Amazonは5月13日、新しい「Fire HD 8タブレット」シリーズを発売開始した。前世代のFire HD 8からパフォーマンスを約30%高速化したほか、ストレージ容量やバッテリ持続時間の向上を図っている。6月3日から出荷予定で、価格(税込)は32GBが9,980円、64GBが11,980円。また、子ども向けにデザインされた新世代の「Fire HD 8 キッズモデル」も税込14,980円で発売する。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    新しいFire HD 8(ブルー)

新しいFire HD 8シリーズのラインナップと価格(税込)は以下の通り。Fire HD 8の本体カラーはブラック、ブルー、ホワイトの3色展開。キッズモデル本体はブラックで、同梱の保護カバーはブルー、ピンク、パープルの3色展開となる。

  • Fire HD 8 (32GB):9,980円
  • Fire HD 8 (64GB):11,980円
  • Fire HD 8 キッズモデル (32GB):14,980円

なお、ワイヤレス充電に対応した上位モデル「Fire HD 8 Plus」は別記事で紹介する。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    新世代の「Fire HD 8 キッズモデル」

  • 新Fire HD 8シリーズ

    新しいFire HD 8シリーズ(手前)を紹介する、Amazonデバイス事業本部 Kindle・Fireタブレット・アクセサリー事業部 事業部長の清水文弥氏

処理速度を30%高速化、横向き利用で自然なカメラ配置に

新しいFire HD 8とキッズモデルは、8型/800×1,280ドット(189ppi)で明るくなったIPS液晶ディスプレイを採用し、タッチ操作に対応。2.0GHzのクアッドコアプロセッサと、2GB RAMを搭載し、従来のFire HD 8(1.3GHz クアッドコア、1.5GB RAM)から処理速度を約30%高速化した。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    新しいFire HD 8(ブラック)

Amazonデバイス事業本部 Kindle・Fireタブレット・アクセサリー事業部 事業部長の清水文弥氏によると、前世代のFire HD 8のユーザー評価数は7,096、星5つのうち4.0となり、「コンパクトで持ちやすい」と好評だった一方で、処理速度やレスポンスの遅さに改良の余地があることが分かったという。

新モデルでは機能強化により、映画視聴やゲームプレイ、Webブラウジング時のマルチタスク処理を素早く行えるとする。さらに、Fire HD 8には新たにゲームモードを搭載。あらかじめ設定しておくと各種通知に邪魔されずに、ゲームプレイに集中できるとしている。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    新しいFire HD 8(ホワイト)

本体サイズは202×137×9.7mm(縦×横×厚さ)で、縦横幅のデザインが前世代の214×128×9.7mm(同)から変わり、さらにフロントカメラの位置も変更。タブレットを横向きにした状態で、ShowモードでAlexaを使用するときにフロントカメラが自然な位置になるよう配置した。ZoomやSkypeなどのアプリをダウンロードすることで、家族や友人とのビデオチャットや写真撮影が行える。2メガピクセルのリアカメラも備える。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    縦横幅のデザインが前世代(左)から変更になった

  • 新Fire HD 8シリーズ

    新世代のFire HD 8(左)では、フロントカメラの位置も変更。タブレットを横向きにした状態で使うときに自然な位置になるよう配置した

バッテリ持続時間は、従来の10時間から12時間に強化。USB 2.0 Type-Cポートを搭載し、Type-C経由での充電に対応する。同梱の5W充電器により、約5時間でフル充電できるという。

ストレージメモリは32GBと64GBの2モデル(従来のFire HD 8は16/32GB)で、使用可能領域はそれぞれ24.8GB、55.6GB。キッズモデルは32GBモデルのみとなる。いずれもmicroSDカードスロットを備え、最大1TBまでのmicroSDカード(別売)でストレージ容量を拡張できる。

無線LANはIEEE 802.11ac(デュアルバンド)対応で、アンテナを2基内蔵。Wi-Fi 6(802.11 ax)には、現時点では対応していない。その他、Bluetooth機能を備える。デュアルステレオスピーカーを内蔵し、Dolby Atmosオーディオに対応。3.5mmステレオジャックも備える。重さは355g。

Prime Videoの動画やNetflix、Hulu、ABEMAなどに対応。音楽やKindle本、アプリ、ゲームなど数百万のコンテンツも利用できる。ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)機能に対応し、動画を観ながら小画面でウェブサイトの閲覧やメールの確認も可能だ。

プライム会員であれば、Amazonで購入したコンテンツやFireタブレットで撮影した写真を、容量無制限のクラウドストレージにバックアップできる。

Fire HD 8とFire HD 8 Plusの両方に対応した純正保護カバー(税込3,480円)も用意する。トワイライトブルー、チャコールブラック、サンドストーンホワイト、プラムの4色展開で、横向きでも縦向きでも使える。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    純正保護カバーを付けて横向きに置いたところ。Showモードが自動で起動し、ディスプレイ付きスマートスピーカーとして使える

児童向けコンテンツや頑丈なケース付きのキッズモデル

キッズモデルは、子ども向けコンテンツが使い放題の定額サービス「Amazon FreeTime Unlimited」が1年間使い放題となる。ペアレンタルコントロール機能を利用して、お子様のコンテンツの利用を管理することが可能。2年間限定保証も付帯する(一定の条件が適用される)。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    新世代のFire HD 8 キッズモデル

FreeTime Unlimitedでは、児童書、知育コンテンツ、ビデオ、ゲームなど、年齢に応じて楽しめる数千点のコンテンツを提供。新しい知育・学習コンテンツや、子どもの知的好奇心を育むコンテンツを随時追加する。1年間の使い放題期間の後、13カ月目からは有料期間に移行する。月額料金は980円で、プライム会員の場合は480円/月。

子どもが使うことを想定し、耐久性のあるタブレット保護カバーを同梱。前述の通り、ブルー、ピンク、パープルの3色が選べる。本体サイズは233×184×26mm(縦×横×厚さ)で、重さは500g。

  • 新Fire HD 8シリーズ

    FireHD8キッズモデルのカバーにもスタンドが付いた