モトローラ・モビリティ・ジャパンは3月16日、ミッドレンジのSIMロックフリースマートフォン「moto g8 plus」を発売します。直販サイトの「Motoストア」における販売予定価格は38,800円(税込)。普及価格帯でありながらも、背面にクアッドカメラを搭載しているなど、カメラへの注力が目立つ端末です。

今回、販売前の実機をお借りできたので、本稿では同機を数日間扱ったうえでの使用感についてレビューをお届けしましょう。

  • moto g8 plus。3万円台というお値頃価格に3カメラ+ToFセンサーを搭載

    moto g8 plus。3万円台というお値頃価格に3カメラ+ToFセンサーを搭載

6.3インチ液晶、段差ナシのなめらかな本体

moto g8 plusは、2019年10月にグローバル向けに先行して発売されていた機種です。6.3インチのフルHD+ディスプレイを搭載しており、ディスプレイ上部にあるノッチも水滴型のため、表示領域は広く感じます。

  • moto g8 plus。カラーバリエーションはコズミックブルーとポイズンベリーの2色

  • 試しに、5.8インチのiPhone 11 Pro(右)と並べてマイナビニュースの記事を表示

本体サイズは約W75.8 × H158.4 × D8.27mm。重さは約188g。身長170cm台の男性である筆者の手で、ぎりぎり片手で扱えるサイズ感です。ただし、標準搭載の「Moto」アプリにある「Motoアクション」機能から、「スワイプして縮小」を有効にしておけば、画面の中心から端に向かってスワイプするだけで片手モードが有効になります。これなら満員電車内などでも片手操作に困ることはないでしょう。

同機に触った印象としては、背面から、側面、ディスプレイまでが段差を感じないよう、滑らかに整えられている点にこだわりを感じました。ただし、カメラ部分が少し飛び出ているので、保護ケースを付けずに使っていると、テーブルに置いたときにレンズ周りの接触が気になるかもしれません。

  • 背面は光沢感のあるグラデーションに。デザインについては、従来モデルの「moto g7 plus」と比べて、全体的に無骨な印象が薄まった印象を受けました

ボタン・ポート類に関しては、右側面に音量キーと電源キー、左側面にSIMカードスロット、上側面に3.5mmイヤホンジャック、下側面にUSB Type-Cコネクタが配置されています。バッテリーは4000mAh。18Wの急速充電にも対応し、同梱のチャージャーを使えば、15分の充電で最大8時間分の駆動が可能です。

  • 右側面には、電源・音量上下キーを配置。電源キー表面はギザギザしていて、見ずとも押し間違えにくい作りに

  • 左側面にはピンで出し入れするタイプのSIMカードスロット。nano SIMを2枚セットでき、DSDVをサポートします。片方はmicroSDカードと兼用

  • 3.5mmイヤホンジャックは上部に

  • 充電用のケーブルはUSB Type-Cで接続する

カメラはAI関連機能が豊富

背面カメラは、トリプルカメラにToFセンサーを加えた構成。メーカーによってはクアッドカメラと呼ぶこともあるでしょう。具体的には、メインカメラ(4800万画素でf/1.7)、深度センサー(500万画素)、超広角アクションカメラ(1600万画素、画角117度)、ToFカメラを備えます。5つ目のカメラにも見える白い丸は、LEDフラッシュです。

  • 上から順に、超広角アクションカメラ、メインカメラ、深度センサー、ToFカメラ、LEDフラッシュ

カメラアプリのUIは、モトローラ流の独特なものになっています。まず、静止画撮影では1倍から8倍までデジタルズーム操作が可能。しかし、超広角アクションカメラはこの画面からは扱えません。広角カメラは動画撮影のUIでのみ使える仕様になっています。

  • 静止画撮影画面のUI。ここには超広角撮影モードがありません

  • デジタルズームは8倍まで対応。左から1倍、4倍、8倍ズーム時。4倍程度ならノイズは目立ちませんでした。なお、指で画面を縦方向にドラッグするとズーム操作になります

光量が少ない環境で静止画を撮影する場合には、4つのピクセルを1つとして扱う「クアッドピクセルテクノロジー」により、感度を上げることが可能です。撮影機能としては、「ナイトビジョン」という夜間撮影モードが用意されています。

  • 夜景などの暗所ではナイトビジョンを有効にすることで高感度の撮影が可能

  • ナイトビジョンモードを有効にして撮影した作例。細部のノイズは目立ちましたが、撮影のプレビュー画面では視認できなかった堀の表面が写り、街のライトも明るくなっています

