マイナビニュース | テクノロジー | 計測機器

関連キーワード

イチオシ記事

1000万分の1秒単位の原子・分子の運動を直接測定できる手法を開発

京都大学(京大)は、大型放射光施設SPring-8を用いて、1000万分の1秒単位で原子・分子の運動の様子をより詳細に観測する手法を確立したと発表した。

[14:29 10/6]

新着記事

一覧

アンリツとレクロイが協業 - PCI Express 4.0試験自動化システムの構築へ

アンリツとテレダイン・レクロイ・ジャパンは、PCI Express 4.0(PCIe Gen4)の試験自動化ソリューションを提供するために協業すると発表した。両社は同協業により、高速IC、デバイス、ネットワークの開発効率化に貢献するとしている。また、この試験システムは次世代PCIe Gen5への拡張性も備え、開発設備投資コストの低減にも寄与するという。

[19:25 9/22]

グローバルな通信規格に準拠したV2Xメッセージ解析ソフトウェアを発売

アンリツは9月13日、日本・米国・欧州の車車間・路車間通信規格に準拠し、V2Xメッセージの解析を可能とする「V2X 802.11p測定・解析ソフトウェア MX727000A」を発売すると発表した。

[19:04 9/15]

新着記事

一覧

キーサイト、BERT用の調整可能なイコライザを発表

Keysight Technologiesの日本法人であるキーサイト・テクノロジーは、高性能BERT「M8040A」用の調整可能なイコライザ機能オプションを発表した。これにより、400Gデータセンター・インターコネクト向けレシーバの物理層での特性を評価するテストラボや研究開発で、テストセットアップの簡素化および再現性が高く正確な試験が可能になる。

[19:56 9/12]

島津製作所、LC-MS/MSでの測定とデータ解析を効率化するソフトを発売

島津製作所は、トリプル四重極型液体クロマトグラフ質量分析計(LC-MS/MS)による試料測定とデータ解析を効率化する3つのソフトウェア製品を発売すると発表した。

[18:23 9/7]

設置面積が従来比30%減のアミノ酸分析計 - 日立ハイテクサイエンスが発売

日立ハイテクサイエンスは9月4日、装置サイズのコンパクト化および従来機種の分解性能と定量性能の両立を実現する高速アミノ酸分析計「LA8080 AminoSAAYA」を発売すると発表した。

[17:25 9/7]

従来機1台のスペースに最大4台が設置可能 - 現場の声から生まれた小型・高性能かつシンプル操作のLC/MS

Agilent Technologiesは、9月6日から8日にかけて幕張メッセにて開催されている分析機器・科学機器専門展示会「JASIS 2017」に出展、それに併せる形で製品開発の責任者らが来日し、出展製品の概要や最近発表された製品の開発背景などを説明した。

[16:59 9/7]

トプコン、高性能な光波距離計を搭載したトータルステーション2機種を発売

トプコンは9月5日、エントリーモデルのトータルステーションSOKKIA「iM-100シリーズ」と「GM-100シリーズ」を発売したと発表した。

[16:59 9/6]

ミズノ、公式球と同じ仕様で、ボールの回転を解析するシステムを開発

ミズノは9月4日、野球ボールの回転を解析するシステム「MAQ(マキュー)」を開発し、プロトタイプを完成させたことを発表した。

[15:50 9/6]

島津製作所、超高速液体クロマトグラフを発売 - 作業者の拘束時間を1/40に

島津製作所は、医薬品の剤形開発や品質管理における、含有成分の溶出試験の作業効率を改善する超高速液体クロマトグラフ「Nexera FV」を発売すると発表した。同製品は溶出試験機と直結しており、含有成分の分析から試験結果のレポート出力までの業務を自動で行うため、作業者の拘束時間を短縮できるという。

[15:47 9/5]

島津製作所、前処理なしで測定できる質量分析計を発売

島津製作所は9月1日、探針エレクトロスプレーイオン化質量分析計「DPiMS(ディーピーアイエムエス)-2020」を発売すると発表した。価格は2000万円(税別)。

