モバイルライフに必要な要素を完璧なレベルで搭載

モバイルPCの購入を考えるとき、Dynabook社のdynabook Gシリーズは、スペック、軽さ、タフネス、ロングバッテリーといった点で、選択肢から外せないモデルです。今回は、2020年1月に発売されたdynabook Gシリーズ最新のハイエンドモデル「dynabook G8」をレビューします。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    重さが約859gのdynabook G8は、周りの女性に聞いたところ「楽に持てる」という声

まずは基本的なスペックから。CPUは第10世代のIntel Core i7-10710U(1.10~4.70GHz、6コア/12スレッド)、メモリはDDR4-2666 8GB、ストレージはPCIe 512GB SSD、液晶は13.3型フルHD(1,920×1,080ドット)、本体サイズは約W308.8×D211.6×H17.9mm、重さは約859g、バッテリー駆動時間は約18.5時間(JEITA 2.0)です。無線LANは最新のIEEE802.11 ax規格(Wi-Fi 6)に準拠しています。

カラバリとして今回紹介するオニキスブルーのほか、パールホワイトもラインナップ。パールホワイトは重さが約879gになるだけで、それ以外のスペックはオニキスブルーと同じです。店頭予想価格は税別200,000円前後。ちなみに、スペックは落ちますが、dynabook G5だと重さが約779gまで軽くなるので、とにかく軽いほうがいいという人には有力な候補になるでしょう。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • 左が今回試用したオニキスブルー。右はパールホワイト

カタログスペックだけでも、モバイルライフに必須の要素を十分に備えていることがわかります。

全体を包むマグネシウム合金のボディは、前述のとおりオニキスブルーに染め上げられています。具体的には、濃い紺色といった感じのカラーです。パッと見は黒っぽいのですが、よく見ると深い味わいの青だとわかってくるので、ビジネスシーンになじみつつ、ちょっとしたオシャレ感を出せます。モバイルノートPCは人目に付くことも多いですから、こうした魅せるデザインは重要ですよね。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    ヘアライン加工された天板は、キレイなうえに汚れが付きにくくなっています

天板は細かいヘアライン加工がなされており、オニキスブルーと相まって持っているだけで満足感を得られる美しさ。本体はアメリカ国防総省制定「MIL規格(MIL-STD-810G)」に準拠した10項目の耐久テストをクリアしており、頑丈さも備えています。

参考までに耐久テストの内容は、26方向からの76cm落下テスト、細かい粉塵を吹き付ける(6時間)、30~60℃の環境下で24時間×7サイクル稼働、-20度の環境下での稼働、前後・左右・上下各軸1時間の振動テストなど。普通に使っていたらまずないような過酷な状況のテストであり、安心して持ち歩けるでしょう。

底面はゴム足以外はフラットな形状です。手前側左右に搭載されたスピーカーと、ヒンジ側に空けられた排熱孔があるのみです。カバンにも収まりやすいでしょう。

外観だけでなく、液晶ディスプレイも高品質。シャープ製のIGZO液晶を採用しており、高輝度・高色純度・広視野角の画面です。映り込みの少ないノングレアタイプなので、屋内でも屋外でも見やすく感じました。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    IGZO液晶はやっぱりキレイ

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    上部にはWebカメラを搭載

有線LAN端子も装備、充実のインタフェース類

モバイルノートということで、ビジネスシーンでまだまだニーズの高い有線LAN端子(Gigabit Ethernet)を備えています。近年はオフィスに無線LAN(Wi-Fi)を整備している企業も増えたものの、なんだかんだで有線LANが必要という場面もあるでしょう。また、一概には言えませんが、有線LANは無線LANよりも安定した通信が得られます。

本体の左側面には、ヒンジ側から電源端子、 USB Power Delivery対応のUSB 3.1 Type-C Gen1(5Gbps、5V/2A)端子×1、HDMI出力端子、マイク/ヘッドホン共用端子、microSDカードスロットが並びます。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    電源端子とUSB端子の両方から給電できます

右側面は、ヒンジ側からセキュリティロックホール、ギガビットLAN端子、USB 3.0(Type-A)×2です。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    Gigabit Ethernetの有線LAN端子は安定した通信をキープしたいときに便利

