マイナビニュース | テクノロジー | 計測機器

関連キーワード

イチオシ記事

テクトロニクス、100G製品の量産向け高感度/低ノイズの光モジュールを発表

テクトロニクス社は3月22日、自社のDSA8300型サンプリング・オシロスコープ向けに、トップクラスのマスク・テスト感度ならびに低ノイズ性能の実現により、生産の容量と歩留まりを向上し、現行の100G製品の設計から生産への移行を可能にする新製品となる光モジュール「80C17型/18型」を発表した。また、併せて、IEEE Ethernet規格による光テストのためのTDECQ(Transmitter and Dispersion Eye Closure) PAM4、および関連サポート測定を含む、400Gテスト・ソリューションの強化も発表した。

[18:39 3/22]

新着記事

一覧

アンリツ、実動作状態でIEEE802.11ac機器の評価を可能とした測定器を発売

アンリツは3月27日、IoTの普及にともない市場が拡大しているWLAN搭載機器の評価用測定器として、ネットワークモードでIEEE802.11ac 搭載機器の評価を可能としたWLAN搭載機器のRF送受信特性試験向けワイヤレスコネクティビティテストセット「MT8862A」を発表した。

[07:30 3/28]

テクシオ、EMCの予備試験を簡易的に行えるEMCプリテストセットを発表

テクシオ・テクノロジーは、EMCの簡易テストプログラムを搭載したスペクトラムアナライザ「GSP-9330」と、垂直および水平の測定値間の差を低減するように設計されたEMI近傍界プローブセット「GKT-008」を組み合わせることでEMCの簡易テストを可能としたEMCプリテストセットの販売を開始したと発表した。

[19:18 3/27]

新着記事

一覧

テクトロ、Raspberry Piに研究開発を促進するテストソリューションを提供

Tektronixの日本法人であるテクトロニクス社は、TektronixがRaspberry Piの研究/開発(R&D)ラボに対して、自社の高速テスト・ソリューションを提供すると発表した。同ラボは、高速シリアル設計と検証テストにフォーカスしたもので、今回提供される25GS/s任意波形ジェネレータ「AWG70002A型」や23GHzミクスド・シグナル・オシロスコープ「MSO72304DX型」などを含むミクスドシグナルテストソリューションを活用することで、高速かつ複雑な検証テストを実施することが可能になるという。

[18:25 3/27]

レクロイ、電源の詳細解析向けデジタル・パワマネ解析オプションを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは3月17日、オシロスコープを使って高度な電源システムの挙動を詳細に解析することが可能なデジタル・パワー・マネージメント(パワマネ)解析オプション「DIG-PWR-MGMT」を発表した。なお、価格は30万円(税別)となっている。

[16:59 3/17]

アンリツのポータブル測定器「MT1000A」が100GbEの評価に対応

アンリツは3月15日、同社のネットワークマスタ プロ「MT1000A」に新開発の「100Gマルチレートモジュール MU100011A」を搭載することで、100GbpsイーサネットやOTU3/OTU4の伝送品質試験が可能となったこと、ならびにデータセンタで使用される25Gbpsイーサネットや16Gbpsファイバチャネルも評価も可能となったことを発表した。

[07:30 3/16]

日本NI、航空宇宙/防衛/ワイヤレス分野向け機能を拡張したSDR製品を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は3月14日、同社のソフトウェア無線(SDR:Software Defined Radio)製品群として、OTA(Over-The-Air)での信号の収集と解析を目的に開発された4チャンネルの受信専用機種「USRP-2945」、ならびに広帯域ワイヤレス通信の研究用途をターゲットに2×2のMIMOに対応した「USRP-2944」を発表した。

[12:49 3/14]

オリックス・レンテック、自動車/鉄道車両の運転性能計測器をレンタル開始

オリックス・レンテックは3月7日、自動車業界、鉄道業界などで、ブレーキ試験や加速試験、走行安全システムの検証など車両運転性能の計測に使用される多チャンネルデータロガー「SIRIUS(シリウス)」(DEWESoft製)のレンタルサービスを開始したと発表した。

[18:34 3/8]

