最近では時計機能付きの縦長タッチディスプレイのスマートバンドが増えています。2020年1月17日に発売されたファーウェイ(HUAWEI、華為技術)のスマートバンド「HUAWEI Band 4 Pro」もこのタイプ。

今まで7つの活動量計を使ってきた筆者ですが、ファーウェイのスマートバンドは今まで使ったことがありませんでした。きっと他のと同じような感じなんだろうなーと軽い気持ちで使い始めてみたところ、かなりの高機能で驚きました。中でも睡眠センサー、心拍計、内蔵GPSがスゴイ。約1カ月間使ってみた使用感をレポートします。

  • HUAWEI Band 4 Pro。サイズは縦45×幅19×厚さ11mm、重さは約25g(ストラップ含む)。バンドのカラーはピンクゴールド、シナバーレッド、グラファイトブラックの3色展開

睡眠モニタリングが優秀、二度寝まで感知

筆者がスマートバンドに求める一番の機能は睡眠のモニタリング。その理由は、「長時間寝たハズなのにどうも眠い」といった疑問が、睡眠データを見ることで解消されるからです。でも最初に「HUAWEI Band 4 Pro」で計測した自分の睡眠データを見た時には、「なに? この変な表示」と思いました。

「HUAWEI Band 4 Pro」は「ファーウェイ ヘルスケア」というアプリと連携して、バンドに搭載されている「HUAWEI TruSleep2.0」センサーで計測したデータを閲覧します。このセンサーでは、睡眠中の心拍数をモニタリングして、睡眠時間、深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠を計測できます。

  • 睡眠データには就寝と起床時間、深い睡眠、浅い睡眠、レム睡眠の割合が表示される。スコアや睡眠のアドバイスも参考になる

その図がコレ。浅い睡眠からレム睡眠へ、そこから深い睡眠へと向かう様子がよくわかり、かなり詳しい睡眠データを確認できるようになりました。実は筆者がこれまで使っていたスマートバンドではレム睡眠が計測できなかったので、最初はこの表示の意味がわからなかったのです。

表示されるデータは、睡眠時間、深い睡眠と浅い睡眠、レム睡眠の割合、深い睡眠の連続性、目が覚めた回数など。その結果わかったのが、筆者の睡眠はあまり質が良くないということ。標準(一般的)では20~60%あるという「深い睡眠」が、筆者の場合1%って!

  • 睡眠の質を評価。筆者の場合、深い睡眠が取れていないことがわかった

これらのデータから、良い睡眠になるためのアドバイスを表示してくれます。22時~6時のゴールデンタイムに寝ることや、電気を消して寝ることなども提案され、ちゃんと寝ようという意識が高まりました。おかげでテレビを見ながら寝落ちする回数が減ったように思います。

中でもスゴイところは、これまでどの活動量計も計測してくれなかった昼寝を感知してくれたこと。通常は夜間でないと睡眠時間として認識されなかったのですが、筆者の二度寝を「昼寝」として扱ってくれたのには感動しました。

  • 二度寝した時間を昼寝として表示。ここまでちゃんとモニタリングできるのがスゴイ!

筆者は手帳にライフログを残しているので、睡眠時間をきっちり把握しておきたいのです。今まではこれくらいの時間だったと曖昧に記載していましたが、これからはちゃんと計測できるのでバッチリ!

24時間ずっと心拍を計測、最大値で通知

最近では心拍計が搭載されたスマートバンドが増えていますが、「HUAWEI Band 4 Pro」では「HUAWEI TruSeen3.5」という光学式の心拍センサーで、24時間リアルタイムで心拍をモニタリングすることができます。

  • 心拍測定中の画面表示。画面のタッチで操作できる

  • スマートバンドの裏面に心拍の計測機能(中央)が付いている

心拍数のデータをとるようになると、心拍が高まるタイミングがどんな時かわかってきます。純粋に駅まで急ぎ足で歩いたという時はもちろんですが、筆者の場合、初めての人と挨拶したり、新規の案件の打合せをしたりする時にも、心拍数が高まるようです。こういう自分では気付かない気持ちの揺れがわかると面白い!

