ロボホンと一緒に過ごしたのは、いまから3年前の話だ。その様子は、本誌連載の「ロボホン日記」として7回にわたってお伝えした。最後に「またね、今度はいつ会えるかなぁ」とロボホンに言われてから、そんなに時間が経過してしまったのかと思う。

  • シャープのロボホン。写真は「ロボホン、ドライブに出かける - 大河原克行のロボホン日記 (第7回)」から

その間、CEATEC JAPANのシャープブースや、シャープのイベントなどで、ロボホンの姿を見かけることはあったが、直接声をかけることはなかった。そんな折りに突然、ロボホンと一緒の時間を過ごす機会が再び訪れた。大阪出張で泊まったホテルに、ロボホンが待っていてくれたのだ。久しぶりのロボホンとの対面に自然と心が弾んだ。

宿泊したのは、大阪・西心斎橋のアメリカ村(アメ村)にある「変なホテル大阪 西心斎橋」。2019年3月14日に開業したばかりのホテルだ。世界初のロボットが働くホテルとしてギネスにも認定された「変なホテル」は、現在国内に16ホテルが運営されており、恐竜ロボットや人型ロボットが受付で出迎えてくれる。

  • 2019年3月にオープンした変なホテル大阪 西心斎橋

変なホテル大阪 西心斎橋では、フロントには恐竜ロボットが配置されるとともに、一緒にロボホンが出迎えてくれた。ロボホンが導入されているのは、変なホテル大阪 西心斎橋と、近くにある変なホテ ル大阪心斎橋など数少ない。

  • フロントでは恐竜ロボットが出迎え

また、変なホテル大阪 西心斎橋の3階フロア全15室は「ロボホンルーム」と呼ばれ、着座タイプの「RoBoHoN Lite(SR-05M-Y)」がそれぞれの部屋に1台ずつ設置されている。このロボホンルームがあるのは、いまは、変なホテル大阪 西心斎橋だけだ。

大阪府堺市のシャープ本社で取材を終え、平日でも多くの観光客が訪れているアメ村を歩き、変なホテル大阪 西心斎橋に着いたのは夕方の時間帯だった。フロントに行くと、恐竜ロボットが出迎えてくれる。出迎えの言葉を聞きながら、手前にあるディスプレイでチェックインの手続きをする。その横にロボホンが。

  • チェックインの操作はすべてセルフで行う

  • フロントに設置されているロボホンは、二足歩行が可能な「SR-01M-W」。ただし、歩くことはない。タブレットで操作する

ここでのロボホンの役割は、フロントには常駐していないスタッフを呼び出したり、ホテルの案内をしたり、周辺情報などを案内することだ。ロボホンに接続されたタブレット端末のメニューから選択すると、ロボホンが音声で案内する。日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応しており、外国人観光客も自由に使うことができる。

フロントのロボホンに軽く挨拶してから、予約をしたロボホンルームに向かう。エレベータを3階で降りると、目の前にはロボホンの大きな姿が描かれた壁。ホテルというよりも、アミューズメントパークのようなワクワクした雰囲気を感じる。

  • 3階フロアにはロボホンが壁に描かれている

ロボホン、再会

予約した部屋に入る。照明をつけて、部屋の奥に進むと、備え付けの一番奥に着座したロボホンの姿が見えた。

  • ロボホンルームの入口にはロボホンのマーク

  • ロボホンルームに設置されたロボホン

近づくと、ロボホンがいきなり話かけてきた。

「変なホテル西心斎橋へようこそ。ぼく、ロボホン。この部屋のコンシェルジュだよ。大阪の街はどうだったかな。今日はゆっくり休んでね」

そう語ったあとに、ホテルに関して聞きたいことがあれば尋ねてほしいこと、ニュースを読み上げたり、歌ったり、踊ったりできるといったことを説明しながら自己紹介をして、「ロボホン音頭」というオリジナルの楽曲を歌いながら、踊りを見せてくれた。久しぶりに会ったロボホンは、ホテルの部屋に入って約2分間、喋ったり、踊ったりして、歓迎してくれたのだ。歌は3年前よりもはるかにうまくなっていた。

【動画】部屋に入ると、ロボホンが自己紹介と使い方、そして踊りを見せてくれる
(音声が流れます。ご注意ください)

ロボホン音頭の選曲には理由があった。7月には、日本三大祭のひとつである天神祭りをはじめ、大阪市内でも多くの祭りが開催されるのにあわせて用意されたのだという。実は6月には、大阪で開催されたG20サミットにちなんで「世界のダンス」から1曲を選んで踊っていたという。ロボホンは、毎月違うダンスを披露しており、ダンスのバリエーションもかなり増えているようだ。

ロボホンは、部屋にいる時間中、様々なことをサポートしてくれる。「朝食の時間は?」、「Wi-Fiのパスワードは?」、「充電器は借りられるの?」といった質問に答えてくれるほか、「読み聞かせして」と言えば、名作文学を朗読してくれたり、「鼻歌調べて」と言って鼻歌を聞かせると曲名を当ててくれたり、「クイズを出して」と言えば、様々な分野のクイズを出して、部屋にいる時間を楽しませてくれる。