日本NI、オシロ/関数発生器の性能向上させた「VirtualBench」新製品を発表

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は3月7日、同社のオールインワン計測器「VirtualBench」の新モデルとしてオシロスコープと関数発生器の性能を従来品より高めた「VB-8054」を発表した。

[12:23 3/7]

日本NI、自動テストの展望についてまとめたレポートの2017年版を発表

National Instruments(NI)の日本法人である日本ナショナル・インスツルメンツ(日本NI)は3月3日、自動テストの展望についてまとめた「Automated Test Outlook 2017(自動テストの展望 2017)」を発行した。

[16:35 3/3]

キーサイト、6万円台から購入できる6-in-1オシロスコープシリーズを発表

キーサイト・テクノロジーは3月2日、「オシロスコープ」のほか、「シリアル・プロトコル・アナライザ」、「デジタル電圧計」、「周波数カウンター」、「周波数応答解析(ボード線区)」、「ファンクションジェネレータ」といった最大6つの機能を1台に統合しながら、価格も6万円台からの購入を可能とした6-in-1オシロスコープ「InfiniVision 1000Xシリーズ」を発表した。

[17:52 3/2]

アドバンテスト、計測システム「EVA1000」用アナログモジュールを発表

アドバンテストは2月28日、同社の計測システム「EVA100」に向け、車載デバイスなどでニーズが高い高精度アナログ/ミクスドシグナルICの主要パラメータの計測を可能とする高分解能・高速アナログデバイス向けモジュール「HF-AWGD」を発表した。

[06:00 3/2]

キーサイト、オシロスコープ機能などを提供するPXIeモジュール10機種を発表

キーサイト・テクノロジーは2月23日、PXIeモジュール型計測器としてオシロスコープの機能を実現するものや、FPGAを内蔵したデジタイザ/任意波形発生器など10モデルを追加したと発表した。

[11:00 2/23]

【特別企画】ガスクロマトグラフ分析にイノベーションを - アジレント・テクノロジー「Intuvo 9000GC」の革新的ユーザビリティに迫る

2016年秋、アジレント・テクノロジーはガスクロマトグラフ(GC)の画期的な新製品「Agilent Intuvo 9000 GCシステム」の販売を開始した。革新的な技術を搭載した新製品は、従来のGC分析においてボトルネックとなっていた操作上の煩わしさを一掃する。

[08:30 2/10]

キーサイト、米IXIAを約16億ドルで買収

Keysight Technologiesの日本法人であるキーサイト・テクノロジーは、物理ネットワークや仮想ネットワークに向けた測定器やテスタを提供する米IXIAをKeysightは買収すると発表した。

[19:41 2/2]

テクトロ、最高32Gbpsに対応したプロトコルアウェアBERTを発表

テクトロニクス社は2月1日、最高32Gbpsのプロトコルアウェア・ビットエラーレートテスタ「BSXシリーズBERTScope」を発表した。

[08:00 2/2]

NI、オースティン本社に「NI Industrial IoT Lab」を開設

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は1月25日、米National Instruments(NI)が米テキサス州オースティンの本社に新たな研究施設「NI Industrial IoT Lab」を開設したと発表した。

[12:02 1/25]

レクロイ、微小信号の計測向け光アイソレーション・プローブを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは、パワーエレクトロニクス回路中の高電圧バスにフローティングした微小信号の計測向け光アイソレーション・プローブ「HVFO」の販売を開始したと発表した。

[14:55 1/16]

横河、350nm~1750nmのレーザを評価できる光スペクトラムアナライザを発売

横河メータ&インスツルメンツは、波長範囲350nm~1750nmのレーザの光スペクトルを、広い測定ダイナミックレンジと高い波長分解能で高精度に測定する光スペクトラムアナライザ「AQ6374」の発売を開始したと発表した。

[15:55 1/11]

【特別企画】冬の鍋パーティー換気の極意、窓はできるだけ開けた方がいいのか?

