• 3月25日から順次、キャリア各社で5Gサービスが正式にスタートした

NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの携帯3社が、次世代通信の5Gサービスを2020年3月25日から順次開始しました。5Gは高速大容量・低遅延・多接続といった特徴があり、使うには対応スマホを購入する必要があります。新しい通信方式に対応するとあって、その多くが高性能。従って高値のものが多くなっています。

こうした端末を利用者が買いやすいよう、各キャリアは「端末購入補助プログラム」(買い方プログラム)を用意しています。これは毎月分割払いで一定期間の支払いを行い、次の買い替え時に残金を免除する仕組み。プログラム申し込み時に買った端末の回収が前提となり、自動車購入における「残価設定型ローン」という購入に近いものです。金利はなく、一括払いと変わらない料金になるので、単純に2年間の支払いが安くなります。

  • 5Gスマートフォンが2020年3月に各キャリアから登場している

5Gスマホを安く使える
キャリアの端末購入補助プログラム

こうした新しい「買い方プログラム」が登場した背景には、2019年10月の電気通信事業法改正によって、回線契約を条件にした端末購入にともなう補助金は税別2万円までと規制された経緯があります。この改正によってキャリアは5G普及のためでも端末に補助を出すことができません。

そのために生まれたのが新しい「買い方プログラム」です。NTTドコモは「スマホおかえしプログラム」、auは「かえトクプログラム」、ソフトバンクは「トクするサポート+」という名称で提供しています。

【各キャリアの買い方プログラム概要】
標準の分割回数 標準の支払い回数 端末 新規購入
スマホおかえしプログラム
(ドコモ)
36回 24回 回収 不要
かえトクプログラム
(au)
24回 23回
トクするサポート+
(ソフトバンク)
48回 24回

いずれも改正電気通信事業法に従って、回線契約を条件にはしていないため、各社の回線がなくてもスマホの購入は可能ですし、回収時に新端末購入が条件の場合も、回線契約自体は解除可能です。この場合はSIMロック解除をすれば、他社回線でも利用できます。

買い方プログラムは、購入者の負担を軽減してくれますが、内容が複雑でわかりづらい面もあります。各社の内容は微妙に異なるので、それぞれ見ていきましょう。キャリアによっては、新しい購入方法は5G対応スマホに限らず、4G対応スマホでも利用できるので、今後の端末購入時の参考にしてください。

次のスマホの買い替えがいらない
ドコモ「スマホおかえしプログラム」

スマホおかえしプログラムの特徴
●24回の分割払い(全36回払いで12回分免除)
●dプログラムへの加入が必要
●端末回収後、次の端末購入が不要

ドコモの「スマホおかえしプログラム」は、36回の分割払いで対象スマホを購入した場合に、最大12回分の分割支払金を免除するというもの。つまり、実際には24回の分割支払金を支払う形になります。支払免除の条件はdポイントクラブに加入することと、端末を返却することです。

端末返却時には査定が必要で、水濡れや故障、画面割れといった基準を満たさない場合、20,000円の料金を支払う必要があります。12回分の免除を受けず、36回分の支払いを継続すれば、端末を返却せず使い続けることも可能です。

例えば、各キャリアから発売される5Gスマートフォン「AQUOS R5G」(シャープ製)の場合、ドコモオンラインショップでは本体価格111,672円ですが、5G WELCOME割によって5,500円引きになるため、106,172円が一括払いの料金です。おかえしプログラムを利用した場合、2,949円の分割金で36回払いになります(初回分のみ金額が若干異なります)。24回目の支払い時点で累計支払額は70,781円となり、残価35,391円の支払い不要で返却できます。

  • シャープのAQUOS R5G。AQUOSシリーズのフラッグシップスマホで、3キャリアすべてで発売する

  • スマホおかえしプログラムでは、例えば108,000円で買った対象スマホの場合、総支払額が3,000円×36回のところ、24回目×3,000円=72,000円支払えば、残り12回分×3,000円=36,000円が免除される(端末は返却)

