「IoT」最新記事一覧

IoTに関する技術トレンド、活用方法、ビジネストレンドなどを網羅。ハウツー記事も掲載

関連キーワード

ヘッドライン

[Citrix Synergy 2017]CEO、クラウドとセキュリティに注力する新生Citrixをアピール

米Citrix Systemsが5月23日から25日まで、米フロリダ州オーランドで年次カンファレンス「Citrix Synergy 2017」を開催した。基調講演で、CEOのKirill Tatarinov氏は「クラウドとデータにより、顧客がデジタルで先行する"デジタルフロンティア"企業になることを支援していく」と訴えた。

[11:30 5/26]

IoT広告が目指す未来 第1回 IoT・ウェアラブルの普及は、広告のあり方をどのように変えていくのか?

日本ではまだまだ定着していないコネクテッドホーム製品・IoT家電・ウェアラブルデバイス(IoT)。海外では、日常に欠かせないものになりつつあります。本稿では、IoTがどのように消費者の生活と企業のマーケティング活動のあり方を変えていくのか。IoTを活用した広告の可能性について触れていきます。

[13:43 5/25]

NICTとアサヒ飲料、子供の飛び出しなどをつぶやく「見守り自販機」の実証

情報通信研究機構(NICT)ソーシャルイノベーション推進研究室は5月23日、アサヒ飲料と共同で、「交通安全」「観光」などのリアルタイムな地域情報をマルチホップ中継しながら発信もできるIoT対応の「見守り自販機」の実証実験を、墨田区を中心としたエリアで6月から順次実施すると発表した。

[11:09 5/24]

Microsoft、プログラミング言語「P」を紹介

Microsoft Researchは5月19日(米国時間)、「P: A programming language designed for asynchrony, fault-tolerance and uncertainty - Microsoft Research」において、同社が開発しているプログラミング言語「P」を紹介した。「P」はGitHubにおいて、MITライセンスの下、オープンソース・ソフトウェアとして公開されている。

[09:35 5/24]

国内コンサルティングサービス市場の2021年までの成長率は3.9% - IDCが調査

IDC Japanは5月22日、ビジネスおよびITコンサルティングで構成される「国内コンサルティングサービス市場」予測を発表した。これによると、2016年~2021年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は3.9%で成長し、2016年の6792億円から、2021年には8238億円に拡大するという。

[14:53 5/22]

丸紅など、無線でパブリッククラウドに閉域接続可能なモバイルサービス

丸紅と100%子会社の丸紅無線通信は5月19日、丸紅が販売するパブリッククラウドサービス「Cloudest」上で提供する新サービスとして、「クラウド閉域接続モバイルサービス」を発売した。価格は、200回線利用時で1回線あたり月額685円(別途初期費用が必要)~。

[09:50 5/22]

自家用車がまるで遊園地のアトラクションに!? KDDIの「5G」が実現するエンタメの世界

スマートフォンの通信速度が、現在の100倍くらい速くなったら? 空想上の話のように聞こえるが、実はほんの数年後に、そんな世界がやってくる。では、来たるべき"超"高速通信で、私たちはどんなサービスを利用できるのだろうか。KDDIが公開した、次世代通信規格「5G」を活用したデモは、近い将来を待ち遠しくさせるに充分なものだった。

[21:02 5/19]

デジタル革新を顧客と進める富士通が目指すものとは?

富士通は5月18日と19日、「Human Centric Innovation : Digital Co-creation」をテーマに、デジタル革新に向けた共創の取り組みや、IoT、AIをはじめとする最先端テクノロジーについての展示やセミナーを行う「富士通フォーラム2017」を開催。ここでは、初日に行われた基調講演の様子を紹介しよう。

[11:00 5/19]

LinuxベースOS「Tizen 4.0」登場

fossBytesに5月17日(米国時間)に掲載された記事「Linux-based Tizen 4.0 Open Source Operating System Released|fossBytes」が、Samsung Electronicsからオープンソースのオペレーティングシステム「Tizen 4.0」が発表されたと伝えた。このオペレーティングシステムはスマートフォンに限らず、ハイエンドからローエンドまでさまざまなデバイスで動作することが想定されている。

[11:00 5/19]

NSWなど、東京・表参道でIoT利用のスマートごみ箱の実証実験

日本システムウエア(NSW)と分別回収コンサルタントのアートファクトリー玄は5月18日、スマートごみ箱「BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)」を商店街振興組合原宿表参道欅会に提供し、実証実験を開始した。

[10:46 5/19]