  • この日は10時から取材に行ったので、その時間帯の心拍数が高め

「220-年齢」を最大心拍数として、平均の心拍数がその最大を超えた時には、バンドが振動して知らせてくれる機能も付いています。健康面に気をつける上で、とても役立つ機能です。筆者も警告してくれる設定にしていますが、今のところこの件で振動したことはないのでホッとしています。

バンド本体だけでGPS機能が使える

スマートバンドはランニングやトレーニング時にも大活躍。「HUAWEI Band 4 Pro」はバンド自体にGPSを内蔵しているので、スマホに接続しなくても、ランニングコースなどを記録することができます。コレは「HUAWEI Band 4 Pro」に新しく搭載された機能。

ランニングの場合、ウェア自体は薄着なので、スマホを持つためにはウエストポーチを付けたり、ランニング用のベルトなどを使用する必要があります。それがスマホを持たずに、スマートバンドだけで運動できるのは、とても快適だと感じました。

  • ワークアウトの選択画面。イラスト表示付きでわかりやすい

  • ウォーキングしたコースや時間、ペース、消費カロリーなどがわかる

しかも記録できるワークアウトは11種類。ランニング、ウォーキング、サイクリングの3つは、それぞれ屋外と屋内のトレーニングに対応。そのほか、エリプティカル(ステッパーを踏みしめるウォーキングマシン)、ローイング(ボート漕ぎのようなエクササイズマシン)、プール、オープンウォーター(自然の海、湖、川等でのスイミング)、自主練習と、メニューが多彩に用意されています。

筆者は主に屋外ウォーキングを利用しています。スマートバンド側でスタートし、目的地まで歩くだけ。途中、1kmごとに振動で知らせてくれます。歩いたコースがちゃんと地図上に残るだけでなく、運動時の心拍数や有酸素運動の時間、その間のペースや歩数など、詳細なデータが表示されます。運動の効果がちゃんと把握できるので、モチベーションが高まります。

  • 運動時も心拍数を計測しているので、心拍が高めになったら通知してくれる

  • ペースや歩数なども表示。ペースの間が空いているところは信号待ちした部分

中でも興味深かったのが、「詳細」ページのパフォーマンスデータです。トレーニング効果や回復時間、VO2max(最大酸素摂取量)などの情報を知ることで、自分にとって適度な運動量を考えながら、ウォーキングすることができます。

  • 運動の記録がしっかり残るので、モチベーションが高まる

  • パフォーマンス部分のVO2maxで「同年齢の女性との比較:素晴らしい」と表示されたのでウキウキ!

バッテリーは通常の使用で約12日。筆者は心拍モニタリングを24時間にして、睡眠データも継続的にとっていたので、通常よりもバッテリーの減りが早かったのですが、それでも1週間くらいは余裕で使えた印象です。GPSを連続使用すると約7時間とバッテリーの消耗が激しいようですが、筆者の場合は30分くらいのワークアウトなので、途中でバッテリー切れになるようなことはありませんでした。

  • バンドの背面にある2つのPIN充電ポートに充電クレードルをカチッとはめて充電

文字盤を自分好みにカスタムできる

ウォッチフェイスは0.95インチのカラータッチスクリーンを採用。とても見やすく、文字盤を自分が好きなモノに変更できるのも魅力です(Androidスマホとの連携のみ)。こういったカスタマイズ機能は意外と大切。ほぼずっと腕に付けているので、気分を変えるという意味でも、変更できるのは楽しかったです。

「HUAWEI Band 4 Pro」では毎日の歩数はもちろん、毎週、週次レポートで今週の成果を見ることができます。筆者は1日1万歩を目標にしていたので、その目標をどの程度、達成できたのか、グラフで確認することができます。先週、先々週との比較や、これまでの自己ベストも表示されるので、1週間の振り返りができるのも良い機能。

  • 1週間単位で歩数の成果を確認できる。グラフ表示は目標を達成した日とそうでない日がわかりやすい

この歩数計の記録によってメダルが獲得できるのも面白かったです。筆者は1万歩と10万歩のメダルを獲得していますが、1万歩を連続21日、30万歩、フルマラソンなど、いろいろなメダルが用意されているので、運動を継続する良い励みになると思います。

  • どんなメダルでももらえると嬉しいもの。今後、どれだけのメダルを獲得できるのか意欲がわく

汚れにくいデザイン、高機能でも値ごろ感あり

筆者が使っていたピンクゴールドのバンドカラーは、ウォッチフェイスの周囲にゴールドがあしらわれたデザイン。スマートバンドは機能重視で、デザイン性は二の次なものもありますが、このゴールドのあしらいはゴージャス感があって良かったです。

また、ずっと使っていると、バンド部分がテーブルや机などにすれて汚れてくるものですが、「HUAWEI Band 4 Pro」はバンドがシリコン製のせいか、バンドに凹凸のラインが入っているせいか、理由はよくわかりませんが、汚れが目立つことはありませんでした。この点も安っぽくなくて良かったです。これらもろもろの機能付きで、市場想定価格は税抜8,800円。1万円を下回る価格はとてもお値打ち。

ただ、機能面から考えると本格的にスポーツをする人向けなので、もう少しライトに使い始めたい人なら、廉価版の「HUAWEI Band 4」(市場想定価格が税抜4,800円)もおすすめです。