カシオ2020年春夏・時計新製品発表会のテーマは「次なる進化、新たな挑戦。」――これを「革新のCMFデザインと、独創のテクノロジーをひとつに。」との言葉が補う。既存のモデルやカテゴリーへの「より先進的付加価値」と、カシオとしての「未踏の領域への回答」といえる新製品の数々。そのレポートは、恒例のG-SHOCKからスタート。

今回の展示会でメインストリームのひとつとなっていた「G-SQUAD」や「G-LIDE」などの「スポーツモデル編」と、CMF(Color・Material・Finish / 色・素材・仕上げ)デザインが見どころの「ニューカラー編」に分けてお届けする。

掲載した写真はすべてクリックで拡大表示。価格は税込み、発売月はすべて予定。今回は特に、新型コロナウイルス感染症の影響で発売日に関して変更が生じる場合があることをご了承いただきたい。

心拍計を含む5つのセンサー+GPS+モバイルリンク! 大注目のG-SQUAD「GBD-H1000」

  • GBD-H1000-1A7JR

    GBD-H1000-1A7JR

オートスタートする歩数計が人気のG-SHOCK「G-SQUAD」に注目の新モデル「GBD-H1000」が登場。従来の3軸加速センサーに加え、光学式心拍センサーとトリプルセンサー(方位、高度/気圧、温度センサー)、そしてGPS(GLONASSとみちびきにも対応)を搭載。

GPS衛星から現在地の位置情報を取得して、走行距離、速度、ペースなども計測し、Bluetooth(Low Energy)でスマートフォンのアプリ「G-SHOCK Connected」と連携してワークアウトをリアルタイムに記録する。心拍数はもちろん、心肺能力の基準となるVO2maxの計測にも対応。ランニングなどの持久力強化の指標として活用できる。

  • GBD-H1000-1A7JR

    グラフを表示した状態

  • GBD-H1000-8JR

    GBD-H1000-8JR

  • GBD-H1000-1JR

    GBD-H1000-1JR

時刻をはじめ時計の各種設定、トレーニングの管理も専用アプリから行える。現在のフィットネスレベルやトレーニングの進捗状況などを確認できるほか、ユーザーが希望する運動内容(マラソンイベントへの出場や健康管理など)や運動量に合わせて、トレーニングプランを自動作成。初心者でも無理のないフィットネス計画を立てられる。また、運動内容と成果を手軽に「見える化」してくれることは、モチベーションを維持する大きな励みになるだろう。

VO2maxをはじめとしたデータ解析には、スポーツサイエンスで定評のあるFIRSTBEAT社のライブラリを使用。より精度の高いアルゴリズムによって、質の高いトレーニングをサポートする。心拍数が目標ゾーンから外れると音や振動で報知する「心拍ゾーンアラート」を備えるなど、過剰な運動負荷への配慮もうれしい。トレーニング中のアラートやメール着信などを通知するバイブレーション機能もある。

  • GBD-H1000-1JR

    MIP(Memory In Pixel)液晶は視野角も非常に広い

  • GBD-H1000-8JR

    心拍計測時の画面

  • GBD-H1000-8JR

    光学式心拍センサー(計測動作状態)

手の甲への干渉を減らす曲面形状のバックカバー、フィット感の高いソフトウレタンバンド、操作性に優れた2色成形ボタンなども見どころ。視認性の高い高精細MIP液晶や、GPS衛星による時刻自動修正、USB充電とソーラー充電に両対応(*)するなど、高次元の実用性も追求している。正直、55,000円という価格からは考えられない圧倒的な高機能ぶりだ。

*:時刻モード(歩数計測、通知機能を含む)はソーラー充電のみで対応可能

  • GBD-H1000-1A7JR

    バンドピース(黄色い部分)で装着性を向上。バンドはソフトウレタンバンド

  • GBD-H1000-8JR

    2色成型のボタン。滑り止め形状にも注目

  • GBD-H1000-8JR

    ダイレクト計測が可能な大型ボタン

  • GBD-H1000-8JR

    シリンダー状のボタンガードは、操作インタフェースも兼ねたデザイン

  • GBD-H1000

    ケースの構造がわかるディスプレイ

  • GBD-H1000-1A7JR

    心拍センサーの右に見えるのがUSB充電用のケーブル接続端子

  • GBD-H1000-1A7JR

    充電用ケーブルを接続した状態。最大約2.5時間の充電で、トレーニング機能を約14時間連続利用できる

  • 専用アプリ「G-SHOCK Connected」も動作する状態でデモが行われていた

明確な用途と機能、それを求めるユーザーを想定したカシオの製品哲学を、カシオが得意とするセンサーエレクトロニクスでまとめ上げた王道のようなモデルが「GBD-H1000」だ。G-SHOCKの認知層と健康志向の新たなるユーザー層、それぞれにどう響くか、海外での動向も合わせて大いに注目したい。