AIにロボット「富士通フォーラム2017」の見所を徹底レポート

富士通は5月18日と19日、「Human Centric Innovation : Digital Co-creation」をテーマに、デジタル革新に向けた共創の取り組みや、IoT、AIをはじめとする最先端テクノロジーについての展示やセミナーを行う「富士通フォーラム2017」を開催する。今回、プレス向けに事前に取材する機会を得たので、注目を集めた展示を紹介しよう。

[09:11 5/18]

ニュータニックス、HCIとクラウドで企業競争力向上を支援する新組織を設立

ニュータニックス・ジャパンは5月16日、都内で記者会見を開き、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)や「エンタープライズクラウドプラットフォーム」の普及促進に加え、広範囲なエコシステムの構築を図るとともに、企業競争力を高めることを目的とした、同社のパートナーによる組織「Enterprise Cloud Association」を設立したと発表した。

[11:01 5/17]

データベース開発製品「SI Object Browser」EDB Postgres 9.6対応版を発表

システムインテグレータは5月16日、PostgreSQLおよびEnterpriseDBが提供するEDB Postgres 9.6に対応したデータベース開発支援ツール「SI Object Browser for Postgres Ver.3.0」を6月1日付けでリリース、同製品の販売代理店を務めるアシストが同日より販売を開始すると発表した。

[15:37 5/16]

オークマ×日立、マスカスタマイゼーションの先進モデル確立に向け協創開始

オークマと日立製作所は、IoTを活用し、マスカスタマイゼーションに対応した高効率生産の先進モデル確立に向けた協創を開始し、オークマの新工場「Dream Site2」(愛知県丹羽郡)において実証モデルを立ち上げたことを発表した。

[15:26 5/16]

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第111回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(51)Industry 4.0

漫画家・コラムニストとして活躍する兼業作家・カレー沢薫氏が、日常と創作にまつわるエピソードをつづる全クリエイター必読のコラム。第60回から、カレー沢氏がIT用語をテーマに語る特集コラムを開始しています。今回のテーマは「3Dプリンタ」です。

[12:00 5/16]

セゾン情報、ノンプログラミングでエッジコンピューティング実現のIoT製品

セゾン情報システムズは5月10日、同社が販売・提供する国産ファイル連携ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」のIoT製品として、ノンプログラミングでエッジ・コンピューティングを実現する「DataSpider Edge Streaming」(プロトタイプ版)を発表した。

[10:08 5/15]

SCSK、PCやスマホでトイレの空きがわかるシステム「LeadRest」提供

SCSKは5月12日、トイレの個室状況を自席のPCやスマートフォンから確認できるWebシステム「LeadRest(リード レスト)」を、2017年5月12日から提供を開始すると発表した。すでに3月から都内の自社オフィス2棟(計42カ所)に導入しており、今後もオフィスビルや業務施設に向けに提供していくという。

[16:00 5/12]

富士通、デジタルビジネスの変革に向けた共創のためのサービスを拡充

富士通は5月11日、都内で記者会見を開き、IoTやAIなどのデジタルテクノロジーの活用によりビジネス変革を加速させ、顧客の新たな事業やサービスの創出に向けた、共創のためのサービスプログラムを拡充し、提供を開始すると発表した。

[10:09 5/12]

富士通、現場のコミュニケーションの活性化を支援するIoTソリューション

富士通は5月11日、さまざまな現場でのコミュニケーションの変革を実現する「FUJITSU IoT Solution Smart Communication(フジツウ アイオーティーソリューション スマートコミュニケーション、以下、スマートコミュニケーション)」の提供を開始すると発表した。同ソリューションでは、IPトランシーバー、チャットや写真を活用したマルチメディアなコミュニケーションサービスをスマートフォン1台に集約する。

[17:00 5/11]

阿久津良和のITビジネス超前線 第2回 変わりつつある巨人「日本オラクル」の今

日本オラクルの名前を耳にすると「JavaやRDMBSの会社」と思われる方が大半だろう。筆者も数年前まではそう考えていた。だが、最近の動向を目にすると同社が著しく変化していることに気付かされる。

[15:45 5/11]

ウインドサーフィンのスキルをIoTで向上 - 富士通、ラピスらが実証実験

日本ウインドサーフィン協会と富士通、ロームグループのラピスセミコンダクタは11日、IoTによるウインドサーフィン選手のセーリングスキル向上を目的とした実証実験を行うと発表した。実施期間は2017年5月11日~9月30日の約5カ月間。

