次期iPadはLTEをサポートか - Verizon/AT&Tで4G対応iPad販売とのWSJ報道

 

Appleが間もなく発表すると噂される次期iPadについて、これまで液晶パネルが高解像度の「Retinaディスプレイ」になるという話がたびたび伝えられていたが、ここにより高速なネットワーク規格である「LTE (Long Term Evolution)」がサポートされるという話も出てきている。

現行のiPad 2

この件を報じているのはWall Street Journalで、関係者の話として、米Verizon Wirelessと米AT&Tがそれぞれの4Gネットワークに対応したiPadの販売を計画しているという話を伝えている。米国における「4G」はHSPA+やWiMAXも含むなど、かなり広義の意味の「4G」となっているが、こと今回のケースでいえば「LTE」を指すと考えて間違いではないだろう。

Verizon Wirelessは2010年末、AT&Tは2011年末にそれぞれLTEサービスをスタートしており、特にVerizon Wirelessのサービスは開始1年半が経過して米国内の主要都市の多くをカバーエリアにするほど拡大が進んでいる。AT&Tは現在テキサス州を中心とした一部都市でのサービス提供にとどまっているが、今夏に向けてLTE対応製品のローンチを多数控えており、今年後半には主要サービスの1つとして前面にプッシュしてくるものとみられる。一方で、WSJはもう1つの米国におけるiPhone取り扱いキャリアである米Sprint Nextelについては同様の話は出ていないとし、2社向けに提供される端末でのLTEサポートとなるようだ。

今回の話には2点大きなポイントがある。1つはLTE搭載により、トラフィックのオフロード先ができたことだ。現在各社の3Gネットワークはパンク状態になっており、より細かい携帯セルやWi-Fiホットスポットに積極的にトラフィックを逃がすなど、各社各様に工夫を凝らしている。ここにLTEの帯域が加わることで、特に通信容量の大きい都市部でのブロードバンド通信をLTE側に流すことが可能になる。もう1つのポイントは「次期iPhoneでのLTEサポート」で、もしiPadでLTEが正式サポートされるのであれば、その次のタイミングで出るiPhoneでLTEをサポートする確率は俄然高くなるだろう。調達の都合もあるだろうし、前述のようにトラフィックのオフロードでの効果が高くなることを考えても、その場合は次期iPhoneでの最大の強化ポイントがこの点になるとみられる。

関連記事
3G版iPad 2の流通在庫が急減、次世代モデル登場の兆候か(2012年2月14日)
Appleが3月初旬にスペシャルイベント開催の噂 - iPad 3の発表か(2012年2月10日)
iPad 3の強化点はディスプレイ・バッテリ・GPUか - 海外報道(2012年2月9日)
シャープが次世代iPhone/iPad向け液晶パネル供給を開始か - 米報道(2011年11月25日)
【レポート】「NTTドコモがLTE対応iPhone/iPadを販売」の報道について考える(2011年12月1日)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

雨宮慶太監督の『ゼイラム』と『ゼイラム2』がHDリマスターで初Blu-ray化
[22:23 9/30] ホビー
犬上すくね「ばうんさーず」1巻、頼りない叔父を守る保護者気どりの3姉妹
[21:38 9/30] ホビー
[新宿アニソンスコープ]小松未可子シングルが首位 Q-MHzとタッグ
[21:30 9/30] ホビー
世界最大級の音楽配信サービス「Spotify」上陸! - 日本市場における狙いと競合との差別化は?
[21:27 9/30] スマホとデジタル家電
カテキョで繋がる元野球部の先輩後輩、5年ぶりの再会描く南月ゆうのBL
[21:13 9/30] ホビー