前回「はじめてのアケコン」として、アケコン全般の基礎知識を解説しました。今回からはアケコンをリリースしているメーカー別に、主なアケコンを紹介します。

まずは国産メーカーで、最大手の1つであるHORI。ラインアップが豊富で、アケコンの歴史が長いメーカーです。また、アケコンの部品メーカーである「SANWA」や「セイミツ」などのボタンやレバーを使用しているメーカーが多いなか、それらを自社開発している点もHORIの特徴でしょう。

  • 今回紹介するHORIのアケコン

    今回紹介するHORIのアケコン

レスポンスの良さが魅力のハイエンドモデル

まずは、「ファイティングエッジ刃 for PlayStation 4/PC」から紹介します。

  • ファイティングエッジ刃

「ファイティングエッジ刃 for PlayStation 4/PC」は、HORIのアケコンのハイエンドモデル。ボタンとレバーはHORI独自のボタンユニットとレバーユニットである「HAYABUSA」を使用しています。レスポンスの良さに定評があり、滑らかな操作性も魅力。ハイアマチュアからプロまで、満足ゆく操作ができるでしょう。

ボタン配列はノアール配列。最近のアケコンはビュウリックス配列が多いので、数少ないノアール配列の現行モデルです。天面はヘアライン加工が施されており、手垢などが目立ちにくく、高級感のある仕上がりです。

サイズ幅475mmとかなり大きく、背面のゴムの滑り止めと相まって安定性の良さはアケコンのなかでもトップクラス。その反面、持ち運び時の不便さや、未使用時のスペース確保がデメリットとして挙げられるでしょう。

  • ボタンは厚みの少ないHAYABUSAユニットを使用。押したあとの戻りも早く、ボタン操作のレスポンスが良くなっています

  • OPTIONボタンやSHAREボタンなどは、大会中に押してしまうと1ラウンド負け扱いになることもありますが、本機は、それらのボタンを無効にするトーナメントモードに対応。ボタン配置を変更できるアサインモードも搭載します

また、本体のメタル部分はなかなか冷えます。滑り止めのゴムは全面に貼られているわけではないので、冬場に膝置きする場合は、対策が必要かもしれません。

背面のネジには、1カ所シールが貼られており、このシールを剥がしてしまうと、補償対象外になってしまうので、カスタマイズをする際は、それを覚悟しましょう。

  • 滑り止めによりテーブル置きも膝置きも安定。下部にあるWARNINGのシールを剥がすと補償外になるので注意しましょう

実際に「ファイティングエッジ刃」を用いてゲームをプレイしてみました。やはり、レバーもボタンもレスポンスが良く、快適な操作感。膝置きしても安定感がありますが、サイズが大きめなので、テーブル置きの場合も、スペースの確保が必要でしょう。

  • 本体奥の側面にはケーブル収納ボックスとPS4用のタッチパッドを完備

  • PS4コントローラー「DUALSHOCK 4」と比較するとこれくらいの大きさです

  • 配列:ノアール配列
  • 連射:なし
  • OPTIONボタン:天面
  • トーナメントモード:あり
  • PCインプット:Xinput
  • PS4タッチパッド:あり
  • カスタマイズ:補償外
  • 価格:22,980円(税別)

静音レバーで気になるカチカチ音を抑制

続いて、「リアルアーケード Pro.V サイレント HAYABUSA for PlayStation 4/PlayStation 3/PC(ヘッドセット端子付き)」です。

  • リアルアーケード Pro.V サイレント HAYABUSA for PlayStation 4/PlayStation 3/PC

リアルアーケード Pro.V(通称RAP)は、レバーから出る動作音を軽減したモデル。レバーに光学式スイッチを採用することで、スイッチのカチカチ音を無音化しました。打鍵音吸収素材を使用したボタンは、叩いたときに発生する音を大きく軽減します。

これなら、深夜のプレイで就寝中の家族に迷惑をかけることもなりそうです。また、オフライン大会の試合会場では、操作音から動作を読まれることも少なくなるでしょう。

レバーとボタンは独自開発のHAYABUSAユニットを使用しており、操作の高いレスポンスを実現。サイズは「ファイティングエッジ刃」ほど大きくないですが、それでも幅430mmと、なかなかの存在感です。

その点、安定性は高いので、膝置きでもテーブル置きでも安定した操作ができるでしょう。連射ボタンも搭載しているので、対戦格闘ゲームプレイヤーだけでなく、シューティングゲームプレイヤーにもオススメです。

  • ボタンはHAYABUSAユニットを使用しており、通常のボタンよりも薄め。指紋が付きにくいマット仕様です。当然、打鍵音は小さめ

  • 連射ボタンやL/R3、SHAREボタン、PSボタンは側面に

静音設計だからといって使いづらいことはありません。初心者から上級者まで安心して使えるのではないでしょうか。筆者が触れてみたところ、静音設計は、ボタンよりレバーの恩恵が大きいと感じました。一般的なアケコンでのプレイで発生する「ガチャガチャ音」は、慣れないとかなり大きく聞こえるはず。静かな家のなかであればなおさらです。

