六本木商店街振興組合及び日本電気(NEC)は2月21日、六本木の安全・安心で賑わいある街作りに向けて、AI(人工知能)などを搭載する「スマート街路灯」を2020年3月から2020年6月にかけて六本木の街に20本設置すると発表した。

  • スマート街路灯のイメージ

今回設置するスマート街路灯は、2019年度の文化功労者に選ばれた照明デザイナーで石井幹子デザイン事務所代表の石井幹子氏と、パリを拠点としI.C.O.N.代表の石井リーサ明理氏がデザインしている。

筐体には、LED照明、カメラ、スピーカー、サイネージを搭載しており、街に関する多様なデータの収集や情報発信により、街と来街者を双方向に繋ぐことが可能という。

石井幹子氏は、これまで六本木交差点を通る高速道路の桁下のデザイン照明(六本木ライトストリーム)や六本木通りの街路灯デザイン、東京タワーのライトアップなどを手掛けているといい、スマート街路灯の先進地区である欧州の事情をよく知るという石井リーサ明理氏と共に、周辺環境と調和の取れた街路空間を演出する。

また、NECグループのAIを利用した画像解析技術により、搭載したカメラの映像から、来街者の移動方向、属性(性別・年代)及び人数を24時間リアルタイムに推定し、データに基づいた集客施策の改善、商店街のさらなる賑わいの創出に活用するという。

さらに、サイネージやスピーカーを使用し、地域のイベントや観光情報、防災情報を発信することで、より便利で快適な街作りを支援するとしている。

カメラの映像は、六本木商店街振興組合が来街者の推定データ取得用途、六本木防犯カメラ運営協議会が防犯用途で用いるが、相互にアクセスできないよう、厳格にネットワークを分離して制御する。

来街者の推定データ取得に使用する際には、カメラの映像を推定データの生成後に即時破棄するという。

来街者個人が特定可能な情報は保存せず、統計情報である推定データのみを保存することで、プライバシーに配慮した仕組みを実現したとしている。

カメラ映像の運用については、個人情報保護法をはじめとする関係法令及び経済産業省などが2017年1月に策定した「カメラ画像利活用ガイドブック」を遵守の上で、関係各機関及び有識者からの助言の下で、六本木商店街振興組合としてのガイドラインを独自に作成したという。

約2年間、このガイドラインに沿った試行運用が無事に実施できたことで、今回の設置に至ったとのことだ。