日立グローバルライフソリューションズは7月10日、同社の調理家電を使ったプレス向けのセミナーを開催しました。会場では、6月22日発売の過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ MRO-W10X」(以下、MRO-W10X)と、7月6日発売のプレミアム炊飯器「圧力&スチーム ふっくら御膳 RZ-W100CM」(以下、RZ-W100CM)を体験できました。両製品とも日立のフラッグシップモデルで、オーブンレンジはこの新モデルから、Wi-Fi対応となります。

  • 過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ MRO-W10X」(写真右)とプレミアム炊飯器「圧力&スチーム ふっくら御膳 RZ-W100CM」(写真左)

スマホ連携で「献立決め」からサポート

MRO-W10Xは、総庫内容量が30Lの過熱水蒸気オーブンレンジ。電子レンジとコンベクションオーブン加熱のほか、給水タンク式の過熱水蒸気調理やスチーム加熱、グリル加熱機能を搭載したフラッグシップモデルです。

新製品でまず気がつくのは、デザインの進化。2018年度の日立オーブンレンジ最上位機種「MRO-VW1」は、箱形の本体に料理メニュー名がズラズラとプリントされた扉に、存在を主張するバー型のハンドルを備え、「いかにもオーブンレンジ」というデザインでした。一方、MRO-W10Xは丸みを帯びた箱形形状の本体に、扉と一体化した目立たないハンドルを採用しています。扉には「解凍」「手動」など、最低限のボタン説明のみをプリントし、レトロ感のあるシンプルなデザインになりました。

  • MRO-W10Xを正面から見たところ。シンプルでレトロ感のあるデザイン

  • MRO-W10X(写真上)と、2018年モデルのMRO-VW1(写真下)の操作ボタンまわりを比較。MRO-W10Xがいかにシンプルなデザインになったかわかります。ダイヤルボタン周りにはLEDが搭載され、光る色で「加熱中」や「データ受信中」などが目でわかるようになりました

  • 扉を開くためのハンドルは、本体扉と一体化したデザインになりました。前面からみると目立たず、上からみても美しい形

日立のオーブンレンジとして初めて無線LANに対応した点にも注目です。専用アプリ「ヘルシーシェフアプリ」をインストールしたスマートフォンとの連携が可能になりました。

アプリでは、焼く・蒸すなどの「調理方法」や「食材」、「料理ジャンル」などから、料理レシピの検索が行えます。レシピを選択すると、材料や作り方をスマートフォンに表示するほか、レシピに記載されているレンジの出力レベルやオーブン温度、加熱時間なども本体に送信可能。外出先からスマートフォンで料理検索できるので、たとえば会社からの帰宅時に献立を決めておけば、家に帰って「今日はなにを作ろうか」と迷わずに済みそうです。よく調理するレシピは「お気に入り」に登録しておけます。

  • ヘルシーシェフアプリのホーム画面。食材やキーワードなどからレシピ検索ができます

  • 人気レシピサイト「クックパッド」で殿堂入りした30レシピも内蔵。「殿堂入り」とは、1,000人以上が実際に作ってクックパッド上でレポート投稿したレシピのことです

  • 会場では、クックパッドの殿堂入りレシピ「トマトで煮込んだロールキャベツ」を実際に作り、試食するデモンストレーションが行われました。耐熱ボウルにトマト缶とケチャップ、顆粒コンソメ、水をいれ、下ゆでしたキャベツで味付けしたミンチを包んだものを投入しています

  • なんと、キャベツの下ゆでも電子レンジの自動メニュー「下ゆで葉・果菜」で行えます

  • 加熱中は、ダイヤル周りのLEDがピンク色に変化。液晶画面には、実行中のレシピ名とともに加熱残り時間が表示されます。食材の重さなどにあわせて加熱時間を調整するほか、一般的に電子レンジの自動メニューに向かない「耐熱プラスチック製ボウル」での加熱にも対応しています

  • 完成したロールキャベツ。加熱時間は18分ほどでしたが、キャベツはトロトロ、肉は弾力がありながらも柔らかい仕上がりに。ロールキャベツ奥にあるのは、同じくクックパッド殿堂入りレシピメニューで作った「ミキサー不要☆簡単! 牛乳でかぼちゃスープ」。本格スープも手軽に作れます

専用アプリによる「手動操作」機能も魅力です。電子レンジや過熱水蒸気、オーブンなどの加熱時間や加熱温度などの設定をスマートフォンから操作できます。とくに便利なのが、オーブンや過熱水蒸気での調理。「余熱あり」や「余熱なし」、加熱温度、加熱時間などをオーブン本体で設定するよりも手軽に行えます。自分で設定したレシピを「我が家のスコーン」などと名前をつけて登録することも可能です。自分で料理をしていると、「よく利用する加熱温度と時間」は固定されてくるので、ありがたい機能ではないでしょうか。

  • スマートフォンから、オーブンを手動設定しているところ。余熱のあり・なし、天板の段数、温度、時間をスマートフォンで設定。オーブン本体で設定するより、わかりやすく、使い勝手がよくなっています

