Acerは、9月6日にドイツ・ベルリンで開幕するIFA 2019に合わせ、9月4日(現地時間)に記者会見を開催。第10世代Coreプロセッサを搭載するモバイルPCや、クリエイター向けノートPCの新製品を発表した。

ディスクリートGPU搭載で軽さ990、薄さ14.95mmの14型ノート「Swift 5」

  • Swift 5

    「Swift 5」新モデルは、14型液晶を搭載するとともに、ディスクリートGPU搭載で軽さ990、薄さ14.95mmを実現

昨年(2018年)のIFAで発表されたSwift 5は、15.6型液晶搭載で990gの軽さを実現していた。それに対し今回発表されたSwift 5の2019年モデルは、以前の14型液晶搭載へと戻されている。

ただ、CPUはIce Lakeこと第10世代Core i7またはCore i5で、最上位モデルではCore i7-1065G7を採用するとともに、ディスクリートGPUとしてGeForce MX250を搭載しつつ990gの軽さと14.95mmの薄さを実現している。CPUには内蔵グラフィックス機能としてIris Plus Graphicsを内蔵しており、ディスクリートGPUを省くことでさらなる軽量化を実現できるという。サイズは318.7×210.5×14.95mm。

  • Swift 5

    ディスプレイは左右ベゼル幅が3.97mmに狭められている。14型IPS液晶でフルHD表示に対応

ボディ素材にはマグネシウム・リチウム合金とマグネシウム・アルミニウム合金の双方を採用し、強度と軽さを両立。14型フルHDディスプレイは左右ベゼル幅が3.97mmに狭められ、画面占有率は86.4%に達する。

メモリはLPDDR4を最大16GB、内蔵ストレージは最大512GBのPCIe SSDで、Wi-Fi 6準拠無線LANも標準で装備。ほか、Thunderbolt 3ポートやWindows Hello対応の指紋認証センサーなどもある。バッテリ駆動時間は12.5時間。欧州での発売時期は2019年9月中で価格は899ユーロから、北米での発売時期は2019年11月で価格は899.99ドルからとなる。

  • Swift 5

    キーボードはアイソレーションタイプで、大型タッチパッドと右にWindows Hello対応の指紋認証センサーを搭載する

  • Swift 5

    ボディ素材はマグネシウム・リチウム合金とマグネシウム・アルミニウム合金の双方を採用

  • Swift 5

    正面

  • Swift 5

    左側面。電源コネクタ、HDMI、USB 3.0、Thunderbolt 3を用意

  • Swift 5

    背面

  • Swift 5

    右側面。オーディオジャックとUSB 3.0を用意

ミドルレンジノートの「Swift 3」新モデルも第10世代Coreプロセッサに強化

ミドルレンジモバイルノートの「Swift 3」2019年モデルは、14型フルHD IPS液晶搭載モデルが用意される。CPUはIce Lakeの第10世代Intel Core i7、Core i5、Core i3で、最上位モデルではCore i7-1065G7を採用。ディスクリートGPUとしてGeForce MX250を搭載するモデルも用意される。

  • Swift 3

    第10世代Coreプロセッサに強化された「Swift 3」新モデル

メモリはLPDDR4を最大16GB、内蔵ストレージは最大512GBのPCIe SSDで、Wi-Fi 6準拠無線LANも標準で搭載するなど、仕様は上記のSwift 5に近い。ただ、サイズは319.5×217×15.95mm、重さは1.19kgとやや大きく重くなっている。バッテリ駆動時間は12.5時間。欧州での発売時期は2019年9月中で価格は599ユーロから、北米での発売時期は2019年11月で価格は699.99ドルからを予定。

  • Swift 3

    フルHD表示対応の14型IPS液晶を採用

  • Swift 3

    キーボードやタッチパッドはSwift 5と同等で、指紋認証センサーも備える

  • Swift 3

    天板はフラットでシンプルなデザイン

  • Swift 3

    正面

  • Swift 3

    左側面。電源コネクタ、HDMI、USB 3.0、USB Type-Cを用意

  • Swift 3

    背面

  • Swift 3

    右側面。オーディオジャックとUSB 3.0を用意

GPUにNVIDIA Quadroを採用するクリエイター向けPC「ConceptD Pro」シリーズ

2019年4月に米国ニューヨークで発表した、クリエイター向けPC「ConceptD」シリーズ。IFA 2019では、そのConceptDシリーズの機能強化モデルとなる「ConceptD Pro」シリーズが発表された。

最上位となる「ConceptD 9 Pro」は、ディスプレイ側面中央にもヒンジを備える独特のフリップ型ディスプレイ「Ezel Aero Hinges」を用いた17.3型 4K IPS液晶を採用する点は従来同様。新モデルでは、CPUがCpre i9-9980HK、ディスクリートGPUがQuadro RTX 5000へと強化されている。

  • ConceptD 9 Pro

    クリエイター向けPC「ConceptD」シリーズ最上位モデルの「ConceptD 9 Pro」

  • ConceptD 9 Pro

    ディスプレイ側面にもヒンジを備える「Ezel Aero Hinges」を採用し、自由なスタイルでディスプレイを利用できる

ディスプレイはAdobe RGBカバー率100%、Delta Eは1未満、Pantone認定も取得した広色域パネルを採用。メモリは最大32GB、内蔵ストレージは最大2TBのPCIe SSD(RAID 0構成対応)だ。Wi-Fi 6準拠の「Killer WiFi 6 AC」も搭載する。サイズは428×303.3×26.5mm、重さは4.3kg。発売時期は欧州および北米で2019年11月を予定しており、価格は欧州で5,499ユーロ、北米で5799.99ドルからとなる。

