCrossChill EK III VRMブロックを採用。フィッティングを取り付ける部分はG1/4インチと標準的

  • 電源回路は16フェーズ、MOSFETは70A対応のDrMOSを採用

  • CPUの補助電源は8ピンと4ピンの2系統

  • メモリスロットは4本備え、片方のラッチだけが開くタイプ。最大DDR4-4800まで対応する

インターフェース類をチェックしよう。バックパネルは、最近のミドルレンジ以上のマザーボードでは一般化しつつあるカバーを一体化したタイプ。CPU内蔵グラフィック機能の映像出力は備えていない。ハイエンドマザーなので、グラフィックスカードを搭載して使うのが当たり前、という考えなのだろう。バックパネルのUSBは、Type-C形状のUSB 3.2 Gen 2が1ポート、USB 3.2 Gen 2が3ポート、USB 3.2 Gen 1が6ポートだ。また、マザーボード上にはUSBピンヘッダとして、USB 3.2 Gen2 Type-Cを1ポート分、USB 3.2 Gen 1を4ポート分、USB 2.0を4ポート分、用意している。このほか、Thuderbolt3用のピンヘッダを搭載。別途、同社のカード「ThunderboltEX 3-TR」を追加することで、Thuderbolt3に対応できる。ThunderboltEX 3-TRは発売予定とのことだが、原稿執筆時点では決定していない(ROG MAXIMUS XII EXTREMEには標準で同梱されている)。

  • バックパネル。カバーが一体化したタイプだ

  • 各種USBピンヘッダが用意されている

  • Thuderbolt3用のピンヘッダも搭載

ネットワーク機能は、有線LANがIntel I225-Vの2.5GとMarvell AQtion AQC107の10Gの豪華なデュアルLAN仕様。無線はIntel AX201によるWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応し、最大2.4Gbpsの通信が可能だ。このほか、Bluetooth v5.1もサポート。ストレージは、Serial ATA 3.0を6ポート、M.2を3スロット搭載。そのうち2スロットはヒートシンクを備えている。1基は背面に搭載されているのがATXマザーとしては珍しい。サウンドは、RealtekのALC1220をベースにしたROG SupremeFXを搭載。ESSのオーディオ用DAC「ES9023P」も備え、ハイレゾ音源の再生もサポートする。

  • 有線LANは2.5Gと10GのデュアルLAN

  • 無線LAN用のアンテナも付属する

  • M.2スロットは表面に2基

  • 背面に1基搭載されている

  • サウンドにはROG SupremeFXを備える。113dBと高いS/N比を実現

このほか、マザーボード上にはRGB LED(4ピン)とアドレサブルRGB LED(3ピン)のピンヘッダをそれぞれ2基ずつ備えており、凝ったライティングのPCにも仕上げやすい。本格水冷と合わせて、SNS映えするPCの自作に挑戦するのもいいだろう。

  • RGB LEDとアドレサブルRGB LEDをそれぞれ2基ずつ用意

  • バックパネル上部とチップセット部にAura Sync対応のLEDを内蔵

  • ハードウェア情報などを表示できるLiveDashも備える

UEFIでComet Lake-Sを細かくチューニング

最後にUEFIもチェックしておこう。従来と同じく、シンプルに情報を表示する「EZ Mode」と、OCなど幅広い設定が行える「Advanced Mode」が用意されている。Z490マザーボードでは製品によってCPUの電力制限(パワーリミット)の設定が異なることがちょっとした話題になっている。ROG MAXIMUS XII FORMULAに関しては、筆者がCore i7-10700Kで試す限り、UEFIのバージョン0403の時点で、デフォルト設定ではPL1が125W、PL2が250W、Tauが56秒とIntelの定格に近い形に設定される。UEFIの「ASUS MultiCore Enhancement」を「Enabled - Remove All limits」にすると無制限(PL1、PL2とも4095W)となり、さらにCPUの性能を引き出す設定が有効になる。ROG MAXIMUS XII FORMULAの電源回路を考えれば、無制限でも十分安定して動作するはずだ(もちろんCPUの冷却力は高くする必要はあるが)。

  • UEFIのEZ Mode

  • UEFIのAdvanced Mode

  • デフォルトでは、Core i7-10700KのパワーリミットはPL1が125W(Long Duration Package Power Limit)、PL2が250W(Short Duration Package Power Limit)、Tauが56秒(Package Power Time Windows)に設定される

  • UEFIの「ASUS MultiCore Enhancement」を「Enabled - Remove All limits」にすると無制限(PL1、PL2とも4095W)に切り替わる

一挙16製品を揃えるASUSのZ490マザーボード

ここからは、ASUSTeKのZ490マザーボードのラインナップを紹介しよう。一挙16製品も投入している。サイズと価格別に表にまとめたので参考にしてほしい。この中からオススメをピックアップしたい。