[14:24 9/1]

【特別企画】環境中の放射能を監視することで、国民の安心と安全を支える - 公益財団法人 日本分析センター

日本分析センターは、環境放射能・放射線に関する分析専門機関です。本稿では、ストロンチウム90と呼ばれる放射性同位体の分析について、詳しくお話を伺ったので紹介します。

[09:00 8/29]

キーサイト、統合型携帯電話+WiFiプロトコル検証ソリューションを発表

キーサイト・テクノロジーは、携帯電話とWiFiの同時テスト機能を備える「T5510S 携帯電話+WiFiエミュレーションシステム」を発表した。

[08:30 8/28]

NI、MIMO通信向けリファレンスデザインがマルチアンテナのユーザー端末に対応

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は8月24日、NIがオープンソースソフトウェアとして提供している物理層のリファレンスデザイン「LabVIEW Communications MIMO Application Framework」(以下 MIMO Application Framework)に関して、新たにマルチアンテナのユーザー端末(UE:User Equipment)に対応したことを発表した。

[17:04 8/25]

アンリツの「MT8821C」、LTE-Advanced 6CAで最大のスループット試験に成功

アンリツは、サムスン電子のLTEチップセットとアンリツのラジオコミュニケーションアナライザ「MT8821C」を使用して接続検証を実施し、LTE-Advanced 6CAで256QAMを使用した場合の最大スループットである1.2Gbpsでの試験に成功したことを発表した。

[19:00 8/24]

SAS 4.0対応のプロトコル・アナライザを発表 - レクロイ

テレダイン・レクロイは、SAS 4.0(Serial Attached SCSI)24Gb/s仕様のデバイスおよびシステムを検証できるジャマー内蔵プロトコルアナライザ「Sierra M244」を発表した。

[13:35 8/17]

Cat-M1端末の普及へ前進 - アンリツのテストケースがGCF認証取得

アンリツは、LTE-Advanced RFコンフォーマンステストシステム「ME7873LA」において、Cat-M1の80%以上のテストケースでGCF(Global Certification Forum)認証を取得したことを発表した。また、GCFはこれを受け、Cat-M1端末の認証を開始。これにより、Cat-M1端末は規格適合性が保証され、相互接続性が確保された。

[18:01 8/4]

USB-IFでの全項目に対応のプロトコル・アナライザを発表 - レクロイ

テレダイン・レクロイは、USBパワーデリバリコンプライアンステストとUSB Type-Cコンプライアンス・テストに対応したUSB 3.1プロトコル・アナライザ/エクササイザシステム「Voyager M310P アナライザ」を発表した。

[13:59 8/1]

透過画像処理技術を搭載したX線TVシステムを2機種発売 - 島津製作所

島津製作所は、透視画像処理技術を搭載し、ネットワーク機能を強化したX線TVシステム「FLEXAVISION HB package eXceed edition」と「FLEXAVISION FD package eXceed edition」を発売した。

[12:36 7/28]

「不可能」を「可能」に、「普通」を「簡単」に - 今後のシステム設計の方向性を過去から読み解く

技術は目まぐるしい速度で進化します。これは称賛されるべきことであり、新たな技術は積極的に活用していかなければなりません。このような進化による影響は、狭く垂直的な1つの市場にはとどまりません。あらゆる業界にメリットがおよび、すでに市場で確立されたビジネスを展開している企業にも、並外れた破壊力と潜在的な成長の機会がもたらされます。

[09:00 7/27]

日立ハイテク、操作の簡易化を可能とした卓上顕微鏡を発売

日立ハイテクノロジーズは7月25日、卓上顕微鏡「Miniscope TM4000」および「Miniscope TM4000Plus」を開発し、日本国内・海外向けに発売を開始したことを発表した。

[15:37 7/26]

アンリツ、5G対応シグナルアナライザ「MS2850A」のデータ転送オプションを発売

アンリツは7月24日、5G(第5世代移動通信システム)などの次世代高速無線通信用シグナルアナライザ「MS2850A」のデータ転送オプションとして、「高速データ転送外部インターフェースPCIe MS2850A-053」と「高速データ転送用外部インターフェースUSB3.0 MS2850A-054」の2つだ。

[15:47 7/25]

世界中のエンジニアが直面する課題は「解決できない問題を解決すること」 - 短時間で結論を出すのを妨げているものは何か?

