世界最大級のエレクトロニクスショー「IFA」が、2020年は形式を変更して9月3日~5日の3日間、招待者限定のリアルイベントとしてドイツ・ベルリンで開催されることが明らかになりました。

  • 毎年IFAが開催されるメッセ・ベルリン(2019年の写真)

イベントを主催するメッセ・ベルリンは、5月19日にオンラインプレスカンファレンスを実施。IFAグローバル統轄本部長のイエンズ・ハイテッカー氏が開催概要を説明しました。

近年のIFAは、毎年9月にベルリン最大のコンベンション施設であるメッセ・ベルリンをメイン会場として、プレス限定の記者会見が中心になるプレイベントの2日間を含めて、合計8日間にわたって開催されてきました。

2020年は新型コロナウィルス感染症の影響が世界各地に広がっていることから、世界最大のモバイル関連展示会「MWC」や、グーグルが年次開催している開発者向け会議「Google I/O」など、世界各地で予定されていた展示会や発表会といったイベントが中止になっています。

4月下旬には、ベルリン市当局が「2020年10月24日まで5,000人を超える参加者を見込む全イベントの開催を禁止」する方針を示したことから、メッセ・ベルリンも「これまでとは異なる形式」でIFAを開催することを宣言していました。

  • IFAを主催するメッセ・ベルリンのIFAグローバル統轄本部長 イエンズ・ハイテッカー氏。2020年のIFA開催概要を説明しました

オンラインプレスカンファレンスの中でハイテッカー氏は、新型コロナウィルス感染症への予防対策を継続しなければならない中で、オンライン開催の道を模索すると同時に「体験型の展示を大事にしてきたIFAが、これまでと変わらない形でエレクトロニクス市場の活性化に貢献するための方法を熟慮してきた」と述べました。そして、参加者の健康と安全を最優先に配慮し、「招待制」を採用してIFAをリアルイベントとして準備することを発表。

例年であれば、IFAはプレイベント後の本開催となる6日間は、一般にも公開されます。しかし、今年は招待者限定となるため、一般来場者は参加できません。代わりにオンライン配信の形で、イベント期間中に行われる予定の記者会見やキーノートスピーチなどの模様が届けられることになります。おそらく、リアルタイム動画配信やデジタルプレスによる情報発信も、積極的に活用されることになるでしょう。

IFAは日程を9月3日~5日の3日間に短縮しますが、このほかにも開催テーマを4つに分けて、それぞれに独立したスペースで1日1,000人の入場者数制限を設けて実施します。

  • IFAの展示を4つのテーマに分けて、それぞれに独立したスペースで行います

  • 毎日1,000人の入場制限枠を設けます

その1つ、「IFA Global Press Conference」という名称で行われるイベントは、IFAに参加する出展者の新しい製品やサービス、注力する技術と戦略の発表をメインとした、プレス向けのイベント。2日間に2つのステージを使い、交互にキーノートスピーチや参加各社の記者会見が開催されます。初日の9月3日には、米クアルコムのクリスチャーノ・アモン社長によるキーノートスピーチが行われることも明らかになりました。

  • クアルコムのクリスチャーノ・アモン社長がキーノートスピーチを行う予定が発表されました

また、IFA Global Press Conferenceの会場では、小規模のメーカー展示ブースも設けられるようです。出展社の募集は現在も続いていますが、数がまとまってきた段階で、IFA公式サイトなどで発表されるものと思います。

このほか、欧州を中心とする世界のスタートアップが集まる「IFA NEXT」、コネクテッドカーとモビリティのテーマ展示「SHIFT Mobility」の会場が切り分けられます。製造メーカーが数多く出展するソーシングショー「IFA Global Markets」も、別会場での実施を予定しています。

  • 欧州を中心に、世界各国からスタートアップが集まる「IFA NEXT」は、会場を分けて開催されます

IFAは、世界最大級のコンシューマーエレクトロニクスイベントとして、BtoB領域の商談イベントとしても大事な役割を担っています。有力なトレードビジターと出展社のミーティングポイントとしての機能は、2020年は「IFA Business Lounges」として独立させて、安全に商談できるプライベートスペースとして提供されます。

ハイテッカー氏は「ドイツの公共保険機関と密接に連携して、感染症予防の対策を徹底しながら、経済復興にインパクトをもたらすIFAを安全に開催できるように準備を整えていく」と話しています。

来場者の事前受付けはエントリー制として、審査を経てインビテーションが送られる仕組みになりそうです。一部メディア関係者については、招待枠が設けられます。また、4つに分けられるIFAの展示会場は、それぞれ毎日1,000人までの入場制限が設けられることになりますが、入場登録は各会場単位で必要になる見込みです。

展示やセミナーの詳細、あるいは各会場で来場者のソーシャルディスタンスをどのように確保していくのかなど、今後はIFAの公式サイトで情報が提供される予定です。なお、IFAの姉妹イベントである「CE China」については、現在のところ当初の予定通り9月24日~26日の3日間、中国広州市のPWTC Expoで開催を予定しています。

著者 : 山本敦(やまもとあつし)

ジャーナリスト兼ライター。オーディオ・ビジュアル専門誌のWeb編集・記者職を経てフリーに。独ベルリンで開催されるエレクトロニクスショー「IFA」を毎年取材してきたことから、特に欧州のスマート家電やIoT関連の最新事情に精通。オーディオ・ビジュアル分野にも造詣が深く、ハイレゾから音楽配信、4KやVODまで幅広くカバー。堪能な英語と仏語を生かし、国内から海外までイベントの取材、開発者へのインタビューを数多くこなす。