冬の食卓の定番メニューと言えば“鍋”。この時期、忘新年会等で家族や友人たちと鍋を囲む機会も多いだろう。しかし、ただでさえ人が集まる空間で換気が気になっている人も多いのではないだろうか。また、参加者の中に喫煙者がいれば、室内の空気環境は大きく悪化してしまう。さらに、鍋からの蒸気や外気との温度差から部屋の窓ガラスが結露するといった懸念点もある。

[08:00 12/28]

キーサイト、PXIeモジュール型計測器にサイズや性能の異なる3モデルを追加

キーサイト・テクノロジー(キーサイト)は12月5日、PXIeモジュール型計測器のラインナップに新たにサイズや性能の異なるPXIeシャーシ 3モデルを追加すると発表した。

[10:23 12/5]

【特別企画】「ANSYS AIM」体験で見えたデザインと解析の可能性 - 直感的に構造・流体解析を実現

新製品開発や設計の現場で使われる汎用エンジニアリングシミュレーションソフトウェアや、ソリューションシステムを提供しているANSYS(アンシス)。展開しているさまざまなツールの中でも、構造、流体、熱、電磁界の解析を一元化された環境で行えるよう最適化されたのが「ANSYS AIM」と呼ばれるシミュレーションソフトだ。

[08:00 12/5]

テクトロニクス、体積抵抗率・表面抵抗率測定向けソリューションを発表

テクトロニクス(テクトロ)は12月1日、ASTM D257、IEC 60093などの規格に準拠した、高抵抗率測定向けソリューション「KICKSTARTFL-HRMA」を発表した。

[13:33 12/1]

テクトロ、レーダ設計向けワイドバンド・シグナル解析ソリューションを発表

テクトロニクス社は11月30日、800MHzのリアルタイム取込帯域と、全帯域での2時間のストリーミング・ストレージ機能をワンソリューションで実現したワイドバンド・シグナル解析ソリューション「RSA7100A型」を発表した。

[13:44 11/30]

日本NI、自動運転車の市場に向けたテストソリューションを公開

日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は11月17日、自動運転車の市場に向けたテストソリューションの構成要素となる新技術のデモを実施したと発表した。10月25日~27日に米ミシガン州で開催された「Automotive Testing Expo(ATE) USA 2016」で公開された。

[12:09 11/17]

オリンパス、工業製品洗浄市場向けコンタミネーション解析システムを発売

オリンパスは11月16日、自動車・航空部品の品質管理に必要な工業規格に対応したコンタミネーション解析システム「CIX100」を発売すると発表した。

[13:02 11/16]

レクロイ、自動車の研究開発強化に向け米国ミシガン州に研究拠点を開設

テレダイン・レクロイは、自動車の研究開発との連携強化に向けた組織「オートモーティブ・ソリューション・グループ」を立ち上げ、米国ミシガン州ファーミントン・ヒルズに拠点となる「オートモーティブ・テクノロジー・センター」を開設したと発表した。

[19:31 11/15]

レクロイ、電源レールプローブ「RP4030」とSPMIデコードオプションを発表

テレダイン・レクロイ・ジャパンは11月10日、電源レール・プローブ「RP4030」とMIPIシステム・パワー・マネージメント・インタフェースに対応したSPMIデコード・オプションを発表した。

[08:00 11/11]

キーサイト、最大1.5THzのネットワーク/スペクトラム解析を実現

キーサイト・テクノロジーは11月9日、Virginia Diodes Inc.(VDI)と連携して、スウェーデンのチャルマース工科大学向けに、1.5THz測定システムを開発したと発表した。

[10:48 11/9]

テクトロ、DisplayPortコンプライアンステストを短縮する新ソリューション

テクトロニクスは11月8日、従来のDisplayPortソリューションに比べて、コンプライアンス・テストの所要時間を大幅に短縮する、新しいDisplayPort Type-Cトランスミッタ・テスト・ソリューション「Opt. DP12 DisplayPort1.2ソース自動テスト・ソリューション」を発表した。

[15:26 11/8]

テクトロ、ONFIフラッシュ・メモリ規格用テスト・ソリューションを発表

テクトロニクスは11月7日、ONFI(Open NAND Flash Interface)フラッシュ・メモリ規格用テスト・ソリューション「TEK-PGY-ONFI ONFIテスト・ソフトウェア(TEK-PGY-ONFIソフトウェア)」を発表した。

[16:02 11/7]

バックナンバー

このカテゴリーについて (テクノロジー>計測機器)

 トップへ
電子機器の開発に欠かせない計測機器の話題をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事