ケースサイズは63mm×55mm×20.4mmで、重量は約101g。カラーの異なる4モデルで展開。4月発売予定。

より手軽なワークアウト・ウォッチを望むならG-SQUAD「GBD-100」

  • GBD-100-1A7JF、GBD-1002JF、GBD-100-1JF

    左からGBD-100-1A7JF、GBD-1002JF、GBD-100-1JF

上で紹介したGBD-H1000の弟分ともいうべきモデルが、G-SQUAD「GBD-100」だ。タフネスとスポーティーな印象を併せ持つケースデザインを筆頭に、見やすいMIP液晶や便利で特徴的な大型の計測ボタンなどをそのままに、光学式心拍計とGPSユニットを非搭載とすることでケースを小型化。

ケース厚と重量を抑えて、装着感の向上とともに低価格化を実現した。これに伴い、モバイルリンクで連携する専用アプリ「G-SHOCK Connected」もGBD-H1000とは機能が変更されている(心拍に関する機能がカット)。

  • GBD-100-1A7JF、GBD-1002JF、GBD-100-1JF

    GBD-H1000に比べて、ケース径は縦横それぞれ約5mm小さい

  • GBD-100-1A7JF、GBD-1002JF、GBD-100-1JF

    プロテクターやボタン形状など、デザインはGBD-H1000の思想をそのまま受け継いでいる

  • GBD-100-1A7JF、GBD-1002JF、GBD-100-1JF

    GBD-H1000に比べて、ケース厚は約3.4mm薄い

とはいえ、ランニング計測やステップトラッカー、インターバルタイマー、トレーニング中のアラートやメール着信などを通知するバイブレーション機能などは搭載している。約300都市のワールドタイムも設定可能だ。機能性を重視するならGBD-H1000、軽快さや価格で選ぶならGBD-100と、好みや趣向に合わせて選びたい。

ケースサイズは58.2mm×49.3mm×17mmで、重量は69g。電池寿命は約2年。3モデルがラインナップされ、価格は各22,000円で4月発売。

モバイルリンクとMIP液晶を搭載した革新のG-LIDE「GBX-100」

世界のトップサーファーが評価、愛用するG-SHOCKのスポーツライン「G-LIDE」からも、Bluetooth Low Enaergyによるモバイルリンク機能を搭載した新モデル「GBX-100」が登場した。従来のG-LIDEで時計本体に内蔵されていた潮汐情報(タイドグラフ)を、専用アプリ「G-SHOCK Connected」によって一気に拡張。世界中の3,300カ所から選んで時計に設定できる。

  • GBX-100-1JF

    GBX-100-1JF

  • GBX-100-2JF

    GBX-100-2JF

  • GBX-100-7JF

    GBX-100-7JF

また、大画面で高精細なMIP液晶を採用して、視認性と表示する情報量も向上。従来のタイドグラフ、ムーンデータ表示に加え、満潮・干潮の時刻と潮位、日の出・日の入り時刻を表示できるようになった。さらに、G-SQUADで開発された技術を生かしたトレーニング計測機能(距離・速度・ペース・ラップ・ピッチ)を搭載。あらかじめ設定した消費カロリーの到達アラーム、トレーニングログ、ライフログ機能などを備えている。

  • ブースでは専用アプリのデモも

機能面だけでなく、GBX-100は外装もアップデート。ベゼルは樹脂とメタルの組み合わせで構成。トップ部分にヘアライン処理とホーニング処理を施したSS(ステンレス・スチール)を使用し、強度と質感を両立させた。また、6時位置にはセンターボタンを配置して、G-SHOCKならではの使い勝手とともに、ソフトウレタンバンドによって着け心地にも配慮している。日ごろのトレーニングからショアでのアタックまで、あるいはマリンレジャーや海釣りの愛好家にもオススメの一本となりそうだ。

サイズは50.9mm×46.0mm×14.7mmで、重量は66g。電池寿命は2年。3モデルで展開。価格は各24,200円で5月発売。

歩数計やインターバルタイマーを搭載したG-SHOCK「GMA-B800」

歩数計(ステップトラッカー)やインターバルタイマーを搭載した、ワークアウトのためのシンプルなモデルが登場する。従来、このタイプの製品はG-SHOCKのサブブランド「G-SQUAD」としてリリースされていたが、「GMA-B800」は、あくまでG-SHOCKブランドの製品となる。

  • GBD-100-1A7JF、GBD-1002JF、GBD-100-1JF

    左からGMA-B800-1AJR、GMA-B800-9AJR、GMA-B800-7AJR

Bluetooth Low Enaergyによるモバイルリンク機能を持ち、スマートフォンの専用アプリ「G-SHOCK Connected」と連携して毎日の歩数や消費カロリーを確認できる。さらに、計測した歩数と走行ペースから運動強度を5段階に判別、グラフ表示することで健康管理をサポートする。

ケースサイズは50.7mm×45.2mm×15.5mm、重量は52g。3モデルをラインナップ、価格は各18,150円で4月発売。