KDDIは1月31日、2020年3月期 第3四半期決算を発表しました。登壇したKDDI 代表取締役社長の高橋誠氏は、「5G通信の料金プランについて」「楽天モバイルの料金プランについて」「楽天との関係について」「キャッシュレス業界の動向について」「コロナウイルスの影響について」所感を述べました。

  • KDDI 代表取締役社長の高橋誠氏

今期と今後の業績予想について

KDDIの1-3Q 連結業績について、営業利益は8,439億円でした。髙橋社長は「業績は高進捗です。今後の持続的成長に向けて準備を強化していきます」と説明。ライフデザイン領域、およびビジネスセグメントの増益が続いており、「成長領域が業績をけん引している状況」(高橋社長)と評価しています。

  • 1-3Q 連結業績ハイライト。3Qで増益に転換しました

今後の業績予想については、「営業利益の着地点を1兆200億円と定めています。来年度ですが、4月に楽天さんが入ってくる。ソフトバンクさんもPayPayに力を入れていらっしゃる。そのあたりにしっかり対抗できるよう、エンゲージメントを高めるべくコストを使っていきたい。au PAYにおけるキャンペーンにコストをかけ、3G回線の巻き取りも積極的に推進していきます」としました。

  • 1-3Qの業績サマリー

5G時代の料金は?

KDDIは先日、データ容量が無制限の「auデータMAXプランPro」について値下げを発表したばかり。来たるべき5G時代を意識した値下げか、と聞かれた高橋社長は「5Gの料金プランについて、詳しくは3月にお話します。アンリミテッドのプランを値下げした意図としては、他社とは違ってうちはアンリミテッドであること、そこに特徴を持たせている。そこで高止まりしていた料金水準を、よりお客様に受け入れてもらいやすい料金水準に設定したということです。もちろん、この延長線上に5Gの料金プランがあると思っています」。ちなみに、NTTドコモは1月1日より「ギガホ増量キャンペーン」を実施し、通信容量を30GBから60GBに増量していますが、むしろこっちを意識したと高橋社長は語ります。

注目の5G時代の料金プランについては「投資コストもかけていきます。だからARPUを上げていきたいと思う。4G LTEの料金プランより若干、ARPUが上がるような、そこに結びつくような料金設定にしていければ」。詳細については「いま議論しているところ」と繰り返し、具体的な明言は避けました。

  • 3Qのauの総合ARPA収入(ARPAとは、1ユーザーあたりの売上のこと)

5Gのサービス展開については、「最初の段階ではエリアも広くありません。ショーケース的な見せ方になるのでは。夏から秋のタイミングには、5Gに対応した端末もそろってくると思います。4G LTEを立ち上げたときは、端末がスマートフォンに変わるタイミングだったので差別化がしやすかった。今回は、5Gになると何が良くなるのか、について丁寧に説明していきます。端末の進化、データのスピードが速くなること、コンテンツ自体がよりリッチになること。サービスが形を変えていきますので、そのあたりをコンテンツプロバイダと一緒にどう表現していくかが鍵になると思います」。

  • 5G時代に向けた取り組みについて

楽天モバイルの料金プランは?

楽天モバイルは、現時点でまだ料金プランを発表していません。これについて、小容量プランを出してくるという見方がありますが、として予想を聞かれると「楽天さんがアンリミテッドのようなプランを出されると、我々のネットワークを利用する部分において、非常に高額な、まぁ高額なっていうと違いますが(笑)、データ量に応じたローミングの使用料を我々にお支払い頂くことになる。だから、あまり大容量の領域には来られないのかな、と内心では思っています。三木谷さんのことだから、どうされるか分かりませんが。どちらかというと、もう少し安いところに特色を持たせた料金プランをお持ちになる、と一般的にはいわれている。そうした場合に、KDDIグループとしてどう対応するか、いまシミュレーションしているところです」。

楽天モバイルの実情は?