  • ConceptD 9 Pro

    ディスプレイ下部を手前に引き出した状態

  • ConceptD 9 Pro

    このようにディスプレイを水平近くまで倒して利用することも可能。ディスプレイは17.3型4K IPS液晶で、広色域表示が可能

  • ConceptD 9 Pro

    ディスプレイはタッチおよびペンに対応

  • ConceptD 9 Pro

    天板はフラットでシンプルなデザイン

  • ConceptD 9 Pro

    キーボードはアイソレーションタイプで、右にテンキー機能内蔵型のタッチパッドを備える

  • ConceptD 9 Pro

    正面

  • ConceptD 9 Pro

    左側面

  • ConceptD 9 Pro

    背面

  • ConceptD 9 Pro

    右側面

  • ConceptD 9 Pro

    左側面には、USB 3.0、オーディオジャック、USB 2.0を用意

  • ConceptD 9 Pro

    背面にDisplayPort 1.4、HDMI、電源コネクタを用意

  • ConceptD 9 Pro

    右側面に、Thunderbolt 3、USB 3.1 Gen2 USB Type-C、USB 3.0、ギガビットイーサネットを用意

ConceptD 7 Pro

ミドルハイレンジの「ConceptD 7 Pro」は、CPUが第9世代Intel Core i7またはCore i5となるが、ディスクリートGPUがQuadro RTX 5000 with Max-Q designまたはQuadro RTX 3000へと強化。

  • ConceptD 7 Pro

    ConceptD 7 ProもディスクリートGPUにNVIDIAのQuadroを採用する

ディスプレイは15.6型 4K IPS液晶で、Adobe RGBカバー率100%、Delta E 2未満、Pantone認証取得の広色域パネルとなる。Wi-Fi 6準拠の「Killer WiFi 6 AC」も搭載。サイズは358.5×255×17.9mm、重さは2.1kg。発売時期は欧州が2019年11月、北米が2019年9月を予定しており、価格は欧州で2599ユーロ、北米で2699.99ドルから。

  • ConceptD 7 Pro

    Adobe RGBカバー率100%、Delta E 2未満、Pantone認証取得の広色域表示に対応する15.6型の4K IPS液晶を搭載

  • ConceptD 7 Pro

    キーボードはアイソレーションタイプで、大型タッチパッドも搭載

  • ConceptD 7 Pro

    正面

  • ConceptD 7 Pro

    左側面。電源コネクタ、ギガビットイーサネット、USB 3.0、HDMI、オーディオジャックを用意

  • ConceptD 7 Pro

    背面

  • ConceptD 7 Pro

    右側面。Thunderbolt 3、Mini DisplayPort 1.4、USB 3.0×2を用意

ConceptD 5 Pro

ミドルレンジの「ConceptD 5 Pro」も、ディスクリートGPUがQuadro RTX 3000またはQuadro T1000へと強化されている。ディスプレイは17.3型または15.6型が用意され、解像度はいずれも4Kで、Adobe RGBカバー率100%、Delta E 2未満、Pantone認証取得の広色域パネルとなる点も上位モデルと同様だ。

  • ConceptD 5 Pro

    ミドルレンジの「ConceptD 5 Pro」。17.3型モデルと15.6型モデルを用意。こちらは15.6型モデル

サイズと重さは17型モデルが403.5×280×24.7mm・2.83kgで、15型モデルが363.4×254.15×23.14mm・2.59kg。発売時期は欧州が2019年10月、北米が2019年12月を予定しており、価格は欧州で1999ユーロ、北米で1799.99ドルから。

  • ConceptD 5 Pro

    17.3型、15.6型ともに4K IPSパネルで、Adobe RGBカバー率100%、Delta E 2未満、Pantone認証取得の広色域表示に対応する

  • ConceptD 5 Pro

    キーボードはアイソレーションタイプで、テンキーも用意

  • ConceptD 5 Pro

    左側面にギガビットイーサネット、HDMI、USB Type-C、USB 3.0×2を用意

  • ConceptD 5 Pro

    右側面にはオーディオジャック、USB 2.0、電源コネクタを用意

ConceptD 3 Pro

最下位モデルとなる「ConceptD 3 Pro」も新たに発表。こちらは、CPUに第9世代Intel Core i7またはCore i5を、ディスクリートGPUにQuadro T1000をそれぞれ採用する。ディスプレイは15.6型フルHD対応で、DCI-P3カバー率100%、Delta Eは2未満、Pantone認証取得の広色域パネルとなる。

  • ConceptD 3 Pro

    最下位モデルの「ConceptD 3 Pro」

メモリはDDR4を最大32GB、内蔵ストレージは最大1TBのPCIe SSDおよび最大2TBの2.5インチHDDで、Intel WiFi 6 AX搭載と、上位モデルと遜色のないスペックだ。サイズは363.4×254.5×20.85mm、重さは2.35kg。発売時期は欧州、北米ともに2019年11月を予定しており、価格は欧州で1499ユーロ、北米で1699.99ドルから。

  • ConceptD 3 Pro

    ディスプレイは15.6型フルHD IPS液晶で、Adobe RGBカバー率100%、Delta E 2未満、Pantone認証取得の広色域表示に対応

  • ConceptD 3 Pro

    キーボードはConceptD 5 Proと同等で、テンキーを用意

  • ConceptD 3 Pro

    左側面にはギガビットイーサネット、HDMI、USB Type-C、USB 3.0×2を用意

  • ConceptD 3 Pro

    右側面にはオーディオジャック、USB 2.0、電源コネクタを用意