筆者はフリーランスなので自宅に働くための環境が整っていますが、コロナ禍で急遽在宅勤務を命じられ、走りながら環境を整えざるを得なかった方はいろいろな苦労をされたことと思います。

たとえば友人の会社ではこれを機にBYOD(私物デバイスの業務利用)が許可されたのですが、自宅にあったPCでは業務ソフトやビデオ会議ツールが思うように動かず、結局買い換えることにしたそうです。何を選ぶべきか相談を受けたので「Surface Laptop 3」を薦めました。筆者自身も愛用しているこのPCには、テレワークに求められるさまざまな条件が備わっていると思ったからです。

「Surface Laptop 3」はそのデザインや機能も含めて、今や筆者にとって長年使い込んだペンのように「手になじむ」存在。そしてテレワークではこの「手になじむ」ことがとても重要だと思うのです。ごく私的な感想も含めて、筆者がテレワークに「Surface Laptop 3」がおすすめだと思う、5つの理由を紹介します。

  • Surface Laptop 3。PCを開いたときにディスプレイ以外気にならない、「ノイズレス」なデザインになっています

    Surface Laptop 3(直販139,480円から)。PCを開いたときにディスプレイ以外気にならない、「ノイズレス」なデザインになっています

理由1 「ノイズレス」で作業に集中できる

「Surface Laptop 3」は、マイクソフトが手がけるPC「Surface」シリーズのラップトップです。つい最近もコンパクトモデルの「Surface Go 2」やキーボードと切り離せるラップトップ「Surface Book 3」がリリースされましたが、「Surface」シリーズには、この「Surface Laptop 3」や「Surface Go 2」、「Surface Book 3」のほかに、キーボードカバーと組み合わせて使う「Surface Pro 7」、機動力に優れた「Surface Pro X」、デスクトップの「Surface Studio 2」などのラインナップがあります。

「Surface」シリーズは、PCとしてもタブレットとしても使える2in1からスタートしました。デスクトップの「Surface Studio 2」を除いて、そのほとんどはディスプレイとキーボードが切り離せ、タブレットとしても使えるようになっています。

  • Surface Laptop 3を横から見たところ(製品写真)。ディスプレイが切り離せる形態が多いSurfaceシリーズのなか、本製品はキーボードがくっついた、一般的なノートPCと同じ形をしています

「Surface Laptop 3」はその中で唯一ディスプレイが切り離せない、一般的なノートPCに近い筐体を採用しています。しかしそのデザインには「Surface」シリーズに共通のコンセプトが貫かれています。それは「ノイズレス」であるということ。筆者が「Surface Laptop 3」がテレワークに向いていると考える、大きな理由のひとつはこのデザインにあります。

たとえば「Surface Laptop 3」には、目につくところに「文字」がありません。天板にロゴこそあるものの、ブランド名である「Surface」の文字もなければ、メーカー名の「Microsoft」の文字も背面に小さくプリントされているだけ。パームレストにペタペタ貼られているシール類がないのはもちろんですが、ディスプレイに向かったときにキーボード以外の文字が、一切目に入らないようになっているのです。ちなみに2-in-1の「Surface Pro 7」や「Surface Pro X」、「Surface Go 2」では「Microsoft」の文字さえ、背面のスタンドの内側に隠されています。

  • 目に入るところに一切の文字がありません。天板もシンプルなロゴマークだけです

「Surface Laptop 3」で目に入らないのは文字だけではありません。ヒンジも見えないデザインになっています。またキーボードもタッチパッドもパームレストと同系色で、キーボードの文字は白。ほかに色は何もありません。ちなみにこれまで「Surface Laptop」シリーズでは、パームレスト部分にスウェードのような肌触りの素材「アルカンターラ」が採用してきましたが、「Surface Laptop 3」のブラックとサンドストーンのカラーは、メタルのパームレストを採用しています。

筆者はサンドストーンを愛用していますが、ソフトなタッチのアルカンターラに対して、メタルにはより静謐な雰囲気があり、大変気に入っています。なお電源ボタンはキーボードの枠内に配置されていて、キーボードのバックライト以外はLEDランプなどもありません。文字とかロゴとか色とか突起とか光とか、そういった余計なもの=ノイズが一切視界に入らないようになっているのです。

「ノイズレス」であることは見た目がすっきりしていて美しいとか格好いいとか、カフェで様になるというだけではなく、作業効率を高める意味でもとても重要です。余計なものが視界に入らないということは、その分だけ目の前のディスプレイに集中できるということだからです。よく「仕事のできる人の机の上にはモノがない」といった話を聞きますが、まさにそれと同じ。ノイズがないから、自然に作業に集中できるのです。