2019年10月以降、KDDIは楽天モバイルにローミングを提供しています。その関係で、利用者の5,000人がどれくらいの通信を使っているか、どこで圏外になっているのか、手に取るように分かると思いますが……と問われると、「さすがにそれは教えられないですね(笑)。何がなんでも。楽天さんとの関係もありますし」と記者団の笑いを誘ったあと、次のように続けました。

「ただ、まぁ無料期間でもあるので、思ったよりもデータ通信が使われているという感覚があります。ついでにお話すると、楽天さんは4月に入ってこられる。基地局数は3,000から、ひょっとすると4,000を超えるというお話もある。我々としては、すごく警戒をしています。エリアは狭いんですが、最初は加入者が少ない。するとトラフィックの品質が良くなる。言葉を選ばずに言うと、ネットワークがスカスカな状態なので通信が速い。電波干渉も少ないので、品質は良いんですね。ここに大きな警戒をしています。しっかり対応しなければいけない。我々は8万の基地局がありますし、圧倒的な差はあるんですが、警戒を怠ってはいけない。先ほどもお話しましたが、エンゲージメントなどの施策をしっかり行い、楽天さんが入ってこられるのをお待ちしたいと思っています」。

楽天との関係は?

楽天の参入が遅れた影響について聞かれると「当初、楽天さんは昨年10月に参入する予定だったので、ある程度のローミング収入をあてにしていた。でも、10月の段階で5,000回線でスモールスタートする、ということが分かった。我々はネットワークをすべて準備していたので、その時点で『ちょっとひどいじゃないですか』というお話はしました。ただ、そう言っても仕方ないので、下期の業績予想を修正しました。これについては織り込み済みで、(営業利益を)1兆200億円としています」。

そう話す一方で、「物流に関して、au Wowma!は2月以降にau PAYマーケットに名称を変更しますが、楽天スーパーロジスティクスの提供を行っており、加盟店も拡大中です。ここは順調です。au PAYの加盟店も、約束通り拡大してもらっています。楽天さんとは良い関係を保ちつつ、戦うところは戦い合う、というスタンスで進めていきたいと思っています」。

ポイントの奪い合いに?

かねてからau WALLETポイントとPontaポイントの連携を進めていたKDDIですが、NTTドコモでも昨日、リクルートと協業してdポイントとPontaポイントを連携していくと発表しました。これに伴い、ポイントの奪い合いになるのではないか、と聞かれると「我々も何となく理解はしていたので、発表に際して驚きはありませんでした。我々としては、ローソンさんと提携したことにより、アプリでも連携してビッグデータをやり取りしたり、新たな顧客体験価値を創造していく、といった深い話までいっている。この環境下で、いかにPontaを良くしていくかに主眼を置いています。リクルートさんとも、その中でしっかり連携していきます」としました。

キャッシュレス市場の動向について

キャッシュレス市場をどう見ているか、については「なんとかPayが乱立していましたが、合従連衡が進んでいくのは間違いありません。というのも、単独では加盟店の開拓にコストがかかりすぎる。Origamiさんも、内実は知りませんが、手数料収入よりも開拓にかけるコストの方が大きく、採算があまりよろしくなかったんだろうと思います。LINEさんも同様。PayPayさんにしても、ペイメントの採算だけ見るとよろしくないのではないか。協調して加盟店を開拓したほうが良い。我々も、できるだけいろんな方と一緒にやりたい。そういう観点では、ご一緒できるところはご一緒に。でも、メルカリさんとOrigamiさんが一緒になるとは思いませんでした。お互いにコストがかかっていた部分が、これで改善されるのかなと思います」。

そして「なんとかPayについては、お客さんのモバイルの口座にポイントをいかに入れていくか。ポイントとコマースが連携しているサービスが強く、これが連携していないと生き残れません。何かを買い、その何十%が還元されて、また買い物にポイントを使う。この循環を作らないといけない。通信会社には従来のポイントの仕組みがあるので、それが強みになります。ドコモさんのdポイント、ソフトバンクさんのPayPay、ここに楽天さんも入ってきますし、中核になる。負けないように、強みを活かして戦っていきたい」と解説しました。

  • au PAYの取り組みについて

コロナウイルスの影響は?

世間を騒がせているコロナウイルスが事業に及ぼす影響について聞かれると、「日に日に状況が変わっていくので心配しています。社内では1月27日に、私を本部長にした対策本部を立ち上げました。auショップ、直営店ではマスクの着用を推奨しており、社内でもパンデミックのマニュアルを持ち合わせて対応します。オリンピックを見据えたテレワークの活用にも慣れていますので、随時対応していきます。武漢にも事務所がありますが、現地社員は自宅待機させています。日本人の駐在員はいません。1月24日に武漢市を含む湖北省への出張を禁止し、28日には中国全土への出張を禁止しました。毎日、状況を見ながら的確に対応していきます」と話していました。