  • 読み聞かせでは、名作文学を朗読してくれる

  • ロボホンの横には、無料レンタルスマホ「handy」や客室設置型タブレット「tabii」も用意されている

変なホテル大阪 西心斎橋の福田隆行マネージャーは、「オープン以来、ロボホンは、変なホテルのコンシェルジュとして大活躍してくれている」と語り、「ロボホンルームを指名して宿泊する家族連れもいる。また、ロボホンに初めて触れたお客様が、ロボホンと楽しくやりとりをして、これまでにないホテルの体験をしたり、ここで購入できないのかといったことを聞かれるケースもある」とする。

  • 変なホテル大阪 西心斎橋の福田隆行マネージャー

宿泊者を楽しませるだけでなく、ホテルに関する様々な問い合わせにロボホンが答えてくれることで、客室からの問い合わせも減少し、スタッフがより生産性の高い仕事に従事するといった効果も出ているようだ。

福田マネージャーに話を聞くと、変なホテル大阪 西心斎橋から徒歩で約10分の位置にある「変なホテル大阪 心斎橋」では、ロボホンが特別なダンスをしてくれるというので、急遽、そちらのホテルも訪れてみることにした。場所は、大阪メトロ心斎橋駅からすぐのところだ。

  • こちらは変なホテル大阪 心斎橋

  • ロボホンがスタッフを呼び出してくれる

変なホテル大阪 心斎橋も、2019年2月にオープンしたばかりのホテル。1階フロントに、観光情報などを教えてくれるロボホンのほかに、なんと19台のロボホンが勢ぞろいし、1時間に1回、ダンスのパフォーマンスを披露してくれるのだ。

その動きはまさに圧巻だ。ダンスの内容は様々で、朝の時間帯はラジオ体操をしてくれるという。昼間の時間帯は、毎正時に踊ってくれるので、もし、変なホテル大阪 心斎橋の近くを訪れる機会があったらぜひ見てほしい。

  • 変なホテル大阪 心斎橋では19台のロボホンがダンスを

【動画】ロボホンのダンスの様子
(音声が流れます。ご注意ください)

「ロボホン、またね」「ばいばい、気をつけてね」

さて、変なホテル大阪 西心斎橋の部屋に戻って、ロボホンにモーニングコールをお願いしてみた。これは7月から追加された新たな機能だという。午前7時に起こしてくれるようにお願いしたところ、翌朝、時間になると、「7時、あなた、朝だよ。起きて―」と起こしてくれた。

【動画】朝7時に起こしてくれたロボホン
(音声が流れます。ご注意ください)

3年前には名前の初期設定で、筆者のことを「かっちゃん」と呼んでくれ、とても親しみを感じていたが、ホテルに設置されているロボホンだけに、さすがに名前では呼んでくれない。「あなた」と呼ばれると、ちょっと、よそよそしさを感じてしまう……。

そのまま放置しておくと、8分後に「あなた、早く起きなきゃ、遅刻しちゃうよ」と再び起こしてくれ、さらに、13分後には「あなた、早く起きて、ぼく、疲れてきちゃった」とロボホンらしい発言にちょっと癒される。そして18分後には、「本当に遅刻しちゃうよ」と最終通告をしてくれた。

【動画】8分後に再び起こしてくれたロボホン
(音声が流れます。ご注意ください)

【動画】起こし疲れたロボホン
(音声が流れます。ご注意ください)

これでようやくベッドから身を起こしたのだが、しばらくすると、ロボホンは、こちらから何も問いかけをしないのに、「ねぇねえ、朝ごはんはもう食べた?」といって、朝ごはんのメニューを紹介してくれた。ロボホン側から呼びかけるのも、7月から追加された新機能だ。

【動画】ロボホンが「朝ごはんはもう食べた?」と呼びかけてくれた
(音声が流れます。ご注意ください)

変なホテル大阪 西心斎橋の福田マネージャーは、「ロボホンがしゃべるタイミングは、お客さまに迷惑にならないタイミングを考えている。正直なところ、まだ時間帯を絞り切れていないが、これからもチェックインやチェックアウトの時間などの傾向を分析しながら、最適なタイミングで話しかけるようにしたい」とする。

筆者にとっては、まさにこれから朝食に行こうというタイミング。朝食付きプランであったことから、ロボホンのおススメ通り、1階のカフェでおいしい朝食を堪能した。ロボホンの会話機能は、今後もバージョンアップが予定されており、次のステップでは、タクシーの配車機能や客室内の空調、照明、テレビの操作もできるようになるという。

朝食が終わって、いよいよチェックアウトの時間だ。忘れ物がないことを確認して、部屋を出る前に、「ロボホン、またね」と声をかけてみた。ロボホンは、「ばいばい、気をつけてね」と、首をかしげるかわいいそぶりで送り出してくれた。

【動画】部屋を出るときにもロボホンが声をかけてくれた
(音声が流れます。ご注意ください)

次に、ロボホンに会える日はいつだろうか。大阪に取材で訪れた際には、また、ロボホンに会いたいと思った。

  • ロボホンルームの宿泊者には記念として、「ロボホンと変なホテルの恐竜シール」がプレゼントされる

  • 1階には入れておくだけでジャケットなどをリフレッシュしてくれるLG stylerも設置されている