理由2 スマホ感覚でスリープ/復帰が可能

先ほどからノイズ、ノイズと言っていますが、実は筆者はこれまで他のノートPCに対して「ノイズが多い」と思ったことはありません。ロゴとか文字とかシールとかそんなこと、気にも留めたことがなかったというのが正直なところです。

ただ、それでも今使っている「Surface Laptop 3」の、ディスプレイを開いてスッと作業に入れるこの感じは、これまでのPCとはちょっと違うと感じています。「ノイズレス」なデザインだけでなく、この機動力の高さにはもちろんPC自体の起動の速さや、「Windows Hello」による顔認証のスピードも大きく寄与しています。「Surface」シリーズではディスプレイを閉じれば即スリープ、開けば瞬時に起動&顔認証が行われてすぐに使い始めることができるなど、スマホ感覚のオン、オフが可能になっています。「さあ、やるか」とディスプレイを開いたら、すぐに作業に取りかかれるのです。

  • 作業中でも気軽にオンオフ。スリープと復帰に関しては最近発売された標準的なスペックを持つPCであれば不満に思うことも少ないはず

仕事をする環境が整った会社と違って、自宅で作業に集中できる環境を作るのはそう簡単ではありません。だからこそディスプレイを開くやいなや、気が削がれる隙なくさっと仕事に取りかかれる「Surface Laptop 3」はとてもテレワーク向きだと思うのです。

なお筆者の「Surface Laptop 3」は、第10世代のIntel Coreプロセッサ、Core i7-1065G7を搭載。マイクロソフトのオンランストアではほかに、Core i5-1035G7も選択可能となっていますが、筆者のSurfaceはCore i7-1065G7、メモリー16GB、ストレージ256GBという構成で、必要十分なパワーを備えています。パワー不足で作業が中断したり、動作にストレスを感じることがまったくないのは大前提です。

筆者が愛用しているのはディスプレイが13.5インチのモデルですが、「Surface Laptop 3」にはプロセッサにAMD Ryzen Microsoft Surface Editionを搭載した15インチのモデルもあります。

マイクロソフトによれば、この15インチモデルは日本のビジネスユーザーの強い要望を受けて開発されたものとのこと。13.5インチはフットプリントが308mm×223mm×14.5mm、重さ1,265gと持ち歩くのにもちょうど良く、自宅のあらゆる場所はもちろん、今後働き方が大きく変化していく中で、カフェとかコワーキングスペースなどの場所で使うのにもベストなサイズです。

一方15インチは外に持ち歩くにはちょっっと大きいですが、その分ディスプレイが見やすいので、より在宅ワーク向きと言えるかもしれません。ただし両者の解像度は13.5インチが2,256×1,504ドット、15インチが2,496×1,664ドットで、13.5インチでも表示量が大きく変わるわけではありません。

理由3 キーとタッチパッドの質感が気持ちいい

テレワークでは出社時よりも、PCに向き合う時間が長くなりがちです。仕事とプライベートの線引きが難しく、労働時間そのものがつい長くなりがちなのに加え、ミーティングや同僚との会話、書類の受け渡しなど、これまでならPCを離れてやっていた仕事も、PCを通してやらざるを得ないからです。長い時間向き合うからこそ、これまで以上に仕事道具としての使い心地のよさにはこだわりたいところ。

どんなによいデザインや機能を備えたスーツでも、肌さわりや着心地が悪いと毎日着る気にはなれないのと同じです。筆者は「Surface Laptop 3」を使うようになって、これまではあまり意識していなかった触感や、指のすべり、トルクなどの感覚が、使い心地を左右するのだと改めて気づかされました。

  • メタルのパームレストを採用し、約19mmと十分なキーピッチを備えています。一方で矢印キーは小さめ

たとえばキータッチ。「Surface Laptop 3」のキーボードは約19mmと十分なキーピッチを持つ一方で、キーストロークはやや浅めになっています。タイピングのしやすさにはもちろん好みもありますが、筆者にはこの浅さが合っているのか、長時間入力も疲れません。これもごく私的な感想ですが、以前に比べてタイプミスが少なくなったような気さえします。またガラスを採用したタッチパッドにも十分な広さがあり、指先がなめらかに滑るおかげで、画面の端から端までカーソルをラクに動かせます。

