調査会社BCNの発表によると、2019年11月18日~24日のミラーレスカメラの販売実績で、ニコンが11月22日に発売したAPS-Cミラーレス「Z 50」がいきなり1位に輝きました。カメラの完成度の高さもありますが、ズームレンズ2本が付属する「ダブルズームキット」の存在がヒットにつながったと感じます。

  • ニコンのミラーレスでは末っ子となるAPS-C機「Z 50」(右手前)。上位機種のフルサイズミラーレス「Z 6」「Z 7」(左奥)にはない魅力を備えている意欲作だ

スリムでコンパクトな本体は高級感も十分

フルサイズミラーレス「α」でヒットを連発しているソニーを追撃すべく、新マウントを引っさげて参入したキヤノンとニコン。しかし、満を持して投入したはずのフルサイズミラーレスの売れ行きは、残念ながら両社の想定を下回っているとみられます。不振の理由はさまざまな要因が考えられますが、「新マウントで画質向上が図れることを訴求するあまり、高価で重たい交換レンズばかりをラインアップしたことが敬遠された」ことが1つの要因といえるでしょう。

そのようななか、ニコンが11月末に販売を開始したミラーレスカメラの新機種「Z 50」が注目を集めています。Zマウントを採用するフルサイズミラーレス「Z 7」「Z 6」の弟分となるAPS-Cセンサー搭載モデルで、意外にもニコンとしては初めてのAPS-Cセンサー搭載ミラーレスとなります。

  • APS-Cセンサーを搭載するZ 50。全体のシルエットはフルサイズのZ 6と似ており、安っぽさはない

  • こちらはフルサイズセンサーを搭載するZ 6。幅や高さはZ 50よりもひとまわり大きく、存在感がある。センサーサイズの違いも見て取れる

  • Z 50は標準ズームレンズを装着したままでもとてもスリムだ

  • こちらはZ 6。フルサイズ対応のズームレンズはそこそこ長さがある

  • Z 50の背面。操作ボタンの数は若干少なめで、拡大縮小など一部のボタンが液晶右側のタッチセンサーに置き換えられている

  • Z 6の背面。各社の中上級モデルで標準装備となりつつあるジョイスティックを備えている

標準ズームレンズを装着したZ 50を手にして、まず素晴らしいと感じたのが「薄い!」ということ。ミラーレス構造でボディ自体がスリムなのもありますが、標準ズームレンズは使わない時に全長を縮められる沈胴式であることが薄さに貢献しています。バッグにも簡単に収納でき、毎日持ち歩くのも苦ではありません。

  • Z 50(左)とZ 6(右)を標準ズームレンズを装着した状態で比較。レンズの構造の違いが圧倒的な奥行きの差を生み出している

そのように本体やレンズはコンパクトながら、安っぽさがないのも好印象です。ボディやレンズはフルサイズの上位機種と同じ流れをくむデザインで、ボディは金属製で高級感も十分。カメラは趣味で使うものなので、持つ喜びが味わえるのは評価できます。

ダイヤルの数や配置など、Z 6やZ 7で定評のある部分はZ 50にも継承しつつ、記録メディアはXQDメモリーカードから一般的なSDメモリーカードに置き換えられるなど、扱いやすさを重視した設計とした点も注目できます。

  • 電子ダイヤルは前後の2ダイヤルタイプで、Z 6と同じスタイルとなる。シャッターボタンと同軸の電源スイッチもニコンらしさを感じるポイントだ。ボディの質感も高い

  • Z 50は、一般的なSDメモリーカードを利用する。32GB~64GBクラスの大容量タイプも手ごろな価格で入手できるようになった

  • Z 6は、読み書きが高速だが高価なXQDメモリーカードを使うのが悩ましい

ダブルズームキットを用意したことが大きい

Z 50で何より注目したいのが、標準ズームレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と望遠ズームレンズ「NIKON NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」の2本が付属する「ダブルズームキット」を用意していること。フルサイズのZ 7やZ 6にはダブルズームキットはありませんでした。

  • 標準ズームレンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と望遠ズームレンズ「NIKON NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR」の2本が付属するダブルズームキット。Z 50で一番の売れ筋となっている

デジタル一眼レフカメラやミラーレスカメラの入門機は、古くからダブルズームキットが売れ筋となっています。人気の理由は、カメラ本体と交換レンズを別々に購入するよりも圧倒的に安く済むから。実際、「レンズ交換式カメラの入門機を買うならダブルズームキット以外はソン」という認識が広く浸透しており、店頭でもダブルズームキット以外はほとんど売れていません。

「あのダブルズームキットがある!」という点で、Z 50は古い一眼レフやミラーレスからの買い替えを考えている人のハートをつかむ可能性が出てくるのです。ダブルズームキットならば、ズームレンズ2本を単品で追加購入するよりも4万円近くも安くなる計算で、お買い得感でも期待に応えています。

