人気プレミアム炊飯器の新モデルは「ふっくら」炊けるのが特徴

電気圧力なべと同時に試食会が開催されたのが、6月1日発売の「Wおどり炊き SR-VSX9」シリーズです。Wおどり炊きは、パナソニックの人気高級炊飯ジャー。「Wおどり炊き」とは、2種類の「おどり炊き」機能を搭載した炊飯ジャーのことです。

ひとつは、鍋の底と鍋底側面という2つの加熱エリアを高速で切り替えることで、強力な泡の熱対流を生み出して米を鍋のなかで動かす「大火力おどり炊き」。もうひとつは、高い圧力で105°まで鍋内を高温化し、減圧する際に発生する激しい対流を繰り返し作ることで、米をムラなく加熱する「可変圧力おどり炊き」です。

  • SR-VSX9

    2つの「おどり炊き」機能で米を一粒一粒ムラなく炊き上げる「Wおどり炊き」シリーズの最新モデル

  • SR-VSX9

    炊飯ジャー内部に水を入れたカップをセットすることで、蒸気を作り出します。スチームでうまみをコーティングしたり、ごはんの甘みや弾力を引き出す特徴的な機能です

新モデルの最大の特徴は、ごはんの粒を大きく、ハリのある炊き上がりに仕上げる「加圧追い炊きplus」機能の搭載です。炊飯には「前炊き」「炊き上げ」「沸騰維持」「追い炊き・蒸らし」の行程がありますが、この追い炊き・蒸らしの加熱温度を長くとることで、米の粒を大きく、ハリのあるものに仕上げることができるといいます。

パナソニックによると、炊飯最後の行程である「追い炊き・蒸らし」のタイミングは、炊飯ジャー内の水分が少なくなっているので、加熱すると焦げやすいタイミングでもあります。Wおどり炊きの加圧追い炊きplusは、この最後の行程で圧力を長くかけることで、米粒を約10%大きく炊き上げられるそうです。

  • SR-VSX9

    加圧追い炊きplusにより、米を大きく炊き上げられるようになりました。パナソニックの調査によると、「米が大きく炊けているごはんは実際においしいですか?」の質問に約85%がYESと答えています

  • SR-VSX9

    会場で「銀シャリ」コースで炊飯した炊きたてのごはん。みるからにもっちりとした見た目で、「おいしく炊けた証拠」ともいわれる「かに穴」も開いています

また、Wおどり炊きは銘柄にあわせた炊飯ができる「銘柄炊き分けコンシェルジュ」のバリエーションの多さにも定評がありました。新モデルでは、この銘柄に山形県の「雪若丸」と富山県の「富富富」が追加されました。このほか、蒸らし工程で220℃の高温スチームを投入することで「高速炊飯」でももっちりとしたごはんを炊ける「スチーム高速コース」、「玄米高速コース」「麦ごはんコース」などの専用コースも追加されました。

  • SR-VSX9

    米の銘柄にあわせて最適な炊飯方法で炊く「銘柄炊き分けコンシェルジュ」。選択できる銘柄は50種類になりました

  • SR-VSX9

    新モデルでは銘柄多岐分けに山形県の「雪若丸」と富山県の「富富富」が追加。会場では、これに従来モデルでも選べた「つや姫」で炊いた3種類のごはんを試食

  • SR-VSX9

    ごはんを食べ比べてみると、銘柄でずいぶん味が違うことがわかります。雪若丸は比較的ごはんの味が濃厚で弾力が強い食感。つや姫は滑らかな表面と甘みが強く、もちもちとした歯触り。富富富は粘りが強く、香り豊か