  • タッチパッドには指のすべり具合がちょうどいい、ガラス素材が採用されています

もうひとつ「心地よさ」を醸成する要素となっているのが、ヒンジのトルク(ディスプレイ開閉時の負荷)です。使い始めたばかりの頃は「ちょっと重いのではないか」と思っていましたが、使い慣れてくるとこの重さが「さぁ仕事に向かうぞ」という気持ちの切り替えスイッチというか、アクセントになることに気づきました。「Surface Laptop 3」はタッチディスプレイを搭載していますが、この強度のあるトルクのおかげで画面に触れた際に不用意にディスプレイが倒れないようになっています。

ラップトップPCにタッチディスプレイが必要かどうかについては、賛否あると思いますが、ひとつ言えるのは一度タッチ操作が可能なPCを使い始めると、もう元には戻れないということ。

たとえばテレワークのありがちシーンでいえば、ビデオ会議中に画面を共有していて、画面の1カ所を拡大して見せたいといったとき。マウスだとまず画面共有しているソフト上で拡大・縮小のメニューを選んでから、バーを動かすなどの操作が必要ですが、タッチ操作ができれば画面上でピンチ(指を開閉する)するだけでパパッと拡大・縮小ができます。

理由4 明るく映るビデオ会議向きのカメラ

ビデオ会議ではまた、「Surface Laptop 3」に採用されているカメラとサウンド性能も、大きくモノを言います。

ディスプレイ上部のカメラは「720P HD」と解像度はそこそこですが、F値2.0と明るく、特に照明を工夫しなくてもビデオ会議に自分の顔が明るく映ります。他のPCのフロントカメラのスペックにはF値が記載されていないことがほとんどなので、これはあくまで筆者の感覚ですが、「Surface Laptop 3」のフロントカメラは、他のPCに比べてもかなり明るいのではないかと思います。実際にほかの人から「何か照明を使っているのか」と聞かれることもあるくらいです。

  • フロントカメラは明るく、肌の色艶も良く映ります(向かって右上が筆者)。ビデオ会議に参加した複数の人からそう指摘されたので、思い込みだけではないはず

またマイクはデュアルマイクで、ノイズによる雑音を軽減してくれるため、声がクリアに聞こえるようです。ビデオ会議中の音声は自分では確認できないのでこれもあくまで人からの評価ですが、今まで「声が聞こえにくい」と言われたことは一度もありません。またDolby Audio対応のスピーカーも、このスリムな筐体からは想像できないくらいよく響くので、相手の声もしっかり聞き取れます。スピーカーはビデオ会議だけでなく、息抜きに音楽を聴いたり、YouTubeを見たりする際にもその実力を発揮してくれます。

理由5 夜のリモート飲みまで使える駆動時間

バッテリー駆動時間も、最大11.5時間と余裕です。1日のほとんどをACアダプターにつなぐことなく使っていますが、さすがに長時間のリモート飲み会などの際には、電源が持たなくなることもあります。

そんなときのために、リビングには汎用のコンパクトなUSB Type-C ACアダプターが置いてあるのですが、「Surface Laptop 3」はUSB PD対応なので、もちろんこのアダプターで問題なく充電できています。

朝ディスプレイを開いてから夜のリモート飲み会まで、まる1日向き合っているのに、「ノイズレス」で手になじみ、ビデオ会議にも向いていて、しかもバッテリーも長持ちなので、ストレスなくずっと触っていられる。極めて私的な感想ですが「Surface Laptop 3」はそんなPCであり、以上がテレワークにおすすめする理由です。

  • 外部端子の位置が近いので、USBに直接挿すタイプのSDカードリーダーなどはやや使いづらいです

  • USB PD対応の汎用ACアダプターが利用できるので、持ち歩く場合も荷物を小さくできます

これでLTEに対応していたらもう本当に言うことは何もないのですが、Wi-Fi 6にはしっかり対応しているものの、LTEは非対応となっているのが唯一の不満点。しかしこの不満点は、より持ち運びに適した新発売の「Surface Go 2」のLTEモデルが満たしてくれています。

コロナショックを乗り越え、また自由に取材ができるようになったら、同じくノイズレスかつ前モデルよりもパワフルになった「Surface Go 2」を、取材用のサブとして導入しようかと考えているところです。

著者 : 太田百合子(おおたゆりこ)

テックライター、エディター。インターネット黎明期よりWebディレクションやインターネット関連のフリーペーパー、情報誌の立ち上げに携わる。以降パソコン、携帯電話、スマートフォンからウェアラブルデバイス、IoT機器まで、身近なデジタルガジェットと、それら通じて利用できる様々なサービス、アプリケーション、および関連ビジネスを中心に取材・執筆活動を続けている。