ですが、本機であれば自宅のプレイでも家族へ配慮したプレイが可能。先ほども述べた通り、隣り合わせで対戦するオフライン大会にもオススメですよ。

【動画】静音モデルと通常モデルの音の比較

  • 本体奥の側面にはケーブル収納とPS4用のタッチパッドを完備

  • 底面のネジ止めのひとつに貼られたシール。これを剥がすと補償外になるので注意です

  • 「DUALSHOCK 4」とのサイズ比較

  • 配列:ビュウリックス配列
  • 連射:5回・12回・20回/秒
  • OPTIONボタン:天面
  • トーナメントモード:あり
  • PCインプット:Xinput
  • PS4タッチパッド:あり
  • カスタマイズ:補償外
  • 価格:18,980円(税別)

RAPスタンダードモデルは、"はじめて"向き

3つ目は、「リアルアーケード Pro.V HAYABUSA for Nintendo Switch」、RAPのスタンダードモデルです。

  • 「リアルアーケード Pro.V HAYABUSA for Nintendo Switch」

今回は、Nintendo Switch版で紹介しますが、PlayStation 4と3、PCでの使えるPS4/PS3/PC版もあります。

対応ハードが違っても基本的な性能は同じ。Nintendo Switch版は、天面コンパネの一番右にあるボタンが「+」ボタンで、PS4/PS3/PC版はOPTIONボタンなど、ボタン類がNintendo Switchに準拠したものか、PS4やPS3に準拠したものかが違う程度で、ゲームを操作する観点では、まったく変わりません。

とはいえ、Nintendo Switchの場合、アケコンに適した対戦格闘ゲームの新作があまり多くはないので、過去に発売されたアーケードゲームを家庭用ゲーム機向けに移植した「アーケードアーカイブス」や「アケアカNEOGEO」などの対戦格闘ゲームで使うことが多くなりそうです。

  • ボタンはサイレントモデルやファイティングエッジ刃と同様のHAYABUSAユニット

  • Nintendo Switch版だとホームボタンやマイナスボタンなどが本体右側面に配置しています

  • 本体奥にケーブル収納があります。PS4版の場合、収納の横にPS4用タッチパッドが設置されます

Nintendo Switchには、対戦格闘ゲームの部類に入る『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』がありますが、元々コンシューマタイトルであるだけに、アケコンの優位性があるかどうかは微妙なところ。それでも、多くのアケコンはNintendo Switchに対応していないので、Nintendo Switchで使いたい人にとってはありがたい存在です。

PS4版は静音モデルのサイレントがこのモデルとの比較対象になるでしょう。静音性を特に求めないのであれば、幾分か価格が低いので、こちらを選択するのもアリ。基本性能はしっかりしているので、最初のアケコンとしては魅力十分です。

  • Nintendo Switch用プロコントローラーとのサイズ比較

  • 配列:ビュウリックス配列
  • 連射:5・12・20回/秒
  • +ボタン:天面
  • トーナメントモード:あり
  • PCインプット:Xinput
  • カスタマイズ:補償外
  • 価格:14,980円(税別)

ゲーミングノートとの持ち運びが便利

最後に紹介するのは、「ファイティングスティック mini for Nintendo Switch」です。

  • ファイティングスティック mini for Nintendo Switch

Nintendo Switchのテーブルモードでのプレイにぴったりな小型サイズのコントローラー。小さいながらボタン構成はRAPと変わらず、8ボタンです。ビュウリックス配列よりもさらに右上がりの配置は、小型の本体に指がフィットする形といえるでしょう。

サブボタンを無効にするトーナメントモードは付いていませんが、連射機能は搭載。最大で秒間20発の連射できる本格派です。「アーケードアーカイブス」などの80年代90年代のシューティングゲームや対戦ゲームのプレイにアクセントを加えてくれます。

価格もお手頃なので、Nintendo Switchでとりあえすアケコンを試してみたい人にはオススメ。また、PCにも使用できるので、ゲーミングノートPCとファイティングスティック miniの組み合わせで、無理なく持ち歩きができるでしょう。

  • RAPに比べるとボタンも小さいですが8ボタンのフル装備なので、さまざまなゲームに対応。操作感も上々です

  • Nintendo Switch用プロコントローラーとのサイズ比較

  • 配列:ビュウリックス配列(変則)
  • 連射:5・10・20回/秒
  • +ボタン:天面
  • トーナメントモード:なし
  • PCインプット:Xinput
  • カスタマイズ:対象外
  • 価格:4,980円(税別)