「スマホおかえしプログラム」の特徴としては、分割払いし終えた後に「次の端末購入が不要」という点が挙げられます。他社でも新端末の購入をしないパターンは選択できますが、そもそも購入を前提としないのはドコモだけで、新端末を購入しなくても残価が免除されます。また、24回目の支払いより前に回収に出すことも可能ですが、その場合も24回分の支払いが必要です。

そもそもの端末価格が安めな点と、端末購入を必要としない点は嬉しいところです。最終的に端末を入手したい場合、36回という分割回数は他社に比べると短く、安心感があります。

スマホおかえしプログラム対応端末(2020年4月7日時点)
iPhone
iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8
ドコモ スマートフォン
●Xperia 1 II SO-51A●AQUOS R5G SH-51A●LG V60 ThinQ 5G L-51A●arrows 5G F-51A●Galaxy S20+ 5G SC-52A●Galaxy S20+ 5G Olympic Games Edition SC-52A●Galaxy S20 5G SC-51A●Xperia 5 SO-01M●Galaxy Note10+ SC-01M●Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M●AQUOS zero2 SH-01M●AQUOS R3 SH-04L●Galaxy S10 SC-03L●Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L●Xperia XZ3 SO-01L●Xperia 1 SO-03L●Galaxy S10+ SC-04L

独自の残価で分割額を抑えた
au「かえトクプログラム」

かえトクプログラムの特徴
●23回の分割払い(全24回払いで最終支払い分免除)
●1回分の分割支払金は24分割より安い
●端末回収後、次の端末購入が必要

auの「かえトクプログラム」は、24回の分割払いで対象端末を購入するときに適用でき、23回目まで支払った後に、24回目の最終支払いを免除する、というプログラムです。

ただし、分割支払金は単純に総額を24分割したものではなく、auが端末ごとに設定した最終的な売却価格を元に24回目の残価が決まり、残りを23等分した金額です。免除される24回目の支払額は端末ごとに異なるため、他社に比べるとわかりづらい内容となっています。

支払免除の条件は12カ月以上利用することと、端末の回収、そして次の端末の購入。回収時の査定は必要で、水濡れや故障、画面割れといった基準を満たさない場合は、22,000円の料金を支払う必要があります。

  • 機種代金が96,600円で、24回目の支払い額が38,640円に設定されているau端末の場合、23カ月×2,520円を払い終えれば、24カ月目に支払う38,640円が免除される

例えばAQUOS R5Gの場合、au Online Shopでの本体価格は129,145円です。かえトクプログラムを適用すると、3,235円の分割金で23回払いになり、24回目の支払い額は54,740円となります。分割払いによる23回目までの累計支払額は74,405円となり、24回目の支払い額54,740円がそのまま免除されます。12カ月以上利用すれば、かえトクプログラムを使った新規端末の購入・回収は可能ですが、その場合でも23回分の残債の支払いは必要です。

24回目の支払免除を利用しない場合、一括払いをするか、新たな割賦契約を結び、さらに24回払いで支払うことが可能です。13カ月目~25カ月目までに買い替え・回収を行うとそれ以降の残債の支払いは不要になります。

12カ月以上利用したうえで、買い替えせずに回収だけする場合は、同社の下取りプログラムを利用して、各機種ごとに決まった額のau WALLETポイントで端末が買い取られます(残債の支払いは継続)。現状ではかえトクプログラム対象機種が発売後12カ月以上経っていないため、下取り価格がどの程度になるかは公表されていません。

「かえトクプログラム」では、端末代金が高めで、最終的に買い換えない場合は(23回支払ったのちに再び24回の割賦契約を結び直すため)48回払いになってしまうなど、わかりづらい点がネックです。下取りがau WALLETポイントで買い取られる点は、au PAY対応店舗が広がっていることを踏まえると良いポイントですが、現金の方がありがたい部分ではあります。

かえトクプログラム対応端末(2020年4月7日時点)
iPhone
iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 8
au スマートフォン
●Xperia 1 II SOG01●Galaxy S20 5G SCG01●Galaxy S20+ 5G SCG02●AQOUS R5G SHG01●Galaxy Z Flip SCV47●Xperia5 SOV41●Xperia8 SOV42●Xperia1 SOV40●Galaxy Note 10+ SCV45●Galaxy A20 SCV46●Galaxy S10 SCV41●Galaxy A30 SCV43●AQUOS zero2 SHV47●AQUOS sense3plus サウンド SHV46●AQUOS sense3 SHV45●AQUOS sense2 SHV43●AQUOS sense2 かんたん●URBANO V04●TORQUE G04●HUAWEI P30 lite Premium(HWV33)●BASIO4●BASIO3●LG it LGV36