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    前面

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    背面

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    液晶はここまで開きます

注目はUSB Power Delivery(USB PD)対応のUSB 3.1端子でしょう。この端子を使って、USB PD出力をサポートしたモバイルバッテリーからdynabook G8を充電できます。モバイルバッテリーなら、コンセントは必要ないので場所も選びません。

なお、モバイルバッテリーからの充電対応は公式にはうたわれていませんが、今回試した限りではうまく充電できました。使ったモバイルバッテリーはレノボの「Power Bank 14000mAh」で、USB PD出力として最大45Wを供給できる仕様です。深くは検証できませんでしたが、USB PD出力が最大30W以下のモバイルバッテリーだと、dynabook G8を充電するには出力が足りないかもしれません。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • レノボの「Power Bank 14000mAh」

ちなみに筆者は、ノートPC以外にスマホ2台とKindle Voyage(なぜスマホが2台なのかと時代遅れのVoyageなのかは語り尽くせません)、PlayStation Vitaを持ち歩くのが常。こうしたデバイスの予備電源を、1台のモバイルバッテリーでまかなえるのは非常に助かります。

現代はスマートフォンやタブレットを持ち歩くのが普通ですし、モバイルバッテリーも常に携帯している人は多いでしょう。USB PD対応と最大出力に注意する必要はありますが、これからモバイルノートPCを買うならUSB PD対応のモデルが絶対におすすめです。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    モバイルバッテリー(Power Bank 14000mAh)から各種デバイスを充電中。非常時はdynabook G8本体からも給電すれば、充電できる端末が増えます

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    dynabook G8本体の重さは、実測で830g

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    dynabook G8本体、ACアダプター、電源コードを合わせた重さは、実測で1,024g

軽いタッチで打ちやすいキーボード

キーボードは、メイン部分は19mmピッチを確保した日本語87キーです。ストロークは1.5mmと、最近のモバイルノートPCとしては標準的。軽いクリック感があり、軽快なタイピング感でした。右側のEnterキー周辺には狭いピッチのキーもありますが、このへんはモバイルノートPCにはよく見られるものであり、個人的にはすぐに慣れる部分です。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    19mmという広いピッチを確保しているキーボード。静かで打ちやすいです

キートップには0.2mmのへこみが付けられていて、指先にフィットするようになっています。これも気の利いたポイントです。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    キートップが微妙にへこんでいます

モバイルノートでは最高クラスのサウンド

前述のとおり、液晶ディスプレイは高輝度・高色純度・広視野角のIGZO液晶。美しい静止画・動画を楽しめましたが、驚いたのはサウンドです。このサイズのノートだとどうしても音が軽くなってしまうものですが、底面手前の左右に配置したオンキヨー製のステレオスピーカーは、小型化しつつできる限りのサイズを確保しており、特に人の声の音量と音質が向上しています。

加えて、DynabookとDTSが共同で開発したサウンドシステム「dynabook Sound Engine by DTS」によって、音響も上々。このシステムは「音楽」「ビデオ」「ゲーム」、設定を自由に変えられる「オーディオカスタム」という4つのモードが選べて、コンテンツに合わせた音響へとすぐに切り替えられます。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」
  • dynabook Sound Engine by DTSの設定画面。音楽、映画、ゲームというプリセットのほか、自分好みに調整できるオーディオカスタムを搭載

実際に映画を何本も観てみましたが、高品質なディスプレイとサウンドのおかげで、エンターテインメントにも十分に活躍してくれるマシンでした。

ベンチマークでスペックをチェック

続いてベンチマークを。まずは「CINEBENCH R20」のCPU性能で、CPU総合が1479pts、コア単体が372ptsと出ました。CINEBENCH R20内のランキングで見ると、Intel Core i7-4850HQやCore i7-6700HQといった、数年前のノートPC用Core i7と肩を並べています。数年前のハイエンドノートPCと同等といったところでしょうか。

低消費電力とスペックのバランスを取ると、このくらいになるのでしょう。とはいえ、実際に使ってみると下記のストレージ性能もあってか、WebブラウズやOfficeアプリケーション、ちょっとした画像編集くらいは軽快に動きます。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    CINEBENCH R20の結果

