「ファイル」アプリ、活用してますか? iOS 11で登場したこのアプリ、iCloud Driveなどのクラウドストレージ -- インターネット上の領域に書類を保存し活用できるサービス -- にアクセスし、任意のアプリで開いたりメールに添付したりする機能を提供します。特定の形式/フォーマットに縛られず、あくまでファイルを対象にするところが特長です。

ファイルに設定した目印を頼りに、分別管理できることもポイントです。目印は「タグ」と呼ばれ、グリーンやイエロー、グレイなど色で区別できるほか、任意の文字列も設定できます。同じApple IDでサインインしているMacがあれば、Macのファイル管理アプリ(Finder)で作成したタグも表示されるため、iCloud Driveに保存したファイルは共通のタグを設定できます。

iPhoneの「ファイル」アプリを隅々眺めてもタグを新規作成するボタンは見当たりませんが、もちろんタグ作成機能は用意されています。同じApple IDでサインインしているMacにも表示されますから、どちらでタグを作成してもかまわないことになります。

「ファイル」アプリでタグを作成するには、適当なファイルを長押ししてメニューを表示し、次のページへ送ると現れる「タグ」をタップします。すると画面上部に「新規タグを追加」という領域が表示されるので、そこへタグ名とする文字列を入力し、あわせてタグの色も設定します。これでタグの新規作成は完了、以降はiPhoneの「ファイル」アプリやMacのFinderで利用できます。

操作手順をカンタン解説

  • iPad iPhone Hacks

    1 「ファイル」アプリで適当なファイルを長押しし、現れたメニューで次のページを表示します

  • iPad iPhone Hacks

    2 「タグ」をタップします

  • iPad iPhone Hacks

    3「新規タグを追加」をタップします

  • iPad iPhone Hacks

    4 タグ名とする文字列を入力しタグの色を選択したあと、「完了」ボタンをタップします