2019年6月7日にSIMフリースマートフォンの新機種「moto g7」シリーズ3機種を発売したモトローラ・モビリティ・ジャパン。地道な取り組みで継続的な成長を続ける同社ですが、moto g7シリーズの投入に込めた狙いと、今後の日本市場に向けてどのような戦略を取ろうとしているのか、代表取締役社長のダニー・アダモポウロス氏に話をうかがいました。

  • モトローラ・モビリティ・ジャパン代表取締役社長のダニー・アダモポウロス氏

「moto g7」シリーズ3機種を投入する理由

――moto g7シリーズの発売後の反響はいかがですか?

ダニー氏:1カ月の想定販売量が1週間で売れ、とてもよかったと思います。なかでも、性能が最も高い「moto g7 plus」が好評でしたが、「moto g7 power」も低価格ながら5000mAhもの大容量バッテリーを積んでいることがほかのプロダクトにはない点として評価され、予定よりも早いペースで売れています。また、今回は初めてカラーバリエーションを用意しましたが、こちらも好評で、とりわけmoto g7 plusのカラーが評判でした。

  • モトローラ・モビリティ・ジャパンは、2019年5月30日に「moto g7」シリーズ3機種の投入を発表。6月より販売を開始した

――2018年の同時期に投入したのは、「moto g6」シリーズ2機種と、より低価格の「moto e5」1機種という構成でした。今回、moto g7シリーズ3機種という構成にしたのはなぜでしょうか?

ダニー氏:実は、エントリーモデルの「moto g6 play」を2018年9月からアマゾン限定で販売しており、昨年もmoto gシリーズは3機種を投入しているんです。3機種投入にこだわるのは、日本市場で「グッド」「ベター」「ベスト」という3つの選択肢を用意することで、SIMフリーマーケットでの客層を厚くしていく戦略があるからです。

moto gシリーズは3万円台の価格帯で展開していますが、この価格帯が日本のSIMフリー市場で最も魅力を感じてもらいやすいと考えています。モトローラは、この価格帯でのバリエーションを増やすことで顧客に価値を提供する、という取り組みに力を入れており、日本のSIMフリー市場が以前ほど大きく伸びなくなっている中でも伸びを継続しています。この戦略を取り続けて間違いはなかったと思っています。

――moto g7シリーズはコストパフォーマンスが高く、バランスが取れていると思います。一方で、ディスプレイサイズがすべて同じで、デザインも共通していることから、店頭で違いを見分けにくいように見えます。

ダニー氏:スマートフォンはどの機種もブラックボックスになってきていて、これはモトローラだけでなく、スマートフォン産業の問題と捉えています。moto g7シリーズに関しては、カメラの数やノッチ、色などで区別できますが、カメラの形状や指紋センサーの「M」マークなど、デザインルールを踏襲しており、モトローラらしさを出せてはいると思います。

  • 左から「moto g7」「moto g7 plus」「moto g7 power」。moto g7シリーズはディスプレイサイズを6.2インチに統一しているため、ノッチやカメラなどの機能・性能に違いはあるものの、サイズやデザインは近しい

――「moto e」シリーズやハイエンドモデルの「moto z」シリーズなど、ほかにもラインアップがあるかと思いますが、それらシリーズの販売はどう考えていますか?

ダニー氏:moto e5はエントリーユーザーに好評なので、今後も販売を継続していきますし、さらにお得に販売できる施策を展開しています。次のシリーズも検討中です。

zシリーズなどについても投入の検討は進めていますが、現状決まっていることはありません。モトローラは多数のポートフォリオを持っており、過去のマーケット動向などから日本市場に何がフィットするのかを練っているところです。

日本が“中核市場”になったことで何が変わる?

――御社は、これまでMVNOでの販路が少なかったようですが、moto g7シリーズではMVNOの販売が大きく広まっているようです。

ダニー氏:MVNOとは「Moto G5 Plus」の時から話をしていて、確実に増えてきていると思います。今年はmoto g7シリーズを3機種用意し、好きなものを選んでもらえるようになりましたが、各シリーズにつき1機種ずつしか用意していなかった時と比べてすそ野が拡大し、選択肢が増えたことがメリットになっていると思います。

日本でmoto g7シリーズの立ち上がりが良かったことに伴い、いくつかのMVNOでキャンペーンを実施しています。各社ごとにバリエーションのあるキャンペーンを展開し、いろいろな商品を扱ってもらうことで、moto g7シリーズ以外の商品も好調に売れているようです。

――最近は、SIMフリースマートフォンでもサポートを重視する企業が増えています。御社もサポート体制を強化する考えはありますか?