キットレンズ、すごいと感じたのは価格だけではありません。描写性能が高く、被写体をビシッとシャープに描き出してくれます。レンズ内蔵の手ぶれ補正機構の効果も高く、比較的遅いシャッター速度でもぶれずに撮影できました。「価格が安いから描写もそれなり」といった印象はまったくありません。

望遠ズームレンズは、35mm判換算で75~375mm相当をカバーしており、Zマウントでもっとも望遠域を撮影できるのがポイント。最短撮影距離も、テレ端の375mm相当でも約1mと短く、単に遠くの被写体を大きく写せるだけでなく、グッと接写して迫力のある仕上がりにできます。

  • 望遠ズームレンズで猫を撮影。動物瞳AFは搭載しないが、追尾AFを使えば瞳にピントを合わせるのは容易。瞳の周辺のうぶ毛も精細に描き出すなど、キットレンズとは思えない描写性能を誇っている。背景のボケも美しい(NIKON NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、172mm相当、ISO800、1/200秒、F5.3、+0.3補正)

  • 太陽をまるまる写し込んだが、ゴーストやフレアなどの画質劣化はほとんど見受けられなかった。光学性能の優秀さを感じさせる(NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR使用、24mm相当、ISO800、1/200秒、F5.3、+0.3補正)

  • サッと撮っても、自然な遠近感のある写真が得られる。スマホを持っていたとしても、Z 50で撮りたくなる(NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR使用、75mm相当、ISO100、1/125秒、F6.3、+0.3補正)

これら2本のキットレンズが、Z 50の魅力をいっそう高めてくれているのは間違いありません。ぜひ、低価格&コンパクトのコンセプトを受け継いだ単焦点レンズや高倍率ズームレンズを出してほしいと感じます。

撮影性能も不満なし

撮影性能もなかなか優れていると感じました。特に、AE(自動露出)やオートホワイトバランスの性能が高いようで、逆光の状態やさまざまな種類の光源が混じるミックス光の状態でも期待通りに仕上げてくれました。

AFの追従性能や速写性能もなかなかのもの。αシリーズのように、動き回る人物の瞳に食らいつくようにピントが合い続ける…というほどではありませんが、そこそこ軽快に撮影をこなしてくれる印象です。

  • AE(自動露出)性能が高いとも感じた。完全な逆光で真っ暗に仕上がるかと思いきや、わずかなプラス補正だけで狙った通りに仕上がった(NIKON NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR使用、139mm相当、ISO16000、1/200秒、F5.6、+0.3補正)

  • 動体の追尾性能もなかなかで、撮影の腕があまりなくても期待していた写真が撮影できた(NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR使用、75mm相当、ISO500、1/500秒、F6.3、+0.3補正)

  • 屋外に飾られていたクリスマスツリーを、最高感度となるISO51200で撮影。ノイズは多いが、色の付いたノイズではないため、精細感が保たれている(NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR使用、75mm相当、ISO51200、1/25秒、F6.3)

ある程度腕のある人は気になる1台になりそう

各社がこぞって発売したフルサイズミラーレスは、重量級の高画質レンズの投入もあり、「高画質で撮れる」とインパクトを与えました。しかし、かつてのミラーレスの代名詞だった「小型軽量で価格もお手ごろ」という魅力は失われ、気軽に趣味で使いたい入門者~中級者が置き去りにされてしまった印象があります。

そのようななか登場したZ 50は、カメラやレンズを軽量コンパクトに仕上げつつ、速写性能やEVF、ワイヤレス通信など、撮影性能や装備を簡略化しなかったのが評価できます。さらに、フルサイズ機と共通のニコンらしいデザインで、「フルサイズ機の装備やデザインを簡略化した格下モデル」という印象を感じさせないのもポイント。加えて、使い勝手がよくお手ごろ価格のダブルズームキットを用意したことで、満足度の高いミラーレスに仕上がっていると感じます。

  • デザインや装備を見る限りは「フルサイズ機の格下」という印象を受けないのがZ 50のいいところ

カメラ量販店での実売価格は、売れ筋のダブルズームキットが税込み17万円前後(+ポイント10%)となっています。2020年の1月中旬まで実施しているキャッシュバックキャンペーンでは、ダブルズームキットの購入者は2万円のキャッシュバックが受けられます。つまり、ポイント還元も考慮すれば、実質13万円ちょっとでレンズ2本付きモデルがゲットできる計算になります。販売開始間もない最新モデルとしては、なかなか魅力的な価格といえるでしょう。

10年ぐらい前の古いAPS-C一眼レフや初期のミラーレスを使っている人ならば、画質や速写性能、操作性の進化ぶりにインパクトを受けるはず。レンズ交換式カメラをある程度使いこなしてきた人にとって、ちょっと気になるカメラになりそうです。