AIによって被写体を自動で認識して、最適な撮影モードを提案する機能もあります。例えば、食材や料理を撮影しようとすると画面には「料理」という表示が現れます。ここのスイッチをオンにすることで食事の撮影に適した温かみのある色味が適用されるのです。ちなみに、下記の作例では、店舗のライティングの関係もあり、ちょっと加工が強くなりすぎたので、こうしたエフェクトは無い方がよいかなと感じました。そんなとき、撮影モードのオン・オフを撮影者の判断で切り替えられる点もポイントでしょう。

  • 食事を写した場合、「料理」と表示され、スイッチのオン・オフを選べる

  • 「料理」をオンにした場合(左)と、オフにした場合(右)の比較

また、人を撮影したときに三分割法を適用した構図を提案してくれる「スマート構図」機能もユニークです。これは通常の撮影と同時に、写真の構図を調整した「AIショット」をバックグラウンドで撮影してくれる機能。なお、これを利用したい場合には、予めカメラアプリの設定内で、「スマート構図」をオンにしておく必要があります。

  • 1mくらいの距離から1枚の写真を撮影。撮影した写真を「フォト」アプリで表示すると、スマート構図機能により、「元のショット」(右)、「ベストショット」(中央)に加えて、ベストショットの構図を調整した「AIショット」(左)が自動で追加されました。今回は白壁背景の人物写真ですが、もっと背景の奥行きが活きる場所で撮影するとよいかもしれません

動画撮影では、「標準ビデオ」モードと「Action Cam」モードの2つが用意されており、シャッターボタンの左になるアイコンをタップすることで、切り替えられます。「Action Cam」を選択した場合に画角117度の超広角撮影が可能。どちらのモードでも、1倍から8倍までのデジタルズーム撮影ができます。この点は、静止画と共通です。

  • 動画撮影では、シャッターボタン横のアイコンでモードを切り替えられます。Action Camモードの画質は、設定からFHD(60fps)/FHD/FHD(19:9)/HDの4つを選択可能

Action Camモードでは、スマートフォンを縦に持った状態で、横長のアスペクト比で動画を撮影可能。撮影開始・停止の操作は音量キーで行えるため、例えばグローブをつけた状態でも、ガッチリとスマートフォンを握って扱えます。手ブレに関しては、歩いて撮影する程度ならほぼ気になりませんでした。技術的な詳細は公開されていませんが、モトローラ独自のアクションビデオ技術で最適化を図っているとのこと。

ちなみに、Action Camモードでの動画撮影中に、右下に表示されるシャッターアイコンをタップすると、静止画として記録されます。超広角の静止画を残したい場合には、やや手間ではありますが、上記操作を覚えておきましょう。

PUBGは「快適画質」、負荷軽めのゲーム向き

SoCには、ミッドレンジ向けのSnapdragon 655(オクタコア、2.0HGz x 4, 1.8GHz x 4)を搭載。RAMは4GB、ROMは64GBを備え、最大512GBのmicroSDXCカードにも対応します。処理性能としては、ゲーミング性能を追求する場合は除き、多くのユーザーが十分に満足できるものでしょう。

実際に同機で「PUBG MOBILE」をプレイしてみたところ、「快適画質」「標準画質」「HD画質」のうち、最も負荷の低い「快適画質」が適用されました。一方、普段の操作でもたつくことはまったくなかったので、3D描写の多いFPS系のゲームアプリなどを突き詰めてやらない人ならば、性能面を気にする必要は全くないでしょう。

  • 多くのゲームはPUBGのようにアプリ側が自動で負荷を最適化してくれるので、挙動でトラブルを起こすケースはほとんどないと思います

ちなみに、内蔵スピーカーはステレオで、ドルビーアトモスに対応。耳元と底側面にスピーカーが配置されていますが、音のバランスは決して悪くなく、定位はほぼ中央にあるように感じました。最大音量もかなり大きいです。ただし、重低音の表現が弱いので、音源によっては、少しシャカシャカした印象に聴こえることもありました。

性能はそれなりでも、使用感では多くの人が満足できるはず

3万円台後半のミッドレンジモデルとしては、クアッドカメラ(トリプルカメラ+ToF)を搭載しているだけで十分お買い得だと思います。撮影機能も豊富なので、カメラ好きなら楽しめるでしょう。Motoアクションを駆使して、端末を振ってカメラを起動するなどの操作ができる点もユニークです。ただし、超広角アクションカメラで動画撮影を始めると、64GBというストレージはすぐに埋まってしまうはず。動画撮影を前提にするなら外部ストレージの購入は検討しておいた方が良いと思います。

そのほかのディスプレイやサウンドといった性能は、飛び抜けて素晴らしいというわけではありませんが、全体的に及第点を取るようなバランスの整った良機だと思います。非接触決済機能や防水・防塵性能などが備わっていない点だけは注意が必要ですが、それを理解したうえで選ぶなら十分満足できると思います。

(執筆:井上晃)