最新スマホが半額になる
ソフトバンク「トクするサポート+」

トクするサポート+の特徴
●24回の分割払い(全48回払いで24回分免除)
●2020年3月27日以降に発売した機種が対象
●特典Aと特典Bの2つの方法を選べる
●特典Aでは端末回収後、次の端末購入が必要
●特典Bでは端末回収のみ

ソフトバンクの「トクするサポート+」は、48回払いで対象端末を購入し、25カ月目に新端末を購入することで、残り24回分の分割支払金を免除するというものです。「特典A」と「特典B」の、2つの免除方法があります。

特典Aの支払免除の条件は、新規端末を購入することと、旧端末の回収です。回収時には査定があり、水濡れや故障、画面割れといった基準を満たさない場合は、22,000円の料金を支払う必要があります。12カ月使えば買い換えられる「1年買い替えオプション」も用意され、13カ月目以降は24回目までの残債を支払うことで、25回目以降の残債を免除して新規端末に買い換えることができます。

  • トクするサポート+の特典A。96,000円の端末を購入する場合、本来2,000円/月×48回払い(=96,000円)のところ、2,000円/月×24回(=48,000円)支払えば、残りの48,000円が免除になる

特典Bは新規端末の購入を条件とせず、端末購入13カ月目以降に、旧機種を回収するだけのものです。その場合、残債の支払いは継続しつつ、同社の査定による端末買い取り価格分のPayPayボーナスが支払われる形になります。トクするサポート+は2020年3月27日以降に発売した機種が対象で、発売後13カ月経っていないため、現状はどの程度の査定額になるかは不明です。

  • トクするサポート+の特典B。13カ月目以降に旧機種をソフトバンクに送ると、同社が査定した買取価格分のPayPayボーナスが支払われる

例えばAQUOS R5Gの場合、ソフトバンクオンラインショップでは本体価格129,600円です。トクするサポート+を利用した場合、2,700円の分割金で48回払いになります。24回目の支払い時点で、累計支払額は64,800円となり、残債64,800円を残して返却することが可能です。

25回目では支払免除を利用しない場合、そのまま48回目まで分割支払いを継続し、途中で新機種購入・回収を行えばその翌月以降の分割払いが免除されます。対象は3月27日発売以降の機種からですが、それ以前の機種は「トクするサポート」(月額390円のプログラム利用料が必要)が適用されます。

端末代金は高めで、48回という長期の契約という点は気になるところです。とはいえ、1回ごとの支払い額は少なく、24回時点での支払い額も少なくなるのはメリット。一方で、買い替えない場合の残価が最も多くなるため、24回目での買い換えが事実上必須かつ、下取りがPayPayボーナスという点で、PayPay加盟店でしか使えないという点も気になるところ。こちらもauと同様、現金の方が助かるのは間違いありません。

トクするサポート+対応端末(2020年4月7日時点)
ソフトバンク スマートフォン
●AQUOS R5G●ZTE Axon 10 Pro 5G
iPad
12.9インチiPad Pro(第4世代)、11インチiPad Pro(第2世代)
各キャリアのAQUOS R5Gの端末代金と、端末購入補助プログラム適用金額
端末代金 標準の支払い金額 免除金額
スマホおかえしプログラム
(ドコモ)
106,172円 70,781円 35,391円
かえトクプログラム
(au)
129,145円 74,405円 54,740円
トクするサポート+
(ソフトバンク)
129,600円 64,800円 64,800円
小山安博

著者プロフィール
小山安博

マイナビニュースの編集者からライターに転身。無節操な興味に従ってデジカメ、ケータイ、コンピュータセキュリティなどといったジャンルをつまみ食い。最近は決済に関する取材に力を入れる。軽くて小さいものにむやみに愛情を感じるタイプ。デジカメ、PC、スマートフォン……たいてい何か新しいものを欲しがっている。