世界中のエンジニアが直面している課題は、概念としてはシンプルなものの、実現するには極めて複雑です。それは、「解決できない問題を解決すること」です。さらに、それだけでは飽き足らず、この「解決できない問題」を従来よりもはるかに短期間で、少ないリソースで解決することも期待されています。

[08:00 7/25]

キーサイト、「E-モビリティー向けテストソリューション群」を発表

キーサイト・テクノロジーは7月20日、ハイブリッド車(HEV)や電気自動車(EV)、家庭用バッテリーといった高出力/高電圧製品の市場投入を支援する、E-モビリティ向けテストソリューション群を発表した。

[13:16 7/21]

島津製作所のクロマトグラフ、アジレントのデータシステム制御に対応

島津製作所は7月19日、ガスクロマトグラフ「Nexis GC-2030」およびヘッドスペースサンプラ「HS-20/HS-10」をアジレント・テクノロジーの玄間とデータシステム「OpenLAB CDS」による制御に対応させるためにバージョンアップした「島津GCドライバ」の販売を開始したと発表した。価格は15万円(税抜)。

[19:41 7/20]

キーサイトの基本はカスタマの技術革新を助けること - CEOが語った成長戦略

キーサイト・テクノロジーは7月12日、同社のプライベートカンファレンス「Keysight World2017」を都内で開催。併せて本社Keysight TechnologiesのPresident and CEOを務めるRon Nersesian氏が、同社の現状ならびに今後に向けた成長戦略をメディア向けに説明を行った。

[08:00 7/13]

アンリツ、次世代高速インタフェースのBER測定器を発売

アンリツは、BER測定器の新製品であるシグナルクオリティアナライザ-R(SQA-R)「MP1900A」シリーズを開発、販売開始した。同製品は、200G/400Gイーサネットなどの次世代ネットワークインタフェースと、PCI Express Gen4/5などの高速バスインタフェースの設計・検証で必要とされるBER測定器だ。

[17:04 7/11]

LabVIEW NXGは今後の30年を築くためのソフト - NIがLabVIEWをリニューアルした理由

日本ナショナル・インスツルメンツ(日本NI)は7月10日、都内で2017年5月に米国で開催したプライベートカンファレンス「NIWeek 2017」を踏まえた同社の最新状況の紹介を行った。

[08:00 7/11]

テクトロニクス、400G PAM4電気テストの自動化ソリューションを発表

テクトロニクスは、OIF-CEI-56G VSR/MR/LR PAM4規格の包括的な400G電気コンプライアンス・テストを含む、PAM4テスト・ソリューションの拡充を発表した。

[15:31 6/19]

キーサイト、5G向けチップセット試験と上位レイヤー検証でQualcommと協業

キーサイト・テクノロジーズは、5Gテクノロジーの実現に向け、Qualcomm Incorporatedの子会社であるQualcomm Technologiesと協業することを発表した。

[14:56 6/8]

テクトロ、従来の基準を一新するミッドレンジ・オシロ「5シリーズ」を発表

テクトロニクス社は6月6日、同社史上、最大の投資を行い、"従来の基準を一新する技術革新"を実現したとするミッドレンジ・オシロスコープ「5シリーズ MSO(ミクスド・シグナル・オシロスコープ)」を発表した。

[12:59 6/6]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>計測機器)

 トップへ
IoT機器や電子機器の研究開発や、電子工作などで活用されるオシロスコープやアナライザといった計測機器に関する製品情報やトレンド、プローブの当てかたといった使い方、原理といったホットな話題を詳細な説明を含め、日々お届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事