  • 手動設定した調理方法に名前をつけて保存することも可能です。登録した設定を使用するとき、オーブンの液晶画面に自分がつけた設定名が表示されるのも嬉しいポイント

新機能ではありませんが、日立のプレミアムオーブンレンジといえば、「Wスキャン」による自動加熱メニューの精度の高さも人気です。一般的なオーブンレンジは、赤外線センサーで食材の表面温度をチェックして、自動加熱メニューのパワーや加熱時間をコントロールしています。一方、日立のWスキャンは赤外線センサーとともに重量センサーを使うことで、食材の温度と重さの2つの情報から加熱温度や加熱時間を制御。より高精度で、「適温に温める」ことができます。

このほか、庫内内部を白色にして汚れをあえて見つけやすくしていたり、食材を置くテーブルプレートが取り外して洗えたりなど、さまざまな使いやすい機能が搭載されています。

  • 3つの黒いボタン状のものが「トリプル重量センサー」

  • 食材を置くテーブルプレートは、取り外して丸洗いできます。庫内が珍しい白色なのも、あえて汚れを目立たせて、掃除しやすくする配慮なのだそう

「外硬内軟」なご飯とは

日立のフラッグシップ炊飯器で新モデル「圧力&スチーム ふっくら御前 RZ-W100CM」は、従来までの炊飯方法を見直し、新たな炊飯方式「極上ひと粒炊き」を採用しました。極上ひと粒炊きとは、行列ができるという京都の老舗米料亭「八代目儀兵衛」の炊飯方法をもとに、「土鍋炊飯に近い味」を再現する炊飯方式だそう。セミナーに登壇した八代目儀兵衛の総料理長・橋本晃治氏によると、店ではご飯のひと粒ひと粒に弾力がありながら、中はふっくらとした「外硬内軟(がいこうないなん)」な炊き上がりを目指しており、RZ-W100CMもこの「外硬内軟」を追求しているそうです。

  • 圧力&スチーム ふっくら御前 RZ-W100CM。高級感のあるシャープなデザインです

「外硬内軟」なご飯を実現するため、RZ-W100CMがこだわっているのは「浸し」「加熱」「蒸らし」の3ポイント。

一般的な炊飯器は、加熱前に60度ほどの高温で米を浸水させますが、高い温度で浸水させると、米粒の表面が溶けて食感が悪くなることもあります。RZ-W100CMは、40度前後の低温でゆっくり浸水させるのです。

高火力でお米を加熱するため、IHでの発熱性が高い鉄と、伝熱性の高いアルミを用いた「大火力 沸騰鉄釜」を採用。高火力でお米を加熱できるようになったほか、炊飯時の最後に10秒ほど「仕上げ加熱」を入れることで、ご飯の余計な水分を飛ばし、ひと粒ひと粒がシャキッと仕上がります。

  • 「大火力 沸騰鉄釜」は、凸状底面にすることで発熱面積を広げ、より高火力で炊きあげられるようになりました。底面のでこぼこにより、沸騰時に泡が発生しやすく、沸騰による泡で米を踊らせることで炊きムラを抑えます。内釜の重さは約790gで、高級炊飯器の内釜としては軽量。鍋内側はカーボンフッ素で加工されています。フッ素コーティングは、6年保証の対象です

最終段階の「蒸らし」は一般的に、加熱を行わない工程ですが、RZ-W100CMは蒸らし時もあえて98度以上の高温をキープ。炊飯完了時にアツアツのご飯を提供できるため、ご飯をよりおいしく感じるといいます。なお、RZ-W100CMは「蒸気カット」機能を搭載しており、炊飯時の蒸気をカットしてくれます。

  • 内ぶたが二重構造になっており、内部に加熱時の蒸気をためて、蒸らし時に「ふた内ヒーター」で蒸気によるスチーム加熱を行う「給水レスオートスチーマー」を搭載。さまざまな技術で「おいしいご飯」にこだわっています

  • 会場で試食したご飯。表面はなめらかで弾力がありつつ、噛むと柔らかい、まさに「外硬内軟」。口に含んだ瞬間は香りが強いのですが、噛むと中からじわっと甘みが広がります

このほか、0.5合から2合までのご飯をおいしく炊ける「少量」専用モードを用意。スチームと側面ヒーターで、釜内上部の空間を高温に保ち、少量でもおいしいご飯を炊き上げます。

  • 個人的に非常に便利だと感じた「蒸気カット」。蒸気がでないので、棚の奥などにも炊飯器を設置できます

  • 蒸気カット機能や給水レスオートスチーマーにより、蒸気口や内フタは二重になっているので、洗うパーツは5点と多めです

時短でも「おいしい」を諦めない

日立の過熱水蒸気オーブンレンジといえば、もともと電子レンジ性能が高く、「ボタンひとつで思った通り加熱できる」「冷凍ミンチ肉も失敗なく解凍できる」と、忙しい共働き世帯にも人気でした。今回のMRO-W10Xは、献立決めのサポート機能を備え、ますます自炊料理に対するハードルが下がったと感じます。

プレミアム炊飯器RZ-W100CMは、ご飯の食感が非常によくなり、土鍋炊きのようなおいしさが再現できるようになりました。内鍋が軽いので、洗米時や鍋をセットするとき疲れないのも好印象。どちらの製品も、忙しい子育て世帯や共働き世帯でも手間をかけず、それでいて「おいしい」を諦めないための工夫が随所に感じられました。