NVIDIAは4月5日(米国時間)、GTC 2016にてTSMCの16nm FinFET(16nm FF)プロセスを採用した次世代GPUアーキテクチャ「Pascal」をベースとするハイパー・スケールデータアクセラレータ「NVIIDA Tesla P100」を発表した。

ハイパー・スケールデータアクセラレータ「NVIIDA Tesla P100」の外観

同製品は16nm FFプロセスを用いて153億トランジスタを搭載しているほか、TSMCの3Dスタッキングテクノロジ「CoWoS」の活用により16GBのHBM2(High Bandwidth Memory 2)を搭載。これにより前世代のMaxwellアーキテクチャに比べて、3倍のメモリ帯域幅となる720GB/sのパフォーマンスを提供する。また、新たにサポートした半精度命令(FP16)により、ディープラーニング時のピークパフォーマンス21.2TFlopsを実現するとしている。

Pascal(GP100)のブロックダイアグラム(左)とStreaming Multiprocessor(SM)の構成イメージ(右)

また同社は、同製品の発表に併せて、GPUコンピューティング開発プラットフォーム「NVIDIA SDK」のアップデートを実施。並列コンピューティングプラットフォーム「CUDA」の最新バージョンとなる「CUDA 8」やディープニューラルネットワークの基本命令からなるGPUアクセラレーテッドライブラリ「cuDNN 5」などが発表された。

前世代(Maxwell)、前々世代(Kepler)と最新世代となるPascalの各種仕様比較

なお、同製品は同社のディープラーニングシステムに搭載される形で6月より一般向け販売が開始される予定のほか、主要サーバメーカーからも2017年上旬より提供される予定だという。