[12:27 5/11]

富士通、IoTでウインドサーフィンのセーリングスキル向上のための実証実験

日本ウインドサーフィン協会、富士通、ラピスセミコンダクタは5月10日、IoTによりウインドサーフィン選手のセーリングスキル向上を目的とした実証実験を2017年5月11日から9月30日の約5カ月間実施すると発表した。

[12:00 5/11]

ビッグデータの新たなテクノロジーの理解がDX実現への近道 - IDCが調査

IDC Japanは5月10日、国内ビッグデータ・インフラストラクチャの技術動向分析結果を発表した。これによると、ユーザー企業にとってビッグデータ・インフラストラクチャにおける新たなテクノロジーの理解は、DX(デジタル・トランスフォーメーション)エコノミーのリーダーになるかフォロワーになるかの分水嶺になるという。

[10:30 5/11]

富士通ら、IoTを活用したビル設備監視システムの有効性を共同実証

富士通、大成、スタディストの3社は5月10日、富士通のセンサーデバイスとクラウド型のIoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」、大成のビルメンテナンス業務に関するノウハウおよびスタディストのクラウド型マニュアル作成・共有プラットフォーム「Teachme Biz」を連携させ、ビル設備の異常検知と状況に応じた作業指示マニュアルの自動配信が行えるビル設備監視システムを構築したと発表した。

[09:42 5/11]

IoT/M2M 2017 - 置くだけセンサでIoTを手軽に開始可能とするサン電子

サン電子は、2017年5月10日から12日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されている「Japan IT Week 春 2017」内の「第6回 IoT/M2M展」において、自社のM2Mリナックスゲートウェイ「Rooster GX」の後継機として開発が進められているIoT/M2Mリナックスゲートウェイの展示や、その場に置くだけで必要とするデータの取得が可能となるIoTセンサスターターキット「置くだけセンサPoCパッケージ」の実機デモなどを行っている。

[08:00 5/11]

IoT/M2M 2017 - IoTを取り巻くあらゆる無線をソリューションでカバーするTelit

Telit Wireless Solutionsは、2017年5月10日から12日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されている「Japan IT Week 春 2017」内の「第6回 IoT/M2M展」において、自社が手がけるLTE、無線LAN、Bluetooth、NFC、GPS/GNSS、近距離無線通信の各モジュールの展示を行っているほか、IoTプラットフォーム「deviceWISE」の紹介も行っている。

[08:00 5/11]

IoT/M2M 2017 - マクニカが提案する用途に応じたIoT端末を手軽に開発できるソリューション

マクニカは、2017年5月10日から12日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されている「Japan IT Week 春 2017」内の「第6回 IoT/M2M展」において、4月より取り扱いを開始したデリバリーサービスロボット「Relay」のデモや、センサ、マイコン、無線、セキュリティを組み合わせてモジュール化できるIoTセンサ端末「Mpression One IoT Module」と、パートナーのゲートウェイおよびクラウドサービスを組み合わせた各種デモなどを紹介している。

[21:48 5/10]

IoT/M2M 2017 - 瞬時にDFS帯のチャンネル切り替えを実現するサイレックス

サイレックス・テクノロジーは、2017年5月10日から12日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されている「Japan IT Week 春 2017」内の「第6回 IoT/M2M展」において、高速DFSアクセスポイントのデモや、途切れないアクセスポイント技術を活用した工場の非常停止ユニットなどの参考出展を行っている。

[20:03 5/10]

IoT/M2M 2017 - IoT向けはSnapdragonだけじゃないクアルコム

クアルコムは、2017年5月10日から12日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されている「Japan IT Week 春 2017」内の「第6回 IoT/M2M展」において、IoTや自動車分野でのSnapdragonの活用デモを行っているほか、同社が買収したCSRの技術を用いたCSRmeshを用いたデモなどを行っている。

[19:17 5/10]

IoT/M2M 2017 - IoTのスモールスタート支援に注力するアットマークテクノ

アットマークテクノは、2017年5月10日から12日にかけて、東京ビッグサイトにて開催されている「Japan IT Week 春 2017」内の「第6回 IoT/M2M展」において、従来から提供しているIoTゲートウェイを中心に、各種ネットワーク技術の活用デモなどを展示している。

[18:37 5/10]

IoT バックナンバー

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

このキーワードについて (テクノロジー>組み込み/IoT>IoT)

IoT トップへ
IoTに関する技術トレンド、活用方法、ビジネストレンドなどを網羅。ハウツー記事も掲載

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事