■ASUS Z490マザー ラインナップ一覧
ROG MAXIMUS
製品名 フォームファクタ 電源回路 LAN Wi-Fi 実売価格
ROG MAXIMUS XII EXTREME E-ATX 16フェーズ 2.5G+10G Wi-Fi 6 92,000円前後
ROG MAXIMUS XII FORMULA ATX 16フェーズ 2.5G+10G Wi-Fi 6 63,000円前後
ROG MAXIMUS XII APEX ATX 16フェーズ 2.5G+10G Wi-Fi 6 6月上旬発売
ROG MAXIMUS XII HERO(WI-FI) ATX 14+2フェーズ 2.5G Wi-Fi 6 53,000円前後
ROG STRIX
製品名 フォームファクタ 電源回路 LAN Wi-Fi 実売価格
ROG STRIX Z490-E GAMING ATX 12+2フェーズ 2.5G Wi-Fi 6 37,000円前後
ROG STRIX Z490-F GAMING ATX 12+2フェーズ 2.5G 30,000円前後
ROG STRIX Z490-A GAMING ATX 12+2フェーズ 2.5G 29,000円前後
ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-FI) microATX 12+2フェーズ 2.5G Wi-Fi 6 31,000円前後
ROG STRIX Z490-G GAMING microATX 12+2フェーズ 2.5G 29,000円前後
ROG STRIX Z490-I GAMING Mini-ITX 8+2フェーズ 2.5G Wi-Fi 6 38,000円前後
TUF GAMING
製品名 フォームファクタ 電源回路 LAN Wi-Fi 実売価格
TUF GAMING Z490-PLUS(WI-FI) ATX 12+2フェーズ 1G Wi-Fi 6 27,000円前後
TUF GAMING Z490-PLUS ATX 12+2フェーズ 1G 25,000円前後
ProArt
製品名 フォームファクタ 電源回路 LAN Wi-Fi 実売価格
ProArt Z490-CREATOR 10G ATX 12+2フェーズ 2.5G+10G 6月上旬発売
PRIME
製品名 フォームファクタ 電源回路 LAN Wi-Fi 実売価格
PRIME Z490-A ATX 12+2フェーズ 2.5G 28,000円前後
PRIME Z490-P ATX 10+1フェーズ 1G 22,000円前後
PRIME Z490M-PLUS microATX 8+1フェーズ 1G 20,000円前後

アッパーミドルで本命になるのは、常にトップクラスの人気を獲得している「F GAMING」シリーズの「ROG STRIX Z490-F GAMING」だ。12+2フェーズの強力な電源回路に、VRM部分には付属のファンを追加が可能と、高負荷時が長時間続く使い方への対策も備える。有線LANはIntelの2.5G(I225-V)、ゲーマー向けらしくオンボードサウンドにもこだわっており、安定の1枚と言える。無線LANは備えていないので、Wi-Fi 6対応がよければ、ワンランク上のROG STRIX Z490-E GAMINGを選ぶといいだろう。

  • ROG STRIX Z490-F GAMING

  • 12+2フェーズの電源回路。VRMにはファンも追加できる

コスパの良さが光るのは、「TUF GAMING Z490-PLUS(WI-FI)」だ。12+2フェーズかつDrMOSを採用と、上位モデルと同等の電源回路を持ち、Wi-Fi 6にも対応しながら2万円台半ばという価格を実現している。バックパネルがカバー一体型ではない点は惜しいが、高耐久をウリにしているシリーズでもあり、お買い得感は高い。

  • TUF GAMING Z490-PLUS(WI-FI)

クリエイターならば注目したいのが、「ProArt Z490-CREATOR 10G」だ。24時間稼働に最適化されているという高い信頼性に、Thuderbolt 3を2ポート搭載、10G対応のLANカードを付属するなど、データ転送速度が作業効率に大きく関わるクリエイティブの現場に求められるスペックをそろえている。

  • ProArt Z490-CREATOR 10G

スタンダードモデルではPRIME Z490-Aが主役だろう。仕様的にはROG STRIX Z490-F GAMINGとほぼ同等で、ゲーミングモデルではないので落ち着いたデザインになっているのが特徴だ。ゲーム用途ではない場合やハデさと求めない場合は、こちらもいいだろう。

  • PRIME Z490-A

  • 12+2フェーズの電源回路を搭載

  • バックパネルはカバー一体型

また、microATXサイズのマザーボードも複数ラインナップにあり、中でも「ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-FI)」は12+2フェーズ+DrMOSの電源回路と、ATXのROG STRIX Z490-F GAMINGと同等。Wi-Fi 6、2.5GのIntel LAN、高音質なサウンドなど充実の装備。コンパクトで高性能なゲーミングPCを自作したい人にピッタリの存在となっている。

  • ROG STRIX Z490-G GAMING(WI-FI)

  • microATXながら12+2フェーズの電源回路を備える。VRMにファンの追加も可能だ