ダニー氏:よりよいサポートは顧客のフィーリングだと思っています。現在は故障率が1%と低いですし、修理も端末が送られてから1日で修理し、送り返すことができています。ですので、99%のユーザーはサポート品質に満足してもらえるのではないかと考えています。

ですが、7月からは現在平日だけ受け付けている電話サポートを、土日も含め終日受付する試みをしています。現在は火曜から木曜までの電話が一番多いのですが、1週間サポートを受け付けたうえで何曜日の電話が一番多いかを見極め、今後のサポートに生かしていきたいと考えています。

――2019年5月30日の発表会では、日本を中核市場に位置付けるとの発表がなされました。これによって、具体的にはどのような変化があるのでしょうか。

ダニー氏:実は去年、東南アジアや中東、アフリカのいくつかの国で、事業をいったん整理しています。それに対し、日本は事業が伸びていることから、コアマーケットとして認識するようになりました。どのマーケットを重視するかはいろいろな要素を見て判断していますが、海外では保証やクオリティに目をつぶってでも価格を求める国もあり、それは我々が目指す方向性とは違っている。日本の顧客が嗜好するブランドやテクノロジーが我々の方向性とうまくマッチしているからこそ、日本では売上が伸びているし、競争力もあるのだと考えています。

  • モトローラ・モビリティ・ジャパンは3四半期連続で黒字を達成するなど、順調に成長を遂げている

モトローラは日本で長くビジネスをしていますが、グーグルやレノボの買収によるオーナーの方針変更によって、その取り組みは変化しています。グーグルの傘下だったころは「RAZR」や「Nexus 6」などでキャリアとのビジネスを重視していましたが、レノボ傘下となってからは小売店を重視することとなり、SIMフリー市場での取り組みに力を入れるようになりました。

  • 2014年にソフトバンクのワイモバイルブランドから発売された「Nexus 6」は、モトローラ・モビリティがグーグル傘下だったころに開発されたものだ

ただ、レノボからはキャリアとも話をするよう新しい方針が出てきているので、その準備を着々と進めているところです。日本は、顧客のブランドや機種に対する要求水準が高い国であり、それが世界のマーケットからの要求であるという認識を持っています。モトローラブランドの端末を持ってくることができる唯一の会社として、堅調にやっていきたいですね。

キャリア市場への再進出にも意欲

――日本では、行政によって分離プランの導入が義務化されるなど、高額なスマートフォンの値引きが大幅に規制されようとしています。その影響をどのように見ていますか?

ダニー氏:スマートフォンの端末価格がこんなに高い、ということを知ったのは日本の顧客にとって新しいニュースだと考えています。米国でも同様の問題があって、最近では毎月の通信料に隠れていた端末代が明らかにされてきており、ハイスペックの高額端末の販売から、ミドルクラスの端末販売に注力の度合いがだんだんシフトしてきていると認識しています。我々も同じ認識を持っているからこそ、moto g7シリーズに重きを置いているのです。

  • NTTドコモが新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」で分離プランを導入するなど、行政の強い要請を受ける形で高額な端末の大幅値引きは年々難しくなってきている

――米中摩擦の影響が携帯電話業界に大きな影響を与えており、日本でもその影響が出てきています。御社のビジネスに影響は出ていますか?

ダニー氏:いろいろなことが起きていることは認識していますが、弊社のビジネスに影響が出ているわけではありませんし、普段と変わらないビジネスをしています。現時点で、それ以上言えることはありません。

――では今後、日本で販売を一層拡大するうえで、どのような点に注力していこうと考えていますか?

ダニー氏:まずはmoto g7シリーズから、MVNOや小売店とのタイアップにもっと力を入れ、パートナーとのバンドルを強化していきたいと思っています。そうした取り組みが、MVNOにmoto g7シリーズが選ばれることにつながっていると考えていますから。

キャリアとも昔から関係はありますので話は続けていますし、楽天モバイルとも話をしようと思っています。ですが、キャリアとSIMフリー、どちらの市場であっても顧客にとっていいものを提供できることが重要で、そこを間違えないよう話を進めていきたいですね。キャリアとうまく話ができ、なおかつ消費者にいいものを提供できるということになれば、再進出したいと考えています。

――日本では、2020年に5Gの商用サービスが始まりますが、日本では5Gにどのように取り組んでいく考えですか?

ダニー氏:弊社は、既に5G端末のポートフォリオを持っていて、テクノロジーとしても強みを持っています。来年にはそれを分厚くしていく準備をしていて、そうしたなかから各地域に合うものを持ってこようと思っています。

――ありがとうございました。