「CrystalDiskMark 6.0.2」にてストレージの速度を計測すると、さすがはPCIe対応SSDといった数値。PCの起動やファイル操作において、まったくストレスを感じませんでした。公式スペックには「PCIe」としか書かれていませんが、スコアを見ると「PCIe NVMe」のSSDでしょう。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    CrystalDiskMark 6.0.2の結果

次にゲーム系のベンチマークで、グラフィックス性能を見てみましょう。「外出先でもゲームをしたいがどれくらい動くのか」という話です。

まずは「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」を使用。設定は、グラフィック設定が「最高品質」、解像度が「1920×1080」、表示方法は「フルスクリーン」。結果は、評価が「普通」でスコアは「3785」でした。グラフィック設定を「標準品質」にすると、評価が「快適」でスコアは「5194」になります。外出先でもこのレベルで遊べれば十分です。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト」の結果。少し設定を下げたほうが、キャラクターが集まっているような状況でも快適でしょう

もう少し重いベンチとして、「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ」も動かしてみます。こちらの設定は解像度が「1280×720」、画質が「標準品質(ノートPC)」、表示は「フルスクリーンモード」にします。評価は「快適」でスコアは「3736」でした。外出先や旅行先で少し、または一晩プレイするくらいなら問題ないでしょう。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズ」も、さすがに最高設定は厳しいので、設定を調節したほうが安心

最後に、モバイルマシンで一番気になる(と筆者は思う)バッテリー駆動時間です。カタログ値では約18.5時間ですが、ここは少し無茶をしてみましょう。

フルHDのAmazonプライムビデオを延々再生です。洋ドラ好きな自分がベンチにかこつけて楽しめるからという理由では決してなく、純粋にここまで無理をしてもどれくらい動いてくれるのかという興味からです。画面の輝度は100%、電源モードはバランスのいい「より良いバッテリー」で、残量が5%になったら自動的にスリープする設定で行いました。

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    この状態からバッテリーチェックをスタート

結果は、6時間27分。

スパイ物のドラマ「コバート・アフェア」を久しぶりに見ましたが、9話途中までぶっ続けで再生してくれました。シーズン5で打ち切りになってしまったのが惜しいです。あ、違いますね。11話からなる1シーズン弱をバッテリーだけで見られる駆動時間でした。

Officeアプリ、Webブラウズ、ちょっとした動画再生くらいなら、丸一日使えそうです。先のとおりUSB PD対応の大容量モバイルバッテリーを携帯すれば、ドラマや映画を延々と楽しんだり、仕事に集中できるでしょう。

もしバッテリーがカラになっても、dynabook G8はバッテリー駆動時間の約40%までを30分で充電できる「お急ぎ30分チャージ」に対応しているので、コンセントが確保できる場所に行けば短時間で復活できるのもうれしいところです。ACアダプターを持っている必要はありますが。

ボディとレスポンスのどっちも軽くて、ロングバッテリー

  • 13.3型モバイルノートPC「dynabook G8」

    メインマシンとしても十分に使えるdynabook G8

実際に筆者がモバイルしてみたところ、重さが約859gでフラットなボディなため、いつものカバンに違和感なくすっと収まります。起動やスリープ復帰も速いので、どこにいてもすぐ作業を始められました。

キーボードのタイプ音が静かなのも、かなり好印象です。クリック感はしっかりあるのに音がそれほどしないので、たとえば図書館のような場所でも悪目立ちすることはないでしょう。筆者はよく図書館に行くので、大変ありがたく感じました。

バッテリーは本当に減りません。カタログスペック約18.5時間は伊達じゃない。喫茶店でこの原稿を書いていましたが、1時間を過ぎても90%を切ってくれないので、Amazonプライムビデオでドラマを2話近く観たほどです。それでやっと85%になりました。

dynabook G8は、ビジネス用途に十分以上のスペックを持っています。バッテリー駆動時間もただでさえ長く、USB PD対応のモバイルバッテリーを併用すれば、充電切れにはそうそう陥らないでしょう。持ち歩くことへの安心度は非常に高い印象でした。エンタメマシンとしても活躍する能力があるため、仕事から息抜きまでこれ1台で済むはず。メモリが8GB固定なのは残念ですが、ストレージ容量はクラウドや外付けストレージでやりくりできます。ユーザーのスタイルによっては、メインマシンとして買うのもアリでしょう。