つねに持ち歩く小型デバイスなだけに、iPhoneをどこかに置き忘れてしまう、紛失してしまうことは避けられない。しかし、スマートフォンにおけるiPhoneのシェアを考慮に入れると、もっと件数が多くてもいいような……それは「いちど紛失したがすぐ見つかった」という事例が多いからではなかろうか。

Appleは、iCloudのサービスとして「iPhoneを探す」という機能を提供している。その名のとおり、iPhoneの現在位置を探し出し、地図上に表示してくれる機能だ。iPhoneにメッセージを表示したり、警告音を鳴らしたりする機能が用意されているので、拾ってくれた人に注意をうながすことができる。万一の場合には、iPhoneのデータを完全に消去することもできるため、個人情報の漏えいという点からも安心だ。実際、この「iPhoneを探す」を使ってiPhoneを取り戻した、というユーザの話は何度も耳にしている。

しかし、油断してはいけない。メッセージを表示したり警告音を鳴らしたりできるのは、バッテリー残量があるときの話。バッテリーが切れてしまえば、もはやどうにもならない。バッテリーが切れる前に、なにか手を打たねばならないのだ。そして、それは紛失してからでは遅すぎる。

紛失時のバッテリー切れ対策として有効な設定は、バッテリーが残り少ないとき「最後の位置情報」をAppleのサーバに送信すること。電車やバスに置き忘れた場合は紛失後に移動してしまう可能性があるが、バッテリー切れ寸前の位置情報は、紛失したiPhoneを再発見するときの重要な情報になるはずだ。

そして、ここにも落とし穴が。iOS 8の初期設定では、「最後の位置情報」を送信するためのスイッチが無効化されているのだ。つまり、素の状態でiPhoneを使い続けていると、紛失したときにバッテリー切れ直前の位置情報がわからなくなる可能性がある。不測の事態に備え、iPhoneを購入したらすぐ以下の手順でスイッチをオンにしておこう。

操作手順をカンタン解説

1 『設定』を開き、「iCloud」をタップする

2 「iPhoneを探す」をタップする

3 「初期設定では「最後の位置情報を送信」スイッチがオフ(白)にされているため、オン(緑)に切り替える

